浄蓮寺

県北

北茨城市

天安2年(858年)に慈覚大師開山と伝えられる浄蓮寺の山門や本堂を左拝して、日陰の道を進むと寺の裏山には修行僧が彫ったという33体の観音像が刻まれている。沢沿いの道をしばらく歩くと大小の岩があり、紅葉の時期は特に美しい景観が楽しめる。

まるわかり情報

Information