琴平神社奉納相撲

県南

利根町

9月の後半の休日に琴平神社で「琴平神社奉納相撲」が行われます。寛政7年(1795)から始められたといわれる伝統行事です。小林一茶も享和3年(1803)に布川を訪れた際、琴平相撲を見物し「正面は親の顔なり負け相撲」の句を残しています。さらに、この賑わいを詠んだ一茶の「べったりと人のなる木や宮角力」の句は有名で、その句碑が境内にあります。

Information