長禅寺三世堂

県南

取手市

ココも見どころ:県南の紫陽花の名所の一つ

長禅寺は、931年(承平1)に平将門の祈願寺として創建されました。 紫陽花や桜の名所として、また、新四国相馬霊場八十八カ所の一番札所としてもよく知られており、年間を通して、多くの人々が訪れます。 また、県指定文化財になっている三世堂は、大変珍しい「さざえ堂(外観からは二層に見えるけれど、内部は三層になっている)」という様式で創られています。 ※年に一度(4月18日)、特別参拝ができます。

まるわかり情報

町内から山門へと続く長い長禅寺の石段では、紫陽花が鮮やかな彩りを添えて、人々を迎えてくれます。

境内のいたるところで、紫陽花が咲き誇ります。

すっぽりと紫陽花に包まれて…。

Information

最終更新日時は2018年11月01日です。
最新の料金等は各施設にお問い合わせください。