本多作左衛門重次の墓

県南

取手市

徳川家の重臣で『鬼作左』と仇名された本多作左衛門も、天下人となった豊臣秀吉の勘気にふれ、家康もやむなく蟄居を命じ、そのまま赦されること無くこの地で亡くなりました。日本一簡潔な手紙「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」は、本多重次が、戦場から妻に宛てたといわれる手紙です。要領を得た簡潔な手紙文として余りにも有名です。

まるわかり情報

Information