水戸八景「水門帰帆」

県北

ひたちなか市

水門の帰帆高楼に映ず

水戸八景とは、水戸徳川家第九代藩主斉昭公が、天保四年(1833年)に水戸藩内を巡視し八つの景勝地を選定したものです。選ばれた地には、斉昭公自筆の碑が建てられました。 「水門帰帆」の碑はひたちなか市役所那珂湊支所の近くあり、碑のある高台からは東に太平洋、南に鹿島灘、西に筑波山、遠くに日光の連山を眺望することができ、絶景の場所です。

Information