水戸八景「巌船夕照」

県央

大洗町

花香爛漫岩船の夕べ

水戸八景とは、水戸徳川家第九代藩主斉昭公が、天保四年(1833年)に水戸藩内を巡視し八つの景勝地を選定したものです。選ばれた地には、斉昭公自筆の碑が建てられました。 「巌船夕照」は願入寺の裏にあります。眼下に那珂川と涸沼川が合流し、はるかに筑波山を望む景勝地です。

Information