小島草庵跡

県西

下妻市

親鸞が恵信尼とともに初めて常陸国に住んだのが小島草庵と伝えられている。 親鸞はここで3年間過ごし、稲田へと移ったといわれる。 ここにあるイチョウの巨木は、稲田に移った親鸞を思って枝が北向きに伸びているという 「稲田恋しの銀杏」と名付けられている

Information

  • 所在地・問い合わせ先
    所在地

    茨城県下妻市小島

  • アクセス
    車・電車・バスで
    【電車】
    関東鉄道「下妻駅」下車、徒歩20分。
    車でのアクセス

    関東鉄道「下妻駅」下車、徒歩20分。