伝統銘菓 井熊総本家

県南

水戸市

井熊総本家

元祖水戸の梅で有名な井熊総本家。 日本三大名園「偕楽園」を配し、梅の名所として名高い茨城県水戸から「水戸の梅」や「吉原殿中」など伝統の銘菓をお届けします。 明治時代の県令安田定則の奨めにより井熊總本家初代・小林熊次郎が、偕楽園の梅の実を精選し創製いたしました。白小豆餡を求肥で包み、さらに蜜漬にした、しその葉で包み仕上げた『水戸の梅』をはじめ他、井熊総本家謹製の和菓子を是非ご賞味ください。

まるわかり情報

店内の様子
色々な種類の和菓子がございます。

『水戸の梅』
手造りで水戸の梅を心を込めて作っております。

『のし梅』
のし梅も作っております。 二代目小林勇之介が創案した水戸の代表的銘菓です。 琥珀色をした梅肉ゼリーを炭火乾燥による独自の製法で仕上げ二枚の竹皮で包みました。 懐かしい甘酸っぱさが生きる逸品です。

Information