偕楽園

かいらくえん

県央

水戸市

日本三名園のひとつ。徳川斉昭公が「衆と偕(とも)に楽しむ場」として開設

金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられる『偕楽園』。江戸時代天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、領民の休養の場所として開園されました。

偕楽園全体の面積は合計約300ヘクタールで、実に東京ドーム約64個分という広さ!都市公園としては、ニューヨーク市のセントラルパークに次いで世界第2位の面積を誇ります。表門から入ると孟宗竹林が広がり、そこを下っていくと弛まなく水が湧き出る吐玉泉、そして徳川斉昭公が自ら設計を手がけた好文亭と見所満載です。

偕楽園には約100種3,000本の梅が植えられ、かぐわしい早春を告げてくれます。2月下旬から3月下旬にかけての「梅まつり」を皮切りに、桜、つつじ、秋には萩、初冬には二季咲桜と、園内に花々が季節を届けてくれます。

好文亭

園内の中程に位置する好文亭は、木造2層3階建ての好文亭本体と木造平屋建ての奥御殿から成り、なんと徳川斉昭公が自ら設計したものといわれています。ここに文人墨客や家臣、領内の人々を集め、詩歌や慰安会を催されたそうです。

園内を散策して楽しむ「陰」と「陽」の世界

偕楽園は、「陰」と「陽」の世界観を意識して作られているとも言われています。
陽が降り注ぎ、早春にはかぐわしい梅の花が咲き誇る「陽」の世界と、
幽玄の世界のように、しっとりした静けさが心地良い「陰」の世界。
そのコントラストを楽しむのも、偕楽園ならではの魅力のひとつです。

Information

  • 所在地・問い合わせ先
    所在地

    茨城県水戸市常磐町1-3-3

    問い合わせ先

    偕楽園公園センター(水戸土木事務所偕楽園公園課)
    〒310-0912 茨城県水戸市見川1-1251

    ホームページ

    http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html

  • アクセス
    電車・バスで
    JR常磐線「水戸駅」よりバスで20分
  • 時間・定休日・料金・利用予約
    時間
    【偕楽園本園の区域】
    10月1日〜2月19日(7:00〜18:00)
    2月20日〜9月30日(6:00〜19:00)

    【好文亭の利用時間】
    10月1日〜2月19日(9:00〜16:30)
    2月20日〜9月30日(9:00〜17:00)
    定休日
    年中無休
    ※好文亭 12月29日~31日
    料金
    入園無料
    ※好文亭(TEL:029-221-6570) 大人200円、小中学生100円

こちらもおすすめ