エリア: 鹿行

鉾田でメロン狩り体験!メロンづくしの日帰りドライブ

コース概要(日帰り)

10:00 フォレストパーク メロンの森 12:00 鹿島灘海浜公園 13:00 ファームパティスリー・ル・フカサク 14:30 ほっとパーク鉾田 16:00 JAかしまなだ ファーマーズマーケットなだろう

 

スタート

東関東自動車道 鉾田ICより車で約10分

10:00フォレストパーク メロンの森

「フォレストパークメロンの森」は茨城県内でも有名なメロン農園のひとつ。メロン狩りシーズンには連日、たくさんの観光客で賑わっています。メロンの品種固有の味をご提供するため、完熟まで栽培管理しており、完熟ゆえに採った時が食べ頃です。しっかりとした果肉の歯触りと甘さは、完熟採りならではの極旨! この旨味をメロン狩りでぜひ体験してください!

くわしくはこちら

車で約15分

12:00鹿島灘海浜公園

広大な敷地は、松林や太平洋の雄大な景色を楽しめる「海浜部」と、特産品の販売施設やレストランがある「台地部」にわかれています。 海浜部には全長1000mのボードウォークや展望台があり、海の眺めが最高!台地部では、直売所「もぎたて市場」やレストラン「海乃風」があり、家族連れで楽しめるスポットになっています。メロンをたっぷり味わってきたところですが、ここでランチを。

くわしくはこちら

車で約5分

13:00ファームパティスリー・ル・フカサク

「日本一のいちごとメロンの栽培面積」を誇る深作農園の敷地内にある農家カフェ。洋菓子販売(テイクアウト)と飲食ができるkのカフェは、農家ならではのこだわりの厳選素材のみで作ったスイーツが楽しめます。茨城県おみやげ大賞を受賞したメロンバームクーヘンをはじめ、メロンを使ったスイーツやおみやげも魅力です。

くわしくはこちら

車で約20分

14:30ほっとパーク鉾田

鉾田エリアで人気のリラクゼーション施設。肌をきれいにしてくれる効能があるといわれ〝美人の湯〟とも称される「黒湯」と、体の芯から温まり冷めにくく〝熱の湯〟とも称される「塩湯」の二種類の天然温泉のほか、人工炭酸泉、サウナ、露天風呂などがある温泉天国です。パークゴルフや温水プール、味自慢のレストランなども楽しめます。

車で約5分

16:00JAかしまなだ ファーマーズマーケットなだろう

JAかしまなだの運営する大型直売所です。メロン、いちご、トマト、さつまいも、ながいもなどの地場野菜・果物からメロンジェラード、トマトジャム、地場野菜の漬物、惣菜などの地場加工品まで取扱総品目数は約500品目と豊富です。旅の最後に、ここでおみやげを購入して帰りましょう。

くわしくはこちら

東関東自動車道 鉾田ICまで車で約5分

ゴール

あやめとあじさいの名所をめぐる、水郷・潮来の日帰り旅

二本松寺あじさいの杜

コース概要(日帰り)

9:30 潮来あやめ園(水郷潮来あやめまつり) 10:30 水郷潮来十二橋めぐり 12:00 道の駅いたこ(昼食) 13:30 二本松寺 あじさいの杜 15:30 かんぽの宿 潮来

 

スタート

東関東自動車道潮来ICより県道101号経由、車で約10分(約5km)

9:30水郷潮来あやめ園(水郷潮来あやめまつり)

ぴんっと立ち上がり、紫色や白の雅な花を咲かせるあやめ。約500種100万株のあやめが咲き誇る水郷潮来あやめ園では、あやめが見頃を迎える5月下旬から6月下旬頃にかけて水郷潮来あやめまつりが開催されます。
早咲きから遅咲きまでさまざまな品種があるため、およそ1ヶ月にわたって初夏ならではの絶景を楽しむことができます。

  • 住所:茨城県潮来市あやめ1-5
  • 電話:0299-63-1111(潮来市観光商工課)
  • 備考:入園料/無料
くわしくはこちら

徒歩で約5分

10:30水郷潮来十二橋めぐり

江戸情緒あふれる潮来の町並みを、水上からのんびり眺める船の旅。
水運陸路の拠点としてさかえた町には水路が縦横に張り巡らされ、人家を行き来するために小さな橋が架けられていました。今も残る12の橋をくぐり抜けて水路を行く船旅を、船頭さんの案内や唄が雰囲気たっぷりに盛りあげます。
あやめ園に沿って進むコースのほか、細い水路を運航するコースもあり、それぞれひとあじ違った風情が。水郷潮来あやめまつり開催期間は、手漕ぎのろ舟も運行されます。

  • 住所:前川付近(茨城県潮来市潮来109-12)
  • 電話:0299-62-2294(潮来遊覧船組合)
  • 備考:営業時間(予約受付)/ 9:00〜16:00
    定休日/無休 ※要問合せ
    料金/前川十二橋めぐり(約30分) 5名まで5,000円、加藤洲十二橋めぐり(40分〜) 5名まで5,000円〜
くわしくはこちら

車で約13分(7km)

12:00道の駅いたこ(昼食)

新鮮野菜や米どころ潮来のコシヒカリ、老舗の漬け物、米粉麺フォー、焼きたてのどら焼き、手作り惣菜など、おいしいものがいっぱいの道の駅でランチを。カフェテリアスタイルのお食事処では、サバ煮やキャベツメンチなどほっとする味わいのおふくろの味を楽しむことができます。潮来市産の牛乳を使い、施設内の工房でつくる飲むヨーグルトやジェラートもおすすめです。

  • 住所:茨城県潮来市前川1326-1
  • 電話:0299-67-1161
くわしくはこちら

車で約20分(10km)

13:30二本松寺 あじさいの杜

広い境内には約100種類10,000株のあじさいが咲き誇る「あじさいの杜」があり、毎年6月第1土曜から7月第1日曜にかけてあじさいまつりが開催されます。
田園風景とあじさいのハーモニー、両側をあじさいに囲まれて進む小径、展望エリアなど、見ごたえあるスポットがいっぱい。約30~40分の散策コースにはベンチもあり、ゆっくりと散策を楽しむことができます。
樹齢400年の菩提樹や記念樹の松、椎の大木もぜひご覧ください。

  • 住所:茨城県潮来市堀之内1230
  • 電話:0299-64-2263
  • 備考:開門時間/9:00〜16:00(最終受付)
    入山参拝料/大人(高校生以上) 300円、中学生以下 無料
くわしくはこちら

車で約13分(7km)

15:30かんぽの宿 潮来

高台に位置する水辺の余暇施設は、北浦を一望できる景観と天然温泉が魅力。展望大浴場では大パノラマを堪能でき、身も心も開放感に包まれます。泉質はナトリウム塩化物冷鉱泉で、神経や筋肉、関節痛、皮膚疾患にも良いとされ、肌もツヤツヤに。見渡す限りの水郷の景色を楽しみながら、ゆったりのんびり過ごすひとときをどうぞ。

  • 住所:茨城県潮来市水原1830−1
  • 電話:0299-67-5611
  • 備考:日帰り入浴受付時間/11:00〜16:00(入浴は17:00終了)
    料金/大人750円、子ども(小学生)350円
くわしくはこちら

車で約13分(7km) 東関東自動車道潮来IC

ゴール

涸沼のあじさいと鉾田のメロン、家族で楽しむ日帰りプラン

涸沼自然公園あじさい

コース概要(日帰り)

10:00 フォレストパークメロンの森(メロン狩り) 12:00 活魚割烹 よこ多(昼食) 13:30 いこいの村涸沼 16:00 涸沼自然公園(ひぬまあじさいまつり)

 

スタート

東関道自動車道鉾田ICより車で約10分(5km)

10:00フォレストパーク メロンの森

5月から6月にかけて旬を迎える夏メロン。完熟もぎたてのおいしさを存分に楽しめるメロン狩りは、メロンの生産量全国一位の鉾田市ならではのアクティビティです。
完熟メロンの試食と農園での収穫体験がセットになったプランは予約なしでもOK。さらに常陸牛のバーベキューが楽しめるプランもあります(要予約)。完熟メロンの生搾りジュースやソフトクリームなど、メロンスイーツもぜひどうぞ。

  • 住所:茨城県鉾田市安房1623-1
  • 電話:0291-33-5621(メロン狩り) 0291-33-2858(メロンの森売店)
  • 備考:メロン狩り受付期間:2021年5月2日~7月4日(9:00~17:00)
    ※7月1日~4日の期間は、畑でメロン狩りではなく摘果済みメロンのお渡しになります
くわしくはこちら

車で約10分(5km)

12:00活魚割烹 よこ多

割烹の看板を掲げつつも、手頃な価格でランチを楽しむことができる和食店。
ランチの人気メニュー・かき揚げ天丼は、川海老など地元産の食材をつかい、衣はサクッと具はふんわり味わえると評判のおいしさ。ちょっと奮発して、北浦・涸沼産のウナギもおすすめです。
天丼や天ぷら定食、刺身定食などもあり、天ぷらや刺身は単品で注文することもできます。

  • 住所:茨城県鉾田市野友567-1
  • 電話:0291-32-6007
  • 備考:木曜定休
くわしくはこちら

車で約25分(17km)

13:30いこいの村涸沼

涸沼湖畔にたつ、複合型レジャー施設。天然芝の広大な敷地で楽しむグラウンド・ゴルフをはじめ、世界一周旅行気分を体験しながらのパターゴルフ、スポーツ吹き矢など、多彩なアクティビティを楽しむことができます。
涸沼の景観を一望できる展望温泉は、化粧水に浸かるようなツルツルとした湯感が魅力の「美人の湯」。パパと子どもたちはスポーツを、ママはのんびり温泉を楽しむ…なんて過ごし方もおすすめです。

  • 住所:茨城県鉾田市箕輪3604
  • 電話:0291-37-1171
  • 備考:日帰り温泉入浴料金:大人700円 、子供(小学生) 400円、幼児無料
    入浴時間11:00~14:30、火曜定休
くわしくはこちら

車で約14分(10km)

16:00涸沼自然公園(ひぬまあじさいまつり)

34.5haの広大な敷地を誇る涸沼自然公園は、涸沼のほとりの自然を丸ごと活用したアウトドア施設。約1万株のあじさいが植栽されたあじさいの谷では、斜面一面を色とりどりのあじさいが埋め尽くす圧巻の光景を楽しむことができます。
園内には渓流の流れるせせらぎ広場や展望広場、植木迷路や遊具のあるわいわい広場など、親子で楽しめるスポットやキャンプサイトもあります。

  • 住所:茨城県東茨城郡茨城町中石崎2263
  • 電話:029-293-7441
  • 備考:第11回 ひぬまあじさいまつりは、2021年6月19日から7月19日の期間で開催されます。ただし、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、例年通りであれば7月4日に開催されるイベントは、今年度は実施しません。
くわしくはこちら

車で約12分(7km) 北関東自動車道水戸南IC

ゴール

人気のグランピングに挑戦!行方&潮来2days

 

今回は話題沸騰中の新しいアウトドアのスタイル「グランピング」を体験するモデルコースをご紹介!水郷の街・潮来市の風情ある街並みや特産品、温泉を堪能。そして行方市の食と農業の体験型施設で野菜の収穫から豪華バーベキューまで満喫できるグランピングに挑戦!快適でおしゃれなアウトドアを満喫しましょう♪仲間や家族と刺激的&至福のひとときを過ごす2daysにレッツゴー!

コース紹介

 

1日目

車で約10分

10:00

十二橋めぐり
十二橋めぐり
十二橋めぐり

江戸情緒あふれる街並みを舟で巡る

初日は潮来市から出発!かつては水運陸路の拠点だったこの街は、水路が縦横に張り巡らされ、そこには人家を行き来するために小さな橋が架けられていました。「前川十二橋めぐり」は船に乗り、水郷潮来あやめ園に沿って流れる川から前川にかかる12個の橋の下をくぐり抜ける約30分の船旅。江戸情緒あふれる街並みを眺めれば、ノスタルジックな気分に浸れます。また、北利根川を横断し、加藤洲水門をくぐって細い水路を運航する「加藤洲十二橋めぐり」は3つのコースがあります。それぞれ一味違った風情が感じられる潮来の人気スポットです。郷愁を誘う風景が広がる船旅へ出掛けましょう!

水郷潮来十二橋めぐり
〒311-2424 茨城県潮来市潮来109-12
営業時間 8:00〜日没
定休日 無休 ※要問合せ
料金 前川十二橋めぐり(約30分) 5名まで5,000円、加藤洲十二橋めぐり(40分〜) 5名まで5,000円〜
TEL 0299-62-2294(潮来遊覧船組合))
※手漕ぎのろ舟は水郷潮来あやめまつり開催時期のみの運行です

車で約10分

12:00道の駅いたこ

道の駅いたこ
道の駅いたこ
道の駅いたこ

米どころ潮来でよりどりみどりのランチ♪

道の駅いたこ内にある「グラスハウス」「おふくろ亭」はランチに最適!2018年3月にリニューアルされた「グラスハウス」では潮来産の米を使用した米粉麺「フォー」(500円)を販売中。ベトナムの代表的料理を潮来産の米の生めんやパクチーで堪能できる新名物!牛骨ベースのあっさりとしたスープは、飲み干したくなる優しい味。どんな世代にも受け入れられる逸品です。和食派なら、「おふくろ亭」でお好きなお惣菜やおかずを選んでお好み定食をどうぞ。地元のリピーター客が多いことでも知られる人気店です。米どころ潮来の美味しいお米を心行くまで味わってください♪ドライブのお供に、飲むヨーグルトもオススメ。

道の駅いたこ
〒311-2416 茨城県潮来市前川1326-1
営業時間 9:00〜19:00
定休日 無休(フォーのみ火曜定休)
TEL 0299-67-1161

くわしくはこちら

車で約25分

14:00なめがたファーマーズヴィレッジ やきいもファクトリーミュージアム

やきいもファクトリーミュージアム
やきいもファクトリーミュージアム

目指せ、やきいもマスター!

ランチを終えたら一路、行方市へ。今回のメインスポット「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」に到着したら、まずは「やきいもファクトリーミュージアム」を見学!茨城県はさつまいもの栽培面積・生産量が全国で第2位。そのさつまいもにスポットライトを当てたこの施設は、日本のさつまいもの歴史を楽しく学ぶミュージアムゾーンから「らぽっぽ」でおなじみ白ハトグループの工場見学ができるファクトリーゾーンまで、老若男女が楽しめる充実の内容です。日本一長い19mもあるやきいも専用のトンネルオーブン、マイナス30度の世界を体験できる冷凍庫など。じっくり見学してやきいもマスターを目指しましょう♪

やきいもファクトリーミュージアム
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
営業時間 10:00〜18:00(最終受付15:30)
定休日 月曜日
料金 大人900円、子ども700円
TEL 0299-87-1130

くわしくはこちら

施設内徒歩移動

15:00なめがたファーマーズヴィレッジ・ファームグランピング

ファームグランピング・収穫体験
ファームグランピング・収穫体験

お待ちかねのなめファ・グランピングスタート!

「なめがたファーマーズヴィレッジ」で一押しなのが、2018年5月にオープンした「ファームグランピング」。グランピングとは、豪華で快適な滞在ができる新しいキャンプスタイル。コンテナとテントの2スタイルが用意されていますが、今回はコンテナスタイルの「ラウンジコート」をチョイス。コンテナスタイルでは、施設の目の前に広がる畑から自分で旬の野菜を収穫し、フレッシュな状態でサラダやバーベキューなどお好みで味わえる「畑まるごとビュッフェ」が評判です。土とふれあい自分の手で採ったもぎたての野菜はまさに絶品!食わず嫌いの野菜もこれを機に克服してしまうかも?きっと野菜を再発見できる体験となるに違いありません。

ファームグランピング
営業時間 ナイトグランピング15:00〜翌日10:00
営業日 ナイトグランピング金曜日、土曜日、日曜日、祝日、祝日前日
料金 ナイトグランピング コンテナスタイル 2人部屋/3人部屋 19,200円~28,800円/1人あたり テントスタイル 14,400円~21,600円/1人あたり

バスで約15分

16:30かんぽの宿 潮来

かんぽの宿 潮来
かんぽの宿 潮来
かんぽの宿 潮来

湯船から北浦の大パノラマを堪能

コンテナスタイルのプランには、天然温泉施設への送迎つき♪バスで移動して、温泉にゆったり浸かりましょう♪「かんぽの宿 潮来」は北浦を一望できる景観がGOODな天然温泉。大勢が一度に入れる大浴場では絵葉書のような大パノラマを堪能でき、身も心も開放感に包まれます。泉質はナトリウム塩化物冷鉱泉で、神経や筋肉、関節痛、皮膚疾患にも良いとされ、肌もツヤツヤに。ファームアクティビティの後にピッタリの温泉となっています。疲労回復をしたい方には寝湯も用意されているので、じっくり身体を休めましょう。

かんぽの宿 潮来
〒311-2404 茨城県潮来市水原1830-1
営業時間 10:30〜20:00(受付10:00〜19:00)
定休日 不定休
料金 大人750円、子ども(小学生)350円
TEL 0299-67-5611

くわしくはこちら

バスで約15分

18:30ファームグランピング・BBQ


畑からそのままテーブルへ。生で食べるもバーベキューで焼くも自由自在

クラブハウスのテラスで、お待ちかねのバーベキュータイム!自分で収穫したばかりの野菜はもちろん、茨城が誇るブランド食材を使ったメニューが盛りだくさん!コンテナスタイルのコースには「サクラチップの芳醇スモーク盛り合わせ」「ほくほくじゃがいもと魚介のアヒージョ」「宮崎県産 安納黒豚 肩ロースのローストポーク ハーブ塩釜仕立て」など海と山の幸たっぷりで、絶妙なマッチングに舌鼓!そして、締めはやはり、オリジナルブランドさつまいも「いばらぎゴールド」を使用したスイーツ「やきいものクレームブリュレ アイスクリームを添えて」を召し上がりながら、満天の星空の下で心ゆくまで茨城の恵みを味わいましょう!!

※テントスタイルは別メニューでのご提供になります
※季節によって内容が変更になる場合がございます

ファームグランピング・BBQ
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
時間 ナイトグランピング15:00~ 翌10:00
TEL 0299-87-1130

2日目

8:00ファームグランピング・朝食


挽きたてのコーヒーで極上のモーニングを

朝食はクラブハウスのテラスで朝日を浴びながら、挽きたてのコーヒーと焼きたてのフレンチトーストでゆっくりとした時間が流れていきます。その他、「サクサクおいものクロワッサン」「全粒粉パン」に「安納黒豚のジューシーソーセージ」、目玉焼きを合わせれば身体に染み入る美味しさに包まれます!鮮度抜群の「ハワイ産 紅アロハと季節のコブサラダ」や「さつまいものポタージュ」、ヨーグルトとともに、極上のモーニングを堪能できます♪

※季節によって内容が変更になる場合がございます

ファームグランピング・朝食
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
TEL 0299-87-1130

施設内徒歩移動

10:00なめがたファーマーズヴィレッジ

なめがたファーマーズヴィレッジでお土産
なめがたファーマーズヴィレッジでお土産
なめがたファーマーズヴィレッジでお土産

さつまいものお菓子や加工品、朝採れ野菜が勢揃い

ついつい解説付きで渡したくなるお土産がいっぱいの「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」。「ファーマーズマルシェ」は朝採れの野菜や独自のさつまいも加工品がずらり。「おいも熟成蔵」は、キュアリング貯蔵庫で数ヶ月熟成させたさつまいもを使い、こだわりの製法で作り上げたとっておきの干しいもが編集部オススメ。大人気の芋蜜と一緒に、お土産に喜ばれることうけあいです。「らぽっぽファームベーカリー」は焼き立てパンのほかまるごとやきいもパイ、おいものミニタルトなど、なめファ限定商品も多数あるのでお見逃しなく!

らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
営業時間 ファーマーズマルシェ10:00〜18:00、おいも熟成蔵・ギフトコーナー11:00〜17:00、らぽっぽファームベーカリー10:00〜18:00
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
TEL 0299-87-1130

くわしくはこちら

車で約15分

12:00割烹 清水屋

潮来でうなぎ料理

画像はイメージです。

スタミナたっぷりのうなぎ料理!天然物にも出会えます♪

なめがたファーマーズヴィレッジを満喫した後は、潮来へ移動して昼食を。水郷の街として栄えてきた潮来市は、「割烹 清水屋」などうなぎ、川魚料理を食べられる店が数多くあります。うなぎといえば土用の丑の日に食べられることでおなじみ、精の付く食べ物の代表格。清水屋では、お店のすぐ近くを流れる利根川でとれる天然うなぎも提供しているのだとか!(季節限定5月上旬〜10月下旬くらいまで、要予約)季節の素材、水郷潮来の恵みを活かした料理、定食を味わってください。

割烹 清水屋
〒311-2437 茨城県潮来市永山2651
営業時間 11:30〜17:00ラストオーダー
定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
TEL 0299-64-2011

車で約15分

14:00イタコモータースポーツパーク

イタコモータースポーツパーク
イタコモータースポーツパーク
イタコモータースポーツパーク

迫力のレーシングカート体験にチャレンジ♪

ラストはアクティビティ体験にチャレンジしましょう!「イタコモータースポーツパーク」では気軽にレーシングカート体験ができます。最高速度は約70km/、車高は地上から4cm。むき出しの運転席から感じる疾走感が魅力で、遊園地のゴーカートとは別格の面白さ。病みつきになる人が続出中なのだとか。免許書は必要なく、身長150cm以上の高校生以上であれば誰でも走行可能なのも人気の理由。一周するとラップタイムが計測されるので、仲間や家族で競ってワイワイ盛り上がってみては?迫力のレースを体感してみましょう!

イタコモータースポーツパーク
〒311-2402 茨城県潮来市大生804
営業時間 月曜日・火曜日・金曜日8:30〜18:00、土曜日・日曜日・祝日8:00〜18:00
定休日 水曜日、木曜日
料金 2,500円(10分) ※高校生以上対象
TEL 0299-66-1725

車で約15分

 

このページは2019年10月1日以前に更新されたものです。
各種料金は、各施設にご確認ください。

マップ

いばらき流トライアスロン -湖畔サイクリング・筑波山トレイルラン・那珂川カヌー体験-

コース概要(1泊2日)

1日目

9:00 鹿島神宮 11:00 つくば霞ヶ浦りんりんロード 13:00 かすみキッチン 16:00 江戸屋

2日目

9:00 筑波山 12:00 yasato de toreta 14:00 storm field guide 17:00 四季彩館

1日目スタート

潮来ICより車で約15分 (約7km)

9:00鹿島神宮

日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする神社。現在の社殿は徳川二代将軍の秀忠公により、また奥宮は家康公、楼門は水戸初代藩主徳川頼房公により奉納されたもので、いずれも重要文化財となっています。息栖神社、香取神宮とともに東国三社と呼ばれ古くから信仰を集めており、東国三社巡りツアーも行われています。また、皇室や鎌倉幕府の源頼朝公をはじめ、徳川幕府の徳川家康公や、水戸藩の徳川光圀公などに崇拝されていました。人生を転換するターニングポイントの作用を持ち、邪魔するものをはねのけ進むパワーを持つ、勝利の武神・武甕槌大神のご神気が息づくスポットです。

  • 住所:茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
  • 電話:0299-82-1209
くわしくはこちら

国道354経由 車で約60分 (約40km)

11:00つくば霞ヶ浦りんりんロード

県道桜川土浦潮来自転車道線と霞ヶ浦湖岸道路を合わせた全長約180kmのサイクリングコースです。全国第2位の面積を誇る霞ヶ浦と、日本百名山にその名を連ねる筑波山。この茨城が誇るふたつの絶景をダイレクトにつなぎ、14市町村にまたがる平野を中心としたサイクリングロードを楽しめます。

  • 電話:029-301-2735(茨城県企画部地域計画課)
くわしくはこちら

約120分 サイクリング(約12km)

13:00かすみキッチン

かすみがうらの食材を使った地産地消のカフェレストラン

かすみがうら市交流センター内にあるカフェ&レストラン。2016年に廃校になった近隣の小学校の備品を使い、リノベーションしたおしゃれな空間が広がります。
使う素材は地元かすみがうら産の食材が中心で、洋食をベースにした創作料理は、そのどれもが「地産地消」×「ヘルシー」をコンセプトにした料理ばかりです。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂4784
  • 電話:029-840-9010

県道53号線経由 車で約60分 (約40km)

16:00江戸屋

創業390余年の伝統に育まれた、落ち着きのある日本旅館。
筑波山神社まで徒歩8分。お子様・赤ちゃん連れのご家族の方も安心のくつろぎの宿。

  • 住所:茨城県つくば市筑波728
  • 電話:029-866-0321
くわしくはこちら

2日目スタート

車で約3分 (約0.65km)

9:00筑波山

筑波山は双耳峰で男体山と女体山を有し、二峰間を御幸ヶ原という平坦地が結んでいます。日本百名山の中で最も低い山で、その標高は女体山の877mです。登山道には雄大な自然が広がり、春夏は緑溢れる中、秋には色づく木々の中、四季折々の爽快なハイキングを楽しめます。

  • 住所:茨城県つくば市筑波
  • 電話:029-869-8333(つくば観光コンベンション協会)
くわしくはこちら

県道150号線経由 車で 約40分 (約10km)

12:00yasato de toreta

茨城県石岡市・八郷地区の、「茨城県フラワーパーク」内のレストランです。 地元で大切に育てられた野菜を使った料理を味わえます。

  • 住所:茨城県石岡市下青柳200 (茨城県フラワーパーク駐車場内)
  • 電話:0299-42-4822
くわしくはこちら

県道64号線経由 車で約60分 (約52km)

14:00storm field guide

大空と清流那珂川の隙間を移動するカヌー。爽快感と感動を与えてくれます。小魚が飛び跳ね、秋には鮭の遡上に、その呼吸音が聞こえるぐらい近づきます。
初めての方には危険なレジャーのイメージがあると思います。ですが『Storm Field Guide(ストームフィールドガイド)』では安全への正確な知識と充実した装備を揃え、自然と謙虚に付き合い、川で楽しむカヌーをご案内しておりますので安心です。素敵な思い出作りに、ぜひご参加ください。

  • 住所:茨城県常陸大宮市野口1151
  • 電話:090-6505-2544(担当直通:山本)
くわしくはこちら

県道60号線経由 車で約80分 (約57km)

17:00四季彩館

「四季彩館」は常陸大宮市長倉地域の高台にある日帰り温泉です。露天風呂からは豊かな自然の景色が堪能いただけます。露天風呂の他にも、大浴場、うたせ湯、源泉湯、薬湯、サウナなど、7種類の浴槽を楽しむことができます。
館内には売店やレストラン、休憩所や仮眠室を完備しております。また「四季彩館直売所」では、地元・御前山で採れた新鮮野菜を販売しています。

  • 住所:茨城県常陸大宮市長倉407-2
  • 電話:0295-55-2626(常陸大宮市温泉事業株式会社)
くわしくはこちら

国道118号線経由 那珂ICまで 車で約55分 (約40km)

ゴール

きらめく湖面と川面、雄大な太平洋 風光明媚な水辺の風景をたどる

大洗町_神磯の鳥居1500

コース概要(1泊2日)

1日目

10:00 storm field guide 13:00 好文cafe 14:00 偕楽園 16:00 笠原水道 17:30 親沢公園 18:30 大洗シーサイドホテル

2日目

8:00 神磯鳥居 12:00 霞ヶ浦ふれあいランド 14:00 十二橋めぐり 16:00 愛友酒造

1日目スタート

常磐自動車道「水戸北・スマートインター出口」~国道123号「茂木方面」へ 車で約30分 (約20km)

10:00storm field guide

大空と清流那珂川の隙間を移動するカヌー。爽快感と感動を与えてくれます。小魚が飛び跳ね、秋には鮭の遡上に、その呼吸音が聞こえるぐらい近づきます。
初めての方には危険なレジャーのイメージがあると思います。ですが『Storm Field Guide(ストームフィールドガイド)』では安全への正確な知識と充実した装備を揃え、自然と謙虚に付き合い、川で楽しむカヌーをご案内しておりますので安心です。素敵な思い出作りに、ぜひご参加ください。

  • 住所:茨城県常陸大宮市野口1151
  • 電話:090-6505-2544(担当直通:山本)
くわしくはこちら

国道123号線経由 車で約40分 (約26km)

13:00好文cafe

千波湖を眺めながら、おいしいランチやスイーツを

千波湖を一望できる立地に位置するカフェ。水の透明感をイメージしたガラス張りの施設で、店内から千波湖を一望することができます。
ランチメニューのほか、スイーツなどのメニューも充実しているので、ひと息つくにもぴったりのスポット。売店や案内所などもあり、屋上に上がることもできます。

くわしくはこちら

車で約1分 徒歩で約5分 (約0.4km)

14:30偕楽園

天保13年(1842)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公によって造られ、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園の一つに数えられています。偕楽園の名称は、「孟子」の「古の人は民と偕に楽しむ、故に能く楽しむなり」という一節からとられています。早春には約100品種、3,000本の梅の花が咲き誇り、梅の名所として親しまれているほか、桜やつつじ、萩といったように季節によって様々な顔をのぞかせます。好文亭3階の「楽寿楼」から眺める、千波湖や田鶴鳴梅林(たづなきばいりん)、四季の原といった雄大な自然の景観は格別です。

  • 住所:茨城県水戸市見川1-1251
  • 電話:029-221-6570(好文亭料金所)
くわしくはこちら

県道50号線経由 車で約15分 (約5km)

16:00笠原水道

徳川光圀公が徳川頼房公の遺志を継ぎ、水戸下町(現在の下市地区)の給水難を解消するために作られた、総延長約10kmにも及ぶ上水道の水源地です。上水道としては日本国内で18番目に古く、寛文2年(1662年)に工事が始まり、翌年に完成しました。敷地内には当時水道管に用いられていた岩樋の復元などが飾られた広場が設けられており、彰考館総裁を務めた藤田幽谷の「浴徳泉記」の碑が建っています。

  • 住所:茨城県水戸市笠原町993-1外
  • 電話:029-224-1111(水戸市役所)

県道50号線経由 車で約25分 (約11km)

17:30親沢公園

涸沼湖畔にあり、湖岸は砂浜になっているキャンプ場。
涸沼の景勝地でもあり、徳川光圀が詠んだ「親沢の一つ松」の句碑などもあります。
景観も良く、夕日が沈む時間帯に見る涸沼と筑波山が最高です。

  • 住所:茨城県東茨城郡茨城町上石崎4144-4
  • 電話:029-293-7441(涸沼自然公園管理事務所 宛)
くわしくはこちら

県道106号線経由 車で約25分 (約14km)

18:30大洗シーサイドホテル

太平洋の雄大な眺望が広がり、四季折々の海の素晴らしさを味わうことができます。夕食は新鮮なお部屋食にて、海の味覚をお楽しみいただけます。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6880-9
  • 電話:029-267-2111
くわしくはこちら

2日目スタート

大洗海岸通り 徒歩で約3分 (約0.15km)

8:00神磯鳥居

平安時代前期の斉衡3年(856)、神が降り立ったといわれる地。鳥居から昇る日の出を拝もうと大勢の人が訪れます。 また、徳川光圀公が景観を称えた場所でもあります。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637(大洗磯前神社 代)
くわしくはこちら

県道116号線経由 車で約50分 (約33km)

12:00霞ヶ浦ふれあいランド

「水」をテーマに、見て、触れて、遊べるテーマパークです。60mの高さから行方市を一望できる「虹の塔」では、筑波山はもちろん、晴れた日には富士山や東京スカイツリーも見ることができます。「水の科学館」では、私たちの身の回りにある水と科学を交えた展示や、霞ヶ浦に関する資料を用意しています。「親水公園」は、夏に家族連れの方々で賑わい、施設内の水遊び場は子どもたちの絶好の遊び場になります。

  • 住所:茨城県行方市玉造甲1234
  • 電話:0299-55-3927(行方市開発公社)
くわしくはこちら

国道355号線経由 車で約35分 (約24km)

14:00十二橋めぐり

天正7年(1579)、時の代官・吉田主馬亮の指揮により、新田開拓が始められ、現十二橋のある加藤洲は寛永3年(1626)に整地されました。隣家との往復のため設けられた橋が十二あるところから「十二橋」の名がつけられました。水戸黄門もこの地をよく訪れ、一説には「潮来出島のまこもの中に、あやめ咲くとはしほらしや」の歌も水戸黄門の作といわれています。

  • 住所:茨城県潮来市潮来109-12
  • 電話:0299-62-2294(潮来遊覧船組合協会)

県道5号線経由 車で約5分 (約2km)

16:00愛友酒造

創業は文化元年(1804)、歴史と伝統ある造り酒屋です。昔ながらの白壁が美しい店舗では、無料で酒蔵見学、試飲をすることができます。大吟醸酒から梅酒まで豊富なラインナップを揃えています。その他、利き酒や直売コーナーも充実。日本酒通にはもちろん、日本酒初心者にも優しい老舗酒造です。

  • 住所:茨城県潮来市辻205
  • 電話:0299-62-2234
くわしくはこちら

県道50号線経由 東関東自動車道 潮来ICまで 車で約5分 (約3km)

ゴール

関東屈指の名社を巡ってパワーチャージ! 一泊二日・東国三社参り旅

新しいことをスタートしたい!明るく、前向きになりたい!そんなあなたに、オススメしたいのがこのコースです。日本でも指折りの歴史と格式を持つ鹿島神宮、香取神宮、そしてその二社と縁の深い息栖神社を巡る「東国三社参り」に出かけましょう!神様に参拝して、自分のやりたいことや目標に向けて一歩踏み出すパワーをチャージ♪一泊二日で、東国三社にゆかりのある場所を巡ります。

コース紹介

 

1日目

東京方面より鹿嶋・神栖・潮来エリアへ車でアクセスするなら東関東自動車道潮来I.Cが便利です!

潮来I.Cから車で約15分

11:00

まずは「鹿島立ち」!

今回の旅のテーマは「東国三社参り」。江戸時代には、かのお伊勢詣でに次ぐ参詣コースとして大流行したと言われています。三社ともに歴史が深く、関東以北の開拓拠点として重要な場所と捉えられていました。その中ではじめに参拝したいのが、鹿島神宮です。物事の始まりや旅立ちに大変縁起の良い神社と言われています!
東京ドーム約15個分にも相当するという広大な境内は、地震を起こす大鯰の頭を抑えているという要石や、鹿島神宮の神の御使いとされる鹿、清水がこんこんと湧く御手洗池など見どころがたくさん。木々に囲まれた清々しい境内を、ゆっくり散策してみましょう。

鹿島神宮
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
TEL 0299-82-1209(鹿島神宮社務所)

くわしくはこちら

directions_walk 鹿島神宮内でランチ

12:00

御手洗池の湧水仕込みそば

拝殿から奥参道へ進み、御手洗池を目指して坂を下っていきます。かつては、鹿島神宮へ参拝する折にはこの御手洗池で身を清めたのだとか。現在も、例年1月の大寒には神事として「大寒禊」が行われています。
この御手洗池のすぐ隣に店を構える一休では、「長命水」とも言われる池の湧水を仕込み水に使用した飲み物やそば、甘味をいただくことができます♪茨城名物の常陸秋そばを使用した湧水そばを昼食に。澄んだ空気と水のせせらぎの中で、鹿島神宮の恵みを感じながらひとやすみしていきましょう。

湧水茶屋 一休
9:00〜17:00
〒314-0031 茨城県鹿嶋市 宮中2306-1(御手洗池)
TEL 0299-82-4393

くわしくはこちら

車で約5分

14:00

鹿島神宮のお膝元でお土産

鹿島神宮の周辺には、長年の老舗も軒を連ねています。大鳥居から数分の「丸三老舗」は、創業195年を超える和菓子屋。鹿島の名を冠した定番銘菓はもちろん、季節の上生菓子や大福など多彩なラインナップで人気です。鹿島灘特産のはまぐりの形を模した可愛い最中「元祖 はま栗」は、茶色いネットに入ったパッケージがユニーク♪県産栗を使った餡と、求肥が包まれています。また、「極大福」シリーズもオススメ。鉾田の大粒いちごや小美玉のブルーベリーに笠間の栗、そして石岡産シャインマスカット…その時期ごとの旬の素材を使った贅沢な逸品。今晩のおやつにGET!また、神宮駅前店にはカフェも併設しています。
水上鳥居としては日本最大と言われる鹿島神宮の一之鳥居を見てから、次のスポットへ向かいましょう。

丸三老舗
本店
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中1-9-22
TEL 0299-82-1727
神宮駅前店
〒314-0032 茨城県鹿嶋市宮下2-9-6
TEL 0299-82-0303

くわしくはこちら

車で約20分

16:00

展望塔から鹿島港を一望

本日の宿泊施設にチェックインする前に、絶景スポットでパワーチャージ!このエリアは、茨城県でも最大の工業港湾・鹿島港を中心に鹿島臨海工業地帯が広がっていることでも有名です。車を鹿島港の方へ走らせて、「港公園」を目指しましょう!車を停めて、公園の中でもひときわ高い展望塔へ。塔の上に登るチケットを購入したら、エレベータに乗りさっそく上階へ向かいます。一歩外へ踏み出せば、目の前には鹿島港を一望する光景が!大規模コンビナートと立ち昇る白煙、せわしなく行き交う船……工場風景が好きな人だけでなく、子どもも大人も夢中になれること間違いなしの絶景です。

港公園
8:30〜17:00 ※第1水曜日(祝日は翌日)、12/29〜12/31は閉館
〒314-0103 茨城県神栖市東深芝10番地
TEL 0299-92-5155(港公園管理事務所)

くわしくはこちら

18:00

2日目

9:00

朝の清浄な空気に包まれて出立

旅の二日目は宿をちょっと早めにチェックアウトして、東国三社参りの次の目的地・息栖神社へ向かいます。ここに祀られている御祭神は、交通守護、水運をつかさどる神様、道案内の神様と言われています。拝殿に参拝したら、駐車場を突っ切るようにして反対側へ歩いていきましょう。川に面して大鳥居が立っており、そのふもとに二つの井戸があります。この井戸は「忍潮井(おしおい)」といい、潮を押し退けて真水が湧き出すという大変珍しい泉。このそれぞれの井戸の底には「男瓶」と「女瓶」があり、運よくその姿を見ることができると良いことがある…という噂もあるとか♪

息栖神社
〒314-0133 茨城県神栖市大字息栖2822
TEL 0299-92-2300(息栖神社社務所)
※時間帯によっては無人となるため、社務所に問い合わせた上で参拝してください。

くわしくはこちら

車で約15分

10:00

神社と切っても切り離せないお酒

次なる目的地は、潮来市の愛友酒造。茨城県は関東一の酒蔵数を誇る酒どころなんですが、この鹿行エリアでは現存する唯一の蔵です。このエリアはかねてより水郷潮来と言われ、水に恵まれ水運で栄え、米どころとしても名を馳せています。そんな地の恵みで醸す愛友のお酒は、鹿島神宮と息栖神社にも奉納され御神酒として供えられているんです♪
愛友酒造では、蔵見学を随時受けいれています(要事前予約)。実際に酒造りを行う蔵を案内してもらったあとには、直売店で試飲しながら好みのお酒を購入♪もちろん、ハンドルキーパーは家に帰ってから頂きましょう!

愛友酒造
9:00〜17:00 年中無休
〒311-2421 茨城県潮来市辻205
TEL 0299-62-2234

くわしくはこちら

車で約10分

12:00

水郷潮来の美味しいお米を頂きます!

茨城を出発する前に、お腹を満たしましょう。観光客はもちろん、地元民からも厚い支持を受ける「道の駅いたこ」は、このエリアの美味しいものに出会えます。お食事処「おふくろ亭」は、その名前の通り地元のお母さんたちが腕をふるうお店。並んでいるお手頃価格のお惣菜の中から、自分で好きなものをチョイスして組み合わせられるのも人気の理由です♪お母さんの優しさが詰まったおかずと、水郷潮来の美味しいごはんで大満足。
食後には、お土産チェックもお忘れなく。交通情報も確認して、いざ次の目的地へ出発です。

道の駅いたこ
9:00〜19:00 ※レストラン・グランドゴルフは9:00〜17:00 年中無休
〒311-2416 茨城県潮来市前川1326-1
TEL 0299-67-1161

くわしくはこちら

車で約30分

14:00

※写真提供:香取市商工観光課

東国三社参り、これにて完遂!

境を越えてお隣・千葉県香取市へ。鹿島神宮、息栖神社、そしてここ香取神宮へ詣でて東国三社参りを成し遂げます。鹿島神宮に祀られている武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)と共に国譲り神話で活躍する経津主大神(フツヌシノオオカミ)が御祭神です。
生い茂る木々に囲まれた境内は、春は桜、秋は紅葉etc…と四季折々の美しい景観を楽しむことが出来ます。朱塗りの楼門、そして本殿は江戸時代元禄13年の造営と言われ、国重要文化財に指定。また、鹿島神宮と対になる「要石」があり、鹿島は大ナマズの頭、香取は尾を抑えているのだとも。
神代から連綿と続く歴史の縁に想いを馳せながら、旅の帰路へとつきましょう。

香取神宮
〒287-0017 千葉県香取市香取1697-1
TEL 0478-57-3211

くわしくはこちら

東京方面へお帰りなら東関東自動車道佐原香取I.Cが便利です!

マップ