エリア: 県南

つくば・石岡のイルミネーションを楽しむ!冬のロマンチック&アクティビティ旅

 

筑波山の麓に位置するつくば市や石岡市、そこに隣接する土浦市。歴史スポットや緑豊かな自然、肥沃な大地が育むその土地ならではの味覚がてんこ盛り!魅力たっぷりのエリアでアクティブに、そしてロマンチックに冬を過ごしてみませんか?

コース紹介

1日目

常磐自動車道 土浦北I.C 10:00 フォレストアドベンチャー・つくば 13:00 筑波山 縁むすび(昼食) 14:00 筑波山神社 15:00 筑波山 江戸屋 17:00 筑波山ロープウェイ スターダストクルージング 19:30 筑波山 江戸屋(夕食・宿泊)

2日目

10:00 つくばわんわんランド 12:00 北条商店街(昼食) 14:00 平沢官衙遺跡 15:00 小町の館 16:30 茨城県フラワーパーク 18:30 ヤサトデトレタ(夕食) 常磐自動車道 土浦北I.C

 

1日目

車で約30分

10:00

森林をそのままいかしたアウトドアパーク

筑波山神社付近の旧がま公園にあるフォレストアドベンチャー・つくば。森林をそのまま活用した、フランス発の自然共生型アウトドアパークです。難易度高めのアドベンチャーコース、身長110センチ以上ならば誰でもチャレンジできるキャノピーコースの2種類あり、最大で地上約13メートルの空中散歩を体験できます。専用のハーネスをつけながら、木々の間に設置された吊橋や網を伝って移動するアクティビティは迫力満点!中でも一押しは、約1000本の梅林が広がる筑波山梅林の上を滑空する100メートルのジップスライド。2月下旬から3月頃の梅の開花時期にしか体験できない華やかな絶景は必見です。

フォレストアドベンチャー・つくば
〒300-4353 茨城県つくば市沼田1688
時間 9:00〜17:00(7・8月は18:00、11〜2月は16:00まで)
定休日 木曜日※春休み・夏休み・冬休みを除く(祝日は営業)
料金 アドベンチャーコース大人3,600円、小人(17歳以下)2,600円、キャノピーコース2,100円
TEL 090-4755-7800

車で約5分

13:00

縁むすび

「常陸小田米」のおにぎりランチ

筑波山の中腹、大鳥居の前にあるおにぎり屋の筑波山縁むすび。一番のこだわりは、地元産の「常陸小田米」を使用していること。筑波山麓から流れる清水や落ち葉を2年間熟成発酵させた有機肥料、減農薬で育てたコシヒカリで、粘りと甘みがたっぷり!昔ながらの釜で炊き上げ、丹精込めて握られたおにぎりは、筑波山の恵みが口の中いっぱいに広がる逸品です。この常陸小田米を使ったあられや米粉入チーズケーキなどもおすすめ。

筑波山 縁むすび
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1223-8
営業時間 9:00〜17:00(都合により変更あり)
定休日 火曜日
TEL 029-896-8863

車で約3分

14:00

霊峰・筑波山を御神体とする神社

「西の富士、東の筑波」と称される関東の霊峰・筑波山を御神体とする筑波山神社。筑波山は約3000年の信仰の歴史を持つと伝えられ、境内の広さは拝殿から山頂を含む約370ヘクタール。なんと、東京ドーム約80個分の広さを誇ります。西峰の男体山頂では筑波男大神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、東峰の女体山頂に筑波女大神・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の夫婦神を祀っており、縁結び、夫婦和合、家内安全、子授けなどだけでなく、開拓や社運隆昌など様々な御神徳を賜ることができる神社として知られています。

筑波山神社
〒300-4352茨城県つくば市筑波1-1
TEL 029-866-0502

くわしくはこちら

車で約1分

15:00

筑波山麓の自然に包まれた温泉宿

筑波山神社から最も近い山懐の宿で、創業1628年の伝統と歴史を誇る老舗旅館・筑波山江戸屋。数々の著名人も宿泊した、和風クラシカルモダン様式の温泉宿です。筑波山の両峰にちなんで双神の湯とも呼ばれる筑波山温泉、茨城産の食材にこだわった創作和食料理が堪能できます。チェックインした後は、まずロビーのすぐ外にある足湯で一休みしましょう。宿泊者は何度でも無料で足湯を利用可能。「杉の井」の湧水を味わいながら、千手沢のせせらぎと四季折々で趣ある姿を見せる花木を愛でるひとときは格別です。

筑波山 江戸屋
〒300-4352 茨城県つくば市筑波728
TEL 029-866-0321

車で約3分

17:00

日本夜景遺産に認定された絶景を満喫

※期間中の土日祝日のみの開催です。

筑波山の山頂から、地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空の両方を楽しむことができる、夜の空中散歩。ふもとのつくば市や土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景を一望することができ、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーの光も眺めることができます。空気が澄む冬場は、夜景や星空鑑賞のベストシーズン。夜の筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

筑波山ロープウェイ スターダストクルージング
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1
開催期間 2018年9月15日(土)〜2019年2月24日(日)の土日祝日
※荒天時は運休
営業時間 17:00〜21:00(1月〜2月は20:00まで)
料金(17:00以降) 大人(中学生以上)1,000円、小学生以下 無料(※通常営業時の料金とは異なります)
TEL 029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)

くわしくはこちら

車で約3分、筑波山 江戸屋へ(夕食・宿泊)

2日目

車で約15分

10:00

つくばわんわんランド

キュートなわんこたちと楽しいひとときを

世界最大級の木造犬モニュメントの「モッくん」がシンボル。90種500頭以上の世界の犬猫が暮らす、日本最大級の犬猫テーマパークです。人懐っこいわんちゃんと触れ合える「わんわんパーク」や好きなわんちゃんとお散歩体験できる「わんわんレンタル」、ドックレースショーやドリームショーなども必見です。猫派の方には、にゃんこたちと気ままに過ごす時間が楽しめるねこハウスがおすすめです。

つくばわんわんランド
〒300-4353 茨城県つくば市大字沼田579
営業時間 10:00〜16:00(3月〜10月は17:00まで)
定休日 木曜日、その他臨時休園あり
入園料 大人(中学生以上)1,500円、小人(3才~小学生)700円
TEL 029-866-1001

車で約10分

12:00

筑波山の参詣道「つくば道」の出発点を歩く

筑波山の麓にあるつくば市北条地区は、筑波山の参詣道「つくば道」の出発点。北条商店街は江戸時代からさまざまな店が立ち並び、道標や土蔵造りの懐かしい風景を今も残す場所です。昭和初期に郵便局として建てられた木造家屋をリノベーションしたカフェでランチを楽しんだり、ブランド米「筑波北条米」を練りこんでおもちのような新食感に仕上げた「北条米(マイ)スクリーム」を味わったり…。気になったお店にフラリと立ち寄ったりしながら、時間を忘れて散策してみるのもいいですね。筑波山を望む、北条大池の散策も楽しんで。

北条商店街 北条ふれあい館(旧田村呉服店)
〒300-4231 茨城県つくば市北条39
営業時間 10:00〜16:00
定休日 土・日・祝日のみ営業
TEL 080-6788-0693

車で約1分

14:00

古代の様子を再現した遺跡で歴史探訪

平沢官衙遺跡は、1000年以上前の奈良・平安時代におかれた常陸国筑波郡の役所跡と考えられている国指定の史跡。復元された3棟の高床倉庫が並び、古代の空間が再現されています。これらの倉庫群には、そのころの税である稲などが収蔵されたと考えられています。歴史ある史跡を散策して、悠久の時間の流れに想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

平沢官衙遺跡
〒300-4213 茨城県つくば市平沢353
TEL 029-867-5841(平沢官衙遺跡案内所)

くわしくはこちら

車で約20分

15:00

小町の館
小町の館

平安時代の歌人「小野小町」の伝説が残る、観光と交流の拠点

敷地内には県内最大級といわれる直径7メートルの水車のほか、飲食施設や農産物直売所、そば打ちなどが体験できる体験館が整備されています。本館内には、地域の名産品を販売する「特産物販売コーナー」や常陸秋そばを提供するそば処「小町庵」、平安時代の女流歌人で絶世の美女とうたわれた小野小町に関する資料を見ることができる「小町ギャラリー」があります。また、周辺には、小町が越えたとされる峠道や墓と伝えられている五輪塔など、数々の小町伝説が残っています。

小町の館
〒300-4108 茨城県土浦市小野491
営業時間 9:00〜18:00 (11月〜2月は17:00まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休業)、12月29日〜1月3日
TEL 029-862-1002

車で約15分

16:30

「WINTER ROSE MOUNTAIN」
華やかでダイナミックな光とメロディの演出

県花であるバラを中心に四季折々の花木が鮮やかに彩る茨城県フラワーパーク。冬の夜は幻想的なイルミネーション空間に大変身!約100万球のLEDを用いた華やかでダイナミックな光とメロディの演出が繰り広げられます。早めに入園し、17時の点灯の瞬間を待ち構えるのをおすすめします。期間中は週末を中心にコンサートイベントが開かれ、ロマンティックな雰囲気を盛り上げてくれます。フォトスポットも盛りだくさん。友人や恋人との記念写真をたくさん残してみてはいかがですか。

茨城県フラワーパーク
〒315-0153 茨城県石岡市下青柳200
開園時間 9:00〜16:00(2月〜11月14日は17:00まで)
休園日 月曜日、12月31日、1月1日
入園料 大人370円、小人190円(11月15日〜3月31日まで ※季節により入園料が変わります)
TEL 0299-42-4111

イルミネーション「WINTER ROSE MOUNTAIN」
開催期間 2018年11月15日(木)〜2019年1月14日(月・祝)
点灯時間 17:00〜21:00
開園時間 16:30〜21:00 ※入園は閉園の30分前まで
入園料 大人700円、小人250円

くわしくはこちら

敷地内徒歩移動

18:30

八郷地区の豊かな滋味をまるごと召しあがれ

茨城県フラワーパークの駐車場にある自然派レストラン&産直野菜が集まるマーケット。レストランでは店名の通り、八郷地区で採れた野菜や加工品、八郷牛などを使用した創作料理が存分に味わえます。フレンチと和食で修業を積んだシェフの独創的な料理の数々は、後を引くおいしさ。レストランの食材をマーケットで購入することも可能です。イルミネーション特別メニュー(2018年12月30日まで)も用意されています。肥沃な土壌と温暖な環境に恵まれた八郷地区の滋味をお楽しみください。

ヤサトデトレタ
〒315-0153 茨城県石岡市下青柳200
営業時間 平日11:00〜17:00(L.O.16:30)、土日祝日11:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休業)
TEL 0299-42-4822

車で約15分

マップ

 

真壁のひなまつりと筑波山梅まつりを巡る日帰りプラン

コース概要(日帰り)

10:00 真壁のひなまつり(真壁の町並み、うまかべすいとん) 12:00 筑波山梅まつり(筑波山、筑波山神社) 14:00 筑波山ホテル青木屋

 

スタート

常磐自動車道 土浦北ICから車で35分 (約24km)

10:00真壁のひなまつり

「寒い中、真壁に来てくれる人をもてなそう」という住民の声から始まった真壁のひなまつり。開催当時にひな人形を飾っていたのは21軒でしたが、現在は160軒ほどの民家や商家がお雛様を飾ります。見世蔵、土蔵、門などが軒を連ねる真壁の町並みと、その歴史ある建物の中に代々伝わるお雛様が飾られる風景は懐かしいぬくもりに溢れています。

  • 電話:0296-55-1111(桜川市商工観光課)
くわしくはこちら

真壁の町並み

真壁の町割りは、戦国時代末期の真壁氏時代に形作られ、江戸時代初期の浅野氏時代に完成したといわれています。現在も約三百数十棟の見世蔵や土蔵・門などの歴史的建造物がその町割りとともに息づいています。

くわしくはこちら

うまかべすいとん

野菜をたっぷり使ったほっこりあったか真壁名物

まちおこしの一環として誕生した真壁の地元グルメ「うまかべすいとん」。
小麦粉を練り上げてもちもちの食感に仕上げたすいとんを、地場産の野菜をたっぷり使った汁で味わうのが「うまかべすいとん」の王道スタイル。食堂やそば屋、和食店、中華料理店など様々なジャンルのお店がオリジナルのすいとんを提供しています。

くわしくはこちら

県道41号線経由 車で約20分 (約12.4km)

12:00筑波山梅まつり

約1,000本の梅が咲き誇る筑波山梅林で約1ヶ月に渡り開催。期間中は梅茶の無料サービスのほか、郷土芸能の披露など様々なイベントも行われます。梅まつり限定、美味しい梅を使った料理「梅(うめ~)食」も人気です。(開催期間は2月中旬~3月下旬)

  • 住所:茨城県つくば市筑波
くわしくはこちら

筑波山

朝夕に山肌の色を変えるところから「紫峰」と呼ばれている筑波山。山頂へ向かうハイキングコースには奇岩、怪岩を巡るコースや自然研究路があり、男体山へはケーブルカーで、女体山へはロープウェイでも気軽に登ることができます。

  • 住所:茨城県つくば市筑波
  • 電話:029-869-8333(一般社団法人つくば観光コンベンション協会)
くわしくはこちら

筑波山神社

筑波山を御神体とする筑波山神社。伊弉諾尊と伊弉冉尊が結婚し神々を産み、国産みをされたことから、縁結び、夫婦和合、家内安全、子授けなどの御神徳があるとされています。

  • 住所:茨城県つくば市筑波1番地-1
  • 電話:029-866-0502
くわしくはこちら

車で約1分 (約0.8km)

14:00筑波山ホテル青木屋

万葉集にも詠まれたという美しい山から見下ろす景色、こんこんと湧き出ずる筑波山温泉の湯で癒されながら、時間を忘れてゆったりと過ごせる宿。自慢のロビーと露天風呂からは、関東平野を一望することができます。

  • 住所:茨城県つくば市筑波753-1
  • 電話:029-866-0311
くわしくはこちら

常磐自動車道 土浦北IC まで 車で約30分 (約20km)

ゴール

茨城県石岡市で体験!いちご狩りやピザ作り、ファミリーで満喫日帰りプラン

コース概要(日帰り)

10:00 市内のいちご園 11:00 朝日里山学校 13:00 ダチョウ王国 石岡ファーム 15:00 やさと温泉 ゆりの郷

 

スタート

常磐自動車道 土浦北ICから車で15分 (約10.2km)

10:00石岡市内のいちご園

とって楽しい食べておいしい、いちご狩り体験

石岡市内には、いちご狩りを体験できるいちご園が数多くあります。数種類のブランドを栽培している園もありますので、食べ比べを楽しんでも良いでしょう。

くわしくはこちら

県道34号線経由 車で約2分 (約1.2km)

11:00朝日里山学校

懐かしさ溢れる建屋で自然体験

木造校舎の元小学校を活用した体験型の観光施設。地元食材を使用したピザ作りやそば打ち、田植えや野菜の収穫など自然を生かした色々な体験メニューが楽しめます。

  • 住所:石岡市柴内630番地
  • 電話:0299-51-3117
くわしくはこちら

県道42号~7号線経由 車で約30分 (約18km)

13:00ダチョウ王国 石岡ファーム

「わくわく体験」が盛りだくさんの観光牧場!

国内最大のダチョウ観光牧場であるダチョウ王国では、約200羽のダチョウへのエサやり以外にも、アルパカやウサギなど、約50種類の動物達と直接柵内で触れ合うこともできます。園内のショップではダチョウ肉の入ったレトルトカレーやシチュー・ダチョウの羽根なども販売されています。

  • 住所:石岡市半の木14052
  • 電話:ダチョウ王国 石岡ファーム TEL:0299-23-2245 FAX:0299-23-2245
くわしくはこちら

県道7号線~42号線経由 車で約25分 (約15.4km)

15:00やさと温泉 ゆりの郷

食事も人気の温泉施設

静かな高台に建つ「やさと温泉ゆりの郷」。 お風呂は「万葉の湯」と「真秀の湯」の2種類があり、日替わりで楽しめます。 やさとの神秘のお湯をこころゆくまでお楽しみください。

  • 住所:石岡市小幡1416
  • 電話:やさと温泉 ゆりの郷 TEL:0299-42-4126

常磐自動車道岩間ICまで 車で約35分 (約25km)

ゴール

ファミリーにおすすめ!茨城県かすみがうら市でいちご狩りとサイクリングを楽しむ日帰りプラン

コース概要(日帰り)

10:00 かすみがうら市内のいちご園(いちご狩り) 11:30 かすみがうら市水族館 12:15 かすみキッチン(昼食) 13:00 霞ヶ浦湖畔をサイクリング 14:30 かすみがうら市交流センター(レンタルサイクル返却) 15:30 雪入ふれあいの里公園

 

スタート

常磐自動車道「千代田石岡IC」から、かすみがうら市内のいちご農園へ(2〜5km程度)

10:00かすみがうら市内のいちご農園

もぎたてフレッシュないちごを丸かじり!

豊かな自然に恵まれたかすみがうら市内には、いちご狩り体験ができる農園が点在。大粒で甘みの強い人気品種「とちおとめ」をはじめ、数種類の品種を栽培している農園もあるので、食べ比べを楽しんでみるのもおすすめです。

  • 住所:かすみがうら市内各所
くわしくはこちら

県道141号線経由 霞ヶ浦・歩崎公園方面へ (20km程度)

11:30かすみがうら市水族館

見て、触れて、霞ケ浦に大接近!子ども連れにおすすめの水族館

霞ヶ浦に生息する魚や世界の淡水魚などを集めた、小さな水族館。淡水域で暮らす生き物だけではなく、陸ガメをはじめとした爬虫類など様々な生物を飼育しています。鑑賞するだけでなく、フナ、コイ、タナゴなどに直接触れるタッチ水槽があり、子どもたちに大人気です。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂910‐1
  • 電話:029-896-0722
くわしくはこちら

車で約3分 (約500m)

12:15かすみキッチン

かすみがうらの食材を使った地産地消のカフェレストラン

かすみがうら市交流センター内にあるカフェ&レストラン。2016年に廃校になった近隣の小学校の備品を使い、リノベーションしたおしゃれな空間が広がります。
使う素材は地元かすみがうら産の食材が中心で、洋食をベースにした創作料理は、そのどれもが「地産地消」×「ヘルシー」をコンセプトにした料理ばかりです。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂4784
  • 電話:029-840-9010

かすみがうら市交流センターで自転車をレンタル

13:00霞ヶ浦サイクリング

爽やかな風を感じながら霞ヶ浦湖畔をサイクリング

国内第2位の湖面積を持つ霞ヶ浦の湖岸にのびるサイクリングロードを走り、青い空ときらめく湖面を眺めながら爽快ライドを楽しんでみませんか?天気がいい日は湖越しに筑波山や牛久大仏を眺めることもでき、沿線には自然公園などの立ち寄りスポットも充実。かすみがうら市交流センターなど県内10施設でレンタルサイクルのサービスも行なっています。(有料、要予約)

  • 電話:029-822-2437(ラクスマリーナ サイクリングサポートデスク)
くわしくはこちら

歩崎公園

霞ヶ浦を一望する展望台から、抜群の眺望を満喫!

霞ヶ浦湖畔、茨城百景のひとつである歩崎にある公園。霞ヶ浦の絶景を一望できる展望台や、アスレチックも楽しめる森林公園、お城のような外観も目を惹く歴史博物館などがあり、水と緑に囲まれた景観の中でのんびり過ごすことができます。夏から秋にかけては、霞ヶ浦の湖面を走る観光帆引き船の姿を見ることもできます。

くわしくはこちら

14:30

かすみがうら市交流センターでレンタルサイクル返却

国道197号線経由 車で約50分 (約24km)

15:30雪入ふれあいの里公園

野鳥や昆虫、大自然に暮らすいきものを身近に観察

筑波山の東端に位置する自然豊かな公園。年間を通じて昆虫観察やバードウォッチングを楽しむことができ、「ザリガニ釣り」や「おもしろい石探し」など、子どもたちに人気の参加型イベントも随時開催。
森を模したジオラマ展示室や立体映像で自然を学べるシアターなどもあり、雪入の自然を丸ごと体感できる施設です。

  • 住所:茨城県茨城県かすみがうら市雪入452-1
  • 電話:0299-59-7000
くわしくはこちら

県道64号線経由 常磐自動車道「千代田石岡IC」「土浦北IC」まで 車で約20分 (約9km)

ゴール

あみプレミアム・アウトレットと周辺観光を満喫!首都圏からの日帰りにもぴったりのドライブコース

コース概要(日帰り)

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「稲敷IC」 10:00 大杉神社(夢むすび大明神を参拝) 11:00 JRA美浦トレーニング・センター(競走馬の調教施設を見学) 12:30 こもれび森のイバライド(森の中のレストランで昼食) 14:30 牛久大仏(ギネス認定の巨大仏を参拝) 16:00 あみプレミアム・アウトレット(ショッピング)

 

スタート

圏央道「稲敷IC」から国道125号線経由 車で約5分 (約3km)

10:00大杉神社

茨城の日光東照宮と呼ばれる、日本唯一の夢むすび大明神

大杉神社は日本唯一の夢むすび大明神といわれ、正月の初詣や2月3日の節分祭には多くの参拝客が訪れ、年間の参拝者は約33万人を数えます。古くから「あんばさま」の呼び名で親しまれ、神護景雲(じんごけいうん)元年(767)に、勝道上人によって創設されたといわれています。境内にそびえ立つ2本の大杉を海や川の守り神とし、漁業関係者から信仰を集めています。また疱瘡除けの神様としても有名です。

くわしくはこちら

国道125号線経由 車で約15分 (約10km)

11:00JRA美浦トレーニングセンター

国内最大規模の競走馬調教施設

昭和53年4月に開設された美浦トレーニング・センターは、約224万㎡(東京ドーム約48個分)の広大な敷地を有し、その中に南北2つのトラック型調教コース、1,200mの坂路調教馬場、競走馬スイミングプール、そして森林馬道といった様々な調教施設があります。常時2,000頭を超える競走馬が、毎日トレーニングを行っています。広報会館「ターフプラザ」は土曜、日曜開館です。

県道231号、49号線経由 車で約15分 (約10km)

12:30こもれび森のイバライド

思い出を手づくりできる、体験の宝庫

動物にさわる。自分でつくる。思いっきりカラダを使って遊ぶ。「こもれび森のイバライド」は、茨城の自然の中でたくさんの思い出を手作りできる体験型テーマパーク。手ぶらでバーベキューやカレーづくりが楽しめる施設のほか、ビュッフェレストランやフードコートもあり、「たべる」楽しさもいっぱい!東京から車で約90分のスムーズなアクセスも魅力です。

  • 住所:茨城県稲敷市上君山2060-1
  • 電話:029-892-3911
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

14:30牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

竜ヶ崎阿見線バイパス・県道34号線経由 車で約8分 (約3km)

16:00あみプレミアム・アウトレット

アメリカ西海岸をイメージした街並みでショッピングを満喫

国内外の著名ブランド約150店舗が軒を連ねるアウトレットセンターです。いつでもお値打ち価格が嬉しいショッピングエリアに加えて、和洋中様々な名店が揃っている飲食エリアも人気。圏央道「阿見東IC」に直結した交通の便の良さ、そして、牛久大仏が見えるアウトレットというロケーションも人気です。

  • 住所:茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
  • 電話:029-829-5770
くわしくはこちら

圏央道「阿見東IC」まで 車ですぐ

ゴール

土浦の雛まつりとまち巡りをレンタルサイクルで楽しむモデルコース

コース概要(日帰り)

10:00 プレイアトレ土浦(自転車をレンタル) 10:30 市内散策(土浦の雛まつり、まちかど蔵) 11:30 喫茶蔵(昼食) 12:30 亀城公園・土浦市立博物館 14:00 霞ヶ浦総合公園 15:45 ラクスマリーナ(霞ヶ浦遊覧) 17:30 プレイアトレ土浦(自転車を返却)

 

スタート

常磐自動車道「桜土浦IC」「土浦北IC」から 車で約15分 (約6km)

10:00プレイアトレ土浦

レンタサイクルもおまかせの体験型サイクリングリゾート

JR土浦駅ビルが、サイクリングステーションにリニューアル!電動アシスト付き自転車や、ロードバイク、クロスバイクなど豊富な車種がレンタルでき、ヘルメットやグローブもレンタル可能。
サイクルカフェやサイクリスト向けロッカールーム、更衣室やシャワールームも用意されているので、手ぶらで気軽にサイクリングを楽しむことができます。

  • 住所:茨城県土浦市有明町1-30
  • 電話:029-835-3000
くわしくはこちら

自転車をレンタルし、市内散策へ

10:30土浦の雛まつり

城下町を彩る、春の雛絵巻

国の登録有形文化財である土浦まちかど蔵をメイン会場に、歴史ある土浦のまち並みが雛人形に彩られる季節イベント。江戸末期の蔵と調和した「和」の空間が、まちあるきの楽しさに華を添えてくれます。また、周辺商店街でも様々な雛人形・雛飾りが展示され、期間中の土日には関連イベントも開催されます。

くわしくはこちら

土浦まちかど蔵「大徳」

江戸時代の呉服店を改装した、まちあるきのアンテナショップ

旧水戸街道沿いに位置し、土浦の商業の中心地として栄えた中城通りにある土浦市の観光拠点。
江戸時代末期に造られた呉服店の見世蔵、袖蔵、元蔵、向蔵の4棟を改修した建物の中には、観光案内所やおみやげ販売コーナーがあり、昔の土浦の暮らしに触れることのできる展示資料館もあります。

  • 住所:茨城県土浦市中央1-3-16
  • 電話:029-824-2810(土浦市観光協会)
くわしくはこちら

土浦まちかど蔵「野村」

城下町の風情を残す、蔵づくりの建物でひと休み

土浦まちかど蔵「大徳」の向かいにある、江戸時代後期から明治時代初期に建造された蔵。
江戸時代から続いた商家の野村家の3つの蔵からなる建物で、休憩所や展示室があり、レトロな雰囲気漂うレンガ蔵は喫茶店として活用されています。

  • 住所:土浦市中央1-12-5
  • 電話:029-822-0081
くわしくはこちら

11:30喫茶 蔵

煉瓦造りのレトロな蔵で、おいしいランチとコーヒーを

「土浦まちかど蔵 野村」の一角にあるカフェ。明治25年に建造されたレンガ造りの蔵で、レトロな気分を味わいながらくつろぎのひとときをどうぞ。
カレーの町・土浦の名物である「ツェッペリンカレー」をはじめ、オムライスやパスタなどの洋食メニューや、こだわりのコーヒー、あんみつやタルトなどを楽しむことができます。

  • 住所:土浦市中央1-12-58(まちかど蔵 野村内)
  • 電話:029-822-0081
くわしくはこちら

自転車ですぐ (約300m)

12:30亀城公園

春は桜が咲き誇る、土浦市民の憩いの公園

土浦城の本丸と二の丸の一部を整備した公園。東櫓と西櫓は復元されていますが櫓門は当時のままで、本丸にある櫓門としては関東で唯一現存するものです。
園内にはミニ動物園や芝生広場、ブランコ等の遊具もあり、市民の憩いの場として親しまれているほか、桜の名所としても知られています。

  • 住所:土浦市中央1-13
くわしくはこちら

土浦市立博物館

土浦の歴史に触れ、文化を学ぶ

亀城公園に隣接する博物館。「霞ヶ浦に育まれた人々のくらし」を総合テーマに、展示品を季節ごとに入れ替えながら土浦の歴史と文化を紹介しています。「大名土屋家の文化」コーナーでは刀剣や茶道具が展示されているほか、特別展や企画展も随時開催されています。

  • 住所:土浦市中央一丁目15-18
  • 電話:029-824-2928
くわしくはこちら

自転車で約20分 (約4km)

14:00霞ヶ浦総合公園

霞ヶ浦と筑波山を望む、緑と水の公園

霞ヶ浦の湖岸沿いに位置し、46ヘクタールの敷地を誇る自然豊かな公園。シンボルのオランダ風車展望台からは霞ヶ浦が一望でき、春には風車の周りに約30,000本ものチューリップが咲き乱れ、初夏から夏にかけては200品種以上の花蓮を観賞することができます。

  • 住所:土浦市大岩田1051
  • 電話:029-823-4811
くわしくはこちら

自転車で約20分 (約4km)

15:45ラクスマリーナ

国内湖面積第2位の霞ヶ浦で、快適クルージング

霞ヶ浦の沖合を快走する86名乗りのワイドな遊覧船「ホワイトアイリス号」で内陸クルージングを満喫!
11月から3月は、冬季仕様のこたつクルーズが楽しめます。

  • 住所:茨城県土浦市川口2丁目13番6号
  • 電話:029-822-2437
くわしくはこちら

プレイアトレまで自転車で約10分(約1.5km) レンタルサイクル返却

常磐自動車道「桜土浦IC」「土浦北IC」まで 車で約15分 (約6km)

ゴール

ファミリーにおすすめ、下妻のあじさいと自然いっぱいの公園を楽しむ日帰り旅

コース概要(日帰り)

10:30 大宝八幡宮(あじさい祭) 12:00 道の駅しもつま(昼食) 13:30 小貝川ふれあい公園 16:00 ビアスパークしもつま

 

スタート

圏央道常総ICより国道294号経由、車で約20分(約16km)

10:30大宝八幡宮

宝くじの当選祈願の参拝客からも人気を集める、関東最古の八幡さま。かつての大宝城の城跡である境内には約300品種のあじさいが咲く「あじさい神苑」があり、見頃を迎える例年6月下旬にあじさい祭が開催されます。
土塁の斜面に植栽されたあじさいは高低差によって手前の花も奥の花も見渡すことができ、斜面の下から見上げる、上から見下ろす、両方のロケーションを楽しむことができます。

  • 住所:茨城県下妻市大宝667
  • 電話:0296-44-3756
くわしくはこちら

車で約7分(3km)

12:00道の駅 しもつま

茨城銘柄豚霜ふりハ-ブ豚の炙り豚丼や、下妻産常陸秋そばの手打ちそば、地元の新鮮野菜をはさんだサンドイッチやバーガーなど、うまいものがいっぱい揃った道の駅。なんと納豆工場が併設されており、月水金の午前中はガラス越しに見学することができます。3階の展望台から見渡す広大な田園風景と、筑波山の景観もお楽しみのひとつ。特産の梨を使ったジャムやスイーツも人気で、初夏から晩秋にかけてはフレッシュな梨の購入もできます。

  • 住所:茨城県下妻市数須140
  • 電話:0296-30-5294
くわしくはこちら

車で約8分(4km)

13:30小貝川ふれあい公園

小貝川の水辺をいかした公園には、自然観察ゾーンやスポーツゾーン、こども広場やバーベキュー場など自然と親しみながら楽しく遊べるスポットがいっぱい。地形をいかして設置されたいろいろな種類の滑り台の中からお気に入りを見つけたり、ネイチャーセンターのミニミニ水族館や昆虫標本館を見学したり、入場無料でたっぷり遊べます。6月中旬から7月中旬頃は、ネイチャーセンター駐車場北側のオオムラサキ観察小屋で成虫を観察することもできます。

  • 住所:茨城県下妻市堀篭1650-1
  • 電話:0296-45-0200
くわしくはこちら

車で約20分(11km)

16:00ビアスパークしもつま

おいしい地ビールと天然温泉が楽しめるリフレッシュスポット。鬼怒川のほとりに広がる自然林の中に地ビール工房や温泉、ホテルなどの施設があり、地下1500mから湧き出た天然温泉は日帰り利用でも楽しむことができます。露天風呂もあり、川辺の風に吹かれながら爽やかな気分でリラックスできます。

くわしくはこちら

車で約20分 圏央道常総IC

ゴール

科学の街・つくばで「学び」を楽しむサイエンスツアー

つくばエキスポセンター

コース概要(日帰り)

9:25 地図と測量の科学館 10:45 筑波実験植物園 12:05 パンの街つくば 13:15 つくばエキスポセンター 14:35 産業技術総合研究所 15:50 JAXA 筑波宇宙センター 17:30 つくばラーメン激戦区          

 

1日目スタート

TX「つくば駅」A3出口より つくばセンター バスターミナル8番乗り場 9:15発 つくばサイエンスツアーバス乗車

9:25地図と測量の科学館

地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新しい技術などを総合的に展示して、私たちの生活にかかせない地図や測量の役割を誰もが楽しみながら、体感できる施設です。

  • 住所:茨城県つくば市北郷1番
  • 電話:029-864-1872
くわしくはこちら

10:35 バスで約10分

10:45筑波実験植物園

国立科学博物館の植物研究施設で、日本をはじめ世界の様々な植物およそ3,000種類が見られます。 広く一般に公開されており、温室では熱帯や乾燥地の珍しい植物なども楽しめます。

  • 住所:茨城県つくば市天久保4-1-1
  • 電話:029-851-5159 (代表)
くわしくはこちら

11:55 バスで約10分

12:05パンの街つくば

研究学園都市であるつくば市。留学生や海外出身の研究者が多く暮らすため、彼らのためにパンを焼くベーカリーが増え、いつしか「パンの街」として賑わっていったと言われています。
つくばの街には素材や製法にこだわりを持つ個性的なベーカリーが点在し、イートインコーナーのある店や、つくばの作物研究所がパンに適した小麦粉として開発した「ユメシホウ」を使ってパンを焼く店も。
街を散策しながら各店のパンを食べ比べ、お気に入りを見つけるのもつくばさんぽの楽しみのひとつです。

13:10 バスで約5分

13:15つくばエキスポセンター

子どもから大人まで楽しめる、科学を見て、触って、楽しく学べる施設。プラネタリウムでは、迫力の映像で星空や宇宙が体験でき、純国産ロケットの実物大模型や、実際の潜航映像が見られる「しんかい6500」の模型など、好奇心を刺激する展示がたくさんあります。地元つくばの食材を使ったカフェと、科学館ならではの商品が揃うショップも併設されています。

  • 住所:茨城県つくば市吾妻2-9
  • 電話:029-858-1100(代)
くわしくはこちら

14:25 バスで約5分

14:35産業技術総合研究所

産業の基盤を支える計測標準から、ロボット、エネルギー、医療など幅広い研究テーマをわかりやすく解説し、最先端の産業技術を楽しく体験できる施設。小型ヒューマノイドロボット「チョロメテ」や人をいやしてくれるアザラシ型ロボット「パロ」に会うことも出来ます。

  • 住所:茨城県つくば市梅園1-1-1(つくば本部)
  • 電話:029-861-2000
くわしくはこちら

15:45 バスで約5分

15:50JAXA 筑波宇宙センター

人工衛星やロケットなどの研究開発や開発試験、打ち上げた人工衛星の追跡管制、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の運用管制、宇宙飛行士の養成などを行っています。

  • 住所:茨城県つくば市千現2-1-1
  • 電話:029-868-5000(管理部代表)
くわしくはこちら

17:00 バスで約10分 つくばセンター バスターミナル8番乗り場

17:30つくばラーメン激戦区

約100店舗のラーメン専門店が凌ぎを削るラーメン激戦区。毎年、つくばラーメンフェスタなどのイベントも開催され、年々来場者数も増え続けています。また、平成26年にはつくばご当地ラーメン開発プロジェクトを結成。筑波山麓で収穫された福来みかんを使ったラーメンが誕生するなど、今後も新たなご当地ラーメンが期待できそうです。

徒歩で TX「つくば駅」へ 約10分

ゴール

写真映えスポットを巡る、とことん絶景いばらきの旅

ひたちなか市_コキア1500

コース概要(1泊2日)

1日目

10:00 牛久大仏 12:30 シャトーカミヤ 15:00 ラクスマリーナ 18:00 筑波山スターダストクルージング 19:30 青木屋

2日目

9:00 神磯鳥居 10:00 大洗磯前神社 11:00 きて みて さわって コキアカーニバル 14:30 石切山脈 15:30 笠間稲荷神社

1日目スタート

常磐自動車道「つくばJCT」~圏央道「牛久阿見IC」より車で約10分 (約8km)

10:00牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

12:30牛久シャトー

明治期の洋風建築の趣きが残る赤レンガ造りのシャトーカミヤ(現牛久シャトー)は、明治36年に完成しました。当時は、ブドウ栽培から醸造、瓶詰めまで一貫して行った日本初の本格的ワイン醸造場であり、日本のワイン発祥地の一つとして知られています。平成20年には国の重要文化財に指定されています。

  • 住所:茨城県牛久市中央3-20-1
  • 電話:029-873-3151(代)
くわしくはこちら

県道48号線経由 車で約30分 (約15km)

15:00ラクスマリーナ

国内湖面積第2位の霞ヶ浦で、快適クルージング

霞ヶ浦の沖合を快走する86名乗りのワイドな遊覧船「ホワイトアイリス号」で内陸クルージングを満喫!
桜川のお花見を楽しむ春のクルーズや、夕日を楽しむサンセットクルーズ、冬場のこたつクルーズなど、季節ごとに違った表情を見せる霞ヶ浦での舟旅を楽しんでみませんか?

  • 住所:茨城県土浦市川口2丁目13番6号
  • 電話:029-822-2437
くわしくはこちら

県道236号線経由 車で約50分 (約27km)

18:00筑波山スターダストクルージング

関東の霊峰、日本百名山の一つに数えられている筑波山。
山頂からはつくば市、土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景が一望でき、日本夜景遺産に認定された夜景を楽しむことができます。条件が揃えば、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーの光まで鑑賞できることも。
また、例年秋から冬にかけての期間は、ロープウェイの運行時間を延長する「スターダストクルージング〜夜の空中散歩〜」が実施されます。
地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空を満喫できる筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

  • 住所:茨城県つくば市筑波1番地
  • 電話:029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)
くわしくはこちら

筑波スカイライン~県道236号線~県道42号線経由 車で約10分 (約6km)

19:30青木屋

古来、万葉集にも詠まれたという美しい山から見下ろす景色。そして、こんこんと湧き出ずる筑波山温泉の湯で癒されながら、時間を忘れてゆったりと過ごせるお宿です。
自慢のロビーと露天風呂からは、関東平野を一望することが出来ます。

  • 住所:茨城県つくば市筑波753-1
くわしくはこちら

2日目スタート

県道16号線経由 車で約90分 (約60km)

9:00神磯鳥居

平安時代前期の斉衡3年(856)、神が降り立ったといわれる地。鳥居から昇る日の出を拝もうと大勢の人が訪れます。 また、徳川光圀公が景観を称えた場所でもあります。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637(大洗磯前神社 代)
くわしくはこちら

大洗海岸通り 徒歩で約5分 (約0.3km)

10:00大洗磯前神社

古くから「大国さま」「恵比須さま」と親しまれてきた神社。平安時代に創設され、病気平癒、家内安全、商売繁盛、海上交通など人々に幸を授けてくれます。拝殿は入母屋造で茨城県の文化財に、随神門は大洗町の文化財にそれぞれ指定されています。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637
くわしくはこちら

県道108号線経由 車で約25分 (約12km)

11:00きて みて さわって コキアカーニバル

国営ひたち海浜公園

花と緑に囲まれた都市公園「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。
秋の見所は、広大な「みはらしの丘」一面に広がるコキアの紅葉。約3万2千本のコキアが丘を真っ赤に染め上げ、丘のふもとでもコスモスやソバなど秋の草花が見頃を迎えます。
コキアの紅葉時期に合わせて開催される「コキアカーニバル」の期間中は、芸術・スポーツ・食欲などの秋を満喫できる様々なイベントやグルメも楽しむことができます。
(「コキアカーニバル」の開催時期は9月中旬~10月中旬)

  • 住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
  • 電話:029-265-9001
くわしくはこちら

北関東自動車道経由 笠間西IC 車で約50分 (約52km)

14:30石切山脈

全国的にも有名な「稲田みかげ石」。その石の採掘規模が日本一と言われ、笠間市稲田を中心に東西8㎞、南北6㎞にもわたる採掘現場は通称「石切り山脈」と呼ばれています。その白く美しい採掘現場の景観は、まるで壮大な石の屏風です。
※見学の際は、㈱想石までご連絡ください。

  • 住所:〒309-1635 茨城県笠間市稲田4260-1
  • 電話:0296-74-2112

国道50号線経由 車で約12分 (約6km)

15:30笠間稲荷神社

1350余年の歴史を誇り、日本三大稲荷の一つとされている「笠間稲荷神社」。江戸時代末期に建てられた御本殿は、彫刻が優れていることから、昭和63年に国の重要文化財に指定されています。御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。生命の根源を司る「いのち」の根の神として、農業、工業、商業、水産業などあらゆる殖産興業の守護神として、人々の生活すべてに御神徳を授けてくださる神様です。境内に生える二株の藤は、樹齢400年にも及ぶもので、八重の藤は、昭和42年に県の天然記念物に指定されています。

  • 住所:茨城県笠間市笠間1番地
  • 電話:0296-73-0001
くわしくはこちら

国道50号線経由 笠間西ICまで 車で約20分 (約10km)

ゴール

いばらき流トライアスロン -湖畔サイクリング・筑波山トレイルラン・那珂川カヌー体験-

コース概要(1泊2日)

1日目

9:00 鹿島神宮 11:00 つくば霞ヶ浦りんりんロード 13:00 かすみキッチン 16:00 江戸屋

2日目

9:00 筑波山 12:00 yasato de toreta 14:00 storm field guide 17:00 四季彩館

1日目スタート

潮来ICより車で約15分 (約7km)

9:00鹿島神宮

日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする神社。現在の社殿は徳川二代将軍の秀忠公により、また奥宮は家康公、楼門は水戸初代藩主徳川頼房公により奉納されたもので、いずれも重要文化財となっています。息栖神社、香取神宮とともに東国三社と呼ばれ古くから信仰を集めており、東国三社巡りツアーも行われています。また、皇室や鎌倉幕府の源頼朝公をはじめ、徳川幕府の徳川家康公や、水戸藩の徳川光圀公などに崇拝されていました。人生を転換するターニングポイントの作用を持ち、邪魔するものをはねのけ進むパワーを持つ、勝利の武神・武甕槌大神のご神気が息づくスポットです。

  • 住所:茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
  • 電話:0299-82-1209
くわしくはこちら

国道354経由 車で約60分 (約40km)

11:00つくば霞ヶ浦りんりんロード

県道桜川土浦潮来自転車道線と霞ヶ浦湖岸道路を合わせた全長約180kmのサイクリングコースです。全国第2位の面積を誇る霞ヶ浦と、日本百名山にその名を連ねる筑波山。この茨城が誇るふたつの絶景をダイレクトにつなぎ、14市町村にまたがる平野を中心としたサイクリングロードを楽しめます。

  • 電話:029-301-2735(茨城県企画部地域計画課)
くわしくはこちら

約120分 サイクリング(約12km)

13:00かすみキッチン

かすみがうらの食材を使った地産地消のカフェレストラン

かすみがうら市交流センター内にあるカフェ&レストラン。2016年に廃校になった近隣の小学校の備品を使い、リノベーションしたおしゃれな空間が広がります。
使う素材は地元かすみがうら産の食材が中心で、洋食をベースにした創作料理は、そのどれもが「地産地消」×「ヘルシー」をコンセプトにした料理ばかりです。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂4784
  • 電話:029-840-9010

県道53号線経由 車で約60分 (約40km)

16:00江戸屋

創業390余年の伝統に育まれた、落ち着きのある日本旅館。
筑波山神社まで徒歩8分。お子様・赤ちゃん連れのご家族の方も安心のくつろぎの宿。

  • 住所:茨城県つくば市筑波728
  • 電話:029-866-0321
くわしくはこちら

2日目スタート

車で約3分 (約0.65km)

9:00筑波山

筑波山は双耳峰で男体山と女体山を有し、二峰間を御幸ヶ原という平坦地が結んでいます。日本百名山の中で最も低い山で、その標高は女体山の877mです。登山道には雄大な自然が広がり、春夏は緑溢れる中、秋には色づく木々の中、四季折々の爽快なハイキングを楽しめます。

  • 住所:茨城県つくば市筑波
  • 電話:029-869-8333(つくば観光コンベンション協会)
くわしくはこちら

県道150号線経由 車で 約40分 (約10km)

12:00yasato de toreta

茨城県石岡市・八郷地区の、「茨城県フラワーパーク」内のレストランです。 地元で大切に育てられた野菜を使った料理を味わえます。

  • 住所:茨城県石岡市下青柳200 (茨城県フラワーパーク駐車場内)
  • 電話:0299-42-4822
くわしくはこちら

県道64号線経由 車で約60分 (約52km)

14:00storm field guide

大空と清流那珂川の隙間を移動するカヌー。爽快感と感動を与えてくれます。小魚が飛び跳ね、秋には鮭の遡上に、その呼吸音が聞こえるぐらい近づきます。
初めての方には危険なレジャーのイメージがあると思います。ですが『Storm Field Guide(ストームフィールドガイド)』では安全への正確な知識と充実した装備を揃え、自然と謙虚に付き合い、川で楽しむカヌーをご案内しておりますので安心です。素敵な思い出作りに、ぜひご参加ください。

  • 住所:茨城県常陸大宮市野口1151
  • 電話:090-6505-2544(担当直通:山本)
くわしくはこちら

県道60号線経由 車で約80分 (約57km)

17:00四季彩館

「四季彩館」は常陸大宮市長倉地域の高台にある日帰り温泉です。露天風呂からは豊かな自然の景色が堪能いただけます。露天風呂の他にも、大浴場、うたせ湯、源泉湯、薬湯、サウナなど、7種類の浴槽を楽しむことができます。
館内には売店やレストラン、休憩所や仮眠室を完備しております。また「四季彩館直売所」では、地元・御前山で採れた新鮮野菜を販売しています。

  • 住所:茨城県常陸大宮市長倉407-2
  • 電話:0295-55-2626(常陸大宮市温泉事業株式会社)
くわしくはこちら

国道118号線経由 那珂ICまで 車で約55分 (約40km)

ゴール

世界一の大仏から筑波山の夜景まで、県南エリアを遊び尽くす日帰りプラン

コース概要(日帰り)

10:00 あみプレミアム・アウトレット 13:00 牛久大仏 15:00 シャトーカミヤ 17:00 江戸屋 18:00 筑波山スターダストクルージング

 

スタート

阿見東ICから車ですぐ (約1.5km)

10:00あみプレミアム・アウトレット

アメリカ西海岸をイメージした街並みでショッピングを満喫

国内外の著名ブランド約150店舗が軒を連ねるアウトレットセンターです。いつでもお値打ち価格が嬉しいショッピングエリアに加えて、和洋中様々な名店が揃っている飲食エリアも人気。圏央道「阿見東IC」に直結した交通の便の良さ、そして、牛久大仏が見えるアウトレットというロケーションも人気です。

  • 住所:茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
  • 電話:029-829-5770
くわしくはこちら

県道34号線経由 車で約5分 (約2.5km)

13:00牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

15:00牛久シャトー

明治期の洋風建築の趣きが残る赤レンガ造りのシャトーカミヤ(現牛久シャトー)は、明治36年に完成しました。当時は、ブドウ栽培から醸造、瓶詰めまで一貫して行った日本初の本格的ワイン醸造場であり、日本のワイン発祥地の一つとして知られています。平成20年には国の重要文化財に指定されています。

  • 住所:茨城県牛久市中央3-20-1
  • 電話:029-873-3151(代)
くわしくはこちら

国道6号線経由 車で約60分 (約40km)

17:00江戸屋

創業390余年の伝統に育まれた、落ち着きのある日本旅館。
筑波山神社まで徒歩8分。お子様・赤ちゃん連れのご家族の方も安心のくつろぎの宿。

  • 住所:茨城県つくば市筑波728
  • 電話:029-866-0321
くわしくはこちら

県道42号線~筑波スカイライン~県道236号線経由 車で約10分 (約5.4km)

18:00筑波山スターダストクルージング

関東の霊峰、日本百名山の一つに数えられている筑波山。
山頂からはつくば市、土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景が一望でき、日本夜景遺産に認定された夜景を楽しむことができます。条件が揃えば、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーの光まで鑑賞できることも。
また、例年秋から冬にかけての期間は、ロープウェイの運行時間を延長する「スターダストクルージング〜夜の空中散歩〜」が実施されます。
地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空を満喫できる筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

  • 住所:茨城県つくば市筑波1番地
  • 電話:029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)
くわしくはこちら

県道42号線~県道14号線~国道125号線経由 常磐自動車道(土浦北IC)まで 車で約40分 (約60km)

ゴール

「男体山」と「女体山」ふたつの峰を踏破しよう!筑波山登山&つくば市内散策一泊コース

 

「西の富士、東の筑波」と、富士山と並び称される茨城の名峰・筑波山。その美しさから、古来より和歌にも詠まれてきた歴史ある名勝です。また、日本百名山の中で標高が最も低く、比較的気軽に登ることができるため、年間を通して多くの登山客が訪れる人気のスポットでもあります。今回は、筑波山の魅力を存分に味わうことができるモデルコースをご紹介します。

コース紹介

 

登山コース紹介

地図:筑波山ケーブルカー&ロープウェイ

日本百名山の中で最も標高が低い筑波山。比較的登りやすい山として人気ですが、その理由は易しさだけでなく、景観とルートの豊富さにもあります。それぞれ難易度や景観も異なるので、コースを変えてリピートする人も多いのが筑波山の特徴。 岩場や急勾配の山道を歩く本格的な登山コースから、シニア世代の方や子ども連れでもハイキング感覚で気軽に登れるコースまで、レベルや体力に合わせたコース選択が可能です。

標高871mの男体山と標高877mの女体山、まずはどちらの山頂を目指すか決めましょう。男体山なら御幸ヶ原コース、女体山を目指すなら白雲橋コース、おたつ石コースを。それぞれのコースはつながっているので、登りと下りのコースは別にするのがオススメです。
日本百名山の中で一番標高の低い山とはいえ、やはり山道なので動きやすい服装や歩きやすい靴、多めの水など最低限の準備は必須。ケーブルカー、ロープウェイも利用して、無理なく楽しく登山を満喫しましょう!

白雲橋しらくもばしコース 難易度★★★

距離:約2.8km 標高差:約610m 所要時間 登り110分/下り95分
筑波山神社から酒迎場分岐、そして弁慶茶屋跡を経て女体山頂へと向かうルート。筑波山の魅力を一気に満喫できるコースです。

御幸ヶ原みゆきがはらコース 難易度★★★

距離:約2.0km 標高差:約610m 所要時間 登り90分/下り70分
筑波山神社から男体山頂を目指すルート。標高差があり、比較的険しいコースです。

迎場むかえばコース 難易度★★☆

距離:約1.6km 標高差:約190m 所要時間 登り40分/下り35分
つつじヶ丘から酒迎場分岐を結ぶルート。岩場が少なく、比較的楽なコースです。

おたつ石おたついしコース 難易度★☆☆

距離:約1.0km 標高差:約200m 所要時間 登り40分/下り35分
つつじヶ丘から弁慶茶屋跡を結ぶ、比較的短いルート。そこから白雲橋コースへ切り替え、女体山頂を目指すことができます。

自然研究路しぜんけんきゅうろ 難易度★☆☆

距離:約1.5km 標高差:約70m 所要時間 60分
男体山頂付近をグルリと周遊するルート。筑波山の自然観察に最適なコースです。

山頂連絡路さんちょうれんらくろ 難易度★☆☆

距離:御幸ヶ原〜男体山頂 約300m、御幸ヶ原〜女体山頂 約550m 所要時間 御幸ヶ原から両山頂まで、それぞれ約15分
標高871mの男体山頂と標高877mの女体山頂、ふたつの山頂を結ぶのが山頂連絡路です。

筑波山登山コースについては、筑波山ケーブルカー&ロープウェイのホームページにくわしく紹介されています。こちらもぜひご覧ください。
筑波山ケーブルカー&ロープウェイ

 

今回は筑波山の自然や巨岩・奇岩やパワースポットに出会える「白雲橋コース」に挑戦!二峰の山頂を踏破して、筑波山を満喫できるモデルコースをご紹介します。
1日目

TXつくば駅から筑波山へは、直行シャトルバスが便利です!

つくば駅より約40分

10:00

筑波山神社境内

筑波山神社境内

御神橋

御神橋

大杉

大杉

筑波山登山まずはここから!

TXつくば駅から筑波山シャトルバスに乗って、「筑波山神社入口」で下車。大きな鳥居をくぐって参道を歩いていくと、ほどなくして筑波山神社に到着です! 山自体が御神体の筑波山は男体山と女体山という二つの峰からなり、それぞれに男神「イザナギノミコト」、女神「イザナミノミコト」が祀られています。この二柱は夫婦の神様なので、縁結びや夫婦和合にご利益があるとも言われます。筑波山登山の前に、まずはこの拝殿でご挨拶と山登りの安全を祈願していきましょう。

筑波山神社
〒314-0031 茨城県つくば市筑波1-1
TEL 029-866-0502

くわしくはこちら

登山道を約110分

安全祈願が済んだら、さあ出発!!

大迫力の奇岩・怪石を楽しんで
「ガマ石」をはじめ、多くの奇岩・怪石が点在している筑波山。白雲橋コースでは、「弁慶七戻り」「高天原」「胎内くぐり」などの巨岩、奇岩に出会うことができます。それぞれの由来や言い伝えなどを楽しみながら、筑波山登山を楽しんでください。

弁慶七戻り

母の胎内くぐり

大仏岩

12:00

女体山山頂からの眺め

女体山山頂からの眺めは、筑波山で一番高い877m。

女体山御本殿

女体山御本殿

ロープウェイ女体山駅の展望パーラー

ロープウェイ女体山駅の展望パーラー

眼下に広がる関東平野の絶景を満喫!

筑波山神社から酒迎場分岐、そして弁慶茶屋跡を経て女体山山頂へと到着!女体山の山頂には、イザナミノミコトを祀る筑波山神社本殿と「天の浮橋」があり、本殿では「登拝」の文字が入った山頂限定の御朱印をいただくことができます。標高877mの山頂から望む霞ヶ浦・関東平野の眺望は、まさに絶景!山頂から徒歩5分ほどの距離にあるロープウェイ女体山駅周辺には展望台やレストハウスがあり、絶景を眺めながら一息つくことができます。ゆっくりと眺望を楽しんだあとは、山頂連絡路を歩き、御幸ヶ原を経て男体山山頂を目指しましょう。

山頂連絡路を約15分

男体山へ向かう山頂連絡路の途中には、あの「ガマ石」が!

筑波山の豊かな自然を楽しんで
ロープウェイの女体山駅とケーブルカーの山頂駅とを結ぶのは、可憐な「カタクリ」の花畑をはじめ、筑波山の豊かな自然に触れられる散策路。4月は「ニリンソウ」、5月は赤や紫の「ツツジ」が咲き誇り、6月の「アジサイ」、7月の「ヤマユリ」と続きます。

カタクリ

ニリンソウ

ミツバツツジ

12:30

ケーブルカー筑波山頂駅もあり賑わっています。

ケーブルカー筑波山頂駅やコマ展望台もあり賑わっています。

コマ展望台2階の食堂は回転しながら絶景を楽しめます。

コマ展望台2階の食堂ではパノラマの絶景を楽しめます。

つくばうどん

つくばうどん

筑波山の名物うどんで腹ごしらえ

女体山と男体山の山頂を結ぶ、山頂連絡路。ちょうど中間地点に広がる「御幸ヶ原」は茶屋や売店が立ち並び、登山の休憩を取るには絶好の場所です。昼食には、「つくね」「黒野菜」「バラ肉」といった「筑波」の名前に関した具材をはじめ、地元素材をふんだんに取り入れた筑波山名物の「つくばうどん」がオススメ! また、ケーブルカー筑波山頂駅となりにある「コマ展望台」には360°のパノラマを楽しみながら食事ができる展望レストランがあり、筑波山麓産の福来(ふくれ)みかんを使用した「福来(ふくれ)しょうゆラーメン」や「つくば鶏親子丼」が人気です。

山頂連絡路を約15分

ワイルドな岩場も乗り越え、頂上はもうすぐ!

13:30

男体山山頂は標高871m

男体山御本殿

男体山御本殿

自然研究路は筑波山の様々な動植物について知ることができます。

筑波山の大自然の中で深呼吸!

御幸ヶ原から男体山山頂へは約15分。岩場のある比較的急な道中にはツツジが多く見られるほか、男体山山頂には筑波山でしか見られないホシザキユキノシタが自生しています。標高871mの男体山山頂には、徳川幕府の守護山としてもあがめられていた筑波山の男体山御本殿が鎮座。本殿は、江戸城の方向を向いています。
時間と体力に余裕があれば、男体山山頂付近をグルリと周遊する「自然研究路」ルートもぜひ散策を。筑波山の自然を観察できるコースの随所に展望台や解説看板が設置され、関東平野を一望する展望台からはスカイツリーや富士山を見渡せることもあります。

御幸ヶ原へ戻り、筑波山頂駅からケーブルカーで下山(筑波山神社拝殿横の宮脇駅まで約8分)

ケーブルカーの車窓からは、春はつつじ、夏は新緑、秋は紅葉…といった四季折々の景色を眺めることができます。

筑波山ケーブルカー
茨城県つくば市筑波1・筑波山神社横(宮脇駅)
TEL 029-866-0611
通常20分間隔で運行、始発および終発については筑波観光鉄道ホームページで確認

くわしくはこちら

15:40

宮脇駅へ到着。スタート地点の筑波山神社のすぐそばです

徒歩で約10分

16:00

筑波山温泉で登山の汗と疲れを癒やす絶景宿

「筑波山温泉郷」として温泉宿が軒を連ねている筑波山。登山に訪れたら、日帰りではなくぜひ一泊して温泉を満喫していってください♪その中でも今回オススメするのが、男体山側にある彩香の宿一望。窓から望む絶景は、筑波山ならではの魅力です!本館には内湯のほか、贅沢な展望貸切風呂を備えています。また、道路を挟んで向かいの別館「つくば湯」にも、宿泊者は無料で入浴可♪筑波山の自然に囲まれながら、ゆったりと足を伸ばして疲れを癒やす至福のひととき。ぜひご堪能あれ!

彩香の宿一望
茨城県つくば市筑波64-2
TEL 029-866-2222

くわしくはこちら
2日目

徒歩で約20分

10:00

筑波山で陶芸体験

宿をチェックアウトしたら、バスに乗り込む前に筑波山をもうちょっと満喫していきましょう!春には美しい景観で目を楽しませてくれる筑波山梅林のすぐ近くに、陶芸体験ができる窯元があります。筑波山の雅称にちなんで「つくばね焼」と名づけられた焼き物は、筑波山周辺の土をベースに配合した陶土で作るのが特徴。茨城県郷土工芸品にも指定されている、筑波山の自然を感じられる逸品です。世界にひとつだけの器を手づくりして、筑波山の思い出を持ち帰ってみては?

つくばね焼 窯元
茨城県つくば市沼田1700-8
10:00〜16:00
TEL 029-866-2688
※公開は土・日・祝のみ、体験は要予約

徒歩で約30分

12:30

「つくばラーメン激戦区」の人気ラーメン!

筑波山梅林から徒歩で麓まで下りたら、ぜひ立ち寄っていきたいのが「松屋製麺所」。つくば市は「ラーメン激戦区」とも称され、市内には数々の人気ラーメン店が凌ぎを削っています。ここ松屋製麺所はその名前の通り「製麺所」。大正時代に建てられた元土産物屋の建物を活かしたノスタルジックな店舗で作る麺は、つくばの地粉「ユメシホウ」を加えた国産小麦に水・塩・かんすいだけを使用。地元のお母さんたちが作る手打ち式麺は、もちもち・ツルツルの食感も美味しいと人気です。お土産購入と合わせて、実際にラーメンを試食できるスペースもあるのでぜひ味わっていってください!

松屋製麺所
茨城県つくば市沼田300
7:00〜17:00(試食スペースは材料切れ次第終了)
定休日:水曜日
TEL 029-896-5298

バスで約35分

14:00

サイエンスシティつくばを体感

世界に誇る研究学園都市つくば。市内には、国をはじめ数多の研究・教育機関がおかれています。一般公開を受け入れている施設も多いのが特徴。その中でもぜひ一度足を運んでみてほしいのが、筑波実験植物園。ここは国立科学博物館がつくばに設置した植物園です。植物多様性を知る・守る・伝えることがテーマとなっており、日本をはじめ世界の様々な植物が植栽されています。筑波山に生育する植物も多く見られ、一般公開エリアでは、およそ3,000種類もの植物が観察可能。さくらそう品種展、クレマチス園公開、蘭展など毎年高い人気を誇る企画展も注目です!

国立科学博物館 筑波実験植物園
茨城県つくば市天久保4-1-1
TEL 029-851-5159

くわしくはこちら

バスで約8分

マップ