日程: 宿泊

つくば・石岡のイルミネーションを楽しむ!冬のロマンチック&アクティビティ旅

 

筑波山の麓に位置するつくば市や石岡市、そこに隣接する土浦市。歴史スポットや緑豊かな自然、肥沃な大地が育むその土地ならではの味覚がてんこ盛り!魅力たっぷりのエリアでアクティブに、そしてロマンチックに冬を過ごしてみませんか?

コース紹介

1日目

常磐自動車道 土浦北I.C 10:00 フォレストアドベンチャー・つくば 13:00 筑波山 縁むすび(昼食) 14:00 筑波山神社 15:00 筑波山 江戸屋 17:00 筑波山ロープウェイ スターダストクルージング 19:30 筑波山 江戸屋(夕食・宿泊)

2日目

10:00 つくばわんわんランド 12:00 北条商店街(昼食) 14:00 平沢官衙遺跡 15:00 小町の館 16:30 茨城県フラワーパーク 18:30 ヤサトデトレタ(夕食) 常磐自動車道 土浦北I.C

 

1日目

車で約30分

10:00

森林をそのままいかしたアウトドアパーク

筑波山神社付近の旧がま公園にあるフォレストアドベンチャー・つくば。森林をそのまま活用した、フランス発の自然共生型アウトドアパークです。難易度高めのアドベンチャーコース、身長110センチ以上ならば誰でもチャレンジできるキャノピーコースの2種類あり、最大で地上約13メートルの空中散歩を体験できます。専用のハーネスをつけながら、木々の間に設置された吊橋や網を伝って移動するアクティビティは迫力満点!中でも一押しは、約1000本の梅林が広がる筑波山梅林の上を滑空する100メートルのジップスライド。2月下旬から3月頃の梅の開花時期にしか体験できない華やかな絶景は必見です。

フォレストアドベンチャー・つくば
〒300-4353 茨城県つくば市沼田1688
時間 9:00〜17:00(7・8月は18:00、11〜2月は16:00まで)
定休日 木曜日※春休み・夏休み・冬休みを除く(祝日は営業)
料金 アドベンチャーコース大人3,600円、小人(17歳以下)2,600円、キャノピーコース2,100円
TEL 090-4755-7800

車で約5分

13:00

縁むすび

「常陸小田米」のおにぎりランチ

筑波山の中腹、大鳥居の前にあるおにぎり屋の筑波山縁むすび。一番のこだわりは、地元産の「常陸小田米」を使用していること。筑波山麓から流れる清水や落ち葉を2年間熟成発酵させた有機肥料、減農薬で育てたコシヒカリで、粘りと甘みがたっぷり!昔ながらの釜で炊き上げ、丹精込めて握られたおにぎりは、筑波山の恵みが口の中いっぱいに広がる逸品です。この常陸小田米を使ったあられや米粉入チーズケーキなどもおすすめ。

筑波山 縁むすび
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1223-8
営業時間 9:00〜17:00(都合により変更あり)
定休日 火曜日
TEL 029-896-8863

車で約3分

14:00

霊峰・筑波山を御神体とする神社

「西の富士、東の筑波」と称される関東の霊峰・筑波山を御神体とする筑波山神社。筑波山は約3000年の信仰の歴史を持つと伝えられ、境内の広さは拝殿から山頂を含む約370ヘクタール。なんと、東京ドーム約80個分の広さを誇ります。西峰の男体山頂では筑波男大神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、東峰の女体山頂に筑波女大神・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の夫婦神を祀っており、縁結び、夫婦和合、家内安全、子授けなどだけでなく、開拓や社運隆昌など様々な御神徳を賜ることができる神社として知られています。

筑波山神社
〒300-4352茨城県つくば市筑波1-1
TEL 029-866-0502

くわしくはこちら

車で約1分

15:00

筑波山麓の自然に包まれた温泉宿

筑波山神社から最も近い山懐の宿で、創業1628年の伝統と歴史を誇る老舗旅館・筑波山江戸屋。数々の著名人も宿泊した、和風クラシカルモダン様式の温泉宿です。筑波山の両峰にちなんで双神の湯とも呼ばれる筑波山温泉、茨城産の食材にこだわった創作和食料理が堪能できます。チェックインした後は、まずロビーのすぐ外にある足湯で一休みしましょう。宿泊者は何度でも無料で足湯を利用可能。「杉の井」の湧水を味わいながら、千手沢のせせらぎと四季折々で趣ある姿を見せる花木を愛でるひとときは格別です。

筑波山 江戸屋
〒300-4352 茨城県つくば市筑波728
TEL 029-866-0321

車で約3分

17:00

日本夜景遺産に認定された絶景を満喫

※期間中の土日祝日のみの開催です。

筑波山の山頂から、地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空の両方を楽しむことができる、夜の空中散歩。ふもとのつくば市や土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景を一望することができ、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーの光も眺めることができます。空気が澄む冬場は、夜景や星空鑑賞のベストシーズン。夜の筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

筑波山ロープウェイ スターダストクルージング
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1
開催期間 2018年9月15日(土)〜2019年2月24日(日)の土日祝日
※荒天時は運休
営業時間 17:00〜21:00(1月〜2月は20:00まで)
料金(17:00以降) 大人(中学生以上)1,000円、小学生以下 無料(※通常営業時の料金とは異なります)
TEL 029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)

くわしくはこちら

車で約3分、筑波山 江戸屋へ(夕食・宿泊)

2日目

車で約15分

10:00

つくばわんわんランド

キュートなわんこたちと楽しいひとときを

世界最大級の木造犬モニュメントの「モッくん」がシンボル。90種500頭以上の世界の犬猫が暮らす、日本最大級の犬猫テーマパークです。人懐っこいわんちゃんと触れ合える「わんわんパーク」や好きなわんちゃんとお散歩体験できる「わんわんレンタル」、ドックレースショーやドリームショーなども必見です。猫派の方には、にゃんこたちと気ままに過ごす時間が楽しめるねこハウスがおすすめです。

つくばわんわんランド
〒300-4353 茨城県つくば市大字沼田579
営業時間 10:00〜16:00(3月〜10月は17:00まで)
定休日 木曜日、その他臨時休園あり
入園料 大人(中学生以上)1,500円、小人(3才~小学生)700円
TEL 029-866-1001

車で約10分

12:00

筑波山の参詣道「つくば道」の出発点を歩く

筑波山の麓にあるつくば市北条地区は、筑波山の参詣道「つくば道」の出発点。北条商店街は江戸時代からさまざまな店が立ち並び、道標や土蔵造りの懐かしい風景を今も残す場所です。昭和初期に郵便局として建てられた木造家屋をリノベーションしたカフェでランチを楽しんだり、ブランド米「筑波北条米」を練りこんでおもちのような新食感に仕上げた「北条米(マイ)スクリーム」を味わったり…。気になったお店にフラリと立ち寄ったりしながら、時間を忘れて散策してみるのもいいですね。筑波山を望む、北条大池の散策も楽しんで。

北条商店街 北条ふれあい館(旧田村呉服店)
〒300-4231 茨城県つくば市北条39
営業時間 10:00〜16:00
定休日 土・日・祝日のみ営業
TEL 080-6788-0693

車で約1分

14:00

古代の様子を再現した遺跡で歴史探訪

平沢官衙遺跡は、1000年以上前の奈良・平安時代におかれた常陸国筑波郡の役所跡と考えられている国指定の史跡。復元された3棟の高床倉庫が並び、古代の空間が再現されています。これらの倉庫群には、そのころの税である稲などが収蔵されたと考えられています。歴史ある史跡を散策して、悠久の時間の流れに想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

平沢官衙遺跡
〒300-4213 茨城県つくば市平沢353
TEL 029-867-5841(平沢官衙遺跡案内所)

くわしくはこちら

車で約20分

15:00

小町の館
小町の館

平安時代の歌人「小野小町」の伝説が残る、観光と交流の拠点

敷地内には県内最大級といわれる直径7メートルの水車のほか、飲食施設や農産物直売所、そば打ちなどが体験できる体験館が整備されています。本館内には、地域の名産品を販売する「特産物販売コーナー」や常陸秋そばを提供するそば処「小町庵」、平安時代の女流歌人で絶世の美女とうたわれた小野小町に関する資料を見ることができる「小町ギャラリー」があります。また、周辺には、小町が越えたとされる峠道や墓と伝えられている五輪塔など、数々の小町伝説が残っています。

小町の館
〒300-4108 茨城県土浦市小野491
営業時間 9:00〜18:00 (11月〜2月は17:00まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休業)、12月29日〜1月3日
TEL 029-862-1002

車で約15分

16:30

「WINTER ROSE MOUNTAIN」
華やかでダイナミックな光とメロディの演出

県花であるバラを中心に四季折々の花木が鮮やかに彩る茨城県フラワーパーク。冬の夜は幻想的なイルミネーション空間に大変身!約100万球のLEDを用いた華やかでダイナミックな光とメロディの演出が繰り広げられます。早めに入園し、17時の点灯の瞬間を待ち構えるのをおすすめします。期間中は週末を中心にコンサートイベントが開かれ、ロマンティックな雰囲気を盛り上げてくれます。フォトスポットも盛りだくさん。友人や恋人との記念写真をたくさん残してみてはいかがですか。

茨城県フラワーパーク
〒315-0153 茨城県石岡市下青柳200
開園時間 9:00〜16:00(2月〜11月14日は17:00まで)
休園日 月曜日、12月31日、1月1日
入園料 大人370円、小人190円(11月15日〜3月31日まで ※季節により入園料が変わります)
TEL 0299-42-4111

イルミネーション「WINTER ROSE MOUNTAIN」
開催期間 2018年11月15日(木)〜2019年1月14日(月・祝)
点灯時間 17:00〜21:00
開園時間 16:30〜21:00 ※入園は閉園の30分前まで
入園料 大人700円、小人250円

くわしくはこちら

敷地内徒歩移動

18:30

八郷地区の豊かな滋味をまるごと召しあがれ

茨城県フラワーパークの駐車場にある自然派レストラン&産直野菜が集まるマーケット。レストランでは店名の通り、八郷地区で採れた野菜や加工品、八郷牛などを使用した創作料理が存分に味わえます。フレンチと和食で修業を積んだシェフの独創的な料理の数々は、後を引くおいしさ。レストランの食材をマーケットで購入することも可能です。イルミネーション特別メニュー(2018年12月30日まで)も用意されています。肥沃な土壌と温暖な環境に恵まれた八郷地区の滋味をお楽しみください。

ヤサトデトレタ
〒315-0153 茨城県石岡市下青柳200
営業時間 平日11:00〜17:00(L.O.16:30)、土日祝日11:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休業)
TEL 0299-42-4822

車で約15分

マップ

 

春爛漫、日立の桜名所とパワースポットをめぐる一泊二日の大人旅

日立市_さくらまつり1500

コース概要(1泊2日)

1日目

10:00 泉が森 泉神社 11:00 みずきの庄 12:15 さくらまつり(平和通り) 13:15 シーバーズカフェ(昼食) 14:15 プラネタリウム鑑賞 15:30 さくらまつり(かみね公園) 16:30 吉田正音楽記念館 日立市内で宿泊

2日目

9:30 御岩神社 11:30 さくらまつり(十王パノラマ公園) 13:00 鵜来来の湯十王(昼食・日帰り温泉) 15:30 高戸小浜海岸 16:30 穂積家住宅

 

スタート

10:00泉が森 泉神社 (イトヨの里 泉が森公園)

日立地方で最も古い神社である泉神社は、清泉が美しく、昔から人々の憩いの場であったことが常陸国風土記に記されています。江戸時代には常北十景に、現在も茨城百景に数えられる名勝地であり、隣接するイトヨの里では、きれいな湧き水でしか生息できない可憐な珍魚「イトヨ(糸魚)」を橋の上から観察することができます。

くわしくはこちら

11:00味噌蔵 みずきの庄 (内山味噌)

明治5年創業、140年を超える伝統を誇る老舗の味噌蔵。昔ながらの製法で造られた味噌は鑑評会で入賞するなど高く評価される一方、「みそプリン」をはじめとする斬新な商品も開発。直営店に併設されている「カフェ ミズキノショウ」では創作みそ料理&みそスイーツを味わうことができます。

くわしくはこちら

12:15日立さくらまつり

JR日立駅前から約1キロメートルにわたって桜のトンネルが続く平和通りは、日本のさくら名所百選にも選出されている桜の名所。例年4月上旬に開催される「日立さくらまつり」のメイン会場であり、まつり期間中はユネスコ文化遺産に登録された伝統行事「日立風流物」の披露など様々なイベントが開催されます。

くわしくはこちら

13:15SEA BiRDS CAFE(シーバーズカフェ)

日立駅東口直結、海の見えるガラス張りのカフェです。目の前に広がる太平洋を眺めながらおいしいランチやパンケーキなどのスイーツを味わう、ちょっと贅沢な時間を楽しむことができます。サザコーヒーの豆を使用してエスプレッソマシンで抽出したこだわりのコーヒーや、ふわふわのパンケーキもおすすめです。

くわしくはこちら

14:15日立シビックセンター

日立駅の目の前、銀色の球体が目印の日立シビックセンターは、遊んで学べる科学館やコンサートなどが楽しめる音楽ホール、図書館など、知的文化活動を満喫できる総合施設。天球劇場(プラネタリウム)では、肉眼で見ることができない1,500万個の恒星まで投影する「MEGASTAR-IIA(ES)」による、リアルで迫力ある映像を楽しむことができます。

15:30かみね公園

平和通りと並び、日立さくらまつりの会場となる桜の名所・かみね公園。日立市街を見下ろす小高い丘の上に位置する園内には、ソメイヨシノなど約1,000本の桜が植えられ、4月上旬から中旬にかけて美しく咲きます。まつり期間中は提灯や行灯による風情あるライトアップが施され、市街地の夜景と夜桜の共演を楽しむこともできます。

くわしくはこちら

16:30吉田正音楽記念館

「有楽町で逢いましょう」「いつでも夢を」など、昭和を代表する作曲家吉田正の記念館。館内には懐かしの吉田メロディーが流れ、その生涯や作品を映像や音楽で楽しむことができます。季節毎にガーデンコンサートや野外ライブなどが開催されるほか、毎月第4土曜日夜には展望カフェコンサートを楽しむことができます。

くわしくはこちら

2日目スタート

9:30御岩神社

常陸国最古の霊山と言われている御岩山の麓に鎮座する御岩神社。御神木・三本杉は、林野庁の「森の巨人たち100選」に選ばれました。国常立尊、伊邪那美命、大國主命など26柱が祀られており、御岩山全体では188柱の神々が祀られています。厳かな雰囲気がただよう人気のパワースポットです。

くわしくはこちら

11:30十王パノラマ公園

十王ダムを見下ろす高台にある十王パノラマ公園。高さ29メートルのUFO型展望台からは360度のパノラマが広がります。園内には、ソメイヨシノをはじめ、彼岸桜や彼岸枝垂れ、山桜など35種類約400本の桜が植えられ、3月下旬から5月中旬頃まで長期間にわたってお花見を楽しむことができます。

くわしくはこちら

13:00鵜の岬温泉 日立市鵜来来の湯十王

ウミウの飛来地として知られる鵜の岬にある、日帰り温泉施設。 太平洋に面した露天風呂や大浴場のほか、ジェットバスやバブルバス、さらにはサウナに水風呂まで、充実した施設が好評です。食事処では 新鮮な魚介類を使った食事を楽しむことができ、リラクゼーションコーナーや大広間などで湯上りものんびりと過ごすことができます。

くわしくはこちら

15:30高戸小浜海岸

海食崖に囲まれた入り江の美しさで知られる景勝地。青い空と海、常緑の松、白く輝く砂浜のコントラストが見事で、日本の渚・百選にも選ばれていいます。

くわしくはこちら

16:30穂積家住宅

江戸時代中期に建てられたとされる豪農の館。白壁、瓦屋根の長屋門の奥に広がる広大な敷地の中に主屋、前蔵、衣装蔵が建ち並ぶ貴重な文化遺産で、土間や座敷など屋敷内の様子や、美しい日本庭園を見学することができます。茅葺き屋根の主屋は茨城県の有形文化財に指定されています。

くわしくはこちら

ゴール

大子でマイペースにハイキング!新緑の大子の魅力満喫の1泊2日

コース概要(1泊2日)

1日目

9:30 大子でハイキング 14:00 奥久慈しゃも 16:00 奥久慈温泉郷

2日目

10:00 奥久慈茶の里公園 11:00 旧上岡小学校 12:30 奥久慈そば 14:00 袋田の滝

1日目スタート

常磐自動車道 那珂ICから国道118号を北上

9:30大子町のハイキングコース

新緑に包まれた大子でリフレッシュ!

自然豊かな大子町にはたくさんのハイキングコースがあります。健脚の方にも、マイペース派の方にも、ぴったりのコースが見つかりそうです。

男体山・湯沢峡コース

奇岩、怪石のつくりだす男体山は、山頂からの鳥瞰図的な眺望が絶景です。 水郡線西金駅、上小川駅からの登山コースと奥久慈自然休養林を縦断し袋田の滝に通じるコースがあります。
健脚レベル 所要時間: 4時間30分
西金→湯沢→大円地→大円地越→男体山頂→男体神社→長福→長久保分岐点→JA特産物直売所→上小川駅
登山レベル 所要時間: 7時間30分
西金→湯沢→大円地→大円地越→男体山頂→月居山→袋田の滝→袋田駅

箕輪・袋田・鷲の巣山コース

日本三名瀑のひとつ袋田の滝を中心にしたコースで、袋田温泉にも近く月居観音、生瀬滝、月居城跡を探索しながら四季を通じて楽しめます。
一般レベル 所要時間: 2時間30分
袋田駅→袋田温泉→七曲がり→月居山→生瀬滝→袋田の滝→袋田駅
健脚レベル 所要時間: 3時間50分
上小川駅→山造→鷲の巣山→下津原→袋田駅
健脚レベル 所要時間: 2時間30分
袋田駅→南田気→箕輪→太郎山→小久慈→奥久慈だいご観光やな→常陸大子駅

八溝山・大神宮山コース

落葉広葉樹の原生林と自然度100パーセントの湧水群、珍しい植物や小動物達が八溝山の素晴らしさを教えてくれるコースです。山頂には城をかたどった展望台も。
初心者レベル 所要時間: 1時間30分
日輪寺入口→日輪寺→八溝山頂→八丁坂→金性水→日輪寺入口
健脚レベル 所要時間: 4時間30分
八溝山頂→池ノ平→高笹山→大神宮山→唐竹久保林道入口

くわしくはこちら

14:00奥久慈しゃも料理

滋味豊かな味わいが魅力の「地鶏の王様」

茨城県奥久慈地方は古くからしゃもの生産が盛んで、全国でも有数の飼育羽数を誇っています。奥久慈の大自然の中で放牧され、大切に育てられた奥久慈しゃもは、ブロイラーにはないしっかりした歯ごたえや深いコクなど、野性味あふれる味わいが魅力。
しゃも鍋をはじめ、親子丼や焼き鳥、大子町の特産品をふんだんに使った「シャモゲタン」など、様々なしゃも料理をお楽しみください。

16:00奥久慈温泉郷

疲れた身体に癒しのひとときを

八溝山系の清らかな水と豊かな大自然に恵まれた大子町。「美人をつくる湯」として人気の大子温泉、「百病を治す温泉」と称される袋田温泉、アットホームな雰囲気の月居温泉と、個性的な3つの温泉郷があります。日帰りの湯に浸かるもよし、温泉のあるホテルや旅館でゆったりと疲れを癒すのも良いでしょう。

2日目スタート

10:00旧上岡小学校

旧上岡小学校は、3つの建物からなり、第1棟が明治43年に建設。昭和12年には第2棟が、昭和38年には第3棟が建設され、平成13年に閉校。閉校時に、地元の方たちにより上岡小跡地保存の会を立ち上げ管理をしています。現在は国の登録有形文化財に指定されています。また、NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」「花子とアン」のロケ地にもなっています。

11:00奥久慈茶の里公園

お茶の北限で茶摘み体験

古くは江戸時代より栽培が始められた「奥久慈茶」は、大子の特産品のひとつです。気軽に体験できる茶摘みは、大人から子どもまで人気のある新茶の時期限定の体験です。摘んだお茶は、当日お持ち帰りできます。

  • 時期:5月中旬から
  • 人数:1名から
  • 時間:約1時間

12:30奥久慈そば

大子町産のそばは風味が良く、甘味が深く、全国のそば職人から高い評価を集めています。大子の各地で味わうことができますが、袋田の滝そばには多くのお土産・お食事処があり、昔懐かしい雰囲気の佇まいが、家庭的なそばの美味しさをより一層引き出してくれます。

14:00袋田の滝

日本三名瀑に数えられ、高さ120m、幅73mの大きさを誇ります。滝の流れが四段に落下することや、四季に一度ずつ訪れてみなければ本当の良さはわからないといわれていることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。1,500万年ほど昔の海底火山の噴火ででき、空海が護摩修行を行ったともいわれています。平成27年3月には国の名勝に指定され、恋人の聖地としても注目されています。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
  • 電話:0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
くわしくはこちら

常磐自動車道 那珂ICまで

ゴール