季節:

海の生き物たちに癒される、大洗の海沿いをたどる旅

大洗町_アクアワールド・大洗水族館1500

コース概要(日帰り)

8:30 神磯鳥居 9:00 アクアワールド茨城県大洗水族館 12:00 大洗町漁協「かあちゃんの店」 13:30 大洗マリンタワー 14:30 めんたいパーク 16:00 潮騒の湯

 

1日目スタート

北関東自動車道 水戸大洗ICより車で約15分 (約6km)

8:30神磯鳥居

平安時代前期の斉衡3年(856)、神が降り立ったといわれる地。鳥居から昇る日の出を拝もうと大勢の人が訪れます。 また、徳川光圀公が景観を称えた場所でもあります。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637(大洗磯前神社 代)
くわしくはこちら

県道108号線経由 車で約10分 (約2km)

9:00アクアワールド茨城県大洗水族館

約580種68,000点の世界の海の生物に出会うことができる水族館。特にシンボルマークであるサメの飼育に力を入れており、サメの飼育種類数約60種類以上は日本一になります。人気は1日4回開催される「イルカ・アシカオーシャンライブ」。バックに大洗の海を望めるホールで、ユーモラスなアシカやダイナミックなイルカの演技が繰り広げられます。また、日本一の大きさであるマンボウ専用水槽や世界最大級のマンボウ剥製、世界最大のウバザメ剥製なども見ることができます。そのほか水族館では最大規模のキッズコーナーなどがあります。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
  • 電話:029-267-5151
  • 備考:料金/大人2,000円、小人900円、3歳以上300円
くわしくはこちら

県道108号線経由 車で約10分 (約3km)

12:00大洗町漁協「かあちゃんの店」

漁協に所属する漁師たちの奥さんや、ともに漁に出かける女性など「港のかあちゃん」が集まって運営している食事処。大洗港で水揚げされた新鮮な旬の魚介類を気軽に味わえるお店です。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町字東8253-20
  • 電話:029-267-5760
くわしくはこちら

県道2号線経由 車で約5分 (約1km)

13:30大洗マリンタワー

1Fエントランスホールには、観光情報コーナーやシアターがあり、県内各地の情報を知る事ができます。 3Fには展望室があり、360度の大パノラマを見ることができます。晴れた日には富士山、日光連山、筑波山まで眺められます。タワーからの豊かな表情をぜひご覧ください。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央10
  • 電話:029-266-3366
くわしくはこちら

県道2号線経由 車で約5分 (約1km)

14:30かねふく めんたいパーク

見学ギャラリー 展示・資料~工場見学通路は、全長約100m。お子様から大人の方まで楽しめる内容が満載です。見所たくさんの内容がすべて無料で見学できます! 直売所では、工場出来立ての「辛子明太子」など美味しいかねふく製品が、お得な価格でお求め頂けます。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3(大洗港第二埠頭内)
  • 電話:029-219-4101
くわしくはこちら

県道2号線経由 車で約10分 (約3km)

16:00潮騒の湯

大洗サンビーチのほど近くにある「潮騒の湯」。露天風呂から望む、太平洋の大海原は感動的です。 また、新鮮魚介を使った料理も好評。味、価格とも納得の逸品で多くのリピーターを獲得しています。そしてもう一つの目玉は、館内に飾られた美術品の数々。横山大観などの作品が展示されています。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町大貫町256-25
  • 電話:029-267-4031
くわしくはこちら

北関東自動車道 水戸大洗ICまで車で約10分 (約6km)

ゴール

 

このページは2019年10月1日以前に更新されたものです。
各種料金は、各施設にご確認ください。

大自然を感じ、歴史に触れる。茨城・常陸太田で過ごすスローな1日

コース概要(日帰り)

常磐自動車道「日立南太田IC」 9:30 西山御殿(西山荘)、西山の里 桃源 11:30 西金砂そばの郷 そば工房(そば打ち体験・昼食) 14:00 竜神大吊橋 15:30 鯨ヶ丘商店街 16:30 道の駅ひたちおおた〜黄門の郷〜

 

スタート

常磐自動車道「日立南太田IC」から国道293号線経由 車で約20分 (約10km)

9:30西山御殿(西山荘)

徳川光圀公も眺めた彩りの風景

黄門様の愛称で親しまれる、水戸藩第2代藩主徳川光圀公が晩年を過ごした隠居所。
豊かな自然に包まれた環境、簡素な茅葺屋根の建物は、世俗から離れた穏やかな暮らしを求めていた光圀公の理想郷であると言われています。35万石藩主隠棲の地としての風格と、華美を嫌った光圀公の信条の融和を垣間見ることのできる仙境として、往時の面影を感じることができます。

  • 住所:茨城県常陸太田市新宿町590
  • 電話:0294-72-1538
くわしくはこちら

西山の里 桃源

閑静な茶室で、茶の湯を愉しむひと時を

水戸黄門(徳川光圀公)の隠居所として知られる「西山御殿」(西山荘)の入口にある休憩施設。食事処、郷土の物産コーナー、観光案内コーナーなどがあり、西山御殿と桃源を結ぶ広大な庭園では四季折々の風景が楽しめます。また、茶室「晏如庵」では、茶の湯を愉しんでいたという光圀公の往時を偲びながら抹茶を味わうひと時を過ごすことができます。

  • 住所:常陸太田市新宿町576
  • 電話:0294-73-1300
くわしくはこちら

県道29号線経由 車で約30分 (約15km)

11:30西金砂そばの郷 そば工房

香り高い常陸秋そばが楽しめる、そば打ち体験

自分でそばを打ち、その場で味わう「そば打ち体験」(要予約)。粉を混ぜるところから、こね、伸ばし、切りまで、丁寧にアドバイスしてくれるので子どもや未経験者でも安心して楽しめます。
そば打ちに使うのはもちろん、地元名産の常陸秋そばを石臼で挽いた挽きたてのそば粉。自分で打ったそばのおいしさは格別です。

  • 住所:茨城県常陸太田市赤土町2408
  • 電話:0294-76-9000
くわしくはこちら

県道36号、33号線経由 車で約25分 (約15km)

14:00竜神大吊橋

渓谷にかかる大吊橋からの雄大な眺めを満喫!

茨城百景の一つにも挙げられている「竜神峡」に掛かる鉄橋。歩行者専用吊橋としては日本最大級を誇り、橋の長さは375m、湖面からの高さは100mにもなります。橋上からは八溝・阿武隈山系の山並みを一望でき、橋の中ほどに設置されたアクリルの透過板からは眼下に広がる渓谷と竜神ダムの雄大な眺めが楽しめます。

  • 住所:茨城県常陸太田市天下野町2133-6
  • 電話:0294-87-0375
くわしくはこちら

県道29号、33号線経由 車で約30分 (約20km)

15:30道の駅 ひたちおおた〜黄門の郷〜

常陸太田の特産品とうまいもんが揃う、まちの交流拠点

農業がさかんな常陸太田市ならではの魅力が満載の道の駅。新鮮な野菜や加工品がずらりと並ぶ農産物直売所では、常陸太田市のオリジナル品種のぶどう「常陸青龍」や、おいしいお米などの農産品をはじめ、地酒の品揃えも充実!
ビュッフェレストランやジェラート&スムージーの販売コーナーのほか、屋外には遊具や収穫体験のできるトマトハウスもあります。

  • 住所:茨城県常陸太田市下河合町1016-1
  • 電話:0294-85-6888
くわしくはこちら

国道349号線経由 車で約8分 (約4km)

16:30鯨ヶ丘商店街

穏やかな時間が流れるスロータウンを散策

明治や昭和の店蔵が並ぶノスタルジックな景色の中に穏やかな時間が流れるスロータウン。坂道の路地がある情緒たっぷりの街並みには、若者に人気の雑貨店や古民家カフェ、食べ歩きも楽しめる和菓子店、駄菓子店など、個性あふれる商店が並びます。
また、3月はひなまつりイベントも開催され、華やかな雛人形に彩られた風流なまち歩きが楽しめます。

くわしくはこちら

国道349号線経由 常磐自動車道「日立南太田IC」まで 車で約10分 (約6km)

ゴール

あみプレミアム・アウトレットと周辺観光を満喫!首都圏からの日帰りにもぴったりのドライブコース

コース概要(日帰り)

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「稲敷IC」 10:00 大杉神社(夢むすび大明神を参拝) 11:00 JRA美浦トレーニング・センター(競走馬の調教施設を見学) 12:30 こもれび森のイバライド(森の中のレストランで昼食) 14:30 牛久大仏(ギネス認定の巨大仏を参拝) 16:00 あみプレミアム・アウトレット(ショッピング)

 

スタート

圏央道「稲敷IC」から国道125号線経由 車で約5分 (約3km)

10:00大杉神社

茨城の日光東照宮と呼ばれる、日本唯一の夢むすび大明神

大杉神社は日本唯一の夢むすび大明神といわれ、正月の初詣や2月3日の節分祭には多くの参拝客が訪れ、年間の参拝者は約33万人を数えます。古くから「あんばさま」の呼び名で親しまれ、神護景雲(じんごけいうん)元年(767)に、勝道上人によって創設されたといわれています。境内にそびえ立つ2本の大杉を海や川の守り神とし、漁業関係者から信仰を集めています。また疱瘡除けの神様としても有名です。

くわしくはこちら

国道125号線経由 車で約15分 (約10km)

11:00JRA美浦トレーニングセンター

国内最大規模の競走馬調教施設

昭和53年4月に開設された美浦トレーニング・センターは、約224万㎡(東京ドーム約48個分)の広大な敷地を有し、その中に南北2つのトラック型調教コース、1,200mの坂路調教馬場、競走馬スイミングプール、そして森林馬道といった様々な調教施設があります。常時2,000頭を超える競走馬が、毎日トレーニングを行っています。広報会館「ターフプラザ」は土曜、日曜開館です。

県道231号、49号線経由 車で約15分 (約10km)

12:30こもれび森のイバライド

思い出を手づくりできる、体験の宝庫

動物にさわる。自分でつくる。思いっきりカラダを使って遊ぶ。「こもれび森のイバライド」は、茨城の自然の中でたくさんの思い出を手作りできる体験型テーマパーク。手ぶらでバーベキューやカレーづくりが楽しめる施設のほか、ビュッフェレストランやフードコートもあり、「たべる」楽しさもいっぱい!東京から車で約90分のスムーズなアクセスも魅力です。

  • 住所:茨城県稲敷市上君山2060-1
  • 電話:029-892-3911
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

14:30牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

竜ヶ崎阿見線バイパス・県道34号線経由 車で約8分 (約3km)

16:00あみプレミアム・アウトレット

アメリカ西海岸をイメージした街並みでショッピングを満喫

国内外の著名ブランド約150店舗が軒を連ねるアウトレットセンターです。いつでもお値打ち価格が嬉しいショッピングエリアに加えて、和洋中様々な名店が揃っている飲食エリアも人気。圏央道「阿見東IC」に直結した交通の便の良さ、そして、牛久大仏が見えるアウトレットというロケーションも人気です。

  • 住所:茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
  • 電話:029-829-5770
くわしくはこちら

圏央道「阿見東IC」まで 車ですぐ

ゴール

女子旅におすすめ!御朱印巡りと国営ひたち海浜公園

コース概要(1泊2日)

1日目

8:20発 秋葉原駅(高速バスやきものライナー) 10:08 笠間稲荷神社入口バス停 笠間稲荷神社参拝、門前通りで食べ歩き 12:07 稲荷神社バス停(かさま観光周遊バス) 12:15 JR笠間駅 12:20-12:45 グリュイエール/洋菓子土産 12:59 JR笠間駅(JR水戸線) 13:08 JR友部駅 13:11(JR常磐線) 13:25 JR水戸駅 ミルスタ 14:02 JR水戸駅北口6番バス停 14:20-15:30 偕楽園・見晴亭・常磐神社 15:45 水戸駅 16:10(鹿島臨海鉄道大洗鹿島線) 16:24 大洗駅(大洗ホテル送迎バス※事前予約制) 16:30 大洗ホテル

2日目

10:00発 大洗ホテル 10:05-11:00 大洗磯前神社、神磯の鳥居 11:09 大洗神社前バス停(茨城交通路線バス) 11:21 本町南バス停 11:26-12:35 那珂湊おさかな市場/昼食 12:45 那珂湊駅 12:49(スマイルあおぞらバス) 13:23 海浜公園西口バス停 国営ひたち海浜公園 15:55 海浜公園西口バス停(高速バス勝田・東海線) 18:29 東京駅

 

1日目スタート



8:20発秋葉原駅

高速バス・やきものライナーで笠間へ
  ※秋葉原発8:20は予約制。

10:08笠間稲荷神社入口バス停

  笠間稲荷神社参拝、門前通りで食べ歩き

笠間稲荷神社
    日本三大稲荷のひとつ。秋には菊まつりが開催される。参道散策が楽しめる。
  • 住所:〒309-1611 笠間市笠間1番地
  • 電話:0296-73-0001
くわしくはこちら

12:07稲荷神社バス停

かさま観光周遊バス

12:15笠間駅

 

徒歩

12:20グリュイエール/洋菓子土産

 
グリュイエール/洋菓子土産
    笠間駅前の洋菓子店。カフェも併設で焼き菓子や笠間の栗のモンブランなどが人気。
  • 住所:〒309-1626 笠間市下市毛285
  • 電話:0296—72-6557
くわしくはこちら

12:45

 

徒歩



12:50笠間駅

12:59

 

JR水戸線

13:08友部駅

13:11

 

JR常磐線

13:25水戸駅

ミルスタ
    県産の牛乳乳製品を手軽に楽しめるミルクスタンド。季節によって地元食材とコラボしたオリジナル商品も取り揃えている。
  • 水戸駅構内
くわしくはこちら


14:02水戸駅北口6番バス停

 

関東鉄道路線バス

14:20偕楽園・見晴亭・常磐神社

偕楽園
    日本三名園のひとつ。水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により領民の休養の場所として開園された。約100種3000本の梅が植えられ、2月下旬から3月下旬にかけての「梅まつり」は多くの観光客で賑わう。
  • 住所:〒310-0033 水戸市常磐町1-3-3
  • 電話:029-244-5454
くわしくはこちら
見晴亭
    偕楽園東門すぐそば。茨城の銘菓や名産品がずらりと揃う店。県内の旬な情報が集まるパンフレットコーナーを併設。
  • 偕楽園内
  • 電話:029-306-8911
くわしくはこちら


常磐神社
    偕楽園に隣接し、水戸黄門こと徳川光圀公と9代藩主斉昭公をまつる県都水戸で最大の神社。
  • 住所:〒310-0033 水戸市常磐町1-3-1
  • 電話:029-221-0748
くわしくはこちら


15:30

 

関東鉄道路線バス

15:45水戸駅

16:10

 

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線

16:24大洗駅

 

大洗ホテル送迎バス※事前予約制

16:30大洗ホテル

 

大洗ホテル
    太平洋を一望できる絶好のロケーション。
  • 住所:〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町6881
  • 電話:029-267-2151
くわしくはこちら

2日目スタート



10:00発大洗ホテル

 

徒歩

10:05大洗磯前神社・神磯の鳥居

 

大洗磯前神社・神磯の鳥居
    太平洋を一望できる高台に鎮座。岩礁に立つ鳥居。神々しいパワースポット。
  • 住所:〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637
くわしくはこちら

11:09大洗神社前バス停

 

茨城交通路線バス

11:21本町南バス停

徒歩

11:26那珂湊おさかな市場/昼食

 

那珂湊おさかな市場
    那珂湊漁港に隣接する魚市場。海鮮丼やお寿司などのお食事も可能。
  • 住所:〒311-1221 ひたちなか市湊本町19-8
くわしくはこちら

12:35

徒歩

12:45那珂湊駅

12:49

スマイルあおぞらバス

13:23国営ひたち海浜公園 海浜公園西口バス停

国営ひたち海浜公園
    四季折々の草花が楽しめる。中でも春のネモフィラと秋のコキアは必見。サイクリングコース、アスレチック広場、バーベキュー広場、遊園地まであり、楽しさ満載。
  • 住所:〒312-0012 ひたちなか市馬渡字大沼605-4
  • 電話:029-265-9001
くわしくはこちら

15:55海浜公園西口バス停

高速バス勝田・東海線

18:29東京駅

ゴール

費用(宿泊、食事、買い物除く)

高速バス やきものライナー 1650円
高速バス 勝田・東海線 2300円
かさま観光周遊バス 100円
JR 笠間駅~水戸駅 418円
路線バス 水戸駅⇔偕楽園 240円×2
大洗鹿島線 水戸駅~大洗駅 330円
路線バス 大洗神社前~本町南 280円
スマイルあおぞらバス 100円
国営ひたち海浜公園 入園料 450円
初穂料(笠間稲荷神社) 500円
初穂料(常磐神社) 500円
初穂料(大洗磯前神社) 500円

計7,608円

※2019年8月現在 ※土日祝はダイヤが異なる可能性があります。
 時間や休館日などは直接各施設にご確認ください

奥久慈の秋をまるごと体感!1泊2日の大子旅

 

雄大な自然、豊かな食文化、癒やしの温泉…。その全てを兼ね備えた大子町。四季折々の魅力あふれるスポットですが、中でも秋は最も賑わうシーズン。秋の奥久慈を訪れずに、茨城の秋は語れません!そこで今回ご紹介するのは、紅葉に染まる大子をまるごと体感できる1泊2日旅。極楽気分を味わいにお出掛けしましょう。

コース概要(1泊2日)

1日目

10:30 袋田の滝 12:00 月待の滝 もみじ苑 14:00 旧上岡小学校 15:00 袋田温泉 チェックイン 19:00 袋田の滝ライトアップ 大子来人~ダイゴライト~

2日目

10:00 永源寺 11:30 弥満喜 13:00 黒田りんご園 15:00 竜神峡・竜神大吊橋

1日目

国道118号線経由 車で約70分

10:30

袋田の滝
袋田の滝
袋田の滝

圧倒的なスケール感と四季折々の光景

大子のみならず、茨城を代表する観光名所の袋田の滝。今回の旅はここからスタート!国指定名勝で日本三名瀑の一つでもあるこの滝は、高さ120m、幅73mと迫力満点。その魅力は圧倒的なスケール感だけではありません。四段の岩壁を水が流れること、そして新緑、涼、紅葉、氷瀑と四季折々に趣きが変化することから「四度の滝」と呼ばれ、いつ来ても一味違った姿を眺められることでも人気です。11月上旬から11月中旬は紅葉の見頃。自然が生み出す芸術的な光景を目に焼き付けてください。

袋田の滝
〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3-19
営業時間 9:00~17:00(11月〜4月)、8:00〜18:00(5月〜10月)
定休日 無休
料金 大人300円、子供150円
TEL 0295-72-4036

くわしくはこちら

車で約30分

12:00

月待の滝もみじ苑
月待の滝もみじ苑
月待の滝もみじ苑

自家製粉そば&自家焙煎コーヒー

ランチは自家製粉そば&自家焙煎コーヒーが味わえる月待の滝もみじ苑へ。奥久慈を中心とした茨城県産の玄そばを自家製粉。風味たっぷりのそばは、さっぱりとした濃い辛口のつけ汁でツルリと。滝の地下水を使用したこだわりのコーヒーも食後の一杯として最適です。店名の通り、敷地内にある月待の滝ともみじが同時に楽しめ、紅葉が滝を覆う鮮やかな光景は見応え十分!滝の裏を歩いたり、川辺のベンチでくつろいだり…思い思いに過ごしましょう。

月待の滝 もみじ苑
〒319-3556 茨城県久慈郡大子町川山1369-1
営業時間 10:30~19:00
定休日 水曜日(5月〜8月・11月は無休)
TEL 0295-72-3993

くわしくはこちら

車で約15分

14:00

旧大子町立上岡小学校
旧大子町立上岡小学校
旧大子町立上岡小学校

現存する明治期の木造校舎

ドラマ、CM、映画、アニメ…、さまざまな作品の舞台やロケ地となっている旧上岡小学校。明治12年に創立された同小学校では平成13年に廃校となるまで、明治から昭和初期に建築された校舎が使用されていました。窓ガラスは全て昔のもので、学校の備品も当時のまま。まるで昭和期にタイムスリップしたかのような雰囲気が今も変わらず守られています。童心に返りながらノスタルジックな空間をぜひゆっくりと満喫してください。

旧上岡小学校
〒319-3531 茨城県久慈郡大子町上岡957-3
営業時間 9:00~16:00
見学可能日 土曜日、日曜日、祝日
料金 無料
TEL 0295-72-0285

くわしくはこちら

車で約20分

15:00

袋田温泉
袋田温泉
袋田温泉

大子の醍醐味!温泉宿でまったり

大子エリアは「大子温泉」「湯沢温泉」「袋田温泉」などがある温泉郷で、入浴施設や温泉宿もよりどりみどり!湯めぐりはまさに大子の醍醐味。今回は、袋田の滝が至近距離の袋田温泉に宿泊です。さっそくチェックインして、温泉へと向かいましょう。思い出浪漫館は岩づくりの渓流露天風呂があり、贅沢な源泉かけ流し湯!清流のせせらぎを聞きながら、風情ある温泉が楽しめます。豊年万作は最上階に露天風呂があり、切り立った岩壁を紅葉が覆う景色を独り占めできる温泉。極上のひとときが過ごせる非日常的な空間です!

思い出浪漫館
〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田978
TEL 0295-57-3794

くわしくはこちら

滝味の宿 豊年万作
〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田169-3
TEL 0295-72-3011

くわしくはこちら

徒歩または車で5分

19:00

大子来人
大子来人
大子来人

自然と光が織り成す幻想的な世界

袋田の滝やトンネルなどを芸術的にライトアップ。秋と冬の風物詩として人気を誇るイベントです。闇夜に照らされた雄大な滝はまるで墨絵のような威風堂々たる佇まい。大子の自然、星空、水を表現した光のトンネルは、その魅力を再発見させてくれる魅惑的な光景です。滝川さざれ石や恋人の聖地モニュメントのライトアップや竹灯籠による遊歩道の照明にも注目を。自然と光が織り成す幻想的な世界に包まれてください。

袋田の滝ライトアップ2018 大子来人~ダイゴライト~
〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3-19
営業時間 11月/日没から20:00まで、12月~1月/日没から19:00まで
定休日 無休
料金 大人300円、子供150円
TEL 0295-72-4036

くわしくはこちら
2日目

車で約20分

10:00

永源寺
永源寺
永源寺

境内を紅葉が覆い尽くす「もみじ寺」

別名「もみじ寺」と呼ばれる永源寺。大子七福神の紅一点である弁財天をまつる寺は、秋になると境内が赤や黄色のもみじに覆い尽くされます。高台にあるため、街中心部や周囲の山々が色鮮やかに染まる姿も一望できます。この美しく色付く景色を一目見ようと、多くの観光客が詰めかける定番人気の紅葉名所。特に混み合う時期は、常陸大子駅周辺に車を停めて徒歩で向かいましょう。

永源寺
〒319-3526 茨城県久慈郡大子町大子1571
TEL 0295-72-0285(大子町観光協会)

くわしくはこちら

車で約10分

11:30

弥満喜
弥満喜
弥満喜

奥久慈しゃもを極めた丼を昼食に

2日目の昼食は老舗和食割烹・弥満喜で大子町名物の地鶏・奥久慈しゃもを堪能。「朝採りしゃも卵の奥久慈しゃも丼 極(きわみ)」は一度口にしたらやみつきになる一杯です。食感や味が異なる奥久慈しゃものさまざまな部位を、その日採れたばかりの卵でとじた親子丼。まさに奥久慈しゃもの旨味を極められる絶品!じっくりと噛み締めながら味わってみて下さい。大子の特産品をふんだんに使った薬膳鍋「シャモゲタン」もオススメ。

弥満喜(やまき)
〒319-3526 茨城県久慈郡大子町大子741-1
営業時間 11:00~15:00、17:00~20:00
定休日 水曜日
TEL 0295-72-0208

車で約20分

13:00

黒田りんご園
黒田りんご園
黒田りんご園

お土産にいかが?旬の奥久慈りんご

大子の実りの秋を象徴する奥久慈りんご。町内には約50ヶ所のりんご園があり、毎年おおよそ9月中旬から11月下旬にかけて多種多様な品種のりんご狩りが楽しめます。大子のりんごは奥久慈りんごという愛称で、茨城の代表的な特産品となっています。中でも大子におけるりんご園の先駆者で最も歴史ある黒田りんご園は、約80種類800本で実る完熟りんごを堪能できます。フレッシュな甘味や酸味が口の中いっぱいに広がるシャキシャキとしたりんごはお土産にGOOD!

黒田りんご園
〒319-3512 茨城県久慈郡大子町小生瀬4445
りんご狩り期間 9月初旬~12月9日
開園時間 8:00~17:00
休園日 期間中は無休
入園料 大人350円、3歳~小学生250円
TEL 0295-76-0327

車で約20分

15:00

竜神峡・竜神大吊橋
竜神峡・竜神大吊橋
竜神峡・竜神大吊橋

巨大パノラマで紅葉を愛でる

旅の最後を飾るのは大子町のお隣、常陸太田市にある竜神峡。奥久慈県立自然公園にある県北地域の景勝地です。竜神峡は断崖絶壁のV字形をした渓谷で、長さ375m、歩行者専用として国内最大級の竜神大吊橋が架かっています。近年は高さ100m国内ナンバーワンのバンジージャンプが有名ですが、古くから人々に親しまれている紅葉スポット。橋から360度の巨大パノラマで紅葉を愛でることができ、息をのむほど美しい景観が広がります。奥久慈の秋の風情たっぷりの1泊2日旅。きっといつまでも記憶に刻まれる2日間となることでしょう!

竜神峡・竜神大吊橋
〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野2133-6
営業時間 8:30~17:00(受付16:40まで)
定休日 無休
吊橋渡橋料 大人310円、小人210円
TEL 0294-87-0375 (株)水府振興公社

くわしくはこちら

県道33号線経由 常磐自動車道「日立南太田インターチェンジ」まで 車で約50分

マップ

人気のグランピングに挑戦!行方&潮来2days

 

今回は話題沸騰中の新しいアウトドアのスタイル「グランピング」を体験するモデルコースをご紹介!水郷の街・潮来市の風情ある街並みや特産品、温泉を堪能。そして行方市の食と農業の体験型施設で野菜の収穫から豪華バーベキューまで満喫できるグランピングに挑戦!快適でおしゃれなアウトドアを満喫しましょう♪仲間や家族と刺激的&至福のひとときを過ごす2daysにレッツゴー!

コース紹介

 

1日目

車で約10分

10:00

十二橋めぐり
十二橋めぐり
十二橋めぐり

江戸情緒あふれる街並みを舟で巡る

初日は潮来市から出発!かつては水運陸路の拠点だったこの街は、水路が縦横に張り巡らされ、そこには人家を行き来するために小さな橋が架けられていました。「前川十二橋めぐり」は船に乗り、水郷潮来あやめ園に沿って流れる川から前川にかかる12個の橋の下をくぐり抜ける約30分の船旅。江戸情緒あふれる街並みを眺めれば、ノスタルジックな気分に浸れます。また、北利根川を横断し、加藤洲水門をくぐって細い水路を運航する「加藤洲十二橋めぐり」は3つのコースがあります。それぞれ一味違った風情が感じられる潮来の人気スポットです。郷愁を誘う風景が広がる船旅へ出掛けましょう!

水郷潮来十二橋めぐり
〒311-2424 茨城県潮来市潮来109-12
営業時間 8:00〜日没
定休日 無休 ※要問合せ
料金 前川十二橋めぐり(約30分) 5名まで5,000円、加藤洲十二橋めぐり(40分〜) 5名まで5,000円〜
TEL 0299-62-2294(潮来遊覧船組合))
※手漕ぎのろ舟は水郷潮来あやめまつり開催時期のみの運行です

車で約10分

12:00道の駅いたこ

道の駅いたこ
道の駅いたこ
道の駅いたこ

米どころ潮来でよりどりみどりのランチ♪

道の駅いたこ内にある「グラスハウス」「おふくろ亭」はランチに最適!2018年3月にリニューアルされた「グラスハウス」では潮来産の米を使用した米粉麺「フォー」(500円)を販売中。ベトナムの代表的料理を潮来産の米の生めんやパクチーで堪能できる新名物!牛骨ベースのあっさりとしたスープは、飲み干したくなる優しい味。どんな世代にも受け入れられる逸品です。和食派なら、「おふくろ亭」でお好きなお惣菜やおかずを選んでお好み定食をどうぞ。地元のリピーター客が多いことでも知られる人気店です。米どころ潮来の美味しいお米を心行くまで味わってください♪ドライブのお供に、飲むヨーグルトもオススメ。

道の駅いたこ
〒311-2416 茨城県潮来市前川1326-1
営業時間 9:00〜19:00
定休日 無休(フォーのみ火曜定休)
TEL 0299-67-1161

くわしくはこちら

車で約25分

14:00なめがたファーマーズヴィレッジ やきいもファクトリーミュージアム

やきいもファクトリーミュージアム
やきいもファクトリーミュージアム

目指せ、やきいもマスター!

ランチを終えたら一路、行方市へ。今回のメインスポット「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」に到着したら、まずは「やきいもファクトリーミュージアム」を見学!茨城県はさつまいもの栽培面積・生産量が全国で第2位。そのさつまいもにスポットライトを当てたこの施設は、日本のさつまいもの歴史を楽しく学ぶミュージアムゾーンから「らぽっぽ」でおなじみ白ハトグループの工場見学ができるファクトリーゾーンまで、老若男女が楽しめる充実の内容です。日本一長い19mもあるやきいも専用のトンネルオーブン、マイナス30度の世界を体験できる冷凍庫など。じっくり見学してやきいもマスターを目指しましょう♪

やきいもファクトリーミュージアム
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
営業時間 10:00〜18:00(最終受付15:30)
定休日 月曜日
料金 大人900円、子ども700円
TEL 0299-87-1130

くわしくはこちら

施設内徒歩移動

15:00なめがたファーマーズヴィレッジ・ファームグランピング

ファームグランピング・収穫体験
ファームグランピング・収穫体験

お待ちかねのなめファ・グランピングスタート!

「なめがたファーマーズヴィレッジ」で一押しなのが、2018年5月にオープンした「ファームグランピング」。グランピングとは、豪華で快適な滞在ができる新しいキャンプスタイル。コンテナとテントの2スタイルが用意されていますが、今回はコンテナスタイルの「ラウンジコート」をチョイス。コンテナスタイルでは、施設の目の前に広がる畑から自分で旬の野菜を収穫し、フレッシュな状態でサラダやバーベキューなどお好みで味わえる「畑まるごとビュッフェ」が評判です。土とふれあい自分の手で採ったもぎたての野菜はまさに絶品!食わず嫌いの野菜もこれを機に克服してしまうかも?きっと野菜を再発見できる体験となるに違いありません。

ファームグランピング
営業時間 ナイトグランピング15:00〜翌日10:00
営業日 ナイトグランピング金曜日、土曜日、日曜日、祝日、祝日前日
料金 ナイトグランピング コンテナスタイル 2人部屋/3人部屋 19,200円~28,800円/1人あたり テントスタイル 14,400円~21,600円/1人あたり

バスで約15分

16:30かんぽの宿 潮来

かんぽの宿 潮来
かんぽの宿 潮来
かんぽの宿 潮来

湯船から北浦の大パノラマを堪能

コンテナスタイルのプランには、天然温泉施設への送迎つき♪バスで移動して、温泉にゆったり浸かりましょう♪「かんぽの宿 潮来」は北浦を一望できる景観がGOODな天然温泉。大勢が一度に入れる大浴場では絵葉書のような大パノラマを堪能でき、身も心も開放感に包まれます。泉質はナトリウム塩化物冷鉱泉で、神経や筋肉、関節痛、皮膚疾患にも良いとされ、肌もツヤツヤに。ファームアクティビティの後にピッタリの温泉となっています。疲労回復をしたい方には寝湯も用意されているので、じっくり身体を休めましょう。

かんぽの宿 潮来
〒311-2404 茨城県潮来市水原1830-1
営業時間 10:30〜20:00(受付10:00〜19:00)
定休日 不定休
料金 大人750円、子ども(小学生)350円
TEL 0299-67-5611

くわしくはこちら

バスで約15分

18:30ファームグランピング・BBQ


畑からそのままテーブルへ。生で食べるもバーベキューで焼くも自由自在

クラブハウスのテラスで、お待ちかねのバーベキュータイム!自分で収穫したばかりの野菜はもちろん、茨城が誇るブランド食材を使ったメニューが盛りだくさん!コンテナスタイルのコースには「サクラチップの芳醇スモーク盛り合わせ」「ほくほくじゃがいもと魚介のアヒージョ」「宮崎県産 安納黒豚 肩ロースのローストポーク ハーブ塩釜仕立て」など海と山の幸たっぷりで、絶妙なマッチングに舌鼓!そして、締めはやはり、オリジナルブランドさつまいも「いばらぎゴールド」を使用したスイーツ「やきいものクレームブリュレ アイスクリームを添えて」を召し上がりながら、満天の星空の下で心ゆくまで茨城の恵みを味わいましょう!!

※テントスタイルは別メニューでのご提供になります
※季節によって内容が変更になる場合がございます

ファームグランピング・BBQ
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
時間 ナイトグランピング15:00~ 翌10:00
TEL 0299-87-1130

2日目

8:00ファームグランピング・朝食


挽きたてのコーヒーで極上のモーニングを

朝食はクラブハウスのテラスで朝日を浴びながら、挽きたてのコーヒーと焼きたてのフレンチトーストでゆっくりとした時間が流れていきます。その他、「サクサクおいものクロワッサン」「全粒粉パン」に「安納黒豚のジューシーソーセージ」、目玉焼きを合わせれば身体に染み入る美味しさに包まれます!鮮度抜群の「ハワイ産 紅アロハと季節のコブサラダ」や「さつまいものポタージュ」、ヨーグルトとともに、極上のモーニングを堪能できます♪

※季節によって内容が変更になる場合がございます

ファームグランピング・朝食
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
TEL 0299-87-1130

施設内徒歩移動

10:00なめがたファーマーズヴィレッジ

なめがたファーマーズヴィレッジでお土産
なめがたファーマーズヴィレッジでお土産
なめがたファーマーズヴィレッジでお土産

さつまいものお菓子や加工品、朝採れ野菜が勢揃い

ついつい解説付きで渡したくなるお土産がいっぱいの「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」。「ファーマーズマルシェ」は朝採れの野菜や独自のさつまいも加工品がずらり。「おいも熟成蔵」は、キュアリング貯蔵庫で数ヶ月熟成させたさつまいもを使い、こだわりの製法で作り上げたとっておきの干しいもが編集部オススメ。大人気の芋蜜と一緒に、お土産に喜ばれることうけあいです。「らぽっぽファームベーカリー」は焼き立てパンのほかまるごとやきいもパイ、おいものミニタルトなど、なめファ限定商品も多数あるのでお見逃しなく!

らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
営業時間 ファーマーズマルシェ10:00〜18:00、おいも熟成蔵・ギフトコーナー11:00〜17:00、らぽっぽファームベーカリー10:00〜18:00
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
TEL 0299-87-1130

くわしくはこちら

車で約15分

12:00割烹 清水屋

潮来でうなぎ料理

画像はイメージです。

スタミナたっぷりのうなぎ料理!天然物にも出会えます♪

なめがたファーマーズヴィレッジを満喫した後は、潮来へ移動して昼食を。水郷の街として栄えてきた潮来市は、「割烹 清水屋」などうなぎ、川魚料理を食べられる店が数多くあります。うなぎといえば土用の丑の日に食べられることでおなじみ、精の付く食べ物の代表格。清水屋では、お店のすぐ近くを流れる利根川でとれる天然うなぎも提供しているのだとか!(季節限定5月上旬〜10月下旬くらいまで、要予約)季節の素材、水郷潮来の恵みを活かした料理、定食を味わってください。

割烹 清水屋
〒311-2437 茨城県潮来市永山2651
営業時間 11:30〜17:00ラストオーダー
定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
TEL 0299-64-2011

車で約15分

14:00イタコモータースポーツパーク

イタコモータースポーツパーク
イタコモータースポーツパーク
イタコモータースポーツパーク

迫力のレーシングカート体験にチャレンジ♪

ラストはアクティビティ体験にチャレンジしましょう!「イタコモータースポーツパーク」では気軽にレーシングカート体験ができます。最高速度は約70km/、車高は地上から4cm。むき出しの運転席から感じる疾走感が魅力で、遊園地のゴーカートとは別格の面白さ。病みつきになる人が続出中なのだとか。免許書は必要なく、身長150cm以上の高校生以上であれば誰でも走行可能なのも人気の理由。一周するとラップタイムが計測されるので、仲間や家族で競ってワイワイ盛り上がってみては?迫力のレースを体感してみましょう!

イタコモータースポーツパーク
〒311-2402 茨城県潮来市大生804
営業時間 月曜日・火曜日・金曜日8:30〜18:00、土曜日・日曜日・祝日8:00〜18:00
定休日 水曜日、木曜日
料金 2,500円(10分) ※高校生以上対象
TEL 0299-66-1725

車で約15分

 

このページは2019年10月1日以前に更新されたものです。
各種料金は、各施設にご確認ください。

マップ

伝統に触れる街探訪!結城市日帰り電車旅

 

まるでタイムスリップしたかのようなノスタルジックな街並み、歴史ある伝統工芸や名物が今も息づく結城市。江戸から昭和時代の風情と文化を守り継ぐ街を歩けば、きっと温故知新を感じられることでしょう。伝統に触れるショートトリップをお楽しみ下さい。

コース紹介

コース結城_01
コース結城_02

 

JR水戸線「結城駅」より徒歩で約15分

10:00

結城紬の機織り体験

結城といえば、日本最古の歴史を誇る高級絹織物・結城紬の伝統が今も息づく街。その問屋である奥順が運営する結城紬のミュージアム「つむぎの館」で機織り体験にチャレンジしてみましょう。コースター織り体験は、初心者でも簡単にできます!踏木を左右交互に踏んで、トントンとリズムよく糸を打ち込めば完成。長く愛用したくなる思い出の品になるに違いありません。また、ユネスコ無形文化遺産や国の重要無形文化財に指定されている、昔ながらの地機織り体験も可能。二千年前から脈々と受け継がれる職人の手仕事を体感することができます。

つむぎの館
営業時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
※体験はすべて事前予約制、電話にて問い合わせ
休館日 火曜日
料金 コースター織り体験2,000円、地機織り体験3,000円※地機織り体験作品の持ち帰りはできません
〒307-0001 茨城県結城市結城12-2
TEL 0296-33-5633

徒歩で約2分

12:00

上質な空間で目も舌も満足のお弁当ランチ

壱の蔵は、国の登録有形文化財となっている明治初期の見世蔵を利用したギャラリー喫茶。古き良き時代の面影を残した店内は結城紬や芸術品が常設展示され、上質なひとときを演出してくれます。そんな非日常空間の中で是非味わいたいのが、見た目も華やかなお弁当(要予約)。1,000円、1,500円、2,000円(すべて税別)と3つのプランがあり、どれも旬の食材を使った逸品です。どれから食べようかと選ぶ楽しさに満ちたメニューで、目も舌も満足することでしょう!

GALLERY&Cafe壱の蔵
営業時間 10:00〜17:30(ラストオーダー17:00)
定休日 火曜日
〒307-0001 茨城県結城市結城12-2
TEL つむぎの館:0296-33-5633(お弁当の予約もこちらまで)

徒歩で約8分

13:30

見応え充分!江戸時代建造の酒蔵

結城市探訪で見逃せないのが見世蔵めぐり。市内には蔵造りの紬問屋や糀蔵、住まいが31ヶ所もあり、その半数が国の登録有形文化財に指定されています。レトロな雰囲気に包まれた風流な街並みは、見応え充分!その中の一つである結城酒造の蔵は江戸時代末期に建てられたもので、明治時代に増設されたレンガ造りの大煙突とともに国の有形文化財に登録されています。看板銘柄の「結ゆい 純米大吟醸」は平成14年の全国新酒鑑評会で金賞を連続受賞。結城が誇る老舗酒蔵を見学し、江戸情緒や積み重ねた歴史に思いを馳せてみましょう。

結城酒造
営業時間 9:00〜17:00
定休日 不定休
〒307-0001 茨城県結城市結城1589
TEL 0296-33-3344

徒歩で約5分

14:45

1832年創業、糀と糀味噌の見世蔵見学

秋葉糀味噌醸造の店舗兼醸造蔵は、大正13年建造の国登録有形文化財。2階建ての土蔵造りは昭和初期に県道拡張工事によって改築しているため、当時のままの姿ではありませんが、貫禄のある佇まい。1832年創業の糀と糀味噌の専門店で、香り高くまろやかな味の「つむぎみそ」、無添加の「あま酒」、甘辛の麦糀とナスが入ったおかず味噌「繁盛なす」が自慢。仕込み場には高さ2メートルを越える木樽が並び、今でも昔ながらの製法にこだわっています。真摯に伝統を継承した味を、是非堪能してください。

秋葉糀味噌醸造
営業時間 9:00〜18:00
定休日 日曜日
〒307-0001 茨城県結城市結城174
TEL 0296-32-3923

徒歩で約5分

15:30

名物ゆでまんじゅうをお土産に

結城のお土産は結城ブランド認定品の「ゆでまんじゅう」が一押しです。江戸時代からこの地の各家庭で夏祭りの際、手作りされてきた庶民のお菓子で、熱湯で生地をこねる独特の製法が特徴。もちもちとした皮の食感がたまりません!「真盛堂」や「富士峰菓子舗」など、市内の各菓子店では店舗ごとに皮や餡の素材や味にこだわったゆでまんじゅうを提供。どれも老若男女問わず喜ばれる、結城ならではの郷土のお土産です。食べ比べて、お気に入りの一品を見つけてみてはいかがでしょうか?

結城市内和菓子店

徒歩で約10分

16:30

国内では結城市のみ!タイ発のコーヒー店

平成27年にオープンしたドイトンコーヒーは、国内で結城市にしかないタイのコーヒーショップ。ドイトンの名はタイ民話に出てくる「旗のある山(ドイトン)」が由来。かつて麻薬地帯だったタイ北部で、ケシで生計を立てる山岳民族にコーヒーを栽培させ、合法的な収入源を与える麻薬撲滅活動「ドイトン開発プロジェクト」によって作られたコーヒー店です。酸味が少なく、芳醇な香りが際立つコーヒーで、一口飲めば身も心もホッと安らぐはず。旅の締めにふさわしい一杯です。

ドイトンコーヒー結城駅前店
営業時間 10:00〜18:00(日曜・祝日は11:00〜17:00)
定休日 月曜日
〒307-0051 茨城県結城市国府町1-1-1 結城市民情報センター1F
TEL 0296-48-7177

マップ

科学の街・つくばで「学び」を楽しむサイエンスツアー

つくばエキスポセンター

コース概要(日帰り)

9:25 地図と測量の科学館 10:45 筑波実験植物園 12:05 パンの街つくば 13:15 つくばエキスポセンター 14:35 産業技術総合研究所 15:50 JAXA 筑波宇宙センター 17:30 つくばラーメン激戦区          

 

1日目スタート

TX「つくば駅」A3出口より つくばセンター バスターミナル8番乗り場 9:15発 つくばサイエンスツアーバス乗車

9:25地図と測量の科学館

地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新しい技術などを総合的に展示して、私たちの生活にかかせない地図や測量の役割を誰もが楽しみながら、体感できる施設です。

  • 住所:茨城県つくば市北郷1番
  • 電話:029-864-1872
くわしくはこちら

10:35 バスで約10分

10:45筑波実験植物園

国立科学博物館の植物研究施設で、日本をはじめ世界の様々な植物およそ3,000種類が見られます。 広く一般に公開されており、温室では熱帯や乾燥地の珍しい植物なども楽しめます。

  • 住所:茨城県つくば市天久保4-1-1
  • 電話:029-851-5159 (代表)
くわしくはこちら

11:55 バスで約10分

12:05パンの街つくば

研究学園都市であるつくば市。留学生や海外出身の研究者が多く暮らすため、彼らのためにパンを焼くベーカリーが増え、いつしか「パンの街」として賑わっていったと言われています。
つくばの街には素材や製法にこだわりを持つ個性的なベーカリーが点在し、イートインコーナーのある店や、つくばの作物研究所がパンに適した小麦粉として開発した「ユメシホウ」を使ってパンを焼く店も。
街を散策しながら各店のパンを食べ比べ、お気に入りを見つけるのもつくばさんぽの楽しみのひとつです。

13:10 バスで約5分

13:15つくばエキスポセンター

子どもから大人まで楽しめる、科学を見て、触って、楽しく学べる施設。プラネタリウムでは、迫力の映像で星空や宇宙が体験でき、純国産ロケットの実物大模型や、実際の潜航映像が見られる「しんかい6500」の模型など、好奇心を刺激する展示がたくさんあります。地元つくばの食材を使ったカフェと、科学館ならではの商品が揃うショップも併設されています。

  • 住所:茨城県つくば市吾妻2-9
  • 電話:029-858-1100(代)
くわしくはこちら

14:25 バスで約5分

14:35産業技術総合研究所

産業の基盤を支える計測標準から、ロボット、エネルギー、医療など幅広い研究テーマをわかりやすく解説し、最先端の産業技術を楽しく体験できる施設。小型ヒューマノイドロボット「チョロメテ」や人をいやしてくれるアザラシ型ロボット「パロ」に会うことも出来ます。

  • 住所:茨城県つくば市梅園1-1-1(つくば本部)
  • 電話:029-861-2000
くわしくはこちら

15:45 バスで約5分

15:50JAXA 筑波宇宙センター

人工衛星やロケットなどの研究開発や開発試験、打ち上げた人工衛星の追跡管制、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の運用管制、宇宙飛行士の養成などを行っています。

  • 住所:茨城県つくば市千現2-1-1
  • 電話:029-868-5000(管理部代表)
くわしくはこちら

17:00 バスで約10分 つくばセンター バスターミナル8番乗り場

17:30つくばラーメン激戦区

約100店舗のラーメン専門店が凌ぎを削るラーメン激戦区。毎年、つくばラーメンフェスタなどのイベントも開催され、年々来場者数も増え続けています。また、平成26年にはつくばご当地ラーメン開発プロジェクトを結成。筑波山麓で収穫された福来みかんを使ったラーメンが誕生するなど、今後も新たなご当地ラーメンが期待できそうです。

徒歩で TX「つくば駅」へ 約10分

ゴール

写真映えスポットを巡る、とことん絶景いばらきの旅

ひたちなか市_コキア1500

コース概要(1泊2日)

1日目

10:00 牛久大仏 12:30 シャトーカミヤ 15:00 ラクスマリーナ 18:00 筑波山スターダストクルージング 19:30 青木屋

2日目

9:00 神磯鳥居 10:00 大洗磯前神社 11:00 きて みて さわって コキアカーニバル 14:30 石切山脈 15:30 笠間稲荷神社

1日目スタート

常磐自動車道「つくばJCT」~圏央道「牛久阿見IC」より車で約10分 (約8km)

10:00牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

12:30牛久シャトー

明治期の洋風建築の趣きが残る赤レンガ造りのシャトーカミヤ(現牛久シャトー)は、明治36年に完成しました。当時は、ブドウ栽培から醸造、瓶詰めまで一貫して行った日本初の本格的ワイン醸造場であり、日本のワイン発祥地の一つとして知られています。平成20年には国の重要文化財に指定されています。

  • 住所:茨城県牛久市中央3-20-1
  • 電話:029-873-3151(代)
くわしくはこちら

県道48号線経由 車で約30分 (約15km)

15:00ラクスマリーナ

国内湖面積第2位の霞ヶ浦で、快適クルージング

霞ヶ浦の沖合を快走する86名乗りのワイドな遊覧船「ホワイトアイリス号」で内陸クルージングを満喫!
桜川のお花見を楽しむ春のクルーズや、夕日を楽しむサンセットクルーズ、冬場のこたつクルーズなど、季節ごとに違った表情を見せる霞ヶ浦での舟旅を楽しんでみませんか?

  • 住所:茨城県土浦市川口2丁目13番6号
  • 電話:029-822-2437
くわしくはこちら

県道236号線経由 車で約50分 (約27km)

18:00筑波山スターダストクルージング

関東の霊峰、日本百名山の一つに数えられている筑波山。
山頂からはつくば市、土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景が一望でき、日本夜景遺産に認定された夜景を楽しむことができます。条件が揃えば、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーの光まで鑑賞できることも。
また、例年秋から冬にかけての期間は、ロープウェイの運行時間を延長する「スターダストクルージング〜夜の空中散歩〜」が実施されます。
地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空を満喫できる筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

  • 住所:茨城県つくば市筑波1番地
  • 電話:029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)
くわしくはこちら

筑波スカイライン~県道236号線~県道42号線経由 車で約10分 (約6km)

19:30青木屋

古来、万葉集にも詠まれたという美しい山から見下ろす景色。そして、こんこんと湧き出ずる筑波山温泉の湯で癒されながら、時間を忘れてゆったりと過ごせるお宿です。
自慢のロビーと露天風呂からは、関東平野を一望することが出来ます。

  • 住所:茨城県つくば市筑波753-1
くわしくはこちら

2日目スタート

県道16号線経由 車で約90分 (約60km)

9:00神磯鳥居

平安時代前期の斉衡3年(856)、神が降り立ったといわれる地。鳥居から昇る日の出を拝もうと大勢の人が訪れます。 また、徳川光圀公が景観を称えた場所でもあります。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637(大洗磯前神社 代)
くわしくはこちら

大洗海岸通り 徒歩で約5分 (約0.3km)

10:00大洗磯前神社

古くから「大国さま」「恵比須さま」と親しまれてきた神社。平安時代に創設され、病気平癒、家内安全、商売繁盛、海上交通など人々に幸を授けてくれます。拝殿は入母屋造で茨城県の文化財に、随神門は大洗町の文化財にそれぞれ指定されています。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637
くわしくはこちら

県道108号線経由 車で約25分 (約12km)

11:00きて みて さわって コキアカーニバル

国営ひたち海浜公園

花と緑に囲まれた都市公園「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。
秋の見所は、広大な「みはらしの丘」一面に広がるコキアの紅葉。約3万2千本のコキアが丘を真っ赤に染め上げ、丘のふもとでもコスモスやソバなど秋の草花が見頃を迎えます。
コキアの紅葉時期に合わせて開催される「コキアカーニバル」の期間中は、芸術・スポーツ・食欲などの秋を満喫できる様々なイベントやグルメも楽しむことができます。
(「コキアカーニバル」の開催時期は9月中旬~10月中旬)

  • 住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
  • 電話:029-265-9001
くわしくはこちら

北関東自動車道経由 笠間西IC 車で約50分 (約52km)

14:30石切山脈

全国的にも有名な「稲田みかげ石」。その石の採掘規模が日本一と言われ、笠間市稲田を中心に東西8㎞、南北6㎞にもわたる採掘現場は通称「石切り山脈」と呼ばれています。その白く美しい採掘現場の景観は、まるで壮大な石の屏風です。
※見学の際は、㈱想石までご連絡ください。

  • 住所:〒309-1635 茨城県笠間市稲田4260-1
  • 電話:0296-74-2112

国道50号線経由 車で約12分 (約6km)

15:30笠間稲荷神社

1350余年の歴史を誇り、日本三大稲荷の一つとされている「笠間稲荷神社」。江戸時代末期に建てられた御本殿は、彫刻が優れていることから、昭和63年に国の重要文化財に指定されています。御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。生命の根源を司る「いのち」の根の神として、農業、工業、商業、水産業などあらゆる殖産興業の守護神として、人々の生活すべてに御神徳を授けてくださる神様です。境内に生える二株の藤は、樹齢400年にも及ぶもので、八重の藤は、昭和42年に県の天然記念物に指定されています。

  • 住所:茨城県笠間市笠間1番地
  • 電話:0296-73-0001
くわしくはこちら

国道50号線経由 笠間西ICまで 車で約20分 (約10km)

ゴール

いばらき流トライアスロン -湖畔サイクリング・筑波山トレイルラン・那珂川カヌー体験-

コース概要(1泊2日)

1日目

9:00 鹿島神宮 11:00 つくば霞ヶ浦りんりんロード 13:00 かすみキッチン 16:00 江戸屋

2日目

9:00 筑波山 12:00 yasato de toreta 14:00 storm field guide 17:00 四季彩館

1日目スタート

潮来ICより車で約15分 (約7km)

9:00鹿島神宮

日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする神社。現在の社殿は徳川二代将軍の秀忠公により、また奥宮は家康公、楼門は水戸初代藩主徳川頼房公により奉納されたもので、いずれも重要文化財となっています。息栖神社、香取神宮とともに東国三社と呼ばれ古くから信仰を集めており、東国三社巡りツアーも行われています。また、皇室や鎌倉幕府の源頼朝公をはじめ、徳川幕府の徳川家康公や、水戸藩の徳川光圀公などに崇拝されていました。人生を転換するターニングポイントの作用を持ち、邪魔するものをはねのけ進むパワーを持つ、勝利の武神・武甕槌大神のご神気が息づくスポットです。

  • 住所:茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
  • 電話:0299-82-1209
くわしくはこちら

国道354経由 車で約60分 (約40km)

11:00つくば霞ヶ浦りんりんロード

県道桜川土浦潮来自転車道線と霞ヶ浦湖岸道路を合わせた全長約180kmのサイクリングコースです。全国第2位の面積を誇る霞ヶ浦と、日本百名山にその名を連ねる筑波山。この茨城が誇るふたつの絶景をダイレクトにつなぎ、14市町村にまたがる平野を中心としたサイクリングロードを楽しめます。

  • 電話:029-301-2735(茨城県企画部地域計画課)
くわしくはこちら

約120分 サイクリング(約12km)

13:00かすみキッチン

かすみがうらの食材を使った地産地消のカフェレストラン

かすみがうら市交流センター内にあるカフェ&レストラン。2016年に廃校になった近隣の小学校の備品を使い、リノベーションしたおしゃれな空間が広がります。
使う素材は地元かすみがうら産の食材が中心で、洋食をベースにした創作料理は、そのどれもが「地産地消」×「ヘルシー」をコンセプトにした料理ばかりです。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂4784
  • 電話:029-840-9010

県道53号線経由 車で約60分 (約40km)

16:00江戸屋

創業390余年の伝統に育まれた、落ち着きのある日本旅館。
筑波山神社まで徒歩8分。お子様・赤ちゃん連れのご家族の方も安心のくつろぎの宿。

  • 住所:茨城県つくば市筑波728
  • 電話:029-866-0321
くわしくはこちら

2日目スタート

車で約3分 (約0.65km)

9:00筑波山

筑波山は双耳峰で男体山と女体山を有し、二峰間を御幸ヶ原という平坦地が結んでいます。日本百名山の中で最も低い山で、その標高は女体山の877mです。登山道には雄大な自然が広がり、春夏は緑溢れる中、秋には色づく木々の中、四季折々の爽快なハイキングを楽しめます。

  • 住所:茨城県つくば市筑波
  • 電話:029-869-8333(つくば観光コンベンション協会)
くわしくはこちら

県道150号線経由 車で 約40分 (約10km)

12:00yasato de toreta

茨城県石岡市・八郷地区の、「茨城県フラワーパーク」内のレストランです。 地元で大切に育てられた野菜を使った料理を味わえます。

  • 住所:茨城県石岡市下青柳200 (茨城県フラワーパーク駐車場内)
  • 電話:0299-42-4822
くわしくはこちら

県道64号線経由 車で約60分 (約52km)

14:00storm field guide

大空と清流那珂川の隙間を移動するカヌー。爽快感と感動を与えてくれます。小魚が飛び跳ね、秋には鮭の遡上に、その呼吸音が聞こえるぐらい近づきます。
初めての方には危険なレジャーのイメージがあると思います。ですが『Storm Field Guide(ストームフィールドガイド)』では安全への正確な知識と充実した装備を揃え、自然と謙虚に付き合い、川で楽しむカヌーをご案内しておりますので安心です。素敵な思い出作りに、ぜひご参加ください。

  • 住所:茨城県常陸大宮市野口1151
  • 電話:090-6505-2544(担当直通:山本)
くわしくはこちら

県道60号線経由 車で約80分 (約57km)

17:00四季彩館

「四季彩館」は常陸大宮市長倉地域の高台にある日帰り温泉です。露天風呂からは豊かな自然の景色が堪能いただけます。露天風呂の他にも、大浴場、うたせ湯、源泉湯、薬湯、サウナなど、7種類の浴槽を楽しむことができます。
館内には売店やレストラン、休憩所や仮眠室を完備しております。また「四季彩館直売所」では、地元・御前山で採れた新鮮野菜を販売しています。

  • 住所:茨城県常陸大宮市長倉407-2
  • 電話:0295-55-2626(常陸大宮市温泉事業株式会社)
くわしくはこちら

国道118号線経由 那珂ICまで 車で約55分 (約40km)

ゴール

いばらきの秋を元気に遊ぶ、バンジージャンプ&カヌー体験&りんご狩り

コース概要(1泊2日)

1日目

10:00 storm field guide 12:30 レストラン ツインハート 14:00 バンジージャンプ 16:00 滝味の宿 豊年万作

2日目

9:00 袋田の滝 10:30 りんご狩り 12:30 Lutin (リュタン)

1日目スタート

常磐自動車道「水戸北・スマートインター出口」~国道123号「茂木方面」へ 車で約30分 (約20km)

10:00storm field guide

大空と清流那珂川の隙間を移動するカヌー。爽快感と感動を与えてくれます。小魚が飛び跳ね、秋には鮭の遡上に、その呼吸音が聞こえるぐらい近づきます。
初めての方には危険なレジャーのイメージがあると思います。ですが『Storm Field Guide(ストームフィールドガイド)』では安全への正確な知識と充実した装備を揃え、自然と謙虚に付き合い、川で楽しむカヌーをご案内しておりますので安心です。素敵な思い出作りに、ぜひご参加ください。

  • 住所:茨城県常陸大宮市野口1151
  • 電話:090-6505-2544(担当直通:山本)
くわしくはこちら

歩いてすぐ

12:30レストラン ツインハート

オーナー自ら建築したこだわりログハウスのフレンチレストラン。
丁寧なフランス料理のおもてなしと避暑地の雰囲気を感じるログハウスは、木の温もりで優しい時間が流れています。食事と共に御前山の景色も楽しむことが出来ます。

  • 住所:茨城県常陸大宮市野口1121-1
  • 電話:0295-55-4511

県道33号線経由 車で約30分 (約20km)

14:00バンジージャンプ

高さ最大100mとなる竜神大吊橋バンジージャンプは、シーズン常設開催サイトとしては日本最大級となります。四季折々姿を変える圧巻の絶景を臨み、湖面に向かってジャンプします。何十回と飛んでいるバンジーファンの方や、高い場所を得意とするバンジーのスタッフでさえ「想像以上のスリル」と口を揃えてコメント。ジャンプ後はすぐに上に戻り、皆で感動を分かち合えます。

  • 住所:茨城県常陸太田市天下野町2133-6
  • 電話:0278-72-8133(Bungy Japan バンジージャパン みなかみオフィス)
くわしくはこちら

国道461号線経由 車で約30分 (約20km)

16:00滝味の宿 豊年万作

大子町の多彩な食材を味わえる温泉宿。雄大な山々に囲まれた露天風呂では、ゆったりとお湯に浸かりながら、冬の澄んだ星空を眺めるのがおすすめ。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田169-3
  • 電話:0295-72-3011
くわしくはこちら

2日目スタート

徒歩で約10分 (約0.4km)

9:00袋田の滝

日本三名瀑に数えられ、高さ120m、幅73mの大きさを誇ります。滝の流れが四段に落下することや、四季に一度ずつ訪れてみなければ本当の良さはわからないといわれていることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。1,500万年ほど昔の海底火山の噴火ででき、空海が護摩修行を行ったともいわれています。平成27年3月には国の名勝に指定され、恋人の聖地としても注目されています。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
  • 電話:0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
くわしくはこちら

車で約15分 (約8km)

10:30りんご狩り

茨城県で栽培されるりんごの多くは、大子町など山間の冷涼な気候の中で生産され、観光りんご園を中心に販売されています。9月から11月の収穫の頃には、新鮮で香り豊かな甘いりんごをたっぷり味わえます。

国道461号線経由 車で約6分 (約1.8km)

12:30Lutin (リュタン)

大子町最大の観光地、袋田の滝より生瀬方面(東)へ向かった先にある開放的なカジュアルフレンチ。
四方を見渡しても自然、緑!どこのお席からも外の自然を眺めながらの食事が出来て、なんとも贅沢な気分になるお店。
 メニューは、気軽なワンプレートランチ(1300円)から本格的なコース料理(2000円~)まで、お子様ランチ(700円)はお子様連れには嬉しい。また自家菜園で採れたお野菜や、自家りんご園のりんごを使ったアップルパイも人気。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町小生瀬2976-7
  • 電話:0295-76-0382
くわしくはこちら

県道33号線経由~常磐自動車道「水戸北・スマートインター出口」まで 車で約60分 (約50km)

ゴール

芸術の街・笠間で楽しむ陶芸体験と、いばらきの文化に触れるアートな旅

コース概要(1泊2日)

1日目

10:30 春風萬里荘 11:30 Café WASUGAZEN 13:00 笠間工芸の丘 17:00 としまや月浜の湯

2日目

10:00 茨城県天心記念五浦美術館 11:30 五浦六角堂 12:30 大津漁港 市場食堂

1日目スタート

常磐高速道友部JCTより北関東自動車道笠間方面へ~友部ICで降り笠間市内方面へ(R355) 車で約10分 (約5km)

10:30春風萬里荘

笠間駅の南方、画家の住居、アトリエなどが点在する芸術の村。村のほぼ中央に、料理家でありながら、優れた陶芸家として知られる北大路魯山人がかつて住んでいた民家を、鎌倉から移築したのが「春風萬里荘」になります。

  • 住所:茨城県笠間市下市毛1371
  • 電話:0296-72-0958
くわしくはこちら

県道42号線経由 車で約10分 (約3km)

11:30Café WASUGAZEN

陶芸美術館の近くにある「空間を大事に」をコンセプトとする、笠間で人気のオシャレなカフェ。
コーヒーカップやお皿など、食器の多くに笠間焼を使用しています。真心がつまった料理を、笠間焼とともにお楽しみください。

  • 住所:茨城県笠間市笠間2501-2
  • 電話:0296-72-7987

車で約2分 (約0.45km)

13:00笠間工芸の丘

笠間芸術の森公園内にあり、散歩やピクニックに最適です。施設内ではろくろ、手びねりを体験できる体験工房のほか、ペーパークラフトなど、様々なクラフトワーク体験ができます。また、近くには「茨城県陶芸美術館」もあり、最高水準の芸術品に触れることができます。笠間焼を中心としたお土産コーナーやカフェラウンジも充実しています。

  • 住所:茨城県笠間市笠間2388-1
  • 電話:0296-70-1313
くわしくはこちら

県道61号線経由 車で約120分 (約82km)

17:00としまや月浜の湯

磯原海岸に面した海辺の温泉旅館。地元漁港から買い付ける新鮮な地魚料理と硫黄温泉で心あたたまるおもてなし。

  • 住所:茨城県北茨城市磯原町磯原200-3
  • 電話:0293-43-1311
くわしくはこちら

2日目スタート

陸前浜街道~国道6号線経由 車で約20分 (約9km)

10:00茨城県天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館は、五浦海岸の大小の入江と美しい松林は「日本の渚100選」に、海岸の波音は「日本の音風景100選」に選ばれている景勝地に建っています。明治39年に日本美術院第一部(絵画)が移転し、岡倉天心や五浦の作家たちが活躍した歴史的な地。岡倉天心や横山大観をはじめとする五浦の作家たちの業績を顕彰するとともに、優れた作品が鑑賞できる美術館として平成9年11月8日に開館。

  • 住所:茨城県北茨城市大津町椿2083
  • 電話:0293-46-5311
くわしくはこちら

車で約6分 (約0.65km)

11:30五浦六角堂

明治38年に岡倉天心が自ら設計したもので、「観瀾亭」ともいわれ、杜甫の草堂、仏堂、茶室を兼ね備え、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装った六角形の建物です。近くには茨城県天心記念五浦美術館があり、岡倉天心や横山大観など五浦ゆかりの人々の作品が鑑賞できます。

  • 住所:茨城県北茨城市大津町五浦727-2
  • 電話:0293-46-0766(茨城大学五浦美術文化研究所)
くわしくはこちら

県道27号線経由 車で約8分 (約3km)

12:30大津漁港 市場食堂

黒潮と親潮が交差する好漁場である茨城沖を目の前に、新鮮な海鮮料理を提供する食堂。
肉厚の刺身、ボリューム満点の鍋など、港町ならではの料理や、あんこう鍋など旬の魚料理を存分に楽しむことができます。
また、同じ敷地内には物産センターや北茨城市漁業歴史資料館などがあり、地元ならではの海産物、農産物を購入することもできます。

  • 住所:茨城県北茨城市関南町仁井田789-3
  • 電話:0293-30-2345
くわしくはこちら

陸前浜街道~国道6号線経由 常盤自動車道 北茨城ICまで 車で約20分 (約9km)

ゴール

世界一の大仏から筑波山の夜景まで、県南エリアを遊び尽くす日帰りプラン

コース概要(日帰り)

10:00 あみプレミアム・アウトレット 13:00 牛久大仏 15:00 シャトーカミヤ 17:00 江戸屋 18:00 筑波山スターダストクルージング

 

スタート

阿見東ICから車ですぐ (約1.5km)

10:00あみプレミアム・アウトレット

アメリカ西海岸をイメージした街並みでショッピングを満喫

国内外の著名ブランド約150店舗が軒を連ねるアウトレットセンターです。いつでもお値打ち価格が嬉しいショッピングエリアに加えて、和洋中様々な名店が揃っている飲食エリアも人気。圏央道「阿見東IC」に直結した交通の便の良さ、そして、牛久大仏が見えるアウトレットというロケーションも人気です。

  • 住所:茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
  • 電話:029-829-5770
くわしくはこちら

県道34号線経由 車で約5分 (約2.5km)

13:00牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

15:00牛久シャトー

明治期の洋風建築の趣きが残る赤レンガ造りのシャトーカミヤ(現牛久シャトー)は、明治36年に完成しました。当時は、ブドウ栽培から醸造、瓶詰めまで一貫して行った日本初の本格的ワイン醸造場であり、日本のワイン発祥地の一つとして知られています。平成20年には国の重要文化財に指定されています。

  • 住所:茨城県牛久市中央3-20-1
  • 電話:029-873-3151(代)
くわしくはこちら

国道6号線経由 車で約60分 (約40km)

17:00江戸屋

創業390余年の伝統に育まれた、落ち着きのある日本旅館。
筑波山神社まで徒歩8分。お子様・赤ちゃん連れのご家族の方も安心のくつろぎの宿。

  • 住所:茨城県つくば市筑波728
  • 電話:029-866-0321
くわしくはこちら

県道42号線~筑波スカイライン~県道236号線経由 車で約10分 (約5.4km)

18:00筑波山スターダストクルージング

関東の霊峰、日本百名山の一つに数えられている筑波山。
山頂からはつくば市、土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景が一望でき、日本夜景遺産に認定された夜景を楽しむことができます。条件が揃えば、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーの光まで鑑賞できることも。
また、例年秋から冬にかけての期間は、ロープウェイの運行時間を延長する「スターダストクルージング〜夜の空中散歩〜」が実施されます。
地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空を満喫できる筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

  • 住所:茨城県つくば市筑波1番地
  • 電話:029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)
くわしくはこちら

県道42号線~県道14号線~国道125号線経由 常磐自動車道(土浦北IC)まで 車で約40分 (約60km)

ゴール

秋色に染まる茨城で楽しむ、大迫力の紅葉と常陸秋そば

コース概要(1泊2日)

1日目

12:00 daigo cafe 14:00 袋田の滝 16:00 月待ちの滝 17:30 袋田温泉 思い出浪漫館

2日目

10:00 竜神峡 11:30 慈久庵 14:00 花貫渓谷 15:30 穂積家住宅

1日目スタート

JR 水戸駅より 国道461号線経由 車で約90分 (約63km)

12:00daigo cafe

古い民家をリノベーションした、見どころ満載のオシャレカフェ。
大子町のお土産やクラフト作家さんの作品・雑貨などの展示販売も。
アコースティックLiveやトークショーなどのイベントなども数多く開催され、、地元大子町から町外までの幅広いお客さんが集まる町の情報発信地。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町大子688
  • 電話:0295-76-8755

国道118号線経由 車で約15分 (約7km)

14:00袋田の滝

日本三名瀑に数えられ、高さ120m、幅73mの大きさを誇ります。滝の流れが四段に落下することや、四季に一度ずつ訪れてみなければ本当の良さはわからないといわれていることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。1,500万年ほど昔の海底火山の噴火ででき、空海が護摩修行を行ったともいわれています。平成27年3月には国の名勝に指定され、恋人の聖地としても注目されています。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
  • 電話:0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
くわしくはこちら

国道118号線経由 車で約20分 (約11km)

16:00月待の滝

久慈川の支流大生瀬川がつくり出す、高さ17メートル、幅12メートル、三筋に流れ落ちる滝です。普段は二筋の夫婦滝ですが、水量が増えると子滝が現れて親子滝になります。
この珍しい形状のためか、古くから安産、子育て、開運を祈る二十三夜講(二十三夜の月の出を待って婦女子が集う)の場とされたところから月待の滝と呼ばれ、胎内観音をお祀りしています。
水に濡れることなく滝の裏に入ることができるとこから、別名「裏見の滝」または「くぐり滝」ともいわれ、マイナスイオンを浴びる人々で賑わいます。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町大字川山
  • 電話:0295-72-0285(大子町観光協会)
くわしくはこちら

国道118号線経由 車で約15分 (約10km)

17:30袋田温泉 思い出浪漫館

『袋田の滝』に近く、心懐かしい思い出をテーマにした、シンプルでお洒落な空間が自慢の温泉宿。露天風呂や大浴場で、四季折々の風情を楽しむことができます。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田978
  • 電話:0295-72-3111
くわしくはこちら

2日目スタート

国道461号線経由 車で約30分 (約20km)

10:00竜神峡

竜神峡は、奥久慈県立自然公園に位置し、四季折々の景色を楽しむことができます。竜神大吊橋は、歩行者専用としては日本最大級を誇り、橋の長さは375m、湖面からの高さは100mにもなります。現在、バンジージャンプを跳ぶことができ、県内外からたくさんの方達がチャレンジをしています。

  • 住所:茨城県常陸太田市天下野町2133-6
  • 電話:0294-87-0375
くわしくはこちら

車で約3分 (約0.65km)

11:30慈久庵

粗挽きの常陸秋そばを使ったそばを食べることが出来ます。こだわり抜いた蕎麦は見た目にも美しく、奥深い味わい。せいろそばを始め、豊富なメニューがそろうほか、自家製刺身こんにゃくなどの里山料理やコース料理も楽しめます。

  • 住所:茨城県常陸太田市天下野町2162
  • 電話:0294-70-6290

国道461号線経由 車で約30分 (約22km)

14:00花貫渓谷

花貫川が山地の地表を侵食し作り出した花貫渓谷には大小さまざまな滝や淵が連なり、全国でも珍しい海が望める「花貫ダム」から上流にかけて美しい景観が続きます。渓谷内にある長さ約60mの汐見滝吊り橋から眼下を望めば花貫川野清流が流れ、川のせせらぎを聞きながら赤黄に染まる紅葉を楽しむことができます。

  • 住所:茨城県高萩市中戸川大能地区
  • 電話:0293-23-2121(一般社団法人高萩市観光協会)
くわしくはこちら

国道461号線経由 車で約15分 (約10km)

15:30穂積家住宅

江戸時代中期の豪農の館で土間や座敷や、美しい日本庭園が見学できます。茅葺き屋根の主屋は茨城県指定有形文化財。秋には花貫渓谷の紅葉にあわせて期間限定レストランがオープンします。

くわしくはこちら

国道349号線経由 JR 水戸駅まで 車で約90分 (約60km)

ゴール

アートを満喫!芸術の秋・笠間&水戸一泊二日旅

 

芸術の秋を満喫できる、とっておきのモデルコース。焼き物の街・笠間市で笠間焼体験にチャレンジ!自分の手で作った世界でひとつだけの陶器は旅の思い出にもなります。それから、個性豊かな作品を鑑賞できる美術館めぐりもオススメ。陶芸作品の美術館や、有名画廊の稀有なコレクションが揃う美術館、そして近代〜モダンアート、建築美まで。自分のセンスも磨ける旅です!

コース紹介

 

1日目

笠間・水戸エリアへは北関東自動車道が便利です

北関東自動車道「友部I.C」より車で約20分

9:00

笠間稲荷神社
笠間稲荷神社
笠間稲荷神社

日本三大稲荷のひとつ!美術館も併設

一日目は笠間市からスタートです。まずは、笠間を訪れたなら外せないスポットのひとつ・笠間稲荷神社へ参拝。日本三大稲荷のひとつにも名を連ねていて、なんと1350年以上もの長い歴史を持つ名社です。商売繁盛はもちろん、農業や水産業、工業などなど、あらゆる殖産興業の守護を司る神様。初詣のみならず、年間を通して多くの参拝者が訪れます。 境内には見どころがたくさん。国指定重要文化財の御本殿や、裏手には日本各地の古陶器や屏風絵などを展示する笠間稲荷美術館を併設しています。ぜひゆっくりと散策してください。

笠間稲荷神社
茨城県笠間市笠間1
時間 6:00〜適宜まで ※笠間稲荷美術館は9:00〜16:00最終入館
美術館入館料 一般300円、大高生200円、中小生100円
TEL 0296-73-0001

くわしくはこちら

車で約8分

10:30

茨城県陶芸美術館

板谷波山 彩磁延壽文花瓶 昭和前期

 

笠間焼を知ることが出来る場所

次に向かうのは、「笠間芸術の森公園」です。ゴールデンウィークに行われる陶器の祭典・陶炎祭の会場にもなるとっても広い丘陵の敷地内には、近現代の陶芸の魅力を十分に味わうことが出来る美術館をはじめ、陶芸体験や、笠間焼を購入できるショップなどがあります。まずは、茨城県陶芸美術館で、近現代を代表する陶芸家の名品を鑑賞し、日本陶芸の技術の高さや美しさに触れてみましょう。また、茨城ゆかりの陶芸家、板谷波山や松井康成については特設コーナーでその魅力を十分に味わうことが出来ます。そして生活陶器としてこの地域で200年の歴史をもつ笠間焼の歴史について学べるコーナーもあり、充実した時間を過ごせることは間違いないでしょう。また、笠間には、200人以上の陶芸作家が工房を構えています。それら人気作家の作品を手頃な価格から購入できるのも大きな魅力です。

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345
時間 9:30〜17:00(16:30最終入館)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)、12/29〜1/1(ただし、平成30年度は12/27・28臨時休館)
入館料 一般310円、満70歳以上150円、高大生260円、小中生150円(テーマ展・コレクション展)
※企画展・特別展料金は別途設定。企画展・特別展開催中は、企画展・特別展の観覧料でテーマ展・コレクション展も併せて観覧可能です。
TEL 0296-70-0011

くわしくはこちら

徒歩

12:00

笠間工芸の丘 カフェラウンジ
笠間工芸の丘 カフェラウンジ
笠間工芸の丘 カフェラウンジ

アート薫る丘でランチタイム

笠間芸術の森公園内には、ランチを食べられるお店もあります。笠間工芸の丘のセンタープラザに併設されたカフェラウンジでは、笠間焼の器で美味しい食事やスイーツをいただくことができます!食事は、オリジナルカレーやハンバーグ、和食やパスタなどバラエティ豊かなメニューを取り揃え。ケーキは、笠間市内の人気洋菓子店グリュイエールの作りたてスイーツを販売しています。天気の良い日は、テラス席からの眺めがオススメ!笠間焼の使い心地や見栄えも楽しみながら、ホッとひとやすみできる場所として人気です♪

笠間工芸の丘
茨城県笠間市笠間2388-1
時間 10:00〜17:00
休館日 月曜日(祝日、連休の場合は開館し翌日休)、年末年始
TEL 0296-70-1313

くわしくはこちら

徒歩

13:00

笠間工芸の丘
笠間工芸の丘
笠間工芸の丘

気軽に陶芸体験チャレンジ!

笠間市内にはたくさんの窯元が軒を連ねていて、随所で陶芸体験を受け付けています。「笠間工芸の丘 クラフトヒルズKASAMA」でも陶芸・クラフト体験が可能!ろくろを使った本格的な陶芸体験にチャレンジしてみましょう♪お皿やお茶碗など自分だけの器を作ることができます。最初は緊張するかもしれませんが、粘土のかたまりが自分の手の中でみるみるうちに形を変えていくのはとっても楽しいですよ!先生がしっかり見ていてくれるので、心配はいりません♪世界にたったひとつのオリジナル器を、旅の思い出に!

笠間工芸の丘
茨城県笠間市笠間2388-1
時間 10:00〜17:00(ろくろ、手ひねり体験は10:15〜、13:00〜、15:15〜)
休館日 月曜日(祝日、連休の場合は開館し翌日休)、年末年始
ろくろ体験 基本料金2,160円(焼成代、送料別)
TEL 0296-70-1313

くわしくはこちら

車で約8分

14:30

笠間日動美術館
笠間日動美術館
笠間日動美術館

日動画廊の創業者ならではの名コレクション

笠間市でアートめぐりを楽しむならば、こちらも外せない笠間日動美術館。実は日動画廊の創設者として知られる長谷川仁氏の故郷はここ笠間市。そんな縁から、氏が開いたのがこの日動美術館です。所蔵品には、モネやルノワール、ゴッホ、セザンヌにピカソといった、皆さんも一度は目にしたことのある巨匠の名がずらり。名画商として数々の画家と信頼関係を築いてきた長谷川氏が収集したコレクションは珠玉のひと言です。特に「パレット館」に展示されているパレットコレクションは世界的にも珍しいもの。それぞれの画家の個性や作風を垣間見ることができる貴重な逸品です。

笠間日動美術館
茨城県笠間市笠間978-4
時間 9:30〜16:30最終入館
休館日 月曜日(祝日の場合は開館し翌日休)、年末年始
入館料 大人1,000円、65歳以上800円、大高生700円、中小生無料
TEL 0296-72-2160

くわしくはこちら

車で約10分

15:30

春風萬里荘
春風萬里荘
春風萬里荘

かの北大路魯山人が過ごしたアトリエ内の母屋

笠間の中心街から少し外れた場所にある「芸術の村」へも足を伸ばしてみましょう。ここには、笠間日動美術館の分館でもある「春風萬里荘」が佇んでいます。荘厳な印象さえ感じさせる茅葺き屋根の建物は、かの北大路魯山人がかつてアトリエで母屋として使っていたものだそう。昭和40年に北鎌倉からこの地へ移築されました。魯山人が住んでいたままに残されている邸内は見学可能。展示されている魯山人の遺作にも注目です。また、お抹茶やコーヒーを頂くことも出来るので、ゆっくり時間を取って庭園を眺めながら一服していくのもオススメの過ごし方です。

春風萬里荘
茨城県笠間市下市毛芸術の村
時間 9:30〜16:30最終入場 ※12〜2月は10:00〜15:30最終入場
休館日 月曜日(祝日の場合は開館し翌日休)、年末年始
入館料 大人600円、65歳以上500円、大高生400円、中小生無料
TEL 0296-72-0958

くわしくはこちら

車で約45分

18:00

水戸市内で夕食
水戸市内で夕食
水戸市内で夕食

蕎麦と日本酒で美味なる夕餉を

芸術の街笠間めぐりを満喫したら、水戸へ移動して宿へチェックイン。荷物を置いたら、いばらき自慢の常陸秋そばと地酒を楽しむ夕食はいかが。関東一の酒蔵数を誇るいばらきの地酒。水戸市、笠間市にもいくつかの蔵元があるのでぜひ飲み比べで味わってみてください♪そしてほろ酔い気分の〆に旨い蕎麦!蔵元が営む「酒+蕎麦 な嘉屋」をはじめ、「手打ちそばにのまえ」「そば 眞」などなど、水戸市内には蕎麦と日本酒をたしなむことが出来るお店が点在しています。

車で移動