季節:

土浦の雛まつりとまち巡りをレンタルサイクルで楽しむモデルコース

コース概要(日帰り)

10:00 プレイアトレ土浦(自転車をレンタル) 10:30 市内散策(土浦の雛まつり、まちかど蔵) 11:30 喫茶蔵(昼食) 12:30 亀城公園・土浦市立博物館 14:00 霞ヶ浦総合公園 15:45 ラクスマリーナ(霞ヶ浦遊覧) 17:30 プレイアトレ土浦(自転車を返却)

 

スタート

常磐自動車道「桜土浦IC」「土浦北IC」から 車で約15分 (約6km)

10:00プレイアトレ土浦

レンタサイクルもおまかせの体験型サイクリングリゾート

JR土浦駅ビルが、サイクリングステーションにリニューアル!電動アシスト付き自転車や、ロードバイク、クロスバイクなど豊富な車種がレンタルでき、ヘルメットやグローブもレンタル可能。
サイクルカフェやサイクリスト向けロッカールーム、更衣室やシャワールームも用意されているので、手ぶらで気軽にサイクリングを楽しむことができます。

  • 住所:茨城県土浦市有明町1-30
  • 電話:029-835-3000
くわしくはこちら

自転車をレンタルし、市内散策へ

10:30土浦の雛まつり

城下町を彩る、春の雛絵巻

国の登録有形文化財である土浦まちかど蔵をメイン会場に、歴史ある土浦のまち並みが雛人形に彩られる季節イベント。江戸末期の蔵と調和した「和」の空間が、まちあるきの楽しさに華を添えてくれます。また、周辺商店街でも様々な雛人形・雛飾りが展示され、期間中の土日には関連イベントも開催されます。

くわしくはこちら

土浦まちかど蔵「大徳」

江戸時代の呉服店を改装した、まちあるきのアンテナショップ

旧水戸街道沿いに位置し、土浦の商業の中心地として栄えた中城通りにある土浦市の観光拠点。
江戸時代末期に造られた呉服店の見世蔵、袖蔵、元蔵、向蔵の4棟を改修した建物の中には、観光案内所やおみやげ販売コーナーがあり、昔の土浦の暮らしに触れることのできる展示資料館もあります。

  • 住所:茨城県土浦市中央1-3-16
  • 電話:029-824-2810(土浦市観光協会)
くわしくはこちら

土浦まちかど蔵「野村」

城下町の風情を残す、蔵づくりの建物でひと休み

土浦まちかど蔵「大徳」の向かいにある、江戸時代後期から明治時代初期に建造された蔵。
江戸時代から続いた商家の野村家の3つの蔵からなる建物で、休憩所や展示室があり、レトロな雰囲気漂うレンガ蔵は喫茶店として活用されています。

  • 住所:土浦市中央1-12-5
  • 電話:029-822-0081
くわしくはこちら

11:30喫茶 蔵

煉瓦造りのレトロな蔵で、おいしいランチとコーヒーを

「土浦まちかど蔵 野村」の一角にあるカフェ。明治25年に建造されたレンガ造りの蔵で、レトロな気分を味わいながらくつろぎのひとときをどうぞ。
カレーの町・土浦の名物である「ツェッペリンカレー」をはじめ、オムライスやパスタなどの洋食メニューや、こだわりのコーヒー、あんみつやタルトなどを楽しむことができます。

  • 住所:土浦市中央1-12-58(まちかど蔵 野村内)
  • 電話:029-822-0081
くわしくはこちら

自転車ですぐ (約300m)

12:30亀城公園

春は桜が咲き誇る、土浦市民の憩いの公園

土浦城の本丸と二の丸の一部を整備した公園。東櫓と西櫓は復元されていますが櫓門は当時のままで、本丸にある櫓門としては関東で唯一現存するものです。
園内にはミニ動物園や芝生広場、ブランコ等の遊具もあり、市民の憩いの場として親しまれているほか、桜の名所としても知られています。

  • 住所:土浦市中央1-13
くわしくはこちら

土浦市立博物館

土浦の歴史に触れ、文化を学ぶ

亀城公園に隣接する博物館。「霞ヶ浦に育まれた人々のくらし」を総合テーマに、展示品を季節ごとに入れ替えながら土浦の歴史と文化を紹介しています。「大名土屋家の文化」コーナーでは刀剣や茶道具が展示されているほか、特別展や企画展も随時開催されています。

  • 住所:土浦市中央一丁目15-18
  • 電話:029-824-2928
くわしくはこちら

自転車で約20分 (約4km)

14:00霞ヶ浦総合公園

霞ヶ浦と筑波山を望む、緑と水の公園

霞ヶ浦の湖岸沿いに位置し、46ヘクタールの敷地を誇る自然豊かな公園。シンボルのオランダ風車展望台からは霞ヶ浦が一望でき、春には風車の周りに約30,000本ものチューリップが咲き乱れ、初夏から夏にかけては200品種以上の花蓮を観賞することができます。

  • 住所:土浦市大岩田1051
  • 電話:029-823-4811
くわしくはこちら

自転車で約20分 (約4km)

15:45ラクスマリーナ

国内湖面積第2位の霞ヶ浦で、快適クルージング

霞ヶ浦の沖合を快走する86名乗りのワイドな遊覧船「ホワイトアイリス号」で内陸クルージングを満喫!
11月から3月は、冬季仕様のこたつクルーズが楽しめます。

  • 住所:茨城県土浦市川口2丁目13番6号
  • 電話:029-822-2437
くわしくはこちら

プレイアトレまで自転車で約10分(約1.5km) レンタルサイクル返却

常磐自動車道「桜土浦IC」「土浦北IC」まで 車で約15分 (約6km)

ゴール

女子旅におすすめ!御朱印巡りと国営ひたち海浜公園

コース概要(1泊2日)

1日目

8:20発 秋葉原駅(高速バスやきものライナー) 10:08 笠間稲荷神社入口バス停 笠間稲荷神社参拝、門前通りで食べ歩き 12:07 稲荷神社バス停(かさま観光周遊バス) 12:15 JR笠間駅 12:20-12:45 グリュイエール/洋菓子土産 12:59 JR笠間駅(JR水戸線) 13:08 JR友部駅 13:11(JR常磐線) 13:25 JR水戸駅 ミルスタ 14:02 JR水戸駅北口6番バス停 14:20-15:30 偕楽園・見晴亭・常磐神社 15:45 水戸駅 16:10(鹿島臨海鉄道大洗鹿島線) 16:24 大洗駅(大洗ホテル送迎バス※事前予約制) 16:30 大洗ホテル

2日目

10:00発 大洗ホテル 10:05-11:00 大洗磯前神社、神磯の鳥居 11:09 大洗神社前バス停(茨城交通路線バス) 11:21 本町南バス停 11:26-12:35 那珂湊おさかな市場/昼食 12:45 那珂湊駅 12:49(スマイルあおぞらバス) 13:23 海浜公園西口バス停 国営ひたち海浜公園 15:55 海浜公園西口バス停(高速バス勝田・東海線) 18:29 東京駅

 

1日目スタート



8:20発秋葉原駅

高速バス・やきものライナーで笠間へ
  ※秋葉原発8:20は予約制。

10:08笠間稲荷神社入口バス停

  笠間稲荷神社参拝、門前通りで食べ歩き

笠間稲荷神社
    日本三大稲荷のひとつ。秋には菊まつりが開催される。参道散策が楽しめる。
  • 住所:〒309-1611 笠間市笠間1番地
  • 電話:0296-73-0001
くわしくはこちら

12:07稲荷神社バス停

かさま観光周遊バス

12:15笠間駅

 

徒歩

12:20グリュイエール/洋菓子土産

 
グリュイエール/洋菓子土産
    笠間駅前の洋菓子店。カフェも併設で焼き菓子や笠間の栗のモンブランなどが人気。
  • 住所:〒309-1626 笠間市下市毛285
  • 電話:0296—72-6557
くわしくはこちら

12:45

 

徒歩



12:50笠間駅

12:59

 

JR水戸線

13:08友部駅

13:11

 

JR常磐線

13:25水戸駅

ミルスタ
    県産の牛乳乳製品を手軽に楽しめるミルクスタンド。季節によって地元食材とコラボしたオリジナル商品も取り揃えている。
  • 水戸駅構内
くわしくはこちら


14:02水戸駅北口6番バス停

 

関東鉄道路線バス

14:20偕楽園・見晴亭・常磐神社

偕楽園
    日本三名園のひとつ。水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により領民の休養の場所として開園された。約100種3000本の梅が植えられ、2月下旬から3月下旬にかけての「梅まつり」は多くの観光客で賑わう。
  • 住所:〒310-0033 水戸市常磐町1-3-3
  • 電話:029-244-5454
くわしくはこちら
見晴亭
    偕楽園東門すぐそば。茨城の銘菓や名産品がずらりと揃う店。県内の旬な情報が集まるパンフレットコーナーを併設。
  • 偕楽園内
  • 電話:029-306-8911
くわしくはこちら


常磐神社
    偕楽園に隣接し、水戸黄門こと徳川光圀公と9代藩主斉昭公をまつる県都水戸で最大の神社。
  • 住所:〒310-0033 水戸市常磐町1-3-1
  • 電話:029-221-0748
くわしくはこちら


15:30

 

関東鉄道路線バス

15:45水戸駅

16:10

 

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線

16:24大洗駅

 

大洗ホテル送迎バス※事前予約制

16:30大洗ホテル

 

大洗ホテル
    太平洋を一望できる絶好のロケーション。
  • 住所:〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町6881
  • 電話:029-267-2151
くわしくはこちら

2日目スタート



10:00発大洗ホテル

 

徒歩

10:05大洗磯前神社・神磯の鳥居

 

大洗磯前神社・神磯の鳥居
    太平洋を一望できる高台に鎮座。岩礁に立つ鳥居。神々しいパワースポット。
  • 住所:〒311-1301 東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637
くわしくはこちら

11:09大洗神社前バス停

 

茨城交通路線バス

11:21本町南バス停

徒歩

11:26那珂湊おさかな市場/昼食

 

那珂湊おさかな市場
    那珂湊漁港に隣接する魚市場。海鮮丼やお寿司などのお食事も可能。
  • 住所:〒311-1221 ひたちなか市湊本町19-8
くわしくはこちら

12:35

徒歩

12:45那珂湊駅

12:49

スマイルあおぞらバス

13:23国営ひたち海浜公園 海浜公園西口バス停

国営ひたち海浜公園
    四季折々の草花が楽しめる。中でも春のネモフィラと秋のコキアは必見。サイクリングコース、アスレチック広場、バーベキュー広場、遊園地まであり、楽しさ満載。
  • 住所:〒312-0012 ひたちなか市馬渡字大沼605-4
  • 電話:029-265-9001
くわしくはこちら

15:55海浜公園西口バス停

高速バス勝田・東海線

18:29東京駅

ゴール

費用(宿泊、食事、買い物除く)

高速バス やきものライナー 1650円
高速バス 勝田・東海線 2300円
かさま観光周遊バス 100円
JR 笠間駅~水戸駅 418円
路線バス 水戸駅⇔偕楽園 240円×2
大洗鹿島線 水戸駅~大洗駅 330円
路線バス 大洗神社前~本町南 280円
スマイルあおぞらバス 100円
国営ひたち海浜公園 入園料 450円
初穂料(笠間稲荷神社) 500円
初穂料(常磐神社) 500円
初穂料(大洗磯前神社) 500円

計7,608円

※2019年8月現在 ※土日祝はダイヤが異なる可能性があります。
 時間や休館日などは直接各施設にご確認ください

おひとりさまから楽しめる!あんこう鍋と冬の大洗ワンデートリップ

 

春夏秋冬それぞれで違った表情を見せる、茨城県屈指の観光名所・大洗町。その冬の代名詞と言えば、やっぱりあんこう鍋!みんなで囲む鍋も楽しいですが、もちろんおひとりさまでも美味しく冬の滋味を味わえます。多彩な魅力を持つ一押しスポットとともに、冬の大洗をまるごと満喫しましょう!

コース概要(日帰り)

10:00 アクアワールド茨城県大洗水族館 12:00 お食事処 ちゅう心 13:30 大洗マリンタワー 14:00 大洗商店街 15:30 大洗まいわい市場 16:30 潮騒の湯

北関東自動車道水戸大洗IC 車で約15分

10:00

アクアワールド茨城県大洗水族館
アクアワールド茨城県大洗水族館
アクアワールド茨城県大洗水族館

2つの日本一を持つ大人気水族館

まずは茨城県屈指の観光名所、アクアワールド・大洗へ。こちらはサメの飼育種類数、マンボウ専用水槽の規模が日本一を誇る水族館です。太平洋沿いに佇む館内には、約580種6万8000点もの海や川の生物が勢揃い。水深10m、水量1,300トンもの「出会いの海の大水槽」は圧巻かつ幻想的で、思わずずっと眺めていたくなる光景です。ユニークな企画展や、クリスマスなど季節ごとの催し、バックヤードを見学できる「水族館探検ツアー」など多彩な催しが随時開催。イルカ・アシカのオーシャンライブも毎回大好評。何度でも訪れたくなる大洗の人気スポットです。

アクアワールド茨城県大洗水族館
営業時間 9:00~17:00(入場は16:00まで)※特定の期間は営業時間を延長
休館日 6月・12月に休館日あり ※年末年始は休まず営業
料金 大人2,000円、小中学生900円、幼児(3歳以上)300円
〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
TEL029-267-5151

くわしくはこちら

車で約10分

12:00

ちゅう心
ちゅう心
ちゅう心

老舗鮮魚店のあんこう鍋を堪能

ランチは大洗の秋と冬の風物詩、お目当てのあんこう鍋をいただきましょう。創業65年余りの老舗鮮魚店が営む「お食事処ちゅう心」は、大洗やお隣の那珂湊で獲れた天然物を中心とした新鮮な魚介類が味わえる店。魚屋直営店なので、常磐沖で水揚げされた選りすぐりのあんこうが揃っていると評判です。七つ道具と呼ばれるあんこうの美味しい部位をふんだんに盛り込んだ鍋は、プリプリ、コリコリと色んな食感や風味豊かな味が楽しめます。ランチでも、ディナーでも、1人前から注文OKなのも嬉しいところ。ぜひその舌で、堪能してみてはいかがでしょうか?

お食事処 ちゅう心
営業時間 11:30~14:00、17:30~21:00
定休日 火曜日・月1回水曜日不定休 〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町987
TEL:029-267-5134

くわしくはこちら

車で約3分

13:30

大洗マリンタワー
大洗マリンタワー
大洗マリンタワー

地上55mから眺める大パノラマの景色

海岸線沿いにある大洗町営駐車場に車を止めたら、大洗町のシンボルである大洗マリンタワーへ。地上55mの高さがある3階展望室からは、大洗の街並みや太平洋はもちろん、天気の良い日なら富士山から那須連山までも見渡せる大パノラマが広がります。ダイナミックな光景に心躍ること間違いなし!大洗町イメージキャラクター・アライッペの等身大パネルもお出迎え。1階入口には大洗ブランド認証品がズラリと並んだコーナー、2階には大洗が舞台の人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の喫茶店「ガルパン喫茶Panzer Vor(パンツァー・フォー)」もあります

大洗マリンタワー
営業時間 3月1日~8月31日 9:00~21:00、
9月1日~2月末日 9:00~18:00(※12月22~25日 9:00~21:00、1月1日 5:00~21:00、1月2、3日 9:00~21:00)
休館日 12月28日、12月30日
料金 大人(高校生以上)330円、小人(小・中学生)160円、未就学児は無料
〒311-1305茨城県東茨城郡大洗町港中央10
TEL 029-266-3366

くわしくはこちら

車で約5分

14:00

大洗町商店街
大洗町商店街
大洗町商店街

活気あふれる商店街をぶらり散策

大洗は今でも商店街がにぎわいを創出している街。9つの商店街からなる大洗町商店街は、菓子店、水産加工品店、酒蔵、染物屋など、バラエティーに富んだ昔ながらの商店が立ち並んでいます。歩きながらぶらりと散策するのがオススメ。近年は人気アニメ「ガールズ&パンツァー」とコラボし、多くのファンの姿が連日見られます。また、毎週土曜日、日曜日、祝日はちょっぴりグルメと街並み散策を楽しめるワンコインツアーも実施中!対象店舗の中から5店舗を選択して、100円×5店舗でみつだんご、梅干し、手作り飴などのグルメが堪能できるお得なツアー。奮って参加を。

大洗町商店街
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町


車で約5分

15:30

大洗まいわい市場
大洗まいわい市場
大洗まいわい市場

大洗の魅力がギュッと詰まったお土産を購入

大洗のお土産を買うなら、「大洗シーサイドステーション」にある大洗まいわい市場へ。大洗近郊で採れたばかりの旬の野菜や地物の海産物、地酒、銘菓などを厳選。ドライフルーツや野菜、名産品の干し芋を使ったオリジナルの加工品やお土産品も豊富なセレクトショップです。どれも同店のスタッフから太鼓判を押された商品ばかりで、味よし、質よし、品揃えよしのお店。大洗、そして茨城の食の魅力がギュッと詰まった空間となっています。オリジナルの干し芋ソフトクリームもぜひ味わってもらいたい逸品です。

大洗まいわい市場
営業時間 10:00~19:00
定休日 無休
〒311-1305茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2 大洗シーサイドステーション1F
TEL:029-266-1147

車で約10分

16:30

潮騒の湯
潮騒の湯
潮騒の湯

身体ポカポカ!化石海水の温泉

最後は温泉でまったり…。大洗サンビーチ海水浴場目の前にある潮騒の湯は、かつての海水が地層に閉じ込められた「化石海水」が含まれた塩化物強塩温泉。肌に塩分が付着して汗の蒸発を防ぐ保温効果によって、身体がポカポカになると人気です。石造りの露天風呂は開放的で心地良い空間。じっくり浸かれば、日頃の疲れも吹き飛んでしまうことでしょう。内湯は高濃度炭酸泉、ジェットバイブラ風呂、サウナなどもあり、多彩なお風呂でリラックスタイムを満喫できます。レストランも併設しており、温泉と磯料理が同時に楽しめると地元の人にも親しまれています。

潮騒の湯
営業時間 10:00~23:00(最終受付22:20)
定休日 無休
料金 平日 大人(中学生以上)800円、小人(4歳~小学生以下)500円、3歳以下無料。
土日祝、お盆、年始、ゴールデンウィーク 大人(中学生以上)1,000円、小人(4歳~小学生以下)600円、3歳以下無料
〒311-1311茨城県東茨城郡大洗町大貫256-25
TEL:029-267-4031

くわしくはこちら

マップ

つくば・石岡のイルミネーションを楽しむ!冬のロマンチック&アクティビティ旅

 

筑波山の麓に位置するつくば市や石岡市、そこに隣接する土浦市。歴史スポットや緑豊かな自然、肥沃な大地が育むその土地ならではの味覚がてんこ盛り!魅力たっぷりのエリアでアクティブに、そしてロマンチックに冬を過ごしてみませんか?

コース紹介

1日目

常磐自動車道 土浦北I.C 10:00 フォレストアドベンチャー・つくば 13:00 筑波山 縁むすび(昼食) 14:00 筑波山神社 15:00 筑波山 江戸屋 17:00 筑波山ロープウェイ スターダストクルージング 19:30 筑波山 江戸屋(夕食・宿泊)

2日目

10:00 つくばわんわんランド 12:00 北条商店街(昼食) 14:00 平沢官衙遺跡 15:00 小町の館 16:30 茨城県フラワーパーク 18:30 ヤサトデトレタ(夕食) 常磐自動車道 土浦北I.C

 

1日目

車で約30分

10:00

森林をそのままいかしたアウトドアパーク

筑波山神社付近の旧がま公園にあるフォレストアドベンチャー・つくば。森林をそのまま活用した、フランス発の自然共生型アウトドアパークです。難易度高めのアドベンチャーコース、身長110センチ以上ならば誰でもチャレンジできるキャノピーコースの2種類あり、最大で地上約13メートルの空中散歩を体験できます。専用のハーネスをつけながら、木々の間に設置された吊橋や網を伝って移動するアクティビティは迫力満点!中でも一押しは、約1000本の梅林が広がる筑波山梅林の上を滑空する100メートルのジップスライド。2月下旬から3月頃の梅の開花時期にしか体験できない華やかな絶景は必見です。

フォレストアドベンチャー・つくば
〒300-4353 茨城県つくば市沼田1688
時間 9:00〜17:00(7・8月は18:00、11〜2月は16:00まで)
定休日 木曜日※春休み・夏休み・冬休みを除く(祝日は営業)
料金 アドベンチャーコース大人3,600円、小人(17歳以下)2,600円、キャノピーコース2,100円
TEL 090-4755-7800

車で約5分

13:00

縁むすび

「常陸小田米」のおにぎりランチ

筑波山の中腹、大鳥居の前にあるおにぎり屋の筑波山縁むすび。一番のこだわりは、地元産の「常陸小田米」を使用していること。筑波山麓から流れる清水や落ち葉を2年間熟成発酵させた有機肥料、減農薬で育てたコシヒカリで、粘りと甘みがたっぷり!昔ながらの釜で炊き上げ、丹精込めて握られたおにぎりは、筑波山の恵みが口の中いっぱいに広がる逸品です。この常陸小田米を使ったあられや米粉入チーズケーキなどもおすすめ。

筑波山 縁むすび
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1223-8
営業時間 9:00〜17:00(都合により変更あり)
定休日 火曜日
TEL 029-896-8863

車で約3分

14:00

霊峰・筑波山を御神体とする神社

「西の富士、東の筑波」と称される関東の霊峰・筑波山を御神体とする筑波山神社。筑波山は約3000年の信仰の歴史を持つと伝えられ、境内の広さは拝殿から山頂を含む約370ヘクタール。なんと、東京ドーム約80個分の広さを誇ります。西峰の男体山頂では筑波男大神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、東峰の女体山頂に筑波女大神・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の夫婦神を祀っており、縁結び、夫婦和合、家内安全、子授けなどだけでなく、開拓や社運隆昌など様々な御神徳を賜ることができる神社として知られています。

筑波山神社
〒300-4352茨城県つくば市筑波1-1
TEL 029-866-0502

くわしくはこちら

車で約1分

15:00

筑波山麓の自然に包まれた温泉宿

筑波山神社から最も近い山懐の宿で、創業1628年の伝統と歴史を誇る老舗旅館・筑波山江戸屋。数々の著名人も宿泊した、和風クラシカルモダン様式の温泉宿です。筑波山の両峰にちなんで双神の湯とも呼ばれる筑波山温泉、茨城産の食材にこだわった創作和食料理が堪能できます。チェックインした後は、まずロビーのすぐ外にある足湯で一休みしましょう。宿泊者は何度でも無料で足湯を利用可能。「杉の井」の湧水を味わいながら、千手沢のせせらぎと四季折々で趣ある姿を見せる花木を愛でるひとときは格別です。

筑波山 江戸屋
〒300-4352 茨城県つくば市筑波728
TEL 029-866-0321

車で約3分

17:00

日本夜景遺産に認定された絶景を満喫

※期間中の土日祝日のみの開催です。

筑波山の山頂から、地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空の両方を楽しむことができる、夜の空中散歩。ふもとのつくば市や土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景を一望することができ、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーの光も眺めることができます。空気が澄む冬場は、夜景や星空鑑賞のベストシーズン。夜の筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

筑波山ロープウェイ スターダストクルージング
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1
開催期間 2018年9月15日(土)〜2019年2月24日(日)の土日祝日
※荒天時は運休
営業時間 17:00〜21:00(1月〜2月は20:00まで)
料金(17:00以降) 大人(中学生以上)1,000円、小学生以下 無料(※通常営業時の料金とは異なります)
TEL 029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)

くわしくはこちら

車で約3分、筑波山 江戸屋へ(夕食・宿泊)

2日目

車で約15分

10:00

つくばわんわんランド

キュートなわんこたちと楽しいひとときを

世界最大級の木造犬モニュメントの「モッくん」がシンボル。90種500頭以上の世界の犬猫が暮らす、日本最大級の犬猫テーマパークです。人懐っこいわんちゃんと触れ合える「わんわんパーク」や好きなわんちゃんとお散歩体験できる「わんわんレンタル」、ドックレースショーやドリームショーなども必見です。猫派の方には、にゃんこたちと気ままに過ごす時間が楽しめるねこハウスがおすすめです。

つくばわんわんランド
〒300-4353 茨城県つくば市大字沼田579
営業時間 10:00〜16:00(3月〜10月は17:00まで)
定休日 木曜日、その他臨時休園あり
入園料 大人(中学生以上)1,500円、小人(3才~小学生)700円
TEL 029-866-1001

車で約10分

12:00

筑波山の参詣道「つくば道」の出発点を歩く

筑波山の麓にあるつくば市北条地区は、筑波山の参詣道「つくば道」の出発点。北条商店街は江戸時代からさまざまな店が立ち並び、道標や土蔵造りの懐かしい風景を今も残す場所です。昭和初期に郵便局として建てられた木造家屋をリノベーションしたカフェでランチを楽しんだり、ブランド米「筑波北条米」を練りこんでおもちのような新食感に仕上げた「北条米(マイ)スクリーム」を味わったり…。気になったお店にフラリと立ち寄ったりしながら、時間を忘れて散策してみるのもいいですね。筑波山を望む、北条大池の散策も楽しんで。

北条商店街 北条ふれあい館(旧田村呉服店)
〒300-4231 茨城県つくば市北条39
営業時間 10:00〜16:00
定休日 土・日・祝日のみ営業
TEL 080-6788-0693

車で約1分

14:00

古代の様子を再現した遺跡で歴史探訪

平沢官衙遺跡は、1000年以上前の奈良・平安時代におかれた常陸国筑波郡の役所跡と考えられている国指定の史跡。復元された3棟の高床倉庫が並び、古代の空間が再現されています。これらの倉庫群には、そのころの税である稲などが収蔵されたと考えられています。歴史ある史跡を散策して、悠久の時間の流れに想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

平沢官衙遺跡
〒300-4213 茨城県つくば市平沢353
TEL 029-867-5841(平沢官衙遺跡案内所)

くわしくはこちら

車で約20分

15:00

小町の館
小町の館

平安時代の歌人「小野小町」の伝説が残る、観光と交流の拠点

敷地内には県内最大級といわれる直径7メートルの水車のほか、飲食施設や農産物直売所、そば打ちなどが体験できる体験館が整備されています。本館内には、地域の名産品を販売する「特産物販売コーナー」や常陸秋そばを提供するそば処「小町庵」、平安時代の女流歌人で絶世の美女とうたわれた小野小町に関する資料を見ることができる「小町ギャラリー」があります。また、周辺には、小町が越えたとされる峠道や墓と伝えられている五輪塔など、数々の小町伝説が残っています。

小町の館
〒300-4108 茨城県土浦市小野491
営業時間 9:00〜18:00 (11月〜2月は17:00まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休業)、12月29日〜1月3日
TEL 029-862-1002

車で約15分

16:30

「WINTER ROSE MOUNTAIN」
華やかでダイナミックな光とメロディの演出

県花であるバラを中心に四季折々の花木が鮮やかに彩る茨城県フラワーパーク。冬の夜は幻想的なイルミネーション空間に大変身!約100万球のLEDを用いた華やかでダイナミックな光とメロディの演出が繰り広げられます。早めに入園し、17時の点灯の瞬間を待ち構えるのをおすすめします。期間中は週末を中心にコンサートイベントが開かれ、ロマンティックな雰囲気を盛り上げてくれます。フォトスポットも盛りだくさん。友人や恋人との記念写真をたくさん残してみてはいかがですか。

茨城県フラワーパーク
〒315-0153 茨城県石岡市下青柳200
開園時間 9:00〜16:00(2月〜11月14日は17:00まで)
休園日 月曜日、12月31日、1月1日
入園料 大人370円、小人190円(11月15日〜3月31日まで ※季節により入園料が変わります)
TEL 0299-42-4111

イルミネーション「WINTER ROSE MOUNTAIN」
開催期間 2018年11月15日(木)〜2019年1月14日(月・祝)
点灯時間 17:00〜21:00
開園時間 16:30〜21:00 ※入園は閉園の30分前まで
入園料 大人700円、小人250円

くわしくはこちら

敷地内徒歩移動

18:30

八郷地区の豊かな滋味をまるごと召しあがれ

茨城県フラワーパークの駐車場にある自然派レストラン&産直野菜が集まるマーケット。レストランでは店名の通り、八郷地区で採れた野菜や加工品、八郷牛などを使用した創作料理が存分に味わえます。フレンチと和食で修業を積んだシェフの独創的な料理の数々は、後を引くおいしさ。レストランの食材をマーケットで購入することも可能です。イルミネーション特別メニュー(2018年12月30日まで)も用意されています。肥沃な土壌と温暖な環境に恵まれた八郷地区の滋味をお楽しみください。

ヤサトデトレタ
〒315-0153 茨城県石岡市下青柳200
営業時間 平日11:00〜17:00(L.O.16:30)、土日祝日11:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休業)
TEL 0299-42-4822

車で約15分

マップ

 

滝が凍る!?袋田の滝の氷瀑と温泉を楽しむ日帰りプラン

コース概要(日帰り)

8:00 久慈川の「シガ」 8:30 袋田の滝の「氷瀑」 10:30 月待の滝の「氷瀑」 12:00 昼食(奥久慈しゃも料理) 13:30 みらんど袋田(こんにゃく作り体験) 15:00 奥久慈大子の日帰り温泉 16:30 道の駅奥久慈大子 17:30 大子来人

 

スタート

常磐自動車道「那珂IC」から国道118号線経由 車で約50分 (約40km)

8:00久慈川の「シガ」

川の流れを幻想的に演出する氷の芸術

大子町の中心を流れる清流久慈川は、多くの人々に親しまれている町のシンボル。
厳冬期には、氷の小片が無数に川面を流れてキラキラと輝く、「シガ」と呼ばれる珍しい現象を見ることもできます。
氷の芸術とも呼ばれるこの自然現象が見られる期待が高まるのは、水温が氷点下近くになる真冬の明け方から午前9時頃まで。寒い日の朝こそ早起きして出かけましょう!

県道461号線、324号線経由 車で約10分 (約3km)

8:30袋田の滝の「氷瀑」

雄大な滝が凍てつく神秘的な光景は、この季節だけの絶景

日本三名瀑に数えられ、高さ120m、幅73mの大きさを誇る袋田の滝。四季ごとにその姿を変え、厳しい冬には滝全体が真っ白に凍結する「氷瀑(ひょうばく)」を見ることができます。
120メートルの滝が真っ白に凍る神秘的な光景は、この季節にしか出会えない大自然が生み出した芸術。中には、ピッケルを片手に氷壁に挑む人の姿も見られます。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
  • 電話:0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
くわしくはこちら

国道118号線経由 車で約20分 (約10km)

10:30月待の滝の「氷瀑」

凍った滝の裏側に入ることもできる、第二の氷瀑

久慈川の支流大生瀬川がつくり出す、高さ17メートル、幅12メートル、三筋に流れ落ちる滝。マイナスイオンを浴びることができるスポットとしても人気で、滝行体験をすることもできます。
寒さが厳しい季節になると滝全体が凍結し、神秘的な雰囲気に包まれた「氷瀑」の姿を観ることができます。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町大字川山
  • 電話:0295-72-0285(大子町観光協会)
くわしくはこちら

大子町内各所のしゃも料理提供店へ (大子町の中心エリアまで約6km)

12:00奥久慈しゃも料理

滋味豊かな味わいが魅力の「地鶏の王様」

茨城県奥久慈地方は古くからしゃもの生産が盛んで、全国でも有数の飼育羽数を誇っています。奥久慈の大自然の中で放牧され、大切に育てられた奥久慈しゃもは、ブロイラーにはないしっかりした歯ごたえや深いコクなど、野性味あふれる味わいが魅力。
しゃも鍋をはじめ、親子丼や焼き鳥、大子町の特産品をふんだんに使った「シャモゲタン」など、様々なしゃも料理をお楽しみください。

国道118号線経由 車で約10分 (約6km)

13:30みらんど袋田

こんにゃく作りやそば打ちで、里山の暮らしを楽しく体験

「袋田の滝」の入口に、大子町内の農家の出資によってオープンした複合施設。大子産の米や野菜・果物などの直売所や農家レストランがあり、奥久慈しゃも料理や手打そば・うどんが評判です。
こんにゃく作り体験のほか、そば打ち体験、ドライフラワー作り体験、木工体験などの体験メニューがあります。(要予約)

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田383-1
  • 電話:0295-79-0296

町内各所のお好きな日帰り温泉へ (3〜10km程度)

15:00奥久慈大子の日帰り温泉

美しい大自然に包まれて、美肌の湯でリラックス

八溝山系の清らかな水と豊かな大自然に恵まれた奥久慈大子エリア。大子温泉、袋田温泉、月居温泉と3つの温泉郷があり、すぐれた泉質は「美肌の湯」としても評判です。袋田の滝をはじめとする大自然を満喫しつつ、日帰り温泉を楽しむことができます。

くわしくはこちら

道の駅へ向かい、おみやげ探しを (各温泉から3〜10km程度)

16:30道の駅 奥久慈だいご

お土産に食事に、温泉も楽しめる観光情報の発信拠点

国道118号線沿いの道の駅。奥久慈の特産品や大子の農産物が並ぶ売店もあり、お土産選びに最適。レストランでは、奥久慈しゃも料理など大子の特産グルメを楽しむことができます。
また、施設内には大子温泉の源泉から引いた温泉浴場もあり、日帰り温泉でドライブの疲れを癒すことができます。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町池田2830-1
  • 電話:0295-72-6111
くわしくはこちら

国道118号線経由 車で約15分 (約6km)

17:30大子来人〜ダイゴライト〜

袋田の滝を幻想的にライトアップ。冬の大子の風物詩

国指定名勝の袋田の滝が幻想的にライトアップされ、滝へと向かうトンネルや遊歩道などが光の装飾で彩られるイベント。
大子の自然・星空・水を表現した光のトンネルを抜けると、雄大に落ちる滝の流れが荘厳な墨絵のように浮かび上がる光景へと辿り着きます。
タイミングがよければ、凍結した滝のライトアップを楽しむこともできるかもしれません。

くわしくはこちら

国道118号線経由 常磐自動車道「那珂IC」まで 車で約50分 (約45km)

ゴール

海の生き物たちに癒される、大洗の海沿いをたどる旅

大洗町_アクアワールド・大洗水族館1500

コース概要(日帰り)

8:30 神磯鳥居 9:00 アクアワールド茨城県大洗水族館 12:00 大洗町漁協「かあちゃんの店」 13:30 大洗マリンタワー 14:30 めんたいパーク 16:00 潮騒の湯

 

1日目スタート

北関東自動車道 水戸大洗ICより車で約15分 (約6km)

8:30神磯鳥居

平安時代前期の斉衡3年(856)、神が降り立ったといわれる地。鳥居から昇る日の出を拝もうと大勢の人が訪れます。 また、徳川光圀公が景観を称えた場所でもあります。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
  • 電話:029-267-2637(大洗磯前神社 代)
くわしくはこちら

県道108号線経由 車で約10分 (約2km)

9:00アクアワールド茨城県大洗水族館

約580種68,000点の世界の海の生物に出会うことができる水族館。特にシンボルマークであるサメの飼育に力を入れており、サメの飼育種類数約60種類以上は日本一になります。人気は1日4回開催される「イルカ・アシカオーシャンライブ」。バックに大洗の海を望めるホールで、ユーモラスなアシカやダイナミックなイルカの演技が繰り広げられます。また、日本一の大きさであるマンボウ専用水槽や世界最大級のマンボウ剥製、世界最大のウバザメ剥製なども見ることができます。そのほか水族館では最大規模のキッズコーナーなどがあります。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
  • 電話:029-267-5151
  • 備考:料金/大人2,000円、小人900円、3歳以上300円
くわしくはこちら

県道108号線経由 車で約10分 (約3km)

12:00大洗町漁協「かあちゃんの店」

漁協に所属する漁師たちの奥さんや、ともに漁に出かける女性など「港のかあちゃん」が集まって運営している食事処。大洗港で水揚げされた新鮮な旬の魚介類を気軽に味わえるお店です。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町字東8253-20
  • 電話:029-267-5760
くわしくはこちら

県道2号線経由 車で約5分 (約1km)

13:30大洗マリンタワー

1Fエントランスホールには、観光情報コーナーやシアターがあり、県内各地の情報を知る事ができます。 3Fには展望室があり、360度の大パノラマを見ることができます。晴れた日には富士山、日光連山、筑波山まで眺められます。タワーからの豊かな表情をぜひご覧ください。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央10
  • 電話:029-266-3366
くわしくはこちら

県道2号線経由 車で約5分 (約1km)

14:30かねふく めんたいパーク

見学ギャラリー 展示・資料~工場見学通路は、全長約100m。お子様から大人の方まで楽しめる内容が満載です。見所たくさんの内容がすべて無料で見学できます! 直売所では、工場出来立ての「辛子明太子」など美味しいかねふく製品が、お得な価格でお求め頂けます。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3(大洗港第二埠頭内)
  • 電話:029-219-4101
くわしくはこちら

県道2号線経由 車で約10分 (約3km)

16:00潮騒の湯

大洗サンビーチのほど近くにある「潮騒の湯」。露天風呂から望む、太平洋の大海原は感動的です。 また、新鮮魚介を使った料理も好評。味、価格とも納得の逸品で多くのリピーターを獲得しています。そしてもう一つの目玉は、館内に飾られた美術品の数々。横山大観などの作品が展示されています。

  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町大貫町256-25
  • 電話:029-267-4031
くわしくはこちら

北関東自動車道 水戸大洗ICまで車で約10分 (約6km)

ゴール

 

このページは2019年10月1日以前に更新されたものです。
各種料金は、各施設にご確認ください。

大自然を感じ、歴史に触れる。茨城・常陸太田で過ごすスローな1日

コース概要(日帰り)

常磐自動車道「日立南太田IC」 9:30 西山御殿(西山荘)、西山の里 桃源 11:30 西金砂そばの郷 そば工房(そば打ち体験・昼食) 14:00 竜神大吊橋 15:30 鯨ヶ丘商店街 16:30 道の駅ひたちおおた〜黄門の郷〜

 

スタート

常磐自動車道「日立南太田IC」から国道293号線経由 車で約20分 (約10km)

9:30西山御殿(西山荘)

徳川光圀公も眺めた彩りの風景

黄門様の愛称で親しまれる、水戸藩第2代藩主徳川光圀公が晩年を過ごした隠居所。
豊かな自然に包まれた環境、簡素な茅葺屋根の建物は、世俗から離れた穏やかな暮らしを求めていた光圀公の理想郷であると言われています。35万石藩主隠棲の地としての風格と、華美を嫌った光圀公の信条の融和を垣間見ることのできる仙境として、往時の面影を感じることができます。

  • 住所:茨城県常陸太田市新宿町590
  • 電話:0294-72-1538
くわしくはこちら

西山の里 桃源

閑静な茶室で、茶の湯を愉しむひと時を

水戸黄門(徳川光圀公)の隠居所として知られる「西山御殿」(西山荘)の入口にある休憩施設。食事処、郷土の物産コーナー、観光案内コーナーなどがあり、西山御殿と桃源を結ぶ広大な庭園では四季折々の風景が楽しめます。また、茶室「晏如庵」では、茶の湯を愉しんでいたという光圀公の往時を偲びながら抹茶を味わうひと時を過ごすことができます。

  • 住所:常陸太田市新宿町576
  • 電話:0294-73-1300
くわしくはこちら

県道29号線経由 車で約30分 (約15km)

11:30西金砂そばの郷 そば工房

香り高い常陸秋そばが楽しめる、そば打ち体験

自分でそばを打ち、その場で味わう「そば打ち体験」(要予約)。粉を混ぜるところから、こね、伸ばし、切りまで、丁寧にアドバイスしてくれるので子どもや未経験者でも安心して楽しめます。
そば打ちに使うのはもちろん、地元名産の常陸秋そばを石臼で挽いた挽きたてのそば粉。自分で打ったそばのおいしさは格別です。

  • 住所:茨城県常陸太田市赤土町2408
  • 電話:0294-76-9000
くわしくはこちら

県道36号、33号線経由 車で約25分 (約15km)

14:00竜神大吊橋

渓谷にかかる大吊橋からの雄大な眺めを満喫!

茨城百景の一つにも挙げられている「竜神峡」に掛かる鉄橋。歩行者専用吊橋としては日本最大級を誇り、橋の長さは375m、湖面からの高さは100mにもなります。橋上からは八溝・阿武隈山系の山並みを一望でき、橋の中ほどに設置されたアクリルの透過板からは眼下に広がる渓谷と竜神ダムの雄大な眺めが楽しめます。

  • 住所:茨城県常陸太田市天下野町2133-6
  • 電話:0294-87-0375
くわしくはこちら

県道29号、33号線経由 車で約30分 (約20km)

15:30道の駅 ひたちおおた〜黄門の郷〜

常陸太田の特産品とうまいもんが揃う、まちの交流拠点

農業がさかんな常陸太田市ならではの魅力が満載の道の駅。新鮮な野菜や加工品がずらりと並ぶ農産物直売所では、常陸太田市のオリジナル品種のぶどう「常陸青龍」や、おいしいお米などの農産品をはじめ、地酒の品揃えも充実!
ビュッフェレストランやジェラート&スムージーの販売コーナーのほか、屋外には遊具や収穫体験のできるトマトハウスもあります。

  • 住所:茨城県常陸太田市下河合町1016-1
  • 電話:0294-85-6888
くわしくはこちら

国道349号線経由 車で約8分 (約4km)

16:30鯨ヶ丘商店街

穏やかな時間が流れるスロータウンを散策

明治や昭和の店蔵が並ぶノスタルジックな景色の中に穏やかな時間が流れるスロータウン。坂道の路地がある情緒たっぷりの街並みには、若者に人気の雑貨店や古民家カフェ、食べ歩きも楽しめる和菓子店、駄菓子店など、個性あふれる商店が並びます。
また、3月はひなまつりイベントも開催され、華やかな雛人形に彩られた風流なまち歩きが楽しめます。

くわしくはこちら

国道349号線経由 常磐自動車道「日立南太田IC」まで 車で約10分 (約6km)

ゴール

ファミリーにおすすめ!茨城県かすみがうら市でいちご狩りとサイクリングを楽しむ日帰りプラン

コース概要(日帰り)

10:00 かすみがうら市内のいちご園(いちご狩り) 11:30 かすみがうら市水族館 12:15 かすみキッチン(昼食) 13:00 霞ヶ浦湖畔をサイクリング 14:30 かすみがうら市交流センター(レンタルサイクル返却) 15:30 雪入ふれあいの里公園

 

スタート

常磐自動車道「千代田石岡IC」から、かすみがうら市内のいちご農園へ(2〜5km程度)

10:00かすみがうら市内のいちご農園

もぎたてフレッシュないちごを丸かじり!

豊かな自然に恵まれたかすみがうら市内には、いちご狩り体験ができる農園が点在。大粒で甘みの強い人気品種「とちおとめ」をはじめ、数種類の品種を栽培している農園もあるので、食べ比べを楽しんでみるのもおすすめです。

  • 住所:かすみがうら市内各所
くわしくはこちら

県道141号線経由 霞ヶ浦・歩崎公園方面へ (20km程度)

11:30かすみがうら市水族館

見て、触れて、霞ケ浦に大接近!子ども連れにおすすめの水族館

霞ヶ浦に生息する魚や世界の淡水魚などを集めた、小さな水族館。淡水域で暮らす生き物だけではなく、陸ガメをはじめとした爬虫類など様々な生物を飼育しています。鑑賞するだけでなく、フナ、コイ、タナゴなどに直接触れるタッチ水槽があり、子どもたちに大人気です。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂910‐1
  • 電話:029-896-0722
くわしくはこちら

車で約3分 (約500m)

12:15かすみキッチン

かすみがうらの食材を使った地産地消のカフェレストラン

かすみがうら市交流センター内にあるカフェ&レストラン。2016年に廃校になった近隣の小学校の備品を使い、リノベーションしたおしゃれな空間が広がります。
使う素材は地元かすみがうら産の食材が中心で、洋食をベースにした創作料理は、そのどれもが「地産地消」×「ヘルシー」をコンセプトにした料理ばかりです。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂4784
  • 電話:029-840-9010

かすみがうら市交流センターで自転車をレンタル

13:00霞ヶ浦サイクリング

爽やかな風を感じながら霞ヶ浦湖畔をサイクリング

国内第2位の湖面積を持つ霞ヶ浦の湖岸にのびるサイクリングロードを走り、青い空ときらめく湖面を眺めながら爽快ライドを楽しんでみませんか?天気がいい日は湖越しに筑波山や牛久大仏を眺めることもでき、沿線には自然公園などの立ち寄りスポットも充実。かすみがうら市交流センターなど県内10施設でレンタルサイクルのサービスも行なっています。(有料、要予約)

  • 電話:029-822-2437(ラクスマリーナ サイクリングサポートデスク)
くわしくはこちら

歩崎公園

霞ヶ浦を一望する展望台から、抜群の眺望を満喫!

霞ヶ浦湖畔、茨城百景のひとつである歩崎にある公園。霞ヶ浦の絶景を一望できる展望台や、アスレチックも楽しめる森林公園、お城のような外観も目を惹く歴史博物館などがあり、水と緑に囲まれた景観の中でのんびり過ごすことができます。夏から秋にかけては、霞ヶ浦の湖面を走る観光帆引き船の姿を見ることもできます。

くわしくはこちら

14:30

かすみがうら市交流センターでレンタルサイクル返却

国道197号線経由 車で約50分 (約24km)

15:30雪入ふれあいの里公園

野鳥や昆虫、大自然に暮らすいきものを身近に観察

筑波山の東端に位置する自然豊かな公園。年間を通じて昆虫観察やバードウォッチングを楽しむことができ、「ザリガニ釣り」や「おもしろい石探し」など、子どもたちに人気の参加型イベントも随時開催。
森を模したジオラマ展示室や立体映像で自然を学べるシアターなどもあり、雪入の自然を丸ごと体感できる施設です。

  • 住所:茨城県茨城県かすみがうら市雪入452-1
  • 電話:0299-59-7000
くわしくはこちら

県道64号線経由 常磐自動車道「千代田石岡IC」「土浦北IC」まで 車で約20分 (約9km)

ゴール

あみプレミアム・アウトレットと周辺観光を満喫!首都圏からの日帰りにもぴったりのドライブコース

コース概要(日帰り)

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「稲敷IC」 10:00 大杉神社(夢むすび大明神を参拝) 11:00 JRA美浦トレーニング・センター(競走馬の調教施設を見学) 12:30 こもれび森のイバライド(森の中のレストランで昼食) 14:30 牛久大仏(ギネス認定の巨大仏を参拝) 16:00 あみプレミアム・アウトレット(ショッピング)

 

スタート

圏央道「稲敷IC」から国道125号線経由 車で約5分 (約3km)

10:00大杉神社

茨城の日光東照宮と呼ばれる、日本唯一の夢むすび大明神

大杉神社は日本唯一の夢むすび大明神といわれ、正月の初詣や2月3日の節分祭には多くの参拝客が訪れ、年間の参拝者は約33万人を数えます。古くから「あんばさま」の呼び名で親しまれ、神護景雲(じんごけいうん)元年(767)に、勝道上人によって創設されたといわれています。境内にそびえ立つ2本の大杉を海や川の守り神とし、漁業関係者から信仰を集めています。また疱瘡除けの神様としても有名です。

くわしくはこちら

国道125号線経由 車で約15分 (約10km)

11:00JRA美浦トレーニングセンター

国内最大規模の競走馬調教施設

昭和53年4月に開設された美浦トレーニング・センターは、約224万㎡(東京ドーム約48個分)の広大な敷地を有し、その中に南北2つのトラック型調教コース、1,200mの坂路調教馬場、競走馬スイミングプール、そして森林馬道といった様々な調教施設があります。常時2,000頭を超える競走馬が、毎日トレーニングを行っています。広報会館「ターフプラザ」は土曜、日曜開館です。

県道231号、49号線経由 車で約15分 (約10km)

12:30こもれび森のイバライド

思い出を手づくりできる、体験の宝庫

動物にさわる。自分でつくる。思いっきりカラダを使って遊ぶ。「こもれび森のイバライド」は、茨城の自然の中でたくさんの思い出を手作りできる体験型テーマパーク。手ぶらでバーベキューやカレーづくりが楽しめる施設のほか、ビュッフェレストランやフードコートもあり、「たべる」楽しさもいっぱい!東京から車で約90分のスムーズなアクセスも魅力です。

  • 住所:茨城県稲敷市上君山2060-1
  • 電話:029-892-3911
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

14:30牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

竜ヶ崎阿見線バイパス・県道34号線経由 車で約8分 (約3km)

16:00あみプレミアム・アウトレット

アメリカ西海岸をイメージした街並みでショッピングを満喫

国内外の著名ブランド約150店舗が軒を連ねるアウトレットセンターです。いつでもお値打ち価格が嬉しいショッピングエリアに加えて、和洋中様々な名店が揃っている飲食エリアも人気。圏央道「阿見東IC」に直結した交通の便の良さ、そして、牛久大仏が見えるアウトレットというロケーションも人気です。

  • 住所:茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
  • 電話:029-829-5770
くわしくはこちら

圏央道「阿見東IC」まで 車ですぐ

ゴール

人気のグランピングに挑戦!行方&潮来2days

 

今回は話題沸騰中の新しいアウトドアのスタイル「グランピング」を体験するモデルコースをご紹介!水郷の街・潮来市の風情ある街並みや特産品、温泉を堪能。そして行方市の食と農業の体験型施設で野菜の収穫から豪華バーベキューまで満喫できるグランピングに挑戦!快適でおしゃれなアウトドアを満喫しましょう♪仲間や家族と刺激的&至福のひとときを過ごす2daysにレッツゴー!

コース紹介

 

1日目

車で約10分

10:00

十二橋めぐり
十二橋めぐり
十二橋めぐり

江戸情緒あふれる街並みを舟で巡る

初日は潮来市から出発!かつては水運陸路の拠点だったこの街は、水路が縦横に張り巡らされ、そこには人家を行き来するために小さな橋が架けられていました。「前川十二橋めぐり」は船に乗り、水郷潮来あやめ園に沿って流れる川から前川にかかる12個の橋の下をくぐり抜ける約30分の船旅。江戸情緒あふれる街並みを眺めれば、ノスタルジックな気分に浸れます。また、北利根川を横断し、加藤洲水門をくぐって細い水路を運航する「加藤洲十二橋めぐり」は3つのコースがあります。それぞれ一味違った風情が感じられる潮来の人気スポットです。郷愁を誘う風景が広がる船旅へ出掛けましょう!

水郷潮来十二橋めぐり
〒311-2424 茨城県潮来市潮来109-12
営業時間 8:00〜日没
定休日 無休 ※要問合せ
料金 前川十二橋めぐり(約30分) 5名まで5,000円、加藤洲十二橋めぐり(40分〜) 5名まで5,000円〜
TEL 0299-62-2294(潮来遊覧船組合))
※手漕ぎのろ舟は水郷潮来あやめまつり開催時期のみの運行です

車で約10分

12:00道の駅いたこ

道の駅いたこ
道の駅いたこ
道の駅いたこ

米どころ潮来でよりどりみどりのランチ♪

道の駅いたこ内にある「グラスハウス」「おふくろ亭」はランチに最適!2018年3月にリニューアルされた「グラスハウス」では潮来産の米を使用した米粉麺「フォー」(500円)を販売中。ベトナムの代表的料理を潮来産の米の生めんやパクチーで堪能できる新名物!牛骨ベースのあっさりとしたスープは、飲み干したくなる優しい味。どんな世代にも受け入れられる逸品です。和食派なら、「おふくろ亭」でお好きなお惣菜やおかずを選んでお好み定食をどうぞ。地元のリピーター客が多いことでも知られる人気店です。米どころ潮来の美味しいお米を心行くまで味わってください♪ドライブのお供に、飲むヨーグルトもオススメ。

道の駅いたこ
〒311-2416 茨城県潮来市前川1326-1
営業時間 9:00〜19:00
定休日 無休(フォーのみ火曜定休)
TEL 0299-67-1161

くわしくはこちら

車で約25分

14:00なめがたファーマーズヴィレッジ やきいもファクトリーミュージアム

やきいもファクトリーミュージアム
やきいもファクトリーミュージアム

目指せ、やきいもマスター!

ランチを終えたら一路、行方市へ。今回のメインスポット「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」に到着したら、まずは「やきいもファクトリーミュージアム」を見学!茨城県はさつまいもの栽培面積・生産量が全国で第2位。そのさつまいもにスポットライトを当てたこの施設は、日本のさつまいもの歴史を楽しく学ぶミュージアムゾーンから「らぽっぽ」でおなじみ白ハトグループの工場見学ができるファクトリーゾーンまで、老若男女が楽しめる充実の内容です。日本一長い19mもあるやきいも専用のトンネルオーブン、マイナス30度の世界を体験できる冷凍庫など。じっくり見学してやきいもマスターを目指しましょう♪

やきいもファクトリーミュージアム
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
営業時間 10:00〜18:00(最終受付15:30)
定休日 月曜日
料金 大人900円、子ども700円
TEL 0299-87-1130

くわしくはこちら

施設内徒歩移動

15:00なめがたファーマーズヴィレッジ・ファームグランピング

ファームグランピング・収穫体験
ファームグランピング・収穫体験

お待ちかねのなめファ・グランピングスタート!

「なめがたファーマーズヴィレッジ」で一押しなのが、2018年5月にオープンした「ファームグランピング」。グランピングとは、豪華で快適な滞在ができる新しいキャンプスタイル。コンテナとテントの2スタイルが用意されていますが、今回はコンテナスタイルの「ラウンジコート」をチョイス。コンテナスタイルでは、施設の目の前に広がる畑から自分で旬の野菜を収穫し、フレッシュな状態でサラダやバーベキューなどお好みで味わえる「畑まるごとビュッフェ」が評判です。土とふれあい自分の手で採ったもぎたての野菜はまさに絶品!食わず嫌いの野菜もこれを機に克服してしまうかも?きっと野菜を再発見できる体験となるに違いありません。

ファームグランピング
営業時間 ナイトグランピング15:00〜翌日10:00
営業日 ナイトグランピング金曜日、土曜日、日曜日、祝日、祝日前日
料金 ナイトグランピング コンテナスタイル 2人部屋/3人部屋 19,200円~28,800円/1人あたり テントスタイル 14,400円~21,600円/1人あたり

バスで約15分

16:30かんぽの宿 潮来

かんぽの宿 潮来
かんぽの宿 潮来
かんぽの宿 潮来

湯船から北浦の大パノラマを堪能

コンテナスタイルのプランには、天然温泉施設への送迎つき♪バスで移動して、温泉にゆったり浸かりましょう♪「かんぽの宿 潮来」は北浦を一望できる景観がGOODな天然温泉。大勢が一度に入れる大浴場では絵葉書のような大パノラマを堪能でき、身も心も開放感に包まれます。泉質はナトリウム塩化物冷鉱泉で、神経や筋肉、関節痛、皮膚疾患にも良いとされ、肌もツヤツヤに。ファームアクティビティの後にピッタリの温泉となっています。疲労回復をしたい方には寝湯も用意されているので、じっくり身体を休めましょう。

かんぽの宿 潮来
〒311-2404 茨城県潮来市水原1830-1
営業時間 10:30〜20:00(受付10:00〜19:00)
定休日 不定休
料金 大人750円、子ども(小学生)350円
TEL 0299-67-5611

くわしくはこちら

バスで約15分

18:30ファームグランピング・BBQ


畑からそのままテーブルへ。生で食べるもバーベキューで焼くも自由自在

クラブハウスのテラスで、お待ちかねのバーベキュータイム!自分で収穫したばかりの野菜はもちろん、茨城が誇るブランド食材を使ったメニューが盛りだくさん!コンテナスタイルのコースには「サクラチップの芳醇スモーク盛り合わせ」「ほくほくじゃがいもと魚介のアヒージョ」「宮崎県産 安納黒豚 肩ロースのローストポーク ハーブ塩釜仕立て」など海と山の幸たっぷりで、絶妙なマッチングに舌鼓!そして、締めはやはり、オリジナルブランドさつまいも「いばらぎゴールド」を使用したスイーツ「やきいものクレームブリュレ アイスクリームを添えて」を召し上がりながら、満天の星空の下で心ゆくまで茨城の恵みを味わいましょう!!

※テントスタイルは別メニューでのご提供になります
※季節によって内容が変更になる場合がございます

ファームグランピング・BBQ
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
時間 ナイトグランピング15:00~ 翌10:00
TEL 0299-87-1130

2日目

8:00ファームグランピング・朝食


挽きたてのコーヒーで極上のモーニングを

朝食はクラブハウスのテラスで朝日を浴びながら、挽きたてのコーヒーと焼きたてのフレンチトーストでゆっくりとした時間が流れていきます。その他、「サクサクおいものクロワッサン」「全粒粉パン」に「安納黒豚のジューシーソーセージ」、目玉焼きを合わせれば身体に染み入る美味しさに包まれます!鮮度抜群の「ハワイ産 紅アロハと季節のコブサラダ」や「さつまいものポタージュ」、ヨーグルトとともに、極上のモーニングを堪能できます♪

※季節によって内容が変更になる場合がございます

ファームグランピング・朝食
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
TEL 0299-87-1130

施設内徒歩移動

10:00なめがたファーマーズヴィレッジ

なめがたファーマーズヴィレッジでお土産
なめがたファーマーズヴィレッジでお土産
なめがたファーマーズヴィレッジでお土産

さつまいものお菓子や加工品、朝採れ野菜が勢揃い

ついつい解説付きで渡したくなるお土産がいっぱいの「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」。「ファーマーズマルシェ」は朝採れの野菜や独自のさつまいも加工品がずらり。「おいも熟成蔵」は、キュアリング貯蔵庫で数ヶ月熟成させたさつまいもを使い、こだわりの製法で作り上げたとっておきの干しいもが編集部オススメ。大人気の芋蜜と一緒に、お土産に喜ばれることうけあいです。「らぽっぽファームベーカリー」は焼き立てパンのほかまるごとやきいもパイ、おいものミニタルトなど、なめファ限定商品も多数あるのでお見逃しなく!

らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ
〒311-3880 茨城県行方市宇崎1561
営業時間 ファーマーズマルシェ10:00〜18:00、おいも熟成蔵・ギフトコーナー11:00〜17:00、らぽっぽファームベーカリー10:00〜18:00
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
TEL 0299-87-1130

くわしくはこちら

車で約15分

12:00割烹 清水屋

潮来でうなぎ料理

画像はイメージです。

スタミナたっぷりのうなぎ料理!天然物にも出会えます♪

なめがたファーマーズヴィレッジを満喫した後は、潮来へ移動して昼食を。水郷の街として栄えてきた潮来市は、「割烹 清水屋」などうなぎ、川魚料理を食べられる店が数多くあります。うなぎといえば土用の丑の日に食べられることでおなじみ、精の付く食べ物の代表格。清水屋では、お店のすぐ近くを流れる利根川でとれる天然うなぎも提供しているのだとか!(季節限定5月上旬〜10月下旬くらいまで、要予約)季節の素材、水郷潮来の恵みを活かした料理、定食を味わってください。

割烹 清水屋
〒311-2437 茨城県潮来市永山2651
営業時間 11:30〜17:00ラストオーダー
定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
TEL 0299-64-2011

車で約15分

14:00イタコモータースポーツパーク

イタコモータースポーツパーク
イタコモータースポーツパーク
イタコモータースポーツパーク

迫力のレーシングカート体験にチャレンジ♪

ラストはアクティビティ体験にチャレンジしましょう!「イタコモータースポーツパーク」では気軽にレーシングカート体験ができます。最高速度は約70km/、車高は地上から4cm。むき出しの運転席から感じる疾走感が魅力で、遊園地のゴーカートとは別格の面白さ。病みつきになる人が続出中なのだとか。免許書は必要なく、身長150cm以上の高校生以上であれば誰でも走行可能なのも人気の理由。一周するとラップタイムが計測されるので、仲間や家族で競ってワイワイ盛り上がってみては?迫力のレースを体感してみましょう!

イタコモータースポーツパーク
〒311-2402 茨城県潮来市大生804
営業時間 月曜日・火曜日・金曜日8:30〜18:00、土曜日・日曜日・祝日8:00〜18:00
定休日 水曜日、木曜日
料金 2,500円(10分) ※高校生以上対象
TEL 0299-66-1725

車で約15分

 

このページは2019年10月1日以前に更新されたものです。
各種料金は、各施設にご確認ください。

マップ

伝統に触れる街探訪!結城市日帰り電車旅

 

まるでタイムスリップしたかのようなノスタルジックな街並み、歴史ある伝統工芸や名物が今も息づく結城市。江戸から昭和時代の風情と文化を守り継ぐ街を歩けば、きっと温故知新を感じられることでしょう。伝統に触れるショートトリップをお楽しみ下さい。

コース紹介

コース結城_01
コース結城_02

 

JR水戸線「結城駅」より徒歩で約15分

10:00

結城紬の機織り体験

結城といえば、日本最古の歴史を誇る高級絹織物・結城紬の伝統が今も息づく街。その問屋である奥順が運営する結城紬のミュージアム「つむぎの館」で機織り体験にチャレンジしてみましょう。コースター織り体験は、初心者でも簡単にできます!踏木を左右交互に踏んで、トントンとリズムよく糸を打ち込めば完成。長く愛用したくなる思い出の品になるに違いありません。また、ユネスコ無形文化遺産や国の重要無形文化財に指定されている、昔ながらの地機織り体験も可能。二千年前から脈々と受け継がれる職人の手仕事を体感することができます。

つむぎの館
営業時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
※体験はすべて事前予約制、電話にて問い合わせ
休館日 火曜日
料金 コースター織り体験2,000円、地機織り体験3,000円※地機織り体験作品の持ち帰りはできません
〒307-0001 茨城県結城市結城12-2
TEL 0296-33-5633

徒歩で約2分

12:00

上質な空間で目も舌も満足のお弁当ランチ

壱の蔵は、国の登録有形文化財となっている明治初期の見世蔵を利用したギャラリー喫茶。古き良き時代の面影を残した店内は結城紬や芸術品が常設展示され、上質なひとときを演出してくれます。そんな非日常空間の中で是非味わいたいのが、見た目も華やかなお弁当(要予約)。1,000円、1,500円、2,000円(すべて税別)と3つのプランがあり、どれも旬の食材を使った逸品です。どれから食べようかと選ぶ楽しさに満ちたメニューで、目も舌も満足することでしょう!

GALLERY&Cafe壱の蔵
営業時間 10:00〜17:30(ラストオーダー17:00)
定休日 火曜日
〒307-0001 茨城県結城市結城12-2
TEL つむぎの館:0296-33-5633(お弁当の予約もこちらまで)

徒歩で約8分

13:30

見応え充分!江戸時代建造の酒蔵

結城市探訪で見逃せないのが見世蔵めぐり。市内には蔵造りの紬問屋や糀蔵、住まいが31ヶ所もあり、その半数が国の登録有形文化財に指定されています。レトロな雰囲気に包まれた風流な街並みは、見応え充分!その中の一つである結城酒造の蔵は江戸時代末期に建てられたもので、明治時代に増設されたレンガ造りの大煙突とともに国の有形文化財に登録されています。看板銘柄の「結ゆい 純米大吟醸」は平成14年の全国新酒鑑評会で金賞を連続受賞。結城が誇る老舗酒蔵を見学し、江戸情緒や積み重ねた歴史に思いを馳せてみましょう。

結城酒造
営業時間 9:00〜17:00
定休日 不定休
〒307-0001 茨城県結城市結城1589
TEL 0296-33-3344

徒歩で約5分

14:45

1832年創業、糀と糀味噌の見世蔵見学

秋葉糀味噌醸造の店舗兼醸造蔵は、大正13年建造の国登録有形文化財。2階建ての土蔵造りは昭和初期に県道拡張工事によって改築しているため、当時のままの姿ではありませんが、貫禄のある佇まい。1832年創業の糀と糀味噌の専門店で、香り高くまろやかな味の「つむぎみそ」、無添加の「あま酒」、甘辛の麦糀とナスが入ったおかず味噌「繁盛なす」が自慢。仕込み場には高さ2メートルを越える木樽が並び、今でも昔ながらの製法にこだわっています。真摯に伝統を継承した味を、是非堪能してください。

秋葉糀味噌醸造
営業時間 9:00〜18:00
定休日 日曜日
〒307-0001 茨城県結城市結城174
TEL 0296-32-3923

徒歩で約5分

15:30

名物ゆでまんじゅうをお土産に

結城のお土産は結城ブランド認定品の「ゆでまんじゅう」が一押しです。江戸時代からこの地の各家庭で夏祭りの際、手作りされてきた庶民のお菓子で、熱湯で生地をこねる独特の製法が特徴。もちもちとした皮の食感がたまりません!「真盛堂」や「富士峰菓子舗」など、市内の各菓子店では店舗ごとに皮や餡の素材や味にこだわったゆでまんじゅうを提供。どれも老若男女問わず喜ばれる、結城ならではの郷土のお土産です。食べ比べて、お気に入りの一品を見つけてみてはいかがでしょうか?

結城市内和菓子店

徒歩で約10分

16:30

国内では結城市のみ!タイ発のコーヒー店

平成27年にオープンしたドイトンコーヒーは、国内で結城市にしかないタイのコーヒーショップ。ドイトンの名はタイ民話に出てくる「旗のある山(ドイトン)」が由来。かつて麻薬地帯だったタイ北部で、ケシで生計を立てる山岳民族にコーヒーを栽培させ、合法的な収入源を与える麻薬撲滅活動「ドイトン開発プロジェクト」によって作られたコーヒー店です。酸味が少なく、芳醇な香りが際立つコーヒーで、一口飲めば身も心もホッと安らぐはず。旅の締めにふさわしい一杯です。

ドイトンコーヒー結城駅前店
営業時間 10:00〜18:00(日曜・祝日は11:00〜17:00)
定休日 月曜日
〒307-0051 茨城県結城市国府町1-1-1 結城市民情報センター1F
TEL 0296-48-7177

マップ

科学の街・つくばで「学び」を楽しむサイエンスツアー

つくばエキスポセンター

コース概要(日帰り)

9:25 地図と測量の科学館 10:45 筑波実験植物園 12:05 パンの街つくば 13:15 つくばエキスポセンター 14:35 産業技術総合研究所 15:50 JAXA 筑波宇宙センター 17:30 つくばラーメン激戦区          

 

1日目スタート

TX「つくば駅」A3出口より つくばセンター バスターミナル8番乗り場 9:15発 つくばサイエンスツアーバス乗車

9:25地図と測量の科学館

地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新しい技術などを総合的に展示して、私たちの生活にかかせない地図や測量の役割を誰もが楽しみながら、体感できる施設です。

  • 住所:茨城県つくば市北郷1番
  • 電話:029-864-1872
くわしくはこちら

10:35 バスで約10分

10:45筑波実験植物園

国立科学博物館の植物研究施設で、日本をはじめ世界の様々な植物およそ3,000種類が見られます。 広く一般に公開されており、温室では熱帯や乾燥地の珍しい植物なども楽しめます。

  • 住所:茨城県つくば市天久保4-1-1
  • 電話:029-851-5159 (代表)
くわしくはこちら

11:55 バスで約10分

12:05パンの街つくば

研究学園都市であるつくば市。留学生や海外出身の研究者が多く暮らすため、彼らのためにパンを焼くベーカリーが増え、いつしか「パンの街」として賑わっていったと言われています。
つくばの街には素材や製法にこだわりを持つ個性的なベーカリーが点在し、イートインコーナーのある店や、つくばの作物研究所がパンに適した小麦粉として開発した「ユメシホウ」を使ってパンを焼く店も。
街を散策しながら各店のパンを食べ比べ、お気に入りを見つけるのもつくばさんぽの楽しみのひとつです。

13:10 バスで約5分

13:15つくばエキスポセンター

子どもから大人まで楽しめる、科学を見て、触って、楽しく学べる施設。プラネタリウムでは、迫力の映像で星空や宇宙が体験でき、純国産ロケットの実物大模型や、実際の潜航映像が見られる「しんかい6500」の模型など、好奇心を刺激する展示がたくさんあります。地元つくばの食材を使ったカフェと、科学館ならではの商品が揃うショップも併設されています。

  • 住所:茨城県つくば市吾妻2-9
  • 電話:029-858-1100(代)
くわしくはこちら

14:25 バスで約5分

14:35産業技術総合研究所

産業の基盤を支える計測標準から、ロボット、エネルギー、医療など幅広い研究テーマをわかりやすく解説し、最先端の産業技術を楽しく体験できる施設。小型ヒューマノイドロボット「チョロメテ」や人をいやしてくれるアザラシ型ロボット「パロ」に会うことも出来ます。

  • 住所:茨城県つくば市梅園1-1-1(つくば本部)
  • 電話:029-861-2000
くわしくはこちら

15:45 バスで約5分

15:50JAXA 筑波宇宙センター

人工衛星やロケットなどの研究開発や開発試験、打ち上げた人工衛星の追跡管制、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の運用管制、宇宙飛行士の養成などを行っています。

  • 住所:茨城県つくば市千現2-1-1
  • 電話:029-868-5000(管理部代表)
くわしくはこちら

17:00 バスで約10分 つくばセンター バスターミナル8番乗り場

17:30つくばラーメン激戦区

約100店舗のラーメン専門店が凌ぎを削るラーメン激戦区。毎年、つくばラーメンフェスタなどのイベントも開催され、年々来場者数も増え続けています。また、平成26年にはつくばご当地ラーメン開発プロジェクトを結成。筑波山麓で収穫された福来みかんを使ったラーメンが誕生するなど、今後も新たなご当地ラーメンが期待できそうです。

徒歩で TX「つくば駅」へ 約10分

ゴール

芸術の街・笠間で楽しむ陶芸体験と、いばらきの文化に触れるアートな旅

コース概要(1泊2日)

1日目

10:30 春風萬里荘 11:30 Café WASUGAZEN 13:00 笠間工芸の丘 17:00 としまや月浜の湯

2日目

10:00 茨城県天心記念五浦美術館 11:30 五浦六角堂 12:30 大津漁港 市場食堂

1日目スタート

常磐高速道友部JCTより北関東自動車道笠間方面へ~友部ICで降り笠間市内方面へ(R355) 車で約10分 (約5km)

10:30春風萬里荘

笠間駅の南方、画家の住居、アトリエなどが点在する芸術の村。村のほぼ中央に、料理家でありながら、優れた陶芸家として知られる北大路魯山人がかつて住んでいた民家を、鎌倉から移築したのが「春風萬里荘」になります。

  • 住所:茨城県笠間市下市毛1371
  • 電話:0296-72-0958
くわしくはこちら

県道42号線経由 車で約10分 (約3km)

11:30Café WASUGAZEN

陶芸美術館の近くにある「空間を大事に」をコンセプトとする、笠間で人気のオシャレなカフェ。
コーヒーカップやお皿など、食器の多くに笠間焼を使用しています。真心がつまった料理を、笠間焼とともにお楽しみください。

  • 住所:茨城県笠間市笠間2501-2
  • 電話:0296-72-7987

車で約2分 (約0.45km)

13:00笠間工芸の丘

笠間芸術の森公園内にあり、散歩やピクニックに最適です。施設内ではろくろ、手びねりを体験できる体験工房のほか、ペーパークラフトなど、様々なクラフトワーク体験ができます。また、近くには「茨城県陶芸美術館」もあり、最高水準の芸術品に触れることができます。笠間焼を中心としたお土産コーナーやカフェラウンジも充実しています。

  • 住所:茨城県笠間市笠間2388-1
  • 電話:0296-70-1313
くわしくはこちら

県道61号線経由 車で約120分 (約82km)

17:00としまや月浜の湯

磯原海岸に面した海辺の温泉旅館。地元漁港から買い付ける新鮮な地魚料理と硫黄温泉で心あたたまるおもてなし。

  • 住所:茨城県北茨城市磯原町磯原200-3
  • 電話:0293-43-1311
くわしくはこちら

2日目スタート

陸前浜街道~国道6号線経由 車で約20分 (約9km)

10:00茨城県天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館は、五浦海岸の大小の入江と美しい松林は「日本の渚100選」に、海岸の波音は「日本の音風景100選」に選ばれている景勝地に建っています。明治39年に日本美術院第一部(絵画)が移転し、岡倉天心や五浦の作家たちが活躍した歴史的な地。岡倉天心や横山大観をはじめとする五浦の作家たちの業績を顕彰するとともに、優れた作品が鑑賞できる美術館として平成9年11月8日に開館。

  • 住所:茨城県北茨城市大津町椿2083
  • 電話:0293-46-5311
くわしくはこちら

車で約6分 (約0.65km)

11:30五浦六角堂

明治38年に岡倉天心が自ら設計したもので、「観瀾亭」ともいわれ、杜甫の草堂、仏堂、茶室を兼ね備え、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装った六角形の建物です。近くには茨城県天心記念五浦美術館があり、岡倉天心や横山大観など五浦ゆかりの人々の作品が鑑賞できます。

  • 住所:茨城県北茨城市大津町五浦727-2
  • 電話:0293-46-0766(茨城大学五浦美術文化研究所)
くわしくはこちら

県道27号線経由 車で約8分 (約3km)

12:30大津漁港 市場食堂

黒潮と親潮が交差する好漁場である茨城沖を目の前に、新鮮な海鮮料理を提供する食堂。
肉厚の刺身、ボリューム満点の鍋など、港町ならではの料理や、あんこう鍋など旬の魚料理を存分に楽しむことができます。
また、同じ敷地内には物産センターや北茨城市漁業歴史資料館などがあり、地元ならではの海産物、農産物を購入することもできます。

  • 住所:茨城県北茨城市関南町仁井田789-3
  • 電話:0293-30-2345
くわしくはこちら

陸前浜街道~国道6号線経由 常盤自動車道 北茨城ICまで 車で約20分 (約9km)

ゴール

世界一の大仏から筑波山の夜景まで、県南エリアを遊び尽くす日帰りプラン

コース概要(日帰り)

10:00 あみプレミアム・アウトレット 13:00 牛久大仏 15:00 シャトーカミヤ 17:00 江戸屋 18:00 筑波山スターダストクルージング

 

スタート

阿見東ICから車ですぐ (約1.5km)

10:00あみプレミアム・アウトレット

アメリカ西海岸をイメージした街並みでショッピングを満喫

国内外の著名ブランド約150店舗が軒を連ねるアウトレットセンターです。いつでもお値打ち価格が嬉しいショッピングエリアに加えて、和洋中様々な名店が揃っている飲食エリアも人気。圏央道「阿見東IC」に直結した交通の便の良さ、そして、牛久大仏が見えるアウトレットというロケーションも人気です。

  • 住所:茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
  • 電話:029-829-5770
くわしくはこちら

県道34号線経由 車で約5分 (約2.5km)

13:00牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

15:00牛久シャトー

明治期の洋風建築の趣きが残る赤レンガ造りのシャトーカミヤ(現牛久シャトー)は、明治36年に完成しました。当時は、ブドウ栽培から醸造、瓶詰めまで一貫して行った日本初の本格的ワイン醸造場であり、日本のワイン発祥地の一つとして知られています。平成20年には国の重要文化財に指定されています。

  • 住所:茨城県牛久市中央3-20-1
  • 電話:029-873-3151(代)
くわしくはこちら

国道6号線経由 車で約60分 (約40km)

17:00江戸屋

創業390余年の伝統に育まれた、落ち着きのある日本旅館。
筑波山神社まで徒歩8分。お子様・赤ちゃん連れのご家族の方も安心のくつろぎの宿。

  • 住所:茨城県つくば市筑波728
  • 電話:029-866-0321
くわしくはこちら

県道42号線~筑波スカイライン~県道236号線経由 車で約10分 (約5.4km)

18:00筑波山スターダストクルージング

関東の霊峰、日本百名山の一つに数えられている筑波山。
山頂からはつくば市、土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景が一望でき、日本夜景遺産に認定された夜景を楽しむことができます。条件が揃えば、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーの光まで鑑賞できることも。
また、例年秋から冬にかけての期間は、ロープウェイの運行時間を延長する「スターダストクルージング〜夜の空中散歩〜」が実施されます。
地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空を満喫できる筑波山で、素敵なひとときを過ごしてみませんか?

  • 住所:茨城県つくば市筑波1番地
  • 電話:029-866-0611(筑波観光鉄道株式会社)
くわしくはこちら

県道42号線~県道14号線~国道125号線経由 常磐自動車道(土浦北IC)まで 車で約40分 (約60km)

ゴール

雄大な景色と温泉に体も心も癒される、冬のいばらき旅

コース概要(1泊2日)

1日目

11:30 弥満喜 13:00 大子おやき学校 15:00 袋田の滝 17:30 滝味の宿 豊年万作

2日目

10:00 五浦六角堂 11:30 五浦観光ホテル 別館大観荘 15:00 茨城県天心記念五浦美術館

1日目スタート

JR 水戸駅より 国道123号線経由 車で約90分 (約64km)

11:30弥満喜

手間暇かけて育てられた「奥久慈しゃも」は低脂肪なのに旨味が濃い、一度は食べたい茨城県のブランド鶏です。しゃものすべての部位の肉を新鮮なしゃもの卵で味わう「しゃもすき鍋」や「しゃも丼」をぜひ味わって。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町大子741-1
  • 電話:0295-72-0208

県道160号線経由 車で約15分 (約10km)

13:00大子おやき学校

明治7年創設の木造校舎の小学校をリニューアルし、郷土食として親しまれてきたおやき作りを体験できるスポットへと生まれ変わりました。校内にはおやきの実演販売や体験コーナー、奥久慈特産品の紹介・販売コーナー、食堂などがあり、まるで映画のセットに迷い込んだような気分が味わえます。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町大字槙野地2469
  • 電話:0295-78-0500
くわしくはこちら

県道160号線経由 車で約25分 (約15km)

15:00袋田の滝

日本三名瀑に数えられ、高さ120m、幅73mの大きさを誇ります。滝の流れが四段に落下することや、四季に一度ずつ訪れてみなければ本当の良さはわからないといわれていることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。1,500万年ほど昔の海底火山の噴火ででき、空海が護摩修行を行ったともいわれています。平成27年3月には国の名勝に指定され、恋人の聖地としても注目されています。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
  • 電話:0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
くわしくはこちら

県道324号線経由 車で約5分 (約0.4km)

17:30滝味の宿 豊年万作

大子町の多彩な食材を味わえる温泉宿。雄大な山々に囲まれた露天風呂では、ゆったりとお湯に浸かりながら、冬の澄んだ星空を眺めるのがおすすめ。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田169-3
  • 電話:0295-72-3011
くわしくはこちら

2日目スタート

国道461号線経由 車で約90分 (約60km)

10:00五浦六角堂

明治38年に岡倉天心が自ら設計したもので、「観瀾亭」ともいわれ、杜甫の草堂、仏堂、茶室を兼ね備え、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装った六角形の建物です。近くには茨城県天心記念五浦美術館があり、岡倉天心や横山大観など五浦ゆかりの人々の作品が鑑賞できます。

  • 住所:茨城県北茨城市大津町五浦727-2
  • 電話:0293-46-0766(茨城大学五浦美術文化研究所)
くわしくはこちら

車で約1分 (約0.1km)

11:30五浦観光ホテル 別館大観荘

太平洋に面した風情漂う旅館。源泉71度のかけ流しの露天風呂からは、五浦の美しい景色を一望できます。海とひと続きになったような開放感を味わいながら、ゆったりと浸かる温泉は格別。

  • 住所:茨城県北茨城市大津町722
  • 電話:0293-46-1111(代)
くわしくはこちら

車で約6分 (約0.6km)

15:00茨城県天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館は、五浦海岸の大小の入江と美しい松林は「日本の渚100選」に、海岸の波音は「日本の音風景100選」に選ばれている景勝地に建っています。明治39年に日本美術院第一部(絵画)が移転し、岡倉天心や五浦の作家たちが活躍した歴史的な地。岡倉天心や横山大観をはじめとする五浦の作家たちの業績を顕彰するとともに、優れた作品が鑑賞できる美術館として平成9年11月8日に開館。

  • 住所:茨城県北茨城市大津町椿2083
  • 電話:0293-46-5311
くわしくはこちら

国道6号線 経由 JR 水戸駅まで 車で約110分 (約70km)

ゴール

関東屈指の名社を巡ってパワーチャージ! 一泊二日・東国三社参り旅

新しいことをスタートしたい!明るく、前向きになりたい!そんなあなたに、オススメしたいのがこのコースです。日本でも指折りの歴史と格式を持つ鹿島神宮、香取神宮、そしてその二社と縁の深い息栖神社を巡る「東国三社参り」に出かけましょう!神様に参拝して、自分のやりたいことや目標に向けて一歩踏み出すパワーをチャージ♪一泊二日で、東国三社にゆかりのある場所を巡ります。

コース紹介

 

1日目

東京方面より鹿嶋・神栖・潮来エリアへ車でアクセスするなら東関東自動車道潮来I.Cが便利です!

潮来I.Cから車で約15分

11:00

まずは「鹿島立ち」!

今回の旅のテーマは「東国三社参り」。江戸時代には、かのお伊勢詣でに次ぐ参詣コースとして大流行したと言われています。三社ともに歴史が深く、関東以北の開拓拠点として重要な場所と捉えられていました。その中ではじめに参拝したいのが、鹿島神宮です。物事の始まりや旅立ちに大変縁起の良い神社と言われています!
東京ドーム約15個分にも相当するという広大な境内は、地震を起こす大鯰の頭を抑えているという要石や、鹿島神宮の神の御使いとされる鹿、清水がこんこんと湧く御手洗池など見どころがたくさん。木々に囲まれた清々しい境内を、ゆっくり散策してみましょう。

鹿島神宮
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
TEL 0299-82-1209(鹿島神宮社務所)

くわしくはこちら

directions_walk 鹿島神宮内でランチ

12:00

御手洗池の湧水仕込みそば

拝殿から奥参道へ進み、御手洗池を目指して坂を下っていきます。かつては、鹿島神宮へ参拝する折にはこの御手洗池で身を清めたのだとか。現在も、例年1月の大寒には神事として「大寒禊」が行われています。
この御手洗池のすぐ隣に店を構える一休では、「長命水」とも言われる池の湧水を仕込み水に使用した飲み物やそば、甘味をいただくことができます♪茨城名物の常陸秋そばを使用した湧水そばを昼食に。澄んだ空気と水のせせらぎの中で、鹿島神宮の恵みを感じながらひとやすみしていきましょう。

湧水茶屋 一休
9:00〜17:00
〒314-0031 茨城県鹿嶋市 宮中2306-1(御手洗池)
TEL 0299-82-4393

くわしくはこちら

車で約5分

14:00

鹿島神宮のお膝元でお土産

鹿島神宮の周辺には、長年の老舗も軒を連ねています。大鳥居から数分の「丸三老舗」は、創業195年を超える和菓子屋。鹿島の名を冠した定番銘菓はもちろん、季節の上生菓子や大福など多彩なラインナップで人気です。鹿島灘特産のはまぐりの形を模した可愛い最中「元祖 はま栗」は、茶色いネットに入ったパッケージがユニーク♪県産栗を使った餡と、求肥が包まれています。また、「極大福」シリーズもオススメ。鉾田の大粒いちごや小美玉のブルーベリーに笠間の栗、そして石岡産シャインマスカット…その時期ごとの旬の素材を使った贅沢な逸品。今晩のおやつにGET!また、神宮駅前店にはカフェも併設しています。
水上鳥居としては日本最大と言われる鹿島神宮の一之鳥居を見てから、次のスポットへ向かいましょう。

丸三老舗
本店
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中1-9-22
TEL 0299-82-1727
神宮駅前店
〒314-0032 茨城県鹿嶋市宮下2-9-6
TEL 0299-82-0303

くわしくはこちら

車で約20分

16:00

展望塔から鹿島港を一望

本日の宿泊施設にチェックインする前に、絶景スポットでパワーチャージ!このエリアは、茨城県でも最大の工業港湾・鹿島港を中心に鹿島臨海工業地帯が広がっていることでも有名です。車を鹿島港の方へ走らせて、「港公園」を目指しましょう!車を停めて、公園の中でもひときわ高い展望塔へ。塔の上に登るチケットを購入したら、エレベータに乗りさっそく上階へ向かいます。一歩外へ踏み出せば、目の前には鹿島港を一望する光景が!大規模コンビナートと立ち昇る白煙、せわしなく行き交う船……工場風景が好きな人だけでなく、子どもも大人も夢中になれること間違いなしの絶景です。

港公園
8:30〜17:00 ※第1水曜日(祝日は翌日)、12/29〜12/31は閉館
〒314-0103 茨城県神栖市東深芝10番地
TEL 0299-92-5155(港公園管理事務所)

くわしくはこちら

18:00

2日目

9:00

朝の清浄な空気に包まれて出立

旅の二日目は宿をちょっと早めにチェックアウトして、東国三社参りの次の目的地・息栖神社へ向かいます。ここに祀られている御祭神は、交通守護、水運をつかさどる神様、道案内の神様と言われています。拝殿に参拝したら、駐車場を突っ切るようにして反対側へ歩いていきましょう。川に面して大鳥居が立っており、そのふもとに二つの井戸があります。この井戸は「忍潮井(おしおい)」といい、潮を押し退けて真水が湧き出すという大変珍しい泉。このそれぞれの井戸の底には「男瓶」と「女瓶」があり、運よくその姿を見ることができると良いことがある…という噂もあるとか♪

息栖神社
〒314-0133 茨城県神栖市大字息栖2822
TEL 0299-92-2300(息栖神社社務所)
※時間帯によっては無人となるため、社務所に問い合わせた上で参拝してください。

くわしくはこちら

車で約15分

10:00

神社と切っても切り離せないお酒

次なる目的地は、潮来市の愛友酒造。茨城県は関東一の酒蔵数を誇る酒どころなんですが、この鹿行エリアでは現存する唯一の蔵です。このエリアはかねてより水郷潮来と言われ、水に恵まれ水運で栄え、米どころとしても名を馳せています。そんな地の恵みで醸す愛友のお酒は、鹿島神宮と息栖神社にも奉納され御神酒として供えられているんです♪
愛友酒造では、蔵見学を随時受けいれています(要事前予約)。実際に酒造りを行う蔵を案内してもらったあとには、直売店で試飲しながら好みのお酒を購入♪もちろん、ハンドルキーパーは家に帰ってから頂きましょう!

愛友酒造
9:00〜17:00 年中無休
〒311-2421 茨城県潮来市辻205
TEL 0299-62-2234

くわしくはこちら

車で約10分

12:00

水郷潮来の美味しいお米を頂きます!

茨城を出発する前に、お腹を満たしましょう。観光客はもちろん、地元民からも厚い支持を受ける「道の駅いたこ」は、このエリアの美味しいものに出会えます。お食事処「おふくろ亭」は、その名前の通り地元のお母さんたちが腕をふるうお店。並んでいるお手頃価格のお惣菜の中から、自分で好きなものをチョイスして組み合わせられるのも人気の理由です♪お母さんの優しさが詰まったおかずと、水郷潮来の美味しいごはんで大満足。
食後には、お土産チェックもお忘れなく。交通情報も確認して、いざ次の目的地へ出発です。

道の駅いたこ
9:00〜19:00 ※レストラン・グランドゴルフは9:00〜17:00 年中無休
〒311-2416 茨城県潮来市前川1326-1
TEL 0299-67-1161

くわしくはこちら

車で約30分

14:00

※写真提供:香取市商工観光課

東国三社参り、これにて完遂!

境を越えてお隣・千葉県香取市へ。鹿島神宮、息栖神社、そしてここ香取神宮へ詣でて東国三社参りを成し遂げます。鹿島神宮に祀られている武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)と共に国譲り神話で活躍する経津主大神(フツヌシノオオカミ)が御祭神です。
生い茂る木々に囲まれた境内は、春は桜、秋は紅葉etc…と四季折々の美しい景観を楽しむことが出来ます。朱塗りの楼門、そして本殿は江戸時代元禄13年の造営と言われ、国重要文化財に指定。また、鹿島神宮と対になる「要石」があり、鹿島は大ナマズの頭、香取は尾を抑えているのだとも。
神代から連綿と続く歴史の縁に想いを馳せながら、旅の帰路へとつきましょう。

香取神宮
〒287-0017 千葉県香取市香取1697-1
TEL 0478-57-3211

くわしくはこちら

東京方面へお帰りなら東関東自動車道佐原香取I.Cが便利です!

マップ