対象: ファミリー

ファミリーにおすすめ!茨城県かすみがうら市でいちご狩りとサイクリングを楽しむ日帰りプラン

コース概要(日帰り)

10:00 かすみがうら市内のいちご園(いちご狩り) 11:30 かすみがうら市水族館 12:15 かすみキッチン(昼食) 13:00 霞ヶ浦湖畔をサイクリング 14:30 かすみがうら市交流センター(レンタルサイクル返却) 15:30 雪入ふれあいの里公園

 

スタート

常磐自動車道「千代田石岡IC」から、かすみがうら市内のいちご農園へ(2〜5km程度)

10:00かすみがうら市内のいちご農園

もぎたてフレッシュないちごを丸かじり!

豊かな自然に恵まれたかすみがうら市内には、いちご狩り体験ができる農園が点在。大粒で甘みの強い人気品種「とちおとめ」をはじめ、数種類の品種を栽培している農園もあるので、食べ比べを楽しんでみるのもおすすめです。

  • 住所:かすみがうら市内各所
くわしくはこちら

県道141号線経由 霞ヶ浦・歩崎公園方面へ (20km程度)

11:30かすみがうら市水族館

見て、触れて、霞ケ浦に大接近!子ども連れにおすすめの水族館

霞ヶ浦に生息する魚や世界の淡水魚などを集めた、小さな水族館。淡水域で暮らす生き物だけではなく、陸ガメをはじめとした爬虫類など様々な生物を飼育しています。鑑賞するだけでなく、フナ、コイ、タナゴなどに直接触れるタッチ水槽があり、子どもたちに大人気です。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂910‐1
  • 電話:029-896-0722
くわしくはこちら

車で約3分 (約500m)

12:15かすみキッチン

かすみがうらの食材を使った地産地消のカフェレストラン

かすみがうら市交流センター内にあるカフェ&レストラン。2016年に廃校になった近隣の小学校の備品を使い、リノベーションしたおしゃれな空間が広がります。
使う素材は地元かすみがうら産の食材が中心で、洋食をベースにした創作料理は、そのどれもが「地産地消」×「ヘルシー」をコンセプトにした料理ばかりです。

  • 住所:茨城県かすみがうら市坂4784
  • 電話:029-840-9010

かすみがうら市交流センターで自転車をレンタル

13:00霞ヶ浦サイクリング

爽やかな風を感じながら霞ヶ浦湖畔をサイクリング

国内第2位の湖面積を持つ霞ヶ浦の湖岸にのびるサイクリングロードを走り、青い空ときらめく湖面を眺めながら爽快ライドを楽しんでみませんか?天気がいい日は湖越しに筑波山や牛久大仏を眺めることもでき、沿線には自然公園などの立ち寄りスポットも充実。かすみがうら市交流センターなど県内10施設でレンタルサイクルのサービスも行なっています。(有料、要予約)

  • 電話:029-822-2437(ラクスマリーナ サイクリングサポートデスク)
くわしくはこちら

歩崎公園

霞ヶ浦を一望する展望台から、抜群の眺望を満喫!

霞ヶ浦湖畔、茨城百景のひとつである歩崎にある公園。霞ヶ浦の絶景を一望できる展望台や、アスレチックも楽しめる森林公園、お城のような外観も目を惹く歴史博物館などがあり、水と緑に囲まれた景観の中でのんびり過ごすことができます。夏から秋にかけては、霞ヶ浦の湖面を走る観光帆引き船の姿を見ることもできます。

くわしくはこちら

14:30

かすみがうら市交流センターでレンタルサイクル返却

国道197号線経由 車で約50分 (約24km)

15:30雪入ふれあいの里公園

野鳥や昆虫、大自然に暮らすいきものを身近に観察

筑波山の東端に位置する自然豊かな公園。年間を通じて昆虫観察やバードウォッチングを楽しむことができ、「ザリガニ釣り」や「おもしろい石探し」など、子どもたちに人気の参加型イベントも随時開催。
森を模したジオラマ展示室や立体映像で自然を学べるシアターなどもあり、雪入の自然を丸ごと体感できる施設です。

  • 住所:茨城県茨城県かすみがうら市雪入452-1
  • 電話:0299-59-7000
くわしくはこちら

県道64号線経由 常磐自動車道「千代田石岡IC」「土浦北IC」まで 車で約20分 (約9km)

ゴール

あみプレミアム・アウトレットと周辺観光を満喫!首都圏からの日帰りにもぴったりのドライブコース

コース概要(日帰り)

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「稲敷IC」 10:00 大杉神社(夢むすび大明神を参拝) 11:00 JRA美浦トレーニング・センター(競走馬の調教施設を見学) 12:30 こもれび森のイバライド(森の中のレストランで昼食) 14:30 牛久大仏(ギネス認定の巨大仏を参拝) 16:00 あみプレミアム・アウトレット(ショッピング)

 

スタート

圏央道「稲敷IC」から国道125号線経由 車で約5分 (約3km)

10:00大杉神社

茨城の日光東照宮と呼ばれる、日本唯一の夢むすび大明神

大杉神社は日本唯一の夢むすび大明神といわれ、正月の初詣や2月3日の節分祭には多くの参拝客が訪れ、年間の参拝者は約33万人を数えます。古くから「あんばさま」の呼び名で親しまれ、神護景雲(じんごけいうん)元年(767)に、勝道上人によって創設されたといわれています。境内にそびえ立つ2本の大杉を海や川の守り神とし、漁業関係者から信仰を集めています。また疱瘡除けの神様としても有名です。

くわしくはこちら

国道125号線経由 車で約15分 (約10km)

11:00JRA美浦トレーニングセンター

国内最大規模の競走馬調教施設

昭和53年4月に開設された美浦トレーニング・センターは、約224万㎡(東京ドーム約48個分)の広大な敷地を有し、その中に南北2つのトラック型調教コース、1,200mの坂路調教馬場、競走馬スイミングプール、そして森林馬道といった様々な調教施設があります。常時2,000頭を超える競走馬が、毎日トレーニングを行っています。広報会館「ターフプラザ」は土曜、日曜開館です。

県道231号、49号線経由 車で約15分 (約10km)

12:30こもれび森のイバライド

思い出を手づくりできる、体験の宝庫

動物にさわる。自分でつくる。思いっきりカラダを使って遊ぶ。「こもれび森のイバライド」は、茨城の自然の中でたくさんの思い出を手作りできる体験型テーマパーク。手ぶらでバーベキューやカレーづくりが楽しめる施設のほか、ビュッフェレストランやフードコートもあり、「たべる」楽しさもいっぱい!東京から車で約90分のスムーズなアクセスも魅力です。

  • 住所:茨城県稲敷市上君山2060-1
  • 電話:029-892-3911
くわしくはこちら

国道408号線経由 車で約15分 (約8km)

14:30牛久大仏

ギネス世界記録に認定された巨大な大仏さま

平成5年に完成した牛久大仏は高さが120mあり、台座を除く像の高さだけでも100mと日本有数の巨大仏です。大仏の胎内を拝観することができ、地上85mの大仏の胸の位置から外を眺めることもできます。また、園内には、四季折々に花が咲く庭園や小動物公園、サルの曲芸コーナーなどもあります。

  • 住所:茨城県牛久市久野町2083 
  • 電話:029-889-2931
くわしくはこちら

竜ヶ崎阿見線バイパス・県道34号線経由 車で約8分 (約3km)

16:00あみプレミアム・アウトレット

アメリカ西海岸をイメージした街並みでショッピングを満喫

国内外の著名ブランド約150店舗が軒を連ねるアウトレットセンターです。いつでもお値打ち価格が嬉しいショッピングエリアに加えて、和洋中様々な名店が揃っている飲食エリアも人気。圏央道「阿見東IC」に直結した交通の便の良さ、そして、牛久大仏が見えるアウトレットというロケーションも人気です。

  • 住所:茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
  • 電話:029-829-5770
くわしくはこちら

圏央道「阿見東IC」まで 車ですぐ

ゴール

土浦の雛まつりとまち巡りをレンタルサイクルで楽しむモデルコース

コース概要(日帰り)

10:00 プレイアトレ土浦(自転車をレンタル) 10:30 市内散策(土浦の雛まつり、まちかど蔵) 11:30 喫茶蔵(昼食) 12:30 亀城公園・土浦市立博物館 14:00 霞ヶ浦総合公園 15:45 ラクスマリーナ(霞ヶ浦遊覧) 17:30 プレイアトレ土浦(自転車を返却)

 

スタート

常磐自動車道「桜土浦IC」「土浦北IC」から 車で約15分 (約6km)

10:00プレイアトレ土浦

レンタサイクルもおまかせの体験型サイクリングリゾート

JR土浦駅ビルが、サイクリングステーションにリニューアル!電動アシスト付き自転車や、ロードバイク、クロスバイクなど豊富な車種がレンタルでき、ヘルメットやグローブもレンタル可能。
サイクルカフェやサイクリスト向けロッカールーム、更衣室やシャワールームも用意されているので、手ぶらで気軽にサイクリングを楽しむことができます。

  • 住所:茨城県土浦市有明町1-30
  • 電話:029-835-3000
くわしくはこちら

自転車をレンタルし、市内散策へ

10:30土浦の雛まつり

城下町を彩る、春の雛絵巻

国の登録有形文化財である土浦まちかど蔵をメイン会場に、歴史ある土浦のまち並みが雛人形に彩られる季節イベント。江戸末期の蔵と調和した「和」の空間が、まちあるきの楽しさに華を添えてくれます。また、周辺商店街でも様々な雛人形・雛飾りが展示され、期間中の土日には関連イベントも開催されます。

くわしくはこちら

土浦まちかど蔵「大徳」

江戸時代の呉服店を改装した、まちあるきのアンテナショップ

旧水戸街道沿いに位置し、土浦の商業の中心地として栄えた中城通りにある土浦市の観光拠点。
江戸時代末期に造られた呉服店の見世蔵、袖蔵、元蔵、向蔵の4棟を改修した建物の中には、観光案内所やおみやげ販売コーナーがあり、昔の土浦の暮らしに触れることのできる展示資料館もあります。

  • 住所:茨城県土浦市中央1-3-16
  • 電話:029-824-2810(土浦市観光協会)
くわしくはこちら

土浦まちかど蔵「野村」

城下町の風情を残す、蔵づくりの建物でひと休み

土浦まちかど蔵「大徳」の向かいにある、江戸時代後期から明治時代初期に建造された蔵。
江戸時代から続いた商家の野村家の3つの蔵からなる建物で、休憩所や展示室があり、レトロな雰囲気漂うレンガ蔵は喫茶店として活用されています。

  • 住所:土浦市中央1-12-5
  • 電話:029-822-0081
くわしくはこちら

11:30喫茶 蔵

煉瓦造りのレトロな蔵で、おいしいランチとコーヒーを

「土浦まちかど蔵 野村」の一角にあるカフェ。明治25年に建造されたレンガ造りの蔵で、レトロな気分を味わいながらくつろぎのひとときをどうぞ。
カレーの町・土浦の名物である「ツェッペリンカレー」をはじめ、オムライスやパスタなどの洋食メニューや、こだわりのコーヒー、あんみつやタルトなどを楽しむことができます。

  • 住所:土浦市中央1-12-58(まちかど蔵 野村内)
  • 電話:029-822-0081
くわしくはこちら

自転車ですぐ (約300m)

12:30亀城公園

春は桜が咲き誇る、土浦市民の憩いの公園

土浦城の本丸と二の丸の一部を整備した公園。東櫓と西櫓は復元されていますが櫓門は当時のままで、本丸にある櫓門としては関東で唯一現存するものです。
園内にはミニ動物園や芝生広場、ブランコ等の遊具もあり、市民の憩いの場として親しまれているほか、桜の名所としても知られています。

  • 住所:土浦市中央1-13
くわしくはこちら

土浦市立博物館

土浦の歴史に触れ、文化を学ぶ

亀城公園に隣接する博物館。「霞ヶ浦に育まれた人々のくらし」を総合テーマに、展示品を季節ごとに入れ替えながら土浦の歴史と文化を紹介しています。「大名土屋家の文化」コーナーでは刀剣や茶道具が展示されているほか、特別展や企画展も随時開催されています。

  • 住所:土浦市中央一丁目15-18
  • 電話:029-824-2928
くわしくはこちら

自転車で約20分 (約4km)

14:00霞ヶ浦総合公園

霞ヶ浦と筑波山を望む、緑と水の公園

霞ヶ浦の湖岸沿いに位置し、46ヘクタールの敷地を誇る自然豊かな公園。シンボルのオランダ風車展望台からは霞ヶ浦が一望でき、春には風車の周りに約30,000本ものチューリップが咲き乱れ、初夏から夏にかけては200品種以上の花蓮を観賞することができます。

  • 住所:土浦市大岩田1051
  • 電話:029-823-4811
くわしくはこちら

自転車で約20分 (約4km)

15:45ラクスマリーナ

国内湖面積第2位の霞ヶ浦で、快適クルージング

霞ヶ浦の沖合を快走する86名乗りのワイドな遊覧船「ホワイトアイリス号」で内陸クルージングを満喫!
11月から3月は、冬季仕様のこたつクルーズが楽しめます。

  • 住所:茨城県土浦市川口2丁目13番6号
  • 電話:029-822-2437
くわしくはこちら

プレイアトレまで自転車で約10分(約1.5km) レンタルサイクル返却

常磐自動車道「桜土浦IC」「土浦北IC」まで 車で約15分 (約6km)

ゴール

大子でマイペースにハイキング!新緑の大子の魅力満喫の1泊2日

コース概要(1泊2日)

1日目

9:30 大子でハイキング 14:00 奥久慈しゃも 16:00 奥久慈温泉郷

2日目

10:00 奥久慈茶の里公園 11:00 旧上岡小学校 12:30 奥久慈そば 14:00 袋田の滝

1日目スタート

常磐自動車道 那珂ICから国道118号を北上

9:30大子町のハイキングコース

新緑に包まれた大子でリフレッシュ!

自然豊かな大子町にはたくさんのハイキングコースがあります。健脚の方にも、マイペース派の方にも、ぴったりのコースが見つかりそうです。

男体山・湯沢峡コース

奇岩、怪石のつくりだす男体山は、山頂からの鳥瞰図的な眺望が絶景です。 水郡線西金駅、上小川駅からの登山コースと奥久慈自然休養林を縦断し袋田の滝に通じるコースがあります。
健脚レベル 所要時間: 4時間30分
西金→湯沢→大円地→大円地越→男体山頂→男体神社→長福→長久保分岐点→JA特産物直売所→上小川駅
登山レベル 所要時間: 7時間30分
西金→湯沢→大円地→大円地越→男体山頂→月居山→袋田の滝→袋田駅

箕輪・袋田・鷲の巣山コース

日本三名瀑のひとつ袋田の滝を中心にしたコースで、袋田温泉にも近く月居観音、生瀬滝、月居城跡を探索しながら四季を通じて楽しめます。
一般レベル 所要時間: 2時間30分
袋田駅→袋田温泉→七曲がり→月居山→生瀬滝→袋田の滝→袋田駅
健脚レベル 所要時間: 3時間50分
上小川駅→山造→鷲の巣山→下津原→袋田駅
健脚レベル 所要時間: 2時間30分
袋田駅→南田気→箕輪→太郎山→小久慈→奥久慈だいご観光やな→常陸大子駅

八溝山・大神宮山コース

落葉広葉樹の原生林と自然度100パーセントの湧水群、珍しい植物や小動物達が八溝山の素晴らしさを教えてくれるコースです。山頂には城をかたどった展望台も。
初心者レベル 所要時間: 1時間30分
日輪寺入口→日輪寺→八溝山頂→八丁坂→金性水→日輪寺入口
健脚レベル 所要時間: 4時間30分
八溝山頂→池ノ平→高笹山→大神宮山→唐竹久保林道入口

くわしくはこちら

14:00奥久慈しゃも料理

滋味豊かな味わいが魅力の「地鶏の王様」

茨城県奥久慈地方は古くからしゃもの生産が盛んで、全国でも有数の飼育羽数を誇っています。奥久慈の大自然の中で放牧され、大切に育てられた奥久慈しゃもは、ブロイラーにはないしっかりした歯ごたえや深いコクなど、野性味あふれる味わいが魅力。
しゃも鍋をはじめ、親子丼や焼き鳥、大子町の特産品をふんだんに使った「シャモゲタン」など、様々なしゃも料理をお楽しみください。

16:00奥久慈温泉郷

疲れた身体に癒しのひとときを

八溝山系の清らかな水と豊かな大自然に恵まれた大子町。「美人をつくる湯」として人気の大子温泉、「百病を治す温泉」と称される袋田温泉、アットホームな雰囲気の月居温泉と、個性的な3つの温泉郷があります。日帰りの湯に浸かるもよし、温泉のあるホテルや旅館でゆったりと疲れを癒すのも良いでしょう。

2日目スタート

10:00旧上岡小学校

旧上岡小学校は、3つの建物からなり、第1棟が明治43年に建設。昭和12年には第2棟が、昭和38年には第3棟が建設され、平成13年に閉校。閉校時に、地元の方たちにより上岡小跡地保存の会を立ち上げ管理をしています。現在は国の登録有形文化財に指定されています。また、NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」「花子とアン」のロケ地にもなっています。

11:00奥久慈茶の里公園

お茶の北限で茶摘み体験

古くは江戸時代より栽培が始められた「奥久慈茶」は、大子の特産品のひとつです。気軽に体験できる茶摘みは、大人から子どもまで人気のある新茶の時期限定の体験です。摘んだお茶は、当日お持ち帰りできます。

  • 時期:5月中旬から
  • 人数:1名から
  • 時間:約1時間

12:30奥久慈そば

大子町産のそばは風味が良く、甘味が深く、全国のそば職人から高い評価を集めています。大子の各地で味わうことができますが、袋田の滝そばには多くのお土産・お食事処があり、昔懐かしい雰囲気の佇まいが、家庭的なそばの美味しさをより一層引き出してくれます。

14:00袋田の滝

日本三名瀑に数えられ、高さ120m、幅73mの大きさを誇ります。滝の流れが四段に落下することや、四季に一度ずつ訪れてみなければ本当の良さはわからないといわれていることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。1,500万年ほど昔の海底火山の噴火ででき、空海が護摩修行を行ったともいわれています。平成27年3月には国の名勝に指定され、恋人の聖地としても注目されています。

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
  • 電話:0295-72-4036(袋田観瀑施設管理事務所)
くわしくはこちら

常磐自動車道 那珂ICまで

ゴール