新着情報カテゴリー: トピックス

「いばらき県産品お取り寄せサイト」オープン!

茨城県観光物産協会が運営する、茨城県産の食材やグルメ、工芸品などを集めたショッピングサイトがオープンしました!
豊かな自然に恵まれた茨城県ならではの、名産品や特産品が勢ぞろい。
ギフトやおみやげに、ご自宅用に、産地直送の名品はいかがですか?
商品はすべて送料無料でお届けします。ぜひご利用ください。

 

「いばらき県産品お取り寄せサイト」はこちら

「知らないなんてもったいない!いばらき」冬期観光キャンペーン

キャンペーン開催期間: 平成31年1月1日(火・祝)〜3月31日(日)

茨城県・茨城県観光物産協会・JR東日本水戸支社が主体となり、市町村や関係事業者と連携し2019年1月1日~3月31日までの3ヶ月間、「歴史・文化・自然・食」をテーマに、もっと知ってもらいたい茨城の魅力をご紹介します。
期間中は、県内をはじめ首都圏の主な駅・観光施設での積極的な宣伝展開や、E653系臨時列車の運転、県央(水戸周辺)を中心とした旅行商品の発売のほか、「アニメ 続『刀剣乱舞‐花丸‐』花丸遊印録スタンプラリー」等の各種イベントを実施し、さまざまなコンテンツでお客さまをお迎えします。
ぜひ、新しい茨城を発見する旅へお出かけください!

おもなイベント

いばらきの名所を巡るバスツアー

茨城県内の酒蔵を巡るツアーと県央名所を巡るツアーに加え、市町村が推薦する名所を巡る特別企画無料バスツアーが企画されました。

  • 酒蔵漫遊記(有料バスツアー)…東海・水戸・友部・土浦駅発着の4コース
  • いばらきよいとこプラン(有料バスツアー)…勝田・水戸・友部駅発発着の4コース
  • 無料バスツアー…水戸・友部・勝田・石岡駅発着の6コース

ツアーの詳細・申し込み方法は、以下のリンクより特設ページをご覧ください。

アニメ 続『刀剣乱舞-花丸-』花丸遊印録スタンプラリー

今年も「水戸の梅まつり」開催にあわせて、アニメ 続『刀剣乱舞-花丸-』とタイアップした「花丸遊印録スタンプラリー」が開催されます。

開催期間…2019年2月16日(土)〜3月24日(日)

スタンプ設置箇所

  • 〔JR〕品川駅・上野駅・柏駅・取手駅・土浦駅・石岡駅・友部駅・水戸駅
    ※品川駅・上野駅・柏駅・取手駅は3月2日(土)からの設置となります。
  • 〔水戸市内〕徳川ミュージアム・茨城県立歴史館・常磐神社義烈館・弘道館

商品や参加方法は、以下のリンクより特設ページをご覧ください。

続『刀剣乱舞-花丸-』花丸遊印録スタンプラリー

いばらきの観光キャラバン・産直市

茨城県の見どころをそろえ、茨城県・各市町村と連携し観光キャラバン・産直市を開催します。

観光キャラバン
  • 水戸市/首都圏主要駅で実施予定(2月)
    ひたちなか市/横浜駅(2月25日(月))実施予定
いばらき産直市
  • 場所…上野駅(中央改札前グランドコンコース)
  • 日時…2019年1月17日(木)〜19日(土)11:00〜20:00(※最終日のみ17:00まで)
  • 内容…観光PR(観光大使、ご当地キャラによるPR)、特産品の販売

E653系おかえり号

かつて常磐線特急列車「フレッシュひたち」として運転していたE653系車両が、2019年2月2日(土)に「E653系おかえり号」として水戸〜いわき間を運転します。

  • 停車駅…水戸・勝田・日立・高萩・大津港・いわき
他にも、関連イベントが盛りだくさん!くわしくはJR東日本のページをご覧ください
JR東日本水戸支社ホームページ プレスリリース
お問い合わせ

茨城県営業戦略部観光物産課 電話 029-301-3622

(一社)茨城県観光物産協会 電話 029-226-3800

偕楽園の梅が早くも開花しました。

平成30年12月25日(火)現在、偕楽園の梅が3本開花しました
開花率は約0.11%。
猩々梅林の八重寒紅、本園拡張部の八重冬至が咲きました。

弘道館の梅は今のところ開花しておりません。

平成最後の水戸の梅まつりは、平成31年2月16日(土)から3月31日(日)まで開催されます。

水戸市_梅祭1500
水戸の梅まつりについてくわしくはこちら

女優・羽田美智子さんと語る「茨城でのロケは日本一!!」2019年2月14日(木)開催

茨城県出身の女優・羽田美智子さんのトークショー開催!

美しい海岸線や筑波山、昔ながらの農村風景から最先端の街並みまで様々なロケーションを有する本県は、ドラマや映画のロケ地として日本屈指となっています。
このたび、連続テレビ小説「ひよっこ」等にご出演されている女優の羽田美智子さんにロケ地でのエピソード等をおうかがいし、茨城のロケ地巡りの魅力に迫ります。ぜひご参加ください!!

 

日時・場所

2019年2月14日(木)
14:00~16:00 (受付 13:15〜)
フェリヴェールサンシャイン(住所: 水戸市白梅2-3-86)

定員

150名(無料・申込制)

内容

  • 県フィルムコミッション推進室の取組説明
  • 羽田美智子さんのトークショー
    金田優香キャスター(NHK水戸「いばっチャオ!」担当)
    茨城県観光物産課長 橘川栄作

申込方法

官製はがき・メール・FAXで受け付けております。

  1. 講演名(羽田美智子トークショー)
  2. お名前
  3. 郵便番号及び住所
  4. 電話番号(ご自宅または携帯番号)

を記載の上、下記までお申し込みください。

申込先

茨城県 営業戦略部 観光物産課
FAX: 029-301-3629
e-mail: kanbutsu1@pref.ibaraki.lg.jp

  • 1月25日(金) 申し込み締切(必着)
  • 定員を超えた場合は、抽選となります。当選者の発表は、「入場整理券」の発送をもってかえさせていただきます。
  • 抽選の有無にかかわらず、「入場整理券」の発送は1月末を予定しております。予めご了承ください。

主催

茨城県、(一社)茨城県観光物産協会
お問い合わせ: 029-301-3617(県観光物産課)

プロフィール
茨城県出身。女優として映画、ドラマ、CMなどで活躍中。いばらき大使・常総ふるさと大使を務める。ドラマ「特捜9」(テレビ朝日)や 「ひよっこ」(NHK)などに出演。映画「この道」が2019年1月11日公開。著書に『羽田美智子が見つけた沖縄 すてき、ひとめぐり。』(光文社)、『私のみつけた京都あるき』、『私のしあわせ京都あるき』(共に集英社)がある。

トークショーチラシ

Zekkeiいばらきフォトコンテスト2018

「Zekkeiいばらきフォトコンテスト2018」

募集期間:2018年12月1日(土)〜1月10日(木)

応募は締め切りました。入選作品は後日このページでもご紹介いたします。

本コンテストは、茨城県と「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」が合同で実施する写真コンテストです。
3年目の開催になる今年のテーマは「朝と夜に見られる絶景」。
あなたが茨城県内で絶景(=Zekkei)を体験した写真をInstagramやWEBサイトに投稿して、世界中の人にシェアしましょう!
「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー詩歩さん等による審査の後、入賞作品は、雑誌「日経WOMAN」ほか各所にて発表予定です。

 

前回の入選作品

2017グランプリ作品

2017年WEBサイト部門 グランプリ作品
「天空の鳥居」Takayuki Koike さん

2017絶景賞

2017年Instagram部門 絶景賞
tomo0147 さん

その他の入選作品はこちら

 

応募方法

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」特設ページまたはInstagramから応募できます。

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」特設ページから投稿する場合

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」特設ページはこちら

Instagramから投稿する場合

  • ① フォトコンテスト用アカウントZekkeiいばらき(zekkei_ibaraki)をフォローする
  • ② フォトコンテスト応募用ハッシュタグ#zekkeiいばらき2018と、位置情報(県内の撮影スポットであること)を付けて画像を投稿

Instagram公式アカウントはこちら

 

審査について

キャンペーン期間終了後、審査員の投票により審査します。

  • 審査委員長:「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー 詩歩
  • 審査委員:フォトグラファー yOU (河崎夕子)
  • 審査委員:いばらき観光マイスターS級・筧田聡

結果発表

2019年1月以降、入選した方へ、facebookまたはWEBサイトにて登録されているメールアドレスに連絡します。

 

各賞について

  • Zekkeiグランプリ:「里海邸 金波楼本邸」ペア宿泊券6万円相当…1組
  • Zekkei準グランプリ:「うのしまヴィラ」ペア宿泊券3万円相当…1組
  • 朝夜賞:「うのしまヴィラ」ペア宿泊券3万円相当…1組
  • 詩歩賞:「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」サイン入り全巻セット…1名

※賞品の内容は変更になる場合があります。

Instagramへの投稿を対象にした賞もございます。くわしくは「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」特設ページをご覧ください。

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」特設ページはこちら

紅葉シーズンに筑波山方面へお越しの方へ (迂回路のご案内)

紅葉が見頃を迎える11月の休日は、筑波山に向かう県道42号やつくば市街地において、道路の混雑が予想されます。
車で筑波山ロープウェイ方面へお越しの方は、パープルライン※(県道236号)への迂回にご協力をお願いします。※二輪車通行不可
11月18日(日)、23日(金・祝)、24日(土)の3日間、パープルラインの臨時駐車場を無料開放し、駐車場からロープウェイ乗り場(つつじヶ丘駐車場)まで無料シャトルバスを運行いたしますので、ぜひご利用ください。

 

筑波山方面の迂回路情報をダウンロード(PDF)

 

シャトルバス(無料)のご案内

※雨天中止

  • シャトルバス運行日:11月18日(日)、23日(金・祝)、24日(土)
  • 運行時間:9:00~16:00(20分間隔で運行)
  • 駐車場:無料(230台)
ご利用上の注意

シャトルバスへのペットの持ち込みは、他のお客様に迷惑をかけない処置をした愛玩用の小動物を除いて、禁止とされています。(盲導犬可)
持ち込みの際には、持ち運び用のキャリーケースなどに入れてご乗車ください。
なお、車内に持ち込めるお手回り品は、大きさ60㎤以内、重さ30kg以内、長さ2m以内のものとなっています。

紅葉シーズンに奥久慈(袋田の滝)方面へお越しの方へ (迂回路のご案内)

紅葉の時期は、奥久慈(袋田の滝)方面に向かう国道118号において、渋滞の発生が予想されますので、迂回ルートのご利用をお願いいたします。
常磐自動車道から「奥久慈(袋田の滝)」方面への観光ルートは、那珂ICばかりでなく、水戸北スマートICや日立南太田ICなどからのルートもありますので、周遊目的地によってルートをお選びください。

 

奥久慈(袋田の滝)方面の迂回路情報をダウンロード(PDF)

 

観光いばらきリニューアル!

観光いばらき

茨城県と(一社)茨城県観光物産協会が運営する県公式観光情報サイト「観光いばらき」は、約4年半ぶりとなる全面リニューアルを実施いたしました!
より魅力的に、より使いやすくなった「観光いばらき」ホームページで、さらに強力かつ効果的に県内の観光情報を 発信してまいります。

 

観光いばらき

 

リニューアルのポイント

  • ホームページレイアウトを一新!スマートフォンでの閲覧がより便利になりました!
  • 自然や歴史、季節ごとのイチオシスポットなど、テーマごとのおすすめ特集ページを追加しました!
  • 県内周遊モデルコースを追加!バリエーション豊かな茨城の旅を分かりやすく提案します。
  • 主な観光スポットやイベント、ご当地グルメなど、県内各市町村別の観光情報をより詳しく紹介しています!

さらに、今後、県内観光地画像のダウンロードシステムの強化、県内宿泊施設のプラン検索・予約システムの搭載、 県内観光施設の情報強化(バリアフリーや多言語への対応状況など)なども実施予定です。
これからの「観光いばらき」をぜひお見逃しなく!

10月25日(木) 東京・銀座の茨城県アンテナショップがリニューアルオープンします!

東京・銀座1丁目の茨城県アンテナショップが、10月25日(木)にリニューアルオープンします。
新たな店名は「IBARAKI sense (イバラキセンス)」。
特産グルメから伝統工芸まで、厳選された茨城の逸品を取り揃え、茨城の魅力を世界に向けて発信していきます。

 


稲田石の壁、真壁石のテーブル、八溝杉のレリーフなど、茨城県の名産品を随所にあしらった店内のレイアウトは、茨城県の地形をモチーフにしたもの。笠間焼のオブジェ、結城紬の暖簾、水府提灯など、茨城が誇る工芸品が空間を彩ります。
食品、地酒、工芸品を中心に、厳選された茨城の逸品を販売する「SENSE SHOP(センス ショップ) 」。旬の県産フルーツを使ったオリジナルスイーツなどを提供する「BARA cafe (ばら カフェ)」。茨城県産のブランド食材を使った料理を提供する「BARA dining (ばら ダイニング)」。 そして、旬の情報やアイテムを紹介する提案型ブースで構成された茨城づくしの空間で、茨城の魅力を体感してください。

 

SENSE SHOP(センス ショップ)

海の幸と山の幸、大自然の恵がいっぱいの茨城県産グルメをはじめ、地酒、工芸品を中心に、厳選された茨城の逸品を販売します。

水戸市森林公園のカチョカヴァロチーズ

つくばの養蜂家さんのはちみつ

笠間の栗クッキー 栗の山

干しいもオランジェッタ

松盛のうめざかり 黒糖梅酒

すずも提灯 いちご

BARA cafe (ばら カフェ)

茨城県産牛乳のミルクソフトや旬の県産フルーツを使ったオリジナルスイーツなどを提供。外部のカフェスタンドから気軽にテイクアウトすることもできます。

茨城産”笠間”マロンとカシスのパフェ

茨城産牛乳のミルクソフト-チョコソース&フランボワーズソース-

BARA dining (ばら ダイニング)

常陸牛やローズポーク、あじわい鶏をはじめとする茨城県産のブランド食材や、茨城直送の新鮮魚介と旬の野菜をふんだんに使った料理を提供します。

ランチ<IBARAKIごちそう膳>

ディナー<コース料理「風月」>

 

 

住所 東京都中央区銀座1-2-1 紺屋ビル1階
電話 03-5524-0818
営業時間
ショップ・カフェ 10:30~20:00
ダイニング 11:00~23:00(日・祝は〜21:00)

アクセス
JR 有楽町駅(京橋口)から徒歩約3分
有楽町線 銀座1丁目(3番出口)から徒歩約1分
丸の内線 銀座駅(C6番出口)から徒歩約4分

「IBARAKI sense(イバラキセンス)」公式サイトはこちら

明治150年記念研修会・講演会

板谷波山~陶芸とその生涯~

平成30年は、「明治維新」から150年の節目の年にあたり、全国的に明治維新に係る歴史の振り返りや観光資源としての活用がなされているところです。
こうした機運と併せて,県内の歴史的資源を広く県内外に発信する人材を育成するため、茨城県名誉県民である日本近代陶芸の巨匠「板谷波山」をテーマに講演会を開催いたします。
講演会の後は、板谷波山記念館にて現地研修(作品・文献資料等について解説いただきます。)を行います。
※板谷波山記念館では、「板谷波山・神林コレクション初公開 ふるさとへの贈り物」(外部サイトへリンク)が(10月6日から11月4日まで)実施されます。
観光ボランティアに携わっている方をはじめ、いばらき観光マイスターや観光事業者等の観光振興に従事されている方など、たくさんの皆様のご参加をお待ちしています!

日時 平成30年10月31日(水)
14時00分から16時00分まで(13時30分開場)
場所 しもだて地域交流センターアルテリオ 会議室(筑西市丙372)
板谷波山記念館(筑西市田町甲866-1)
※集合場所はしもだて地域交流センターアルテリオ会議室です。
参加費 無料
定員 80名 ※申込先着順となります
申込期限 平成30年10月26日(金)

現代に生きる『明治維新と水戸』

平成30年は、「明治維新」から150年の節目の年にあたり、全国的に明治維新に係る歴史の振り返りや観光資源としての活用がなされているところです。
こうした機運と併せて、本県においても県内の歴史的資源を広く県内外に発信するため、アメリカで明治維新期における水戸について研究しているマイケル・ソントン氏にご講演いただくとともに、観光面での歴史的資源の活用についてパネルディスカッションを実施いたします。
観光ボランティアに携わっている方をはじめ、いばらき観光マイスターや観光事業者等の観光振興に従事されている方など、たくさんの皆様のご参加をお待ちしています!

日時 平成30年10月21日(日)
10時00分から12時00分まで(9時30分開場)
場所 ホテルレイクビュー水戸(水戸市宮町1丁目6-1)
参加費 無料
定員 150名 ※申込先着順となります
申込期限 平成30年10月17日(水)
備考 ※ホテル併設の駐車場をご利用いただけますが、数に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

弘道館と偕楽園

平成30年は、「明治維新」から150年の節目の年にあたり、全国的に明治維新に係る歴史の振り返りや観光資源としての活用がなされているところです。
こうした機運と併せて、本県においても、県内の歴史的資源を広く県内外に発信する人材を育成するため、県の主要な観光地であり歴史的資源でもある「弘道館」及び「偕楽園」について、茨城県立歴史館の永井博氏にご講演いただきますとともに、歴史的資源を活用した観光振興について、茨城県観光物産課長の橘川栄作が講演いたします。
観光ボランティアに携わっている方をはじめ、いばらき観光マイスターや観光事業者等の観光振興に従事されている方など、たくさんの皆様のご参加をお待ちしています!

日時 平成30年9月28日(金)
14時00分から16時15分まで
場所 茨城県立歴史館講堂
参加費 無料
定員 100名 ※申込先着順となります
申込期限 平成30年9月21日(金)

申込方法

お電話・FAX・メールにて、「氏名」「ご連絡先(電話・メールアドレスなど)」「勤務先・所属団体」「住所」をお伝えください。

申込期限

板谷波山~陶芸とその生涯~ 平成30年10月26日(金)
現代に生きる『明治維新と水戸』 平成30年10月17日(水)
弘道館と偕楽園 平成30年9月21日(金)

  • FAXでお申込みの方へは、定員を超えた場合のみ、こちらからご連絡いたします。連絡がない場合は、参加確定になります。
  • ご報告をいただいた個人情報については、本事業でのみ使用し、目的外での使用や第三者への情報提供はいたしません。
申込先

茨城県営業戦略部観光物産課観光戦略担当

電話番号:029-301-3617
FAX:029-301-3629

E-mail:kanbutsu1@pref.ibaraki.lg.jp

幕末明治福井150年博記念「天狗党の足跡を辿るツアー」参加者募集中

福井県と(公社)福井県観光連盟は、幕末明治福井150年事業博の事業として、 茨城県ゆかりの方を対象に「天狗党の足跡を辿るツアー」を実施いたします。
幕末明治150年を機に、歴史的なつながりのある茨城県の方々が 県内に残る逸話を知る機会を作り、なお一層の交流につなげます。

天狗党ツアー公募用画像

 

事業について

概要

茨城県ゆかりの方々が、福井県に幕末期の歴史が多く残る「水戸天狗党」ゆかりの地を巡り、それぞれに語り継がれている天狗党と地元の交流を知るツアーを実施

対象

茨城県ゆかりの方(茨城県在住及び茨城県出身の方等)

人数

20名

日程

平成30年10月19日(金)~21日(2泊3日)

内容

天狗党が残した巨大地図や、髷など、大変貴重な品を多数披露します。

費用

59,000円(水戸発)
55,500円(東京発)

天狗党ツアーチラシをダウンロード

 

福井県と茨城県のつながり

福井県内には、天狗党と地元住民との温かい交流の逸話が多く残っています。
敦賀市は天狗党を祀る松原神社100年祭を機に、水戸市と姉妹都市として交流しています。

 

問い合わせ先

福井県観光連盟 川上
TEL. 0776-23-3789