水戸八景「太田落雁」

みとはっけい「おおたらくがん」

県北

常陸太田市

太田の落雁芳洲を渡る

水戸八景とは、水戸徳川家第9代藩主斉昭公が、天保4年(1833年)に水戸藩内を巡視し八つの景勝地を選定したものです。選ばれた地には、斉昭公自筆の碑が建てられました。
「太田落雁」はそのひとつで、阿武隈の連山を背景とした稔りの秋のすばらしい眺めや、雁が刈田におりる情景を詠んだものです。

Information