水戸八景「仙湖暮雪」

県南

水戸市

雪時嘗て賞す仙湖の景せつじつかつてしょうす せんこのけい

水戸八景とは、水戸徳川家第九代藩主斉昭公が、天保四年(1833年)に水戸藩内を巡視し八つの景勝地を選定したものです。選ばれた地には、斉昭公自筆の碑が建てられました。 「仙湖暮雪」は雪の千波湖の夕景色を詠んだものです。

Information

  • 所在地・問い合わせ先
    所在地

    茨城県水戸市常磐町1-3-3 偕楽園南崖

    問い合わせ先

    (一社)水戸観光コンベンション協会
    TEL:029-224-0441