泉福寺の枝垂桜

せんぷくじのしだれざくら

県北

常陸太田市

茨城県天然記念物

泉福寺は、里美地区で唯一住職がいる寺院。貞享元(1684)年に廃寺であった松安寺の跡地に日立市小木津より引寺された。このシダレザクラはその際に植樹されたものと考えられており、県の天然記念物に指定されている。県内でも有数の樹勢を誇る巨木として、古くから多くの観光客の目を楽しませてきた。通常、シダレザクラと聞くと、傘のような樹形を思い浮かべるものだが、このシダレザクラは途中から二股に分かれており、あたかも丁寧に手を掛けた盆栽のように、どの角度から見ても美しい樹形を目にすることができる。

Information