大生郷天満宮

県西

常総市

延長7年(929年)菅原道真公の第3子影行の創建といわれ、日本三大天神のひとつとして知られています。延喜3年(903年)道真公が大宰府に没した後、この地に足をとどめ遺骨を祀ったといわれています。初天神祭などには合格祈願の参拝客で賑います。

まるわかり情報

社殿正面からの入口です。

天満宮と牛:御祭神(菅原道真公)の御誕生日が丑年、丑日であったと伝わることから、天満宮では牛を巻属(神に仕える動物)としました。

厄除、方除、合格(進学)祈願の絵馬が並びます。

Information