第74回企画展「体験!発見!恐竜研究所」_(坂東市)

開催期間:2019年2月16日(土)〜6月9日(日)

科学的な恐竜研究が開始されたおよそ200年前には,恐竜は巨大なトカゲのような動物であると考えられていました。しかし,研究が進むにつれ,恐竜はより活動的な動物だったと考えられるようになりました。1996年以降,さまざまな恐竜がまるで鳥類のように羽毛をまとった姿で復元されることが多くなり,現在では「鳥類は恐竜の生き残りである」という考え方が広まっています。

今回の企画展では,恐竜研究の歴史や最新の分類に関する話題,日本の恐竜研究などについて紹介します。

<主な展示内容>

  1. 資 料:ティラノサウルスの全身骨格3体(幼体,若者,大人の3体の展示は日本初!),日本各地の恐竜化石(近年話題のむかわ竜(実物)を含む多数を展示),

    最初に研究された恐竜化石(イグアノドンの歯,メガロサウルスの下顎)など

  2. 映 像:恐竜とは?,恐竜研究の昔と今,恐竜の分類,恐竜から鳥への進化など

  3. 体験コーナー:プレイコーナー,さわれる標本(実物の恐竜の骨含む)など

会場ミュージアムパーク茨城県自然博物館
茨城県坂東市大崎700
時間午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金本館・野外施設:大人740円、満70歳以上370円、高校・大学生450円、小・中学生140円
野外施設のみ:大人210円、満70歳以上100円、高校・大学生100円、小・中学生50円
※団体割引あり
休み毎週月曜日
※4月29日,5月6日は開館し,5月7日,8日は休館となります。
駐車場無料駐車場有り(1000台)
アクセス【車】常磐自動車道谷和原ICから20分、古河方面から境町経由50分、筑西方面から下妻市経由1時間10分、土浦方面から水海道経由1時間、首都圏中央連絡自動車道坂東ICから25分
【鉄道・バス】つくばエクスプレス守谷駅西口1番ホームから関東鉄道バス「岩井行き」乗車約30分「自然博物館入り口」下車、徒歩約5分(バスは1日に3~4本程度)
または、東武アーバンパークライン愛宕駅から茨城急行バス「岩井車庫行き」乗車約15分、「自然博物館入り口」下車、徒歩約10分(バスは1時間に1本程度)
問い合わせミュージアムパーク茨城県自然博物館
TEL:0297(38)2000

 

くわしくはこちら

GoogleMapを開く

≫ イベントカレンダーへ