地質標本館2019年度特別展「宇宙(そら)から地質(ジオ)-衛星でみる地質-」(つくば市)

開催期間:2019年4月16日(火)〜7月7日(日)

 人工衛星に搭載された特殊なカメラ(センサー)で地球を観察すると、人間の目で見たのではわからない地球の顔が見えてきます。 色の違い、地球の凹凸(標高)、温度等の情報を頼りに、さまざまな世界の地質を見てみましょう。
 約20年にわたってNASAと共同で研究を行っているセンサーTERRA/ASTERや、国際宇宙ステーションに搭載予定のHISUIも紹介します。

※関連イベント
<科学技術週間特別講演会>
日時:2019420日(土)14時~16時(開場1345
会場:地質標本館 1階 映像室
定員: 60名 (当日先着順)
講演1:「人工衛星を使って地質を調べる!」 講演者 山本浩万(産総研 地質情報研究部門)
講演2:「人工衛星が開く新しい宇宙ビジネス」 講演者 広瀬和世(宇宙システム開発利用推進機構)

 

会場産業技術総合研究所 地質標本館 1階ホール(茨城県つくば市東1-1-1 中央第7)
茨城県つくば市東1-1-1 中央第7
時間9時30分~16時30分
料金無料
休み毎週月曜日(休祝日の場合は翌平日)
問い合わせ産業技術総合研究所 地質調査総合センター 地質標本館
TEL:029-861-3750、3754
備考主催:産業技術総合研究所 地質調査総合センター
後援:一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構・パナソニック株式会社

 

GoogleMapを開く

≫ イベントカレンダーへ