地質標本館企画展「恐竜とアンモナイト-白亜紀の日本を語る化石-」(つくば市)

開催期間:2019年10月1日(火)〜11月4日(月)

休館日:毎週月曜日(休祝日の場合は翌平日)

2018年、10月15日は「化石の日」に制定されました(日本古生物学会)。当館では「化石の日」を記念して企画展を開催します。
福井県立恐竜博物館と連携し、恐竜博物館のフクイラプトル、フクイサウルスのレプリカの一部を展示し、合わせて地質標本館所蔵のアンモナイトを展示します。
まだ形のなかったころの日本の白亜紀をぜひ感じてください。


<企画展特別講演会> ※詳細は下記ウェブサイトにてご確認ください
演題:「ざんねん」じゃなかった!日本のスゴい古生物

開催日:2019年10月19日(土)
講演者:芝原暁彦(福井県立大学 恐竜学研究所 客員教授/地球科学可視化技術研究所 所長)
内容: 日本の各地からは様々な時代の化石が発見されています。その生態は謎に包まれていましたが、最近の研究によって少しずつそれが明らかになってきました。この講演会では、実物の化石や、最新のVRモデルを駆使して様々な古生物を解説します。この機会に、あなたの「推し古生物」を見つけてみませんか?

 


詳細は地質標本館のウェブサイトをご覧ください
https://www.gsj.jp/Muse/
企画展のページはこちら
https://www.gsj.jp/Muse/event/archives/20191001_event.html




会場産業技術総合研究所 地質標本館(つくば市東1-1-1)
時間9:30 ~ 16:30
料金無料
休み休館日:毎週月曜(休日・祝日の場合は翌平日)
駐車場あり(無料)
アクセス自動車ご利用の場合:常磐自動車道「桜土浦IC」から約10分(お車でご来訪の際には、守衛所にお立寄り下さい)

つくばエクスプレス線「つくば」駅ご利用の場合:関東鉄道バス「荒川沖駅(西口)行(並木経由)」、「筑波宇宙センター経由(学園南循環)」または「桜ニュータウン行」にご乗車にて「並木二丁目」下車後、徒歩約5分

JR常磐線「荒川沖」駅ご利用の場合:西口より関東鉄道バス「筑波大学中央行」または「つくばセンター行(並木経由)」にご乗車にて「並木二丁目」下車後、徒歩約5分

高速バスご利用の場合:東京駅八重洲南口JR高速バスターミナル2番のりば「筑波大学/つくばセンター行」(約65分)にご乗車にて「並木二丁目」下車後、徒歩約5分
問い合わせ地質標本館(029-861-3750)

 

くわしくはこちら

≫ イベントカレンダーへ