特別展示『長者山遺跡がつなぐ古代の道と常陸国風土記の世界』_(日立市)

開催期間:2019年12月21日(土)〜2月24日(月)

平成30(2018)年に、日立市十王町の長者山遺跡が、日立市で初めての国指定史跡に指定されました。長者山遺跡では、古代の道の跡と、駅家の可能性がある官衙遺跡がみつかったので、その調査成果を紹介するとともに、当史跡にゆかりのある『常陸国風土記』に関する県内各地の貴重な資料を展示します。

◆記念講演会「常陸国風土記の世界」◆

特別展示「長者山遺跡がつなぐ古代の道と常陸国風土記の世界」の関連催事として、特別展示開催記念講演会「常陸国風土記の世界」を開催します。
長者山遺跡の成果のほか、常陸国風土記の魅力や、風土記に記された県内各地の状況などについて、国文学や考古学の第一線で活躍する講師陣がわかりやすくお話しします。

1月25日(土曜日)
午前10時から午後4時30分(予定)

講演会の会場:日立市民会館(日立市若葉町1-5-8)

定員:1,000人
入場無料、当日受付(随時)、入退場自由(講演中を除く)

〈講師〉

三浦佑之氏(千葉大学名誉教授)
石橋美和子氏(鹿嶋市どきどきセンター)
川口武彦氏(水戸市埋蔵文化センター)
千葉隆司氏(かすみがうら市歴史博物館)
郷土博物館職員

会場展示会場:日立市郷土博物館
時間9:30~16:30(入館は16:00まで)
料金観覧無料
休み12/23(月)、12/28(土)、1/4(土)、1/27(月)
問い合わせ日立市郷土博物館
TEL:0294-23-3231

 

くわしくはこちら

≫ イベントカレンダーへ