企画展「青か、白か、-青磁×白磁×青白磁」(笠間市)

開催期間:2020年7月18日(土)〜10月18日(日)

三者三様、個性の全く異なる青磁・白磁・青白磁の名品が勢揃い

青磁釉をまとった「青磁」、白い磁土に透明釉をかけた「白磁」、白磁を透明な青い釉薬で彩った「青白磁」は、いずれも中国に起源をもち、長きにわたり人々を魅了し続けてきました。現代の日本でも多くの陶芸家が青磁、白磁、青白磁を手がけており、個性の異なるこの三つは、それぞれユニークな展開を見せています。釉薬と土が響きあって生み出される青磁の青か、光と影が多彩な表情を作り出す白磁の白か、それとも釉薬の溜まりがグラデーションとなって現れる青白磁の青か、作家たちは豊かに広がる青と白の世界の中で、どんな表現を編み出してきたのでしょうか。
本展覧会では、近代の巨匠から現代の気鋭の作家まで約120点の作品を通じて、各々の素材や技法の特性を活かし、独自の道を切り拓いてきた近現代日本の青磁と白磁、青白磁の足どりをたどり、その魅力を伝えます。

会場茨城県陶芸美術館 地階企画展示室
茨城県笠間市笠間2345
時間午前9時30分〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
料金一般730(580)円/満70歳以上360(290)円/高大生520(420)円/小中生260(210)円
※(  )内は、20名以上の団体料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※土曜日は高校生以下無料。
※9月15日(火)~21日(月)は70歳以上無料。
休み月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館、8月11日(火)・9月23日(水)休館)
問い合わせ茨城県陶芸美術館
0296-70-0011

 

くわしくはこちら

GoogleMapを開く

≫ イベントカレンダーへ