企画展「オールドノリタケ×若林コレクション アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン」(笠間市)

開催期間:2021年4月17日(土)〜6月27日(日)

日本屈指のオールドノリタケコレクションである、若林コレクションの優品を紹介する企画展です。オールドノリタケとは、名古屋を拠点とする株式会社ノリタケカンパニーリミテドのルーツ、森村組および日本陶器によって、明治中期から第二次世界大戦期にかけて製作・販売・輸出された陶磁器を指します。当時の欧米の顧客のニーズや流行をいち早く取り入れ、豊かな展開を見せたオールドノリタケは、現代の私たちの目にも新鮮に映ります。
本展覧会では、欧米に学びながらも独創的な表現を拓いたオールドノリタケの陶磁器やデザイン画など約250件を「モチーフ」、「スタイル」、「テクニック」、「ファンクション」の4つの観点から読み解きます。多種多彩な意匠、技法、器種を網羅する若林コレクションから、オールドノリタケの多様性をご覧ください。

会場茨城県陶芸美術館 第1会場:地階企画展示室、第2会場:2階 県民ギャラリー
笠間市笠間2345
時間9:30〜17:00(入館は16:30まで)
料金一般840(680)円/70歳以上420(340)円/高大生630(520)円/小中生320(260)円
※(  )内は、20名以上の団体料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※土曜日は高校生以下無料。(ただし、長期休業日に当たるときを除く)
※5月29日(土)は70歳以上無料。
休み毎週月曜日(ただし、5月3日は開館)、5月6日(木)
駐車場笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください
アクセス車:
北関東自動車道「友部IC」から10分、「笠間西IC」から15分
常磐自動車道「岩間IC」から25分、「水戸IC」から30分
電車:
JR常磐線で上野駅〜友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分
友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分
問い合わせ茨城県陶芸美術館
TEL:0296-70-0011

 

くわしくはこちら

GoogleMapを開く

≫ イベントカレンダーへ