端午の節句展(那珂市)

開催期間:2021年4月17日(土)〜5月5日(水)

男児の健やかな成長を祈願する5月5日の端午の節句に合わせた展示です。
NPO法人「ひろがる和 那珂つるしびなの会」と手芸グループ「キルティー工房」が手作りしたつるし飾り250点をはじめ、大正時代から現代までの兜飾りや五月人形などの内飾り30点、こいのぼり3点、手芸作品62点がズラリと並びます。
つるし飾りの中には、厄よけのお守りや縁起物として知られる「赤べこ」や「さるぼぼ」をモチーフにした飾りのほか、コロナ収束を願う「アマビエ」の姿も。
また、内飾りとともに、那珂市ならではの展示として、那珂市後台の人形師・小林重水(じゅうすい)さん(1995年逝去)の手掛けた茨城県の郷土工芸品「頭人形(かしらにんぎょう)」も展示しています。

※ほか、曲がり屋でも展示をおこないます。

会場那珂市歴史民俗資料館
那珂市戸崎428-2
時間9:00~16:30(最終日は15:00まで)
料金無料
休み毎週月曜日
アクセス車:常磐自動車道「那珂IC」から15分
電車:JR常磐線「水戸駅」からバスで30分、「戸崎十文字」下車、徒歩で25分
問い合わせ歴史民俗資料館
TEL:029-297-0080

 

GoogleMapを開く

≫ イベントカレンダーへ