茨城県陶芸美術館「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展」(笠間市)

ヴィクトリア女王が在位した19世紀ヴィクトリア時代は、イギリスの歴史のなかでも最も輝かしい時代でした。この時代のジュエリーの数々と華やかな生活様式は、今日でも多くの人を引き付ける魅力に溢れています。本展では、英国王室にまつわる宝飾品や著名なコレクションなど、ヴィクトリア時代を中心に、技巧を凝らした金や銀、ダイヤモンドや象牙等の多様な素材によるジュエリーの数々を紹介します。併せて、当時のウェディングや、亡き人を偲ぶためのモーニングなどの様々な装いや、英国の生活文化の一つとして広く浸透していったアフタヌーンティーの豪奢な銀器によるテーブルセッティング、さらに繊細な模様を手仕事で仕上げたアンティーク・レースなど、華麗なる英国文化の粋を紹介します。

全て穐葉アンティークジュウリー美術館蔵

ピンクトパーズ&カラーゴールドスウィート
1830年頃 イギリス

エメラルド&ダイヤモンド ゴールドセット
1830年頃 イギリス

ターコイズ&ゴールドブローチ
1830年頃 イギリス

若き日のヴィクトリア女王
1842年頃 F.Xヴィンターハルター工房 イギリス

リガードパロックペンダント
1820-30年頃 イギリス

エナメル&サファイア、ダイヤモンドネックレス
1880年頃 イギリス

シードパールティアラ
19世紀初期 イギリス

ダイアナ妃のダイヤモンドリング
1985年 フランス

関連イベントも開催

呈茶会「茶の湯とくらす」おいしいお茶をどうぞ
  • 日時 2月24日(日)10:00~/10:50~/11:40~/13:00~/13:50~/14:40~/15:30~
  • 場所 茨城県陶芸美術館地下1階
  • 講師 海老澤宗香氏
  • 定員 各回10名(事前申込・先着順)
  • 申込方法 電話またはFAXにて事前申込
  • 参加費 500円
  • 受付開始日 12月15日(土)9:00~(休館日は受付できません)
ギャラリートーク
  • 日時 2月10日(日)、3月9日(土)各日とも13:30から
  • 場所 茨城県陶芸美術館地下1階企画展示室 ※参加には、展覧会観覧券が必要となります。

同時開催「ゾクッとするリアリズム ―ゾウムシVSシーラカンス―」

開催期間:2018年12月12日(水)~2019年6月2日(日)

現代陶芸の表現が多様化する中で、人や動物などの生き物を題材にしたオブジェをつくる作家の活躍が目に留まるようになってきました。
現代においては、作家自身がイメージした世界観、あるいは純粋に好きなものをつくることを目的として生き物をモチーフに選び、土の可塑性や焼成効果に着目し、造形の面白さやリアリティーを追求する作家が多くみられるようになっています。作家自身がお気に入りの生き物をモチーフに選び、その生き物に対する愛情ともとれる思いを注ぎ込んだ作品からは、強烈な存在感が感じられます。
本展では、海洋生物をモチーフに関西で活動する今井完眞と、昆虫をモチーフに関東で活動する奥村巴菜の作品により、リアリティーとオリジナリティーが融合した表現の魅力を紹介します。

開催期間:2019年1月2日(水)〜3月10日(日)

会場茨城県陶芸美術館 地下1階企画展示室
茨城県笠間市笠間2345
時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
料金一般720(570)円 満70歳以上360(280)円 高大生510(410)円 小中生260(210)円
※( )内は、20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※土曜日は高校生以下無料(長期休業日にあたる時を除く)。
休み月曜日(ただし、2月11日[月・祝]は開館は開館、2月12日[火]は休館)
駐車場笠間芸術の森公園北駐車場(300台)をご利用ください。
アクセス【電車】JR常磐線で上野駅〜友部駅(特急70分)友部駅から 「かさま観光周遊バス」(料金100円、定員36名)で20分。友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車、笠間駅からタクシーを利用して5分。
【車】北関東自動車道、友部インターから10分、笠間西インターから15分。常磐自動車道、岩間インターから25分、水戸インターから30分。
主催茨城県陶芸美術館
後援など後援
ブリティッシュ・カウンシル、日本ジュエリー協会、日本ジュエリーデザイナー協会、日本紅茶協会
特別協賛
穐葉アンティークジュウリー美術館
企画協力
アートプランニングレイ
問い合わせ茨城県陶芸美術館
TEL:0296-71-0011

 

くわしくはこちら

GoogleMapを開く

≫ イベントカレンダーへ