県央エリア

県庁所在地の水戸市を中心とした、県を代表する観光施設からグルメ、景観まで幅広く楽しめるエリアです。
また、水戸市の水戸芸術館、茨城県近代美術館、徳川ミュージアム、笠間市の笠間焼で有名な茨城県陶芸美術館、笠間日動美術館など「アート」に関する造詣が深いのもこのエリアの特徴です。水戸徳川家のお膝元として栄えた水戸市には、中心市街地に隣接する都市公園としては日本一の面積を誇る偕楽園公園を中心に史跡も多くあります。平成27年4月には文化庁が新たに創設した「日本遺産」に、弘道館・偕楽園をはじめとする水戸市の近世日本の教育遺産群が認定されました。大洗町はアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台になったことで、アニメファンなど観光客も増えました。