8月2日(金)講座・特別見学「守り受け継がれた文化財ー水戸空襲と弘道館ー」の開催について

弘道館は,昭和20年(1945)8月2日の水戸空襲のときに八卦堂・孔子廟等を焼失しました。

創建当時から現存する正庁・至善堂も焼夷弾の火の粉により焼失の危機にありましたが,市民の消火活動により焼失を免れ,今日まで守り受け継がれています。

また,連合国軍総司令部(GHQ)の指令のもと,消失の危機にあった「弘道館記拓本」(平成29年度寄贈)は,市民によって救い出され,大切に保管されてきました。

今回のイベントでは,水戸空襲があった8月2日に,“市民が守り受け継いできた弘道館”に焦点をあてた講座・特別見学や,「弘道館記拓本」の特別公開を行います。

戦争という苦難から弘道館を守り抜いた市民たちの思いを,ぜひ感じてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催内容

①講座・特別見学「守り受け継がれた文化財-水戸空襲と弘道館-」

 日時 令和元年8月2日(金) 13時30分~15時00分

 場所 弘道館至善堂

 内容 講座「守り受け継がれた文化財-水戸空襲と弘道館-」(30分)

    特別見学(空襲の痕跡が残る正庁玄関,孔子廟,弘道館記碑など)(60分)

 講師 小圷 のり子(弘道館事務所主任研究員)

 定員 60名(事前申込なし)

 

②「弘道館記拓本」特別公開

 日時 令和元年8月2日(金) 9時00分~17時00分

 場所 弘道館正庁

 内容 平成29年度に寄贈された戦後のGHQの指令による消失を免れた「弘道館記拓本」の特別公開をします。

 

<チラシのダウンロードはこちら>

弘道館夏のイベントチラシ (647KB)

 

 

弘道館についてのお問い合わせ

茨城県水戸土木事務所 偕楽園公園課 弘道館事務所

〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-6-29
TEL:029-231-4725 FAX:029-227-7584 e-mail:kodokan@pref.ibaraki.lg.jp

 

アクセスランキング

 

一般社団法人茨城県観光物産協会 〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-5-38 TEL:029-226-3800

  • 茨城県はこんなところ
    • 茨城県47の魅力
    • 年間のおもなイベント
    • エリアと市町村のご紹介
    • 茨城県へのアクセス
    • 茨城県の気候
    • よくある質問
    • お役立ちリンク集
  • 観光データベース
    • 観る
    • 遊ぶ
    • 体験
    • 文化
    • 食べる
    • 買う
    • 泊まる
  • 旬のいばらき特集
  • 観光モデルコース〜
  • 観光パンフレット
  • 画像ダウンロードライブラリー
  • いばらきおもてなしレベルアップ事業
  • いばらき観光マイスター
  • イベント情報
  • おしらせ
  • 漫遊いばらきスタンプラリー
  • いばらきよいとこプラン
  • 漫遊いばらきファンクラブ
  • メールマガジン
  • 事業者のみなさまへ
  • 茨城県観光物産協会のご紹介
  • お問い合わせ

© Ibaraki-Prefectural Tourism & Local Products Association All rights reserved.