吉田松陰自筆漢詩特別公開(令和4年12月18日・19日)について

吉田松陰は、 嘉永4年 (1851)12 月 19 日から約1ヶ月間水戸に滞在し、弘道館教授頭取会沢正志斎らに面会するとともに、水戸の青年有志と交わりました。

弘道館では、 松陰の水戸での滞在先であった水戸藩士永井政介のご子孫から、 令和 3 年に自筆の漢詩 1 点が新たに寄託されました。これを記念し、 ゆかりの日にあわせて特別公開を行い、松陰と水戸とのつながりを紹介する特別展示を行います。

 

日  時   令和4年12月18日(日)・19日(月) 9時~16時

       *松陰が水戸に到着した嘉永4年12月19日にちなんだ日

場  所   弘道館 至善堂二の間・三の間

《主な展示資料》

吉田松陰自筆漢詩(2点)

「吉田松陰自筆漢詩(有憶長井順正)」

永井芳之介(長井順正)宛、吉田松陰(長門囚奴)書

捕らえられた松陰が獄中から芳之介(水戸藩士永井政介の息子)に宛てた漢詩。松陰は「長門囚奴」と自称し、その境遇を記しながら、芳之介の友情への感謝と後世を頼む気持ちを込めています

 

「吉田松陰自筆漢詩(惜別の詩)」

永井芳之介(永井兄)宛、吉田松陰(矩方)書

嘉永 5 年(1852)松陰が水戸から出立するにあたり、芳之介に宛てた漢詩。遠く離れた地にあっても志を同じくする友情が記されています。「一張一弛」の語句が用いられ、「偕楽園記」の影響がうかがえます。

 

このほか、永井政介宛斎藤弥九郎※1書簡・藤田東湖※2「神道無念流壁書」版木等を展示

※1弘道館でも採用された剣術「神道無念流」の剣豪で、同門の永井政介とも交流がありました。松陰は斎藤弥九郎の紹介によって水戸の永井家に滞在しました。

※2水戸藩を代表する学者・政治家である藤田東湖は、幼いころから神道無念流を学んでいました。

 

 

   ※学芸員による展示解説  各日14時~(約40分)

 

 

弘道館についてのお問い合わせ

茨城県水戸土木事務所 偕楽園公園課 弘道館事務所

〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-6-29
TEL:029-231-4725 FAX:029-227-7584 e-mail:kodokan@pref.ibaraki.lg.jp

 

アクセスランキング

 

いばらき観光キャンペーン推進協議会
〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6 (茨城県営業戦略部観光物産課内) TEL 029-301-3622

お問い合わせはこちら

  • 茨城県はこんなところ
    • 茨城県47の魅力
    • 年間のおもなイベント
    • エリアと市町村のご紹介
    • 茨城県へのアクセス
    • 茨城県の気候
    • よくある質問
    • お役立ちリンク集
  • 観光データベース
    • 観る
    • 遊ぶ
    • 体験
    • 文化
    • 食べる
    • 買う
    • 泊まる
  • 旬のいばらき特集
  • 観光モデルコース〜
  • 観光パンフレット
  • 画像ダウンロードライブラリー
  • いばらきおもてなしレベルアップ事業
  • いばらき観光マイスター
  • イベント情報
  • おしらせ
  • 漫遊いばらきスタンプラリー
  • いばらきよいとこプラン
  • 漫遊いばらきファンクラブ
  • メールマガジン
  • 事業者のみなさまへ
  • 茨城県観光物産協会のご紹介
  • お問い合わせ

Copyright © IBARAKIGUIDE.JP All rights reserved.