アーカイブ: 偕楽園・弘道館の新着情報

2月22日(土)イベント〜武道演武・田谷の棒術〜

本日の梅まつりイベントのお知らせです!

10:30~ 水戸東武館さんによる武道演武
13:00~ 杖友会さんによる田谷の棒術    が行われます。

雨天の影響で開始時間を変更しております。

皆様のお越しをお待ちしています。

第7回 梅の開花情報

梅の開花情報
 
2月20日現在の梅の開花情報です。
 
偕楽園の梅は約66%
弘道館の梅は約80%
 
例年と比較し2週間程度早く開花が進んでいます♪
 
 
次回観測は2月25日(火)です。
 
※参考
昨年同時期
偕楽園 712本(約27%)
弘道館 110本(約20%)

第7回 梅開花情報

2月20日(木)現在、弘道館公園の梅は426本開花しました。開花率は約80%です。

全体的に見頃を迎えており、昨年よりも10日ほど早い開花状況です。

次回の開花調査は令和2年2月25日(火)を予定しております。

梅まつりに伴う入園券の団体予約について(再掲)

第124回水戸の梅まつりにご来園を計画している団体様へ

 偕楽園は令和元年11月1日より本園部分に入園する場合は有料となりました。有料化は園内の休憩施設の整備などを考慮し,一層利用しやすい公園にすることを目的としております。

 有料化により,料金所を4か所設置し,各門から入園できるようにしておりますが,2月15日(土)から始まる「水戸の梅まつり」には多くの観梅客が見込まれ,料金所が混雑することが予想されます。

 つきましては,団体バスで偕楽園に入園するお客様には,よりスムーズに入園できますよう“臨時料金所”を千波湖西側駐車場料金所脇に設置します。事前に「偕楽園入園申込書」によりお知らせいただきますと,入園券をあらかじめ用意して,できるだけ短い時間で入園できますよう案内をしております。ぜひ,ご活用いただきますようご案内いたします。

 偕楽園有料化に関するお知らせ

 申込書ダウンロードはこちら ⇒ 偕楽園団体入園券事前申し込み書

第6回梅の開花情報

令和2年2月14日現在

偕楽園の梅は約37%

弘道館の梅は約53%

の開花状況となりました。

 

昨年同時期は

偕楽園は約16%

弘道館は約20%

となっておりました。

 

昨年と比較すると偕楽園は2週間程度、弘道館はそれ以上のスピードでの開花速度となっております。

 

2月15日から水戸の梅まつりが開催されます。皆さんのご来園を心よりお待ちしております。

第124回 水戸の梅まつりの開催について

2月15日(土)から3月29日(日)まで水戸の梅まつりが開催されます。

弘道館では「令和初の梅 特別企画」としまして、期間中に写真展や見学会を実施いたします。

参加費は無料で、見学会に参加頂いた皆様にはささやかながら記念品もお渡しします。

※別途観覧料が必要となります。

1.「弘道館の四季」写真展
   展示期間 令和2年2月15日(土)~3月29日(日)
  
2.「弘道館で見て・知って・楽しむ 斉昭が愛した梅」見学会
   ①開催日時
    令和2年2月19日(水)・3月4日(水)・3月18日(水) 各日13:30~15:00     
   ②内容
    学芸員が「種梅記」を中心に「徳川斉昭と梅」について解説し,その後,梅林を散策しながら造園スタッフが梅の種類や見所について説明します。
   ③定員
    定員:30名 電話による事前申込(定員に満たない場合は当日申込可)
   

3.「研究員が解き明かす弘道館の設計-創設者徳川斉昭が目指したもの-」見学会
   ①開催日時
     令和2年2月15日(土)・2月29日(土)・3月21日(土) 各日13:30~15:00
   ②内容
    学芸員が徳川斉昭の設計意図を中心に,正庁・至善堂・八卦堂・北柵御門等を解説します。
   ③定員
    定員:30名 電話による事前申込(定員に満たない場合は当日申込可)
   

弘道館の梅まつり_チラシ(1084KB)

第6回 梅開花情報

2月14日(金)現在、弘道館公園の梅は280本開花しました。開花率は約53%です。

水戸の六名木「白難波」や「柳川枝垂」が綺麗に咲いています!

次回の開花調査は令和2年2月20日(木)を予定しております。


いよいよ明日から水戸の梅まつりが始まります。
イベント情報など随時更新いたしますのでご確認ください。

事前観覧券のご案内

梅まつり期間、下記コンビニエンスストアにおいて、偕楽園本園の観覧券等を販売しております。

梅まつり期間は料金所付近での混雑が予想されますので、コンビニエンスストアで観覧券を事前にご購入いただくと便利です。

 

◎セブンイレブン

・取り扱い

 弘道館・偕楽園(偕楽園本園・好文亭)セット券

・価格

 680円 ※大人のみの販売となります

・販売期間

 令和2年2月15日(土)~3月22日(日)

・利用期間

 令和2年2月15日(土)~3月31日(火)

・コード

 セブンチケット セブンコード:083-325

 

◎ローソン・ミニストップ

ローソンチケット(全国のローソン及びミニストップ):2月22日(土)0時から販売開始

・取り扱い

 弘道館・偕楽園セット観覧券
 偕楽園本園の観覧券(大人・小人・シルバー)

 

・購入方法

※ローソン及びミニストップ店頭のLoppiで申込券を発券し,レジにて代金支払・チケット引き取り
 または,インターネットで予約のうえ,ローソン及びミニストップ店頭のLoppiで申込券を発券し,レジにて代金支払・チケット引き取り

ローソンチケット:Lコード 35584

弘道館・偕楽園(本園・好文亭)セット券のご案内

「弘道館・偕楽園(本園・好文亭)セット券」を販売します。

2月15日(土)より、弘道館・偕楽園本園・偕楽園好文亭を1回ずつお得にご案内いただける、

『セット券(680円)』を販売いたします。

通常、入館料は各施設合わせて900円となりますが、

セット観覧券を利用すると680円となり、220円お得になります。

 

弘道館と偕楽園は「一張一緩」と言われるように、創設者である徳川斉昭が一対の施設として創設したといわれています。この機会に、両施設を訪れて、斉昭が目指した姿に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

◎販売場所

偕楽園本園各料金所・弘道館料金所・コンビニエンスストア

◎価格

セット券:680円 ※大人のみの販売となります。

◎販売・利用可能期間

料金所:令和2年2月15日(土)~3月31日(火)

※コンビニエンスストアでの取り扱いは2月15日(土)~3月22日(日)

※各料金所での販売は予定数量になり次第終了いたします。

 コンビニのセット券コード

 セブンチケット セブンコード 083-325

※ローソン・ミニストップのコードにつきましては、決まり次第更新いたします。

◆コンビニでのチケット販売について
2月15日10時からセブンイレブンで販売開始。
(明日はまだセブンのみ。今後,他のコンビニも追加予定)

方法
①セブンのチケットHPから申し込みし,払込票を印刷しセブン店舗に持っていく。
 店舗のレジで払込票を渡し,料金支払い,チケット受け取り。

②店舗のマルチコピー機でチケット申し込み画面から,
 申し込み,払込票を印刷しレジに持っていき,料金支払い,チケット受け取り。

 

2/22(土)0時からはローソンチケットでのセット券及び偕楽園本園(大人・小人・シルバー)の
販売を開始いたします.


なお,ローソンチケットの券面については,今後イメージ図掲載予定です。

○セブンチケット(全国のセブンイレブン):取扱中
・弘道館・偕楽園セット観覧券

○ローソンチケット(全国のローソン及びミニストップ):2月22日(土)0時から販売開始
・弘道館・偕楽園セット観覧券
・偕楽園本園の観覧券(大人・小人・シルバー)
※ローソン及びミニストップ店頭のLoppiで申込券を発券し,レジにて代金支払・チケット引き取り
 または,インターネットで予約のうえ,ローソン及びミニストップ店頭のLoppiで申込券を発券し,レジにて代金支払・チケット引き取り

ローソンチケット:Lコード 35584

梅まつり期間の開園時間について

梅まつり期間中の偕楽園の開園時間についてお知らせいたします。

 

梅まつり期間:2月15日(土)~3月29日(日)

開園時間:6時~19時

     ※イベント等の開催に伴い開園時間が変更となる場合がございます。

        2月29日、3月14日の開園時間は6時~21時となります。

料金:大人 300円 小・中学生、満70歳以上 150円

   ※梅まつり期間中は一律「有料」となります。

    減免制度もありますので、詳細は「ご利用案内」を参照ください。

   ※有料時間帯:6時~19時

第5回 梅開花情報

2月7日(金)現在、弘道館公園の梅は174本開花しました。開花率は約33%です。

昨年よりも1,2週間ほど早い開花状況です。
早咲きの梅「八重寒紅」、「八重冬至」などは来週の梅まつり前に見頃を終えてしまうかもしれません。
水戸の六名木、「烈公梅」や「柳川枝垂」も少しずつ開花が見られるようになりました。

次回の開花調査は令和2年2月14日(金)を予定しております。

消防訓練実施のお知らせ

本日2月6日(木)の10:00から11:00まで消防訓練を実施いたします。

訓練中も入館は受付しておりますが、訓練放送が流れますので皆様のご協力をよろしくお願いします。

 

第4回 梅開花情報

1月31日(金)現在、弘道館公園の梅は74本開花しました。開花率は約13%です。

「水戸の六名木」の1つ「虎の尾」が見頃を迎えております。

※今回は2月3日に行う予定を早めて調査いたしました。 次回の開花調査は令和2年2月7日(金)を予定しています。

                                                       虎の尾

                                                     八重冬至      


                                               烈公梅

 

第124回水戸の梅まつり期間中における偕楽園の入退園について

 

 

 

2月15日から開催されます梅まつりにご来園を予定されていますお客様へ、期間中の入退園に関してお知らせいたします。

 

 

◎東門料金所での対応

・園内4カ所に設置している料金所の中でも、特に混雑が予想される東門料金所について、ガイドポール等を設置し、隣接する東湖神社の敷地も借用し、導線の確保を行います。

・観光客の導線の確保を図るため、以下の日程については、東門料金所には誘導員を設置します。

2月

15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)、28日(金)、29日(土)

3月

1日(日)、6日(金)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(土)

・東門前には期間中(2月15日~3月29日)警備員を配置します。

 

 

 

◎臨時券売所の設置(3カ所)

・梅まつり期間中、午前9時~午後4時に以下の場所に臨時券売所を設置します。

①偕楽園臨時駅前

②偕楽橋スロープ上

③千波湖西駐車場

 

 

 

◎東門料金所付近での混雑対策

・東門は、午前9時~午後5時までは入園専用の片道通行とし、出口は見晴亭の北側に専用出口を設け、誘導員の設置及び誘導看板を設置し、来園者を誘導します。

・午前9時~午後5時を除く開園時間(午前6時~午前9時、午後5時~午後7時)は、東門で対面通行による入退園が可能となります。

 

 

 

◎団体ツアー向けの事前発券案内

・事前に申込書を記入していただき偕楽園公園センター宛に送付していただくような、「団体の事前予約」が可能となりました。

・申し込みのあった団体については、事前に入園券を発券しておき、偕楽園臨時駅前及び千波湖西駐車場臨時料金所にて券の配布及び精算を行います。

 

 

◎偕楽園の開門時間及び閉門時間について

・期間中開門時間は午前6時です。

・閉門は基本すべて午後7時だが、2月29日及び3月14日(夜梅祭)については、午後9時まで延長します。

【梅まつり】呈茶の営業日時のお知らせ

偕楽園有料化の新たなサービスとして開始した好文亭西塗縁での呈茶(社会実験・有料)の1月~3月の営業日について以下を予定しております。

 

〇営業日

12月21日(土)、22日(日)

1月11日(土)、12日(日)、18日(土)

 19日(日)、25日(土)、26日(日)

2月1日(土)、8日(土)

 9日(日)、15日(土)、16日(日)

 

2月19日~3月29日までの期間

水曜日~日曜日

 

○営業時間

 10時~16時(ラストオーダー 15:30)

 商品がなくなり次第終了となる場合もございます。

※3月の営業日についても確定し次第ご案内いたします。

 

○メニュー

 古内茶+吉原殿中セット 500円

 ※将軍コーヒーもございます。

 ※メニュー等は予告なく変更する場合もございますのでご了承願います。

 

(参考)

【古内茶】

水戸藩第2代藩主徳川光圀公が城里町古内地区の山間部の地を選んで茶の栽培を推奨した。

【将軍珈琲】

偕楽園を創設した徳川斉昭の七男であり最後の将軍と言われた徳川慶喜公の直系のひ孫徳川慶朝氏が開発されたコーヒーです。

【吉原殿中】

奥女中の吉原という人が御殿の中で考えたと伝えられており,徳川斉昭も大変喜んで召し上がったという由来がある。

第3回 梅の開花状況

 

1月20日(月)現在、偕楽園の開花率は約2.0%でした。

冬至、八重冬至など早咲きのうめの品種の開花が見られました。

 

写真は昨年度の見ごろの時期の写真です。

例年ですと見頃は2月下旬~3月上旬となっております。

※次回観測日は2月3日(月)です。

 

※1回目観測は12月25日 「0%」

※2回目観測は1月10日 「0.57%」