アーカイブ: 偕楽園・弘道館の新着情報

【重要】弘道館公園 園路舗装に伴う通行止めのお知らせ

 園路の舗装工事を行うため,園路を一時通行止めにさせていただきます。

 公園内の通り抜けの際は,迂回路として市道(歩道)をご利用ください。

 ご不便・ご迷惑をおかけしますが,何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

通行止め期間

 令和元年8月29日(木)〜9月末日頃

通行止めとなる区間

 弘道館駐車場脇から孔子廟脇に続く園路

 ※通行止め期間は,弘道館有料区域から園路に抜ける退出専用口が使用できません。何卒ご了承ください。

 通行止めのお知らせ(PDF:542KB) →別ウィンドウで開きます。

薬剤散布を行います

 偕楽園公園等では、病害虫の予防や植栽の適正維持等のため、下記のとおり公園内での薬剤散布を実施いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 病害虫防除等の詳細については、こちらをご覧ください。⇒偕楽園公園等の病害虫防除等について

月 日 時 間 作業場所 内 容

8月20日(火)

9:00~ 県庁東公園 薬剤(殺虫剤)散布

8月21日(水)

9:00~ 四季の原 樹木の殺虫剤散布

8月22日(木)

9:00~ 月池周辺 薬剤(殺虫剤)散布

※天候により、日程が変更になる場合があります。現地看板等でお知らせします。

場所はこちら(8/20)

場所はこちら(8/21,22)

偕楽園有料化に伴う料金所設置工事について

 偕楽園(本園)は、本年11月1日から有料化されますが、これに伴い料金所を設置します。つきましては、下記のとおり料金所の設置工事を実施します。

 期間中、ご来園の皆様には大変迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

 記

 1 期 間  令和元年8月16日~10月31日(予定)

 2 場 所  東門、表門、南門、吐玉泉下 付近

 3 内 容  各料金所の建築工事及び電気工事 

 

【重要】弘道館の観覧料が改定されます(令和元年11月1日から)

令和元年6月24日(月)、茨城県議会令和元年第2回定例会において、「茨城県都市公園条例の一部を改正する条例」が可決成立したことから、

令和元年11月1日から弘道館の観覧料が改定されます

弘道館は水戸藩第九代藩主徳川斉昭が、天保12年(1841)に開設した日本最大規模の藩校です。正門、正庁、至善堂は国の重要文化財に指定されております。

今後は貴重な文化財である弘道館の本質的価値を適切に保存すること、並びに一対の施設である偕楽園とともに、日本を代表する通年型の観光拠点となることを目指して歴史的景観の復元など、更なる魅力向上に取り組んでまいります。

 

  • 施行日:令和元年11月1日

 

  • 料金制度

水戸黄門まつり 水戸偕楽園花火大会 7月20日(土)開催!!

 

今年は「偕楽園」の名前を冠し,リニューアルされた花火大会が開催されます!

是非,昼間は園内の散策を楽しんだ後,夜は「日本三名園」偕楽園からの花火をお楽しみください!!

 

日程 令和元年7月20日(土)19:30~21:00

※荒天の場合は8月24日(土)に延期。

 

会場案内図

通行止・立入禁止区間8:30~23:00

車両通行止18:30~21:30

① 偕楽園周辺の道路は大変混雑するので,公共交通を利用しお越しください。

アクセス

② 園内での場所取り行為は17時からです。それ以前の行為は禁止いたします。

③ 当日,偕楽園本園は、閉園時間を,21:30に変更しています。なお,好文亭の閉館時間は17:00です。

7月20日(土)会場案内図

詳細は下記URLから↓

http://www.mitokoumon.com/koumon/

 

【定員に達しました】〈7/30(火)開催分〉夏休み初企画「弘道館 朝のお仕事&江戸時代の授業体験」

7月1日(月)9時00分から開始しました夏休み企画「弘道館 朝のお仕事&江戸時代の授業体験」事前申込の受付ですが,おかげさまで7月27日(土)に続き30日(火)開催分も定員に達しました。

初日からたくさんのお申し込みをいただきまして,ありがとうございました!

 

なお,お申し込みキャンセルが出た場合は,こちらのホームページ上でお知らせをいたします。

引き続きホームページのご確認をお願いいたします。

【定員に達しました】〈7/27(土)開催分〉夏休み初企画「弘道館 朝のお仕事&江戸時代の授業体験」

7月1日(月)9時00分から開始しました夏休み企画「弘道館 朝のお仕事&江戸時代の授業体験」事前申込の受付ですが,おかげさまで7月27日(土)開催分は定員に達しました。

初日からたくさんのお申し込みをいただきまして,ありがとうございました!

 

なお,お申し込みキャンセルが出た場合は,こちらのホームページ上でお知らせをいたします。

引き続きホームページのご確認をお願いいたします。

偕楽園本園 令和元年11月1日から有料化

令和元年6月24日(月曜日)、茨城県議会令和元年第2回定例会において、「茨城県都市公園条例の一部を改正する条例」が可決成立したことから、令和元年11月1日から偕楽園本園が有料化されます。

 

偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つであり、創建当初から続く公園として国の文化財に指定された本園部と、昭和から平成の初めに整備された拡張部からなり、本園部には、年間約100万人が来園されております。

今後は、適切な受益者負担の考えのもと、本園部を有料化し、適正なご負担をお願いするとともに、県民の憩いの場としての役割を維持しつつ、県内随一の通年型の観光周遊拠点となることを目指して、魅力向上に取り組んでまいります。

 

 

●施行日:令和元年11月1日

●有料化する区域:偕楽園本園(下図参照)

yuuryoukakuiki

●料金制度

ryoukinseido3

来園者の構成、実証実験の結果については、下記URLからご確認ください。

http://www.pref.ibaraki.jp/doboku/kogai/kikaku/documents/sankoushiryou.pdf

 

8月2日(金)講座・特別見学「守り受け継がれた文化財ー水戸空襲と弘道館ー」の開催について

弘道館は,昭和20年(1945)8月2日の水戸空襲のときに八卦堂・孔子廟等を焼失しました。

創建当時から現存する正庁・至善堂も焼夷弾の火の粉により焼失の危機にありましたが,市民の消火活動により焼失を免れ,今日まで守り受け継がれています。

また,連合国軍総司令部(GHQ)の指令のもと,消失の危機にあった「弘道館記拓本」(平成29年度寄贈)は,市民によって救い出され,大切に保管されてきました。

今回のイベントでは,水戸空襲があった8月2日に,“市民が守り受け継いできた弘道館”に焦点をあてた講座・特別見学や,「弘道館記拓本」の特別公開を行います。

戦争という苦難から弘道館を守り抜いた市民たちの思いを,ぜひ感じてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催内容

①講座・特別見学「守り受け継がれた文化財-水戸空襲と弘道館-」

 日時 令和元年8月2日(金) 13時30分~15時00分

 場所 弘道館至善堂

 内容 講座「守り受け継がれた文化財-水戸空襲と弘道館-」(30分)

    特別見学(空襲の痕跡が残る正庁玄関,孔子廟,弘道館記碑など)(60分)

 講師 小圷 のり子(弘道館事務所主任研究員)

 定員 60名(事前申込なし)

 

②「弘道館記拓本」特別公開

 日時 令和元年8月2日(金) 9時00分~17時00分

 場所 弘道館正庁

 内容 平成29年度に寄贈された戦後のGHQの指令による消失を免れた「弘道館記拓本」の特別公開をします。

 

<チラシのダウンロードはこちら>

弘道館夏のイベントチラシ (647KB)

8月1日(木)弘道館仮開館記念講座及び「弘道館記」書写体験の開催について

弘道館が仮開館した天保12年(1841)8月1日を記念して,8月1日に仮開館記念講座及び弘道館の建学精神が記された「弘道館記」書写体験を開催します。

今年は,弘道館の仮開館についての講座のほか,水戸市立博物館の関口慶久館長を特別講師にお招きし,近世日本には様々な教育施設があった中で,藩校弘道館の特色がどのようなものだったのかについてご講演をいただきます。

水戸藩第9代藩主徳川斉昭が弘道館の創設に込めた思いとは何だったのか。「弘道館記」にはいったい何が書かれているのか。

弘道館仮開館という記念の日に,ぜひご参加ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催内容

①「弘道館記」書写体験

 日時 令和元年8月1日(木) 10時00分~11時30分

 場所 弘道館至善堂

 内容 「弘道館記」の解説後,素読や書写体験を行います。(*終了後,希望者の方には弘道館記碑の特別見学を実施します)

 定員 24名(事前申込制)

《お申し込み方法について》 ※先着順,平日(8時30分~17時00分)のみ受付

  • 弘道館事務所へお電話(029-231-4725)にてお申し込みください。
  • お申し込みの際,氏名連絡先参加人数(お席の数)等をお知らせください。
  • 定員になり次第,ホームページでお知らせいたします。

 

②弘道館仮開館記念講座

 日時 令和元年8月1日(木) 13時30分~15時00分

 場所 弘道館至善堂

 定員 60名(事前申込なし)

 内容 講座Ⅰ「弘道館の仮開館について」(30分)

     講師:小圷 のり子(弘道館事務所主任研究員)

    講座Ⅱ「近世の学校と弘道館」(60分)

     特別講師:関口 慶久(水戸市立博物館館長)

 

<チラシのダウンロードはこちら>

弘道館夏のイベントチラシ (647KB)

夏休み初企画「弘道館 朝のお仕事&江戸時代の授業体験」の開催について

弘道館では,夏休みの企画として,小学生と保護者の方を対象にした「弘道館 朝のお仕事&江戸時代の授業体験」を開催いたします。

弘道館で毎日行われている雨戸を開ける作業と,江戸時代の授業(論語・和算)が体験ができるイベントです。

なかなか体験できない特別な機会ですので,夏休みの思い出づくりのきっかけに,ぜひご家族でご参加ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催内容

開催日時

①令和元年7月27日(土) 8時30分~10時15分 (8時15分受付開始)

②令和元年7月30日(火) 8時30分~10時15分 (8時15分受付開始)

 

場所

弘道館

 

定員

各回13組 ※小学生と保護者が対象です。ぜひご家族でご参加ください。

 

申込方法

事前申込制 ※弘道館事務所(電話:029-231-4725)までお申し込みください。

 ■申込開始日:7月1日(月) 9時00分~

 ■お申し込みの際に,お名前ご連絡先参加人数参加希望日をお伝えください。

 ■先着順で,平日のみ(開館時間内)の受付となります。

 ■定員になり次第ホームページでお知らせします。

 

内容

 弘道館 朝のお仕事体験  <8時30分~9時00分>

 重要文化財である弘道館の雨戸(約150枚)を参加者全員で協力して開けてみましょう!

 江戸時代の授業体験(論語・和算)  <9時15分~10時15分>

 みんなで論語の言葉を音読したり,江戸時代の和算(算数)にチャレンジします。

 

<チラシのダウンロードはこちら>

夏休み初企画「弘道館朝のお仕事&江戸時代の授業体験」チラシ(PDF:521KB)

 

電気設備工事期間中に弘道館へお越しのお客様へ〈迂回路のご案内〉(※6/17変更しました)

弘道館公園内の電気設備工事のため,下記の期間は,一部の園路が通行できません。

茨城県三の丸庁舎駐車場をご利用される方,孔子廟・八卦堂・鹿島神社をご見学される方は,それぞれの迂回路を以下にご案内しております。

ご不便・ご迷惑をおかけしますが,あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

 

 通行止め期間

 (1)令和元年5月28日(火),29日(水),30日(木)

 (2)令和元年6月17日(月)~21日(金) ⇒令和元年6月24日(月)~28日(金) ※6/17変更

 (3)令和元年7月2日(火)~5日(金)

 

茨城県三の丸庁舎駐車場から弘道館へお越しのお客様へ

 迂回路のご案内(茨城県三の丸庁舎駐車場から弘道館へご来館される場合)(PDF:397KB)

 

孔子廟・八卦堂・鹿島神社をご見学されるお客様へ

 迂回路のご案内(孔子廟・八卦堂・鹿島神社をご見学される場合)(PDF:403KB)

 

 

【重要】弘道館公園の電気設備工事に伴う照明灯停電と園路通行止めのお知らせ(※6/17変更しました)

弘道館公園の電気設備工事に伴い,公園内の園路の照明灯が停電いたします。

また,来園者の安全確保のため,園路を一時通行止めにさせていただきます。

公園内の通り抜けの際は,迂回路として市道(歩道)をご利用ください。(*迂回路については下記に添付の図面をご参照ください)

ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが,何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

停電期間

 令和元年 5月28日(火)~7月20日(土)

 ※停電期間中は仮設電気を設置いたしますが,通常時より暗いため,通行には十分にご注意ください。

通行止め期間

 (1)令和元年 5月28日(火),29日(水),30日(木)

 (2)令和元年 6月17日(月)~21日(金) ⇒令和元年6月24日(月)~28日(金) ※6/17変更

 (3)令和元年 7月2日(火)~5日(金)

 ※停電及び通行止め期間は,天候により前後する場合がございます。

通行止めとなる区間

 弘道館駐車場脇から孔子廟脇に続く園路

※通行止め期間は,弘道館有料区域から園路に抜ける退出専用口が使用できません。何卒ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 梅収穫量と販売量

6月6日、7日と2日間実施された梅落としと選別が終了し、今年度の梅収穫量と販売量が決定しました。

【梅収穫量】

2日間 合計 4472kg 

       偕楽園 3612kg

       弘道館 860kg

【販売量】  1200袋

販売は下記の日程で実施されます。(雨天決行)

〇梅の実販売

日時 6月8日(土)AM9:00~

場所 偕楽園公園センター

1袋 1キロ 200円 (一回あたり1人1袋)

※駐車場ご利用の方は桜山駐車場をご利用ください。

※販売開始時刻前にお並びいただく方は丸山橋方面からお並びください。

 

 

<偕楽園・弘道館>梅の実落とし・販売のお知らせ

偕楽園・弘道館の初夏の季節行事である「梅の実落とし・梅の実販売」が下記の日程で実施されます。

詳細につきましては,偕楽園ホームページ<偕楽園・弘道館「梅の実落とし・販売」について>をご覧ください。

 

1.梅の実落とし

 日時:令和元年6月6日(木)~7日(金)  計2日間

 場所:偕楽園・弘道館

 内容:偕楽園・弘道館にて,職人たちが梅の実を落とす作業を行います。(※梅の実を採取することはできません)

 

2.梅の実販売

 日時:令和元年6月8日(土) 午前9時00分~  ※売り切れ次第終了

 販売場所:偕楽園公園センター(水戸市見川1-1251)

 《ご注意》弘道館の梅の実も偕楽園公園センターで販売いたします。弘道館での販売はございません。