あじさいスポット「その他のオススメ」

その他のオススメスポット

二本松寺(潮来市)

潮来市にある二本松寺は、平安時代初めに創建されたと伝えられています。境内には水戸光圀公がお手植えされたという記念樹や、歌を詠んだ「ふたもとの松」など、見どころがたくさんあります。

くわしくはこちら

あじさいの杜

あじさいが約100種類10,000株植栽されている「あじさいの杜」も必見です。境内の見どころを含めて楽しめる約30~40分の散策コースも整備されています。

咲き誇るあじさい

咲き誇るあじさい

二本松寺の外観

二本松寺の外観

二本松寺のあじさい

二本松寺のあじさい

二本松寺のあじさい

二本松寺のあじさい

潮来市堀之内1230 6月5日(土)~7月4日(日) ※開花状況によって1週間程度前後する場合があります 開門時間 9:00〜16:00(最終受付) 二本松寺 0299-64-2263

入山参拝料

  • 大人(高校生以上)300円
  • 中学生以下 無料

くわしくはこちら

保和苑(水戸市)

水戸市にある保和苑は、徳川光圀公(水戸黄門)が寺の庭を愛されて「保和園」と名付けられたことが始まりと言われています。昭和初期には地元有志により拡張整備されて純日本庭園になり、名前も「保和苑」となりました。

くわしくはこちら

第47回水戸のあじさいまつり

「水戸のあじさいまつり」では、水戸市街北西部、保和苑を中心とした「水戸のロマンチックゾーン」を会場に、様々な催しが行われます。
保和苑では西洋あじさい・がくあじさいなど約100種6,000株が、水戸八幡宮では山あじさいを中心に約60種5,000株のあじさいが色鮮やかに咲き誇ります。

クリックでPDFをダウンロードできます

池に築山を配した純日本庭園とあじさいが美しい景観を織りなします

水戸のあじさいまつり

初夏になると、約100種6,000株のあじさいが苑内を美しく彩ります

水戸八幡宮でも、約60種5,000株のあじさいを鑑賞することができます

茨城県水戸市松本町13-19(保和苑及び周辺史跡) 2021年6月12日(土)~7月4日(土) 水戸のあじさいまつり実行委員会(水戸市観光課) 029-224-1111 (代表)

くわしくはこちら

涸沼自然公園(茨城町)

34.5haの広大な敷地を誇る涸沼自然公園は、涸沼のほとりの自然を丸ごと活用したアウトドア施設です。
広い園内では約30種1万株の色とりどりのあじさいを堪能することができ、なかでも高低差のある「あじさいの谷」は見ごたえ十分。絵になる映えスポットがたくさんあります。

くわしくはこちら

第11回 ひぬまあじさいまつり

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、例年通りであれば7月4日に開催されるイベントは、今年度は実施しません。
マスク着用や咳エチケット等、新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただき、あじさい鑑賞と園内散策をお楽しみください。

クリックでPDFをダウンロードできます

涸沼自然公園キャンプ場

涸沼自然公園キャンプ場

涸沼自然公園のあじさい

涸沼自然公園のあじさい

自然豊かな涸沼自然公園

自然豊かな涸沼自然公園

茨城県東茨城郡茨城町中石崎2263(涸沼自然公園) 2021年6月19日(土)~7月19日(月・祝) 茨城町商工観光課 029-292-1111(代表)