丘一面がブルーに染まる絶景を見たい! 〜10連休に茨城でしたい10のこと その1〜

1

丘一面がブルーに染まる絶景を見たい!

茨城県はもとより日本を代表する絶景スポットとして話題になっている国営ひたち海浜公園みはらしの丘のネモフィラ。例年、見頃を迎えるのはゴールデンウィークの時期なのです。ネモフィラに染められた青い丘と、どこまでも澄んだ青い空。死ぬまでに一度は見たい、この季節だけの絶景をお楽しみください。

ネモフィラハーモニー(Flowering 2019)

ひたちなか市・国営ひたち海浜公園

春に咲くネモフィラの花畑は書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』など様々なメディアに取り上げられ、国内外から注目されている絶景スポット。広大な「みはらしの丘」一面が450万本の青いネモフィラで埋め尽くされる光景は、まるでファンタジーの世界です。(例年のネモフィラの見頃は4月下旬〜5月中旬です)

  • 「Flowering 2019」開催期間 2019年3月23日(土)〜5月12日(日)
  • 期間中無休
  • 9:30〜17:00 ※4月27日(土)〜5月6日(月・振)は7:30より開園
国営ひたち海浜公園についてくわしくはこちら

毎年数多くの観光客が国内外から訪れるみはらしの丘のネモフィラ。和名は「瑠璃唐草(るりからくさ)」といいます。

Flowering 2019期間中はさまざまなイベントも開催されます。10連休中のおすすめは5月6日(月)の「The World of Brass in ひたちなか2019」。

プレジャーガーデンエリアには大観覧車をはじめたくさんのアトラクションが。大観覧車はこの春、ブルーにリニューアルオープン。

ネモフィラと同じ時期には、チューリップも見頃を迎えているかもしれません。森の木陰で可憐に咲き誇る約230品種25万本の花は見事です。

4月中旬頃まではスイセンが見頃。約550品種100万本のスイセンからチューリップ、そしてネモフィラへと続く、春の花のリレーです。

公園内にはいくつものカフェや飲食施設があります。海浜公園のオリジナルブレンドコーヒーや青いネモフィラカレーなどに注目です。

周辺のおすすめスポット

那珂湊おさかな市場

(ひたちなか市)

新鮮な魚介類が、お手頃な価格で販売されている市場は、年間100万人を超える買い物客で賑わいます。旬の海鮮料理や回転寿司など、港町ならではのお食事処も多数軒を連ねています。

くわしく見る
ファッションクルーズ ニューポートひたちなか

国営ひたち海浜公園のすぐそばにあるショッピングモール。10連休にお買い物もしたいと思っている方は、こちらにも立ち寄ってみてはいかが。

サザコーヒー

茨城を代表するカフェは本店がひたちなか市勝田駅東口から徒歩8分ほどのところにあります。勝田駅前にもショップがあります。

阿字ヶ浦温泉 のぞみ

国営ひたち海浜公園から近い温泉施設といえばここ。地下1,504メートルの自家源泉で体はポカポカ、お肌もツルツルに。

プレセント 見晴亭
茨城の名産品詰め合わせを抽選で20名様にプレゼント

今回の特集でご紹介している10のテーマの中から、10連休に茨城でしてみたいことを選んでご応募いただいた方の中から抽選で20名様に、茨城県のアンテナショップ「見晴亭」から素敵な茨城の名産品詰め合わせ(3,000円相当)をプレゼント。どしどしご応募ください!

プレゼント応募ページへ

旅の予約 旅館イメージ
18の提携予約サイトから、お得な宿泊プランを一括検索

せっかくの10連休。茨城のホテル・旅館に宿泊して、のんびり茨城の旅を楽しんでみませんか?宿泊日やこだわりの条件を指定して、18の提携予約サイトから、お得な宿泊プランを一括検索できます。あなたにぴったりの宿を見つけて、とびっきりの思い出を作ってください!

泊まる・旅の予約ページへ

10連休に茨城でしたい10のこと