茨城の四季を楽しむ「花のイベント」

茨城の四季を楽しむ「花のイベント」

自然に包まれた茨城の四季を彩るのは、ときに可憐に、ときにダイナミックに咲き誇る季節の花々。年間を通じ、見頃を迎える「花」をテーマにしたイベントが県内各地で開催されています。

水戸の梅まつり

(水戸市)

偕楽園

明治29年、水戸と上野を結ぶ鉄道が開通し、梅の花を楽しむための列車が走ったことがきっかけではじまったお祭り。偕楽園には、約100品種3,000本の梅が咲き誇り、早咲き、中咲き、遅咲きと開花の時期が異なる様々な品種の梅があり、長い期間梅の花を楽しむことができます。期間中の土曜日、日曜日、祝日限定で偕楽園臨時駅が開設されます。(開催時期は2月中旬~3月下旬)

くわしく見る

筑波山梅まつり

(つくば市)

筑波山中腹、標高約250m付近に位置し、約1,000本の梅が咲き誇る筑波山梅林で約1ヶ月に渡り開催。期間中は梅茶の無料サービスのほか、郷土芸能の披露、筑波山名物ガマの油売り口上披露、野点茶会、つくば観光大使によるお出迎えなど様々なイベントもあります。梅まつり限定、美味しい梅を使った料理「梅(うめ~)食」も人気です。(開催期間は2月中旬~3月下旬)

くわしく見る

古河桃まつり

(古河市)

古河を代表するまつりの一つ。江戸時代初期に古河藩主の土井利勝が江戸で家臣の子どもたちに拾い集めさせた桃の種を古河に送り、農民に育てさせたことに由来します。古河公方公園(古河総合公園)の開園を機に、園内に花桃を植樹し、桃林を復活させました。園内には、「矢口・源平・菊桃・寿星桃・寒白桃」の5種類の花桃が約1,500本あり、期間中は鮮やかなピンク色で染まります。また、まつり期間中は園内では飲食の出店、郷土物産品の販売、野点などもあり、さらにステージなどで様々なイベントが開催され、毎日古河桃むすめが来場者を出迎えてくれます。(開催時期は3月下旬~4月上旬)

くわしく見る

日立さくらまつり

(日立市)

50年以上続く歴史あるお祭り。期間中は平和通りにて照明によるライトアップ、そしてかみね公園と十王パノラマ公園では提灯や行灯により風情あるライトアップが実施されます。平和通りとかみね公園のさくらは日本さくら名所100選にも選ばれています。そして、最大の特徴は、山車として国内ではじめて国の重要有形・無形民俗文化財と重要無形文化財に指定された日立風流物。可動、変形する大きな山車と、その上で行われる操り人形(からくり人形)芝居で、平成21年と平成28年にはユネスコ無形文化遺産に指定されました。(開催時期は4月上旬〜中旬)

ネモフィラ・ハーモニー

(ひたちなか市)

国営ひたち海浜公園

花と緑に囲まれた都市公園「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。
中でも、春に咲くネモフィラの花畑は書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』など様々なメディアに取り上げられ、絶景スポットとして国内外から注目されています。
広大な「みはらしの丘」一面が450万本の青いネモフィラで埋め尽くされる光景は、まるでファンタジーの世界です。
(「ネモフィラハーモニー」の開催時期は4月下旬〜5月中旬)

くわしく見る

笠間つつじまつり

(笠間市)

昭和42年の市民によるつつじ一株運動によりはじまりました。園内には様々な品種のつつじが植えられており、最盛期には小高い山一面が燃えるように真っ赤に染まります。(開催時期は4月中旬~5月上旬)

くわしく見る

水郷潮来あやめまつり

(潮来市)

約500種類100万株の色とりどりのあやめ(花菖蒲)が植えられ、「水郷潮来あやめまつり」期間中には県内外から多くの観光客が訪れます。「嫁入り舟」や「あやめ踊り」などのイベントも盛りだくさんです。また、手漕ぎの「ろ舟」も運航し、あやめの花とともに、情緒豊かな水の街・潮来を心ゆくまで楽しめます。(開催時期は5月下旬~6月下旬)

くわしく見る

あじさいまつり

(桜川市)

聖武天皇と光明皇后の安産祈願が成就してから、安産・子育てのご利益が名高い雨引観音。今も安産や、生まれた子供の健康を願う家族客が多いのが特徴です。6月上旬頃から7月中旬頃にかけては、西洋アジサイやガクアジサイなど約10種3,000株のあじさいが、境内やその周囲を埋め尽くし、色鮮やかに彩ります。(開催時期は6月上旬~7月中旬)

くわしく見る

あけのひまわりフェスティバル

(筑西市)

8月下旬から9月上旬にかけて明野地区で開催されるイベント。種の部分まで花びらで覆われた「東北八重ひまわり」をメインに、4haを超える100万本のひまわり畑が広がります。(開催時期は8月下旬~9月初旬)

バラまつり

(石岡市)

茨城県フラワーパークの広大で緑いっぱいの敷地には、1年を通じて四季折々の花を楽しめます。特に、世界のバラ800品種約3万株、ボタン約2,700株は驚愕のスケールに圧巻です。カラフルな花々に囲まれて身も心もリフレッシュできます。(開催時期は9月中旬~11月初旬)

くわしく見る

きて みて さわって コキアカーニバル

(ひたちなか市)

国営ひたち海浜公園

花と緑に囲まれた都市公園「国営ひたち海浜公園」は、茨城県を代表する観光スポット。
秋の見所は、広大な「みはらしの丘」一面に広がるコキアの紅葉。約3万2千本のコキアが丘を真っ赤に染め上げ、丘のふもとでもコスモスやソバなど秋の草花が見頃を迎えます。
コキアの紅葉時期に合わせて開催される「コキアカーニバル」の期間中は、芸術・スポーツ・食欲などの秋を満喫できる様々なイベントやグルメも楽しむことができます。
(「コキアカーニバル」の開催時期は9月中旬~10月中旬)

くわしく見る