いばらきの手仕事に触れる旅 SPOT1〜3

水戸市/笠間市
いばらきの手仕事に触れる旅
 今回お勧めするのは、水戸・笠間エリアで継承される伝統的な手仕事に触れる旅です。地域に根差しながら時代に即したものづくりを続け、独自の文化と技術を未来に伝承していこうとする、職人たちの気概を感じられる場をご紹介します。それぞれのものづくりの背景にある物語を知ったあと、あらためてゆっくりとまちを散策すれば、各地域で今まで気づかなかった奥深い表情がきっとあなたの五感を刺激するはずです。
Spot 01
鈴木茂兵衛商店
9:00
茨城県水戸市袴塚1-7-5
TEL:029-221-3966
 慶応元年から水戸の地で「水府提灯づくり」を続ける鈴木茂兵衛商店。「水府」とは水戸の別称で、江戸時代に水戸藩の下級武士が生活のために提灯作りに励んだことが「水府提灯」の発祥と言われています。
竹ひごを螺旋ではなく一本ずつ輪にして糸を絡めていく堅牢な構造が最大の特徴。2019年には水戸の夏の風物詩「水戸黄門まつり」に提灯行列が新たに加わり、祭りをいっそう華やかに盛り立てました。

 伝統的な「水府提灯」づくりを続ける一方で、現代の生活を彩る新しいスタイルの提灯づくりにも積極的に取り組む姿勢が、鈴木茂兵衛商店の大きな魅力。水戸市出身のビジュアルアーティスト ミック・イタヤ氏と組んで開発した置き型提灯「MICシリーズ」は、デザイン性豊かな形状に加え、炎のゆらぎを再現するLED電球や手を叩くとオンオフが可能な音センサーを採用。また石岡市出身の橘流寄席文字の橘吉也氏とのコラボレーションで展開する「名入提灯 贈燈」や、風鈴と提灯の良さを組み合わせた「風鈴提灯 えん」など、現代のライフスタイルに寄り添う創意あふれる提灯が多数揃います。各商品がシンプルに美しく展示された店内は一見の価値あり。提灯づくりに使われる独特の道具もここで目にすることができます。
  • さまざまな形状と機能を持つ大小の提灯が並ぶ店内は、まるでギャラリーのような雰囲気
  • 大きな提灯も、一瞬でたたむことができる
  • 竹ひごを輪にしていくのが、水府提灯の特徴
工房内部。店頭で道具などを目にすることができる(※通常は見学不可)
Spot 02
本屋製菓
10:00
茨城県水戸市東台2-3-16
TEL:029-221-2980
 水戸の下市(しもいち)で三代続く本屋製菓は、水戸の銘菓「吉原殿中(よしわらでんちゅう)」の専門店。「吉原殿中」とは、もち米、きな粉、水あめを原料にしてつくられる軽い食感が特徴のお菓子で、商標は水戸菓子工業協同組合が持ち、組合に加盟する企業および菓子店6店舗のみが使用を許可されているもの。現在も昔ながらの製法でつくられ、もち米を原料にした菓子種と水あめを混ぜ合わせたものをきな粉で巻き固めてボール状にし、それを手作業で2間(3.6メートル)の長さに伸ばしたあと、同じ長さに揃えて切って仕上げます。添加物を一切使用しないため、最近では健康食品としての需要も高まっているそう。クセのない優しい風味が幅広い年代に愛され続けています。
  • 「吉原殿中」の製造風景。太さを均等に2間もの長さに伸ばす、まさに職人技
  • 短く切り揃えられて商品に
  • 受付カウンターのみの小さな専門店です

以前はキャンディ包みでしたが、現在は携帯性と衛生面から完全個装に
Spot 03
酒井陶房・きのみの
11:30
茨城県笠間市下市毛1423-1
 焼き物のまち・笠間にある「酒井陶房」「きのみの」。ここは店舗ではなく、陶芸家と菓子作家夫妻の「アトリエ」です。そのため、訪問可能な日は月に一度のお菓子販売日に限られますが、ぜひタイミングを合わせて訪れていただきたい場所です。
笠間市出身の陶芸家であるご主人の酒井敦志之(としゆき)さんは、父・一臣氏から受け継いだ、全国的にも珍しい「塩釉(えんゆう)」(釉薬の代わりに塩を窯に投げ込む)の技法による独特の作風で知られています。
そのご主人と茨城県立窯業指導所で出会った妻のさとみさんは、もともとは陶芸を手掛けていましたが、子どものころから好きだったお菓子づくりを極めたい想いが高まり、2011年の東日本大震災で傷んだ酒井さんの実家を改装するタイミングで製造環境を整え、本格的に菓子作りを開始。乳製品や白砂糖、添加物を一切使用せず、厳選された植物性の材料のみでつくられるお菓子の味は、素朴ながらとても味わい豊か。酒井さん製作の小皿に乗った愛らしい佇まいと相まって、味わうたび心と体のこわばりがほどけていくようです。購入可能なイベントや場所については、きのみのさんのブログにて随時発信しています。どうぞご参照ください。
  • 白い暖簾と木の実をかたどったマークが目印
  • ご主人の酒井敦志之さんの作品
  • アトリエでは作品の購入も可能
  • 月に一度菓子販売を行うスペース
  • 定番のお菓子:きのみのタルト、そばのみぼうる、紫芋のしずく、お醤油クッキー 穏やかな笑顔が素敵な酒井さん・さとみさんご夫妻