あやめとあじさいの名所をめぐる、水郷・潮来の日帰り旅

あやめとあじさいの名所をめぐる、水郷・潮来の日帰り旅

霞ヶ浦や北浦に囲まれ、かつては水運の要所として栄えた水郷潮来。
情緒あふれる景観は「潮来笠」や「船頭小唄」などの歌詞にも詠まれ、こころの故郷と親しまれてきました。
鮮やかに、そして華やかに初夏を彩る、あやめとあじさいを楽しむ旅へ出かけてみませんか。

コース概要(日帰り)

9:30 潮来あやめ園(水郷潮来あやめまつり) 10:30 水郷潮来十二橋めぐり 12:00 道の駅いたこ(昼食) 13:30 二本松寺 あじさいの杜 15:30 かんぽの宿 潮来

 

スタート

東関東自動車道潮来ICより県道101号経由、車で約10分(約5km)

9:30水郷潮来あやめ園(水郷潮来あやめまつり)

ぴんっと立ち上がり、紫色や白の雅な花を咲かせるあやめ。約500種100万株のあやめが咲き誇る水郷潮来あやめ園では、あやめが見頃を迎える5月下旬から6月下旬頃にかけて水郷潮来あやめまつりが開催されます。
早咲きから遅咲きまでさまざまな品種があるため、およそ1ヶ月にわたって初夏ならではの絶景を楽しむことができます。

  • 住所:茨城県潮来市あやめ1-5
  • 電話:0299-63-1111(潮来市観光商工課)
  • 備考:入園料/無料
くわしくはこちら

徒歩で約5分

10:30水郷潮来十二橋めぐり

江戸情緒あふれる潮来の町並みを、水上からのんびり眺める船の旅。
水運陸路の拠点としてさかえた町には水路が縦横に張り巡らされ、人家を行き来するために小さな橋が架けられていました。今も残る12の橋をくぐり抜けて水路を行く船旅を、船頭さんの案内や唄が雰囲気たっぷりに盛りあげます。
あやめ園に沿って進むコースのほか、細い水路を運航するコースもあり、それぞれひとあじ違った風情が。水郷潮来あやめまつり開催期間は、手漕ぎのろ舟も運行されます。

  • 住所:前川付近(茨城県潮来市潮来109-12)
  • 電話:0299-62-2294(潮来遊覧船組合)
  • 備考:営業時間(予約受付)/ 9:00〜16:00
    定休日/無休 ※要問合せ
    料金/前川十二橋めぐり(約30分) 5名まで5,000円、加藤洲十二橋めぐり(40分〜) 5名まで5,000円〜
くわしくはこちら

車で約13分(7km)

12:00道の駅いたこ(昼食)

新鮮野菜や米どころ潮来のコシヒカリ、老舗の漬け物、米粉麺フォー、焼きたてのどら焼き、手作り惣菜など、おいしいものがいっぱいの道の駅でランチを。カフェテリアスタイルのお食事処では、サバ煮やキャベツメンチなどほっとする味わいのおふくろの味を楽しむことができます。潮来市産の牛乳を使い、施設内の工房でつくる飲むヨーグルトやジェラートもおすすめです。

  • 住所:茨城県潮来市前川1326-1
  • 電話:0299-67-1161
くわしくはこちら

車で約20分(10km)

13:30二本松寺 あじさいの杜

広い境内には約100種類10,000株のあじさいが咲き誇る「あじさいの杜」があり、毎年6月第1土曜から7月第1日曜にかけてあじさいまつりが開催されます。
田園風景とあじさいのハーモニー、両側をあじさいに囲まれて進む小径、展望エリアなど、見ごたえあるスポットがいっぱい。約30~40分の散策コースにはベンチもあり、ゆっくりと散策を楽しむことができます。
樹齢400年の菩提樹や記念樹の松、椎の大木もぜひご覧ください。

  • 住所:茨城県潮来市堀之内1230
  • 電話:0299-64-2263
  • 備考:開門時間/9:00〜16:00(最終受付)
    入山参拝料/大人(高校生以上) 300円、中学生以下 無料
くわしくはこちら

車で約13分(7km)

15:30かんぽの宿 潮来

高台に位置する水辺の余暇施設は、北浦を一望できる景観と天然温泉が魅力。展望大浴場では大パノラマを堪能でき、身も心も開放感に包まれます。泉質はナトリウム塩化物冷鉱泉で、神経や筋肉、関節痛、皮膚疾患にも良いとされ、肌もツヤツヤに。見渡す限りの水郷の景色を楽しみながら、ゆったりのんびり過ごすひとときをどうぞ。

  • 住所:茨城県潮来市水原1830−1
  • 電話:0299-67-5611
  • 備考:日帰り入浴受付時間/11:00〜16:00(入浴は17:00終了)
    料金/大人750円、子ども(小学生)350円
くわしくはこちら

車で約13分(7km) 東関東自動車道潮来IC

ゴール