大洗サンビーチ、阿字ヶ浦海水浴場の遊泳禁止について

7月20日(火曜日)15時頃、大洗サンビーチ海水浴場南側、老健おおあらい下の海岸において、サーフィン中の男性がサメらしきものに噛まれ、怪我をした事案が発生いたしました。

安全確保のため、下記のとおり対応を行います。

大洗サンビーチ海水浴場における対応(7月30日更新)

これまでサメ防護網未設置のため「遊泳禁止」とさせていただいておりましたが、遊泳エリアにおける海上巡視により、サメの確認はされていないことから、サメ防護網設置までの間「遊泳注意」とし、ひざ程度までの入水を可能といたします
なお、引き続き海上巡視等を強化し、お客様へ安心なビーチの提供に努めて参りますので、ご理解ご協力をお願いいたします。
また、サメ防護網を設置し安全が確認され次第、「遊泳可能」とさせていただきますので、最新の情報をホームページにてご確認ください。

阿字ヶ浦海水浴場における対応

サメ防護網を設置し安全が確認されるまでは、遊泳禁止となりますのでご了承ください。
※駐車場につきましては、有料にて開設いたします。

平磯海水浴場における対応

7月22日(木)午前中にサメ防護網を設置し、ドローンによる上空からの監視の結果、安全が確認されたため、同日午後より遊泳禁止が解除されました。

 

監視体制の強化

  • マリンジェットでの監視強化
  • 防災ヘリでの監視
  • ドローンでの監視
  • 茨城海上保安部による巡視

最新の情報につきましては、大洗町及び、ひたちなか市のホームページをご確認ください。

大洗町ホームページ ひたちなか市ホームページ