さしま茶

「さしま茶」は境町を中心とした茨城県西地域で生産されている特産品です。肥沃な土壌と冬の寒さから茶葉に厚みがあるため製茶すると濃厚な味と香りが立ち昇り、コクがあるのが特徴。安政6年(1859)、さしま茶はアメリカのポール商会に売り込み、海外への輸出に成功し、日本茶の先駆け第1号となりました。