金刀比羅神社奉納相撲

金刀比羅神社で寛政7年(1795)から始められたといわれる伝統行事です。小林一茶も享和3年(1803)に布川を訪れた際、金刀比羅相撲を見物し「正面は親の顔なり負け相撲」の句を残しています。