布川神社臨時大祭

神輿と6町6基の山車が祭囃子の軽快な音とともに町内を練り歩く。3年に一度だけお目見えする神輿は、若衆が神社の77段の石段を7往復しながら水を浴びる「禊(みそぎ)」の儀式を皮切りに、波にもまれるように担ぎ手から担ぎ手へと渡ってゆく。