妙行寺

文化14年(1817)、苦しむ農民のため、江戸の代官に「越訴」した3人の農民が捕らえられ獄死してしまいましたが、村人は重い年貢から解放されました。村人は3人の偉業を称え妙行寺に供養塔を建立しました。