どんどん焼き(あわのとり)

源清田地区(羽子騎・保村)の田んぼで門松、しめ縄などを焼きます。正月行事の一つでこの火で焼いた餅を食べると風邪をひかないといわれます。