旧取手宿本陣

寛政7年(1795)に建築され、水戸街道に残る本陣建築では最古・最大のものです。歴代の水戸藩主との深いつながりを示す品々や、多くの古文書が伝えられています。茨城県の有形文化財として指定されています。