竜神峡鯉のぼりまつり

「竜神峡鯉のぼりまつり」は、平成元年、竜神大吊橋建設計画ができた際、橋の架設イメージのため竜神ダム上空の右岸と左岸を結んで張ったワイヤーに、鯉のぼりを取り付けたことが始まりです。若々しい緑に染まる新緑の山々に、満開を迎える淡いピンクのヤマザクラのアクセントが美しい竜神峡。爽快な春風に泳ぐ、全国のご家庭から寄贈していただいた1000匹の鯉のぼりは圧巻です。