鈴木家住宅

鈴木家は、水戸藩時代庄屋をつとめ、徳川光圀の娘を嫁に迎えたほどの旧家。光圀が西山荘への往復途中立ち寄り、宿泊に用いたとされる書院があり、貞享4年(1687)に建てられたと伝えられています。