つけけんちんそば

温かいけんちん汁にざるそばをつけて食べる、茨城県北エリアの郷土食。冬場の里山で、お米の代わりに食べる主食として親しまれてきました。
ネギ、大根、ごぼう、こんにゃく、芋がらなど、具だくさんのけんちん汁は、甘じょっぱい味付けが主流。香り高いそばとの相性も良く、寒い季節にはたまらないご馳走です。