ゆでまんじゅう

江戸時代より、結城地方で夏祭りのときに食べられてきた伝統ある饅頭。
江戸末期に疫病が流行した際、当時の殿様が病払いとして神輿を奉納し、饅頭を民衆にふるまったのが始まりといわれています。
熱湯で生地をこねる独特の製法からうまれる、もちもちとした食感の皮が特徴。結城市内の和菓子店では、昔ながらの味を受け継ぎつつ各店の個性があらわれたゆでまんじゅうを楽しむことができます。