大子町花火大会と灯籠流し

80年を超える歴史と伝統を誇る、奥久慈の風物詩。灯籠流しは大正5年、京都の鴨川の幻想的な風情を見た地元の人が、ぜひ大子地蔵尊の水難供養を久慈川でとの思いで始めたものです。